2016年09月10日

同じ感覚の人がいて安堵

リオ五輪の閉会式での小池百合子都知事の和服の着こなし・・・、なんか変、と思っていたら、ファッションの専門家が同じように思っていたようで、ちょっと安堵。

小池知事、築地市場の豊洲移転延期に関しては本当に土壌汚染を心配しているより「支持率アップの為には何でも利用しよう」というパフォーマンスだと疑っているが、他は概ね精力的に改革を推進していて、新知事として上々の滑り出しだと言えるかも。とくに朝鮮学校の補助金停止の継続、韓国人学校への都有地貸与を白紙に戻すなどの政策は支持できるもの。私個人の好き嫌いは別にして、頑張ってもらいたいと思う。

で、リオ五輪での小池知事の和服の着こなしについて、感想を言っていたのはおすぎとピーコ氏。

小池都知事の着物の着方をおすぎ&ピーコがバッサリ辛口批評

全く同感で、外国の方に「あれが和服(の着こなし)」と思われたら辛い。私が「え?」と思ったのも着物の裾が上がって平行ではなかったからで、全体の姿も美しくない。その昔、アメリカのフォード大統領が訪日した際、モーニングのズボンの丈が(採寸を間違えたのか)短くて不自然だったのを思い出した。

ま、4年後には多くの大和撫子が本当の和服の着こなしを諸外国の方たちに見せてくれるだろう。



posted by poohpapa at 05:17| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

これはアカンだろ !? ( `ー´)ノ

【民進党代表選】蓮舫代表代行、台湾籍の除籍手続き取る 「二重国籍」問題で「確認取れない」

蓮舫、当初は報道を否定して怒ってたんじゃなかったっけ??。いくら台湾が日本と友好関係にあったとしても、二重に国籍を持つ人間が日本の国会議員を務めていた・・・。これがもし自民党の国会議員がそうであったなら、蓮舫は「仕方ないですね、そういううっかりミスはありますよ」などと赦したであろうか。絶対にそんなことは有り得ない。執拗に追及して議員辞職を迫ったに違いない。知らなかったでは済まない話。そんなのが党首選に出る・・・。野党の党首どころか議員としての資格も資質も無いと思う。

posted by poohpapa at 04:49| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

「よその会社より自分の会社の心配をしろよ!」と言われそうですが

ソフトバンクの経営危機の噂が巷を賑わしている。個人的には、ユニクロの柳井氏と並んで立志伝中の人物「孫正義」氏のカリスマ性だけで業績を伸ばしている企業、というイメージでしかなく、大企業の財務状況にはまるで疎い私には「有利子負債」の額を聞いただけで卒倒しそうになる。

なんでも、「スプリントの買収で積み上がった有利子負債は11兆8918億円(15年9月末時点)。売上高8兆6702億円(15年3月期)を上回る異常な水準」なんだとか・・・。メインバンクも今さら手を引くに引けない状況に追い込まれているのだろうが、メインバンクの咳払い一つで吹っ飛びそう・・・。

というか、「ソフトバンクは孫正義あってのソフトバンク」であって、もし孫氏が急死するようなことがあれば銀行は掌を返すだろう。孫氏が自ら後継者として指名しGoogleから引き抜いたニケシュ・アローラ副社長にはたった2年で食い逃げ同然に逃げられているし・・・。一説によれば孫氏の見立て違いで孫氏が追い出したとの説もあるが、私からすれば「突然によそから後継者を引っ張ってきたら生え抜きで孫氏と苦労を共にしてきた役員は面白くないだろうな」としか思えず、役員は内心ほくそ笑んでいることだろう。ま、現役員の中には誰も孫氏のメガネに適った人物がいなかっただけのことだろうけど。

で、ソフトバンクの経営危機を解説しているニュースを紹介、

ソフトバンク、深刻な経営危機的状況…巨額現金流出超過、大型買収が失敗

ソフトバンク、負債が異常膨張で巨額減損リスク増大…「相乗効果ゼロ」の巨額買収の代償

その一方で、「巨額の有利子負債があってもソフトバンクの経営は盤石」と言っている経済の専門家がいて、私には関係ない話だし専門的なことは分からないが、はたしてどちらが正しいやら・・・。

零細企業の僻みかも知れないが、ソフトバンク、孫氏だけが「いい思い」をしているようにしか思えない。



posted by poohpapa at 06:02| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

私は橋下氏の意見に賛成

本題に行く前に、

朝から恐縮ですが、昨日は下痢が帰国直後の状態に戻ってしまいました。仕切り直し、て感じですね。火曜の夕方帰宅してからすぐ横になり、3時間、4時間と断続的に今朝2時半までトータルで19時間は寝ています。下痢もですが、頭がフラフラするのが辛いですね。

ちょっと体調が戻った時にバーミヤンでネギラーメンを食べたら、それだけで体重が2kgも増加しました。他はお茶漬けとかカットスイカだけとか食事を抜いたりしてましたが・・・、リバウンドは怖ろしい。

で、今朝の気になるニュースから、

橋下氏、小池知事の築地市場問題「アピール延期なら失敗する」「こりゃ、まずい」

コメント欄を読む限り、橋下氏の意見に否定的な人が圧倒的に多いみたいですが、私は橋下氏の意見に同意ですね。結論は見えているんですよ。なんだかんだ言っても移転は行われます。「安全性は確保された」とか言って、先延ばしにしただけで・・・。

私は小池百合子という政治家をあまり信用していません。「平和」「安全」「自然保護」「動物愛護」などと言われると誰も否定しにくいものですが、食の安全、と言っても、ならば普段我々が口にしている食材に含まれる合成物質のほうが発がん性などの観点で言えば遥かに危険だと思うのです。

延期されたうえで移転がされれば小池知事にとっては「私は都民の為に充分に配慮した」という大義名分が立ちます。移転の延期は小池知事にとってはプラス材料になります。小池知事の中では「延期しておいて結局は移転する。充分に安全が確認されるまで延期したことで自分の評価は高まる」という筋書きができているんでしょう。橋下氏が言うように、「白紙撤回もあり得る」という姿勢であるならいいでしょうけど、「結局は移転しました」では「お得意のパフォーマンス」でしかありません。

「食の安全のために」と言われると「まあ仕方ないか・・・」と誰もが反論しにくいでしょうけど、私からすれば「今さら何を!?」という思いです。7回も調査して基準値以下の数値であるものが8回目でひっくり返る、なんてことはないでしょう。延期はしても移転は行われますよ、必ず。延期によって掛かる費用は誰が支払うんですか、という話です。民主主義への代償、必要経費としては高額ですね。

今回の移転延期は小池知事の「アピール延期」でしかない、と私も思っています。

私は今回の橋下氏の見識に賛同しますね。

posted by poohpapa at 04:08| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

都知事選、予想(予定)どおりの結果に

ま、予想どおり、と言うか、予定通り小池候補が3位鳥越俊太郎にダブルスコア以上で圧勝でしたね。

▽小池百合子(無・新)当選、291万2628票。
▽増田寛也(無・新)179万3453票。
▽鳥越俊太郎(無・新)134万6103票。
▽上杉隆(無・新)17万9631票。
▽桜井誠(無・新)11万4171票。
▽マック赤坂(無・新)5万1056票。
▽七海ひろこ(諸派・新)2万8809票。
▽立花孝志(諸派・新)2万7241票。
▽高橋尚吾(無・新)1万6664票。
▽中川暢三(無・新)1万6584票。
▽山口敏夫(諸派・新)1万5986票。
▽岸本雅吉(無・新)8056票。
▽後藤輝樹(無・新)7031票。
▽谷山雄二朗(無・新)6759票。
▽武井直子(無・新)4605票。
▽宮崎正弘(無・新)4010票。
▽望月義彦(無・新)3332票。
▽山中雅明(諸派・新)3116票。
▽今尾貞夫(無・新)3105票。
▽内藤久遠(無・新)2695票。
▽関口安弘(無・新)1326票。

私としては、桜井誠氏の票がもっと伸びてほしかったですけど・・・。

それにしても、ハッキリ言って、ほとんどの候補が信用なんて出来ません。とくに主要3候補。鳥越俊太郎なんて、都民のことなどこれっぽっちも考えていません。左翼は「自分の主義主張が全て」なんですから。耳障りのいい言葉やイメージに騙される人が134万6103人もいる、というのが驚きです。

選挙に「もし」は無いでしょうけど、文春砲が無かったなら、小池氏と「いい勝負」だったかも知れません。文春は日本にとって救世主でした。でもって、鳥越の敗戦の弁、かっこ悪いですね。私も相当に薄っぺらいですけど、鳥越ほどではないと自負しています。立候補してなければ明るみに出なかったであろう話も飛び出して、ただ恥をかいただけですもんね。本音では「いい気味」だと思っています。

小池氏も叩けば埃が出ますし、増田氏も脛に傷持つ人物です。実務経験をウリにしてましたが、実際の行政手腕はどうだったんでしょうね。小池氏、これから文春の標的になるでしょうね。近々また都知事選が行われるかも知れません。同情票を集めて当選はしたけど試練はこれからですね。

で、以前も紹介した反日メディアが早速こんな記事を、

悪夢が現実に! 都知事選は小池百合子が圧勝、2位の増田寛也、3位の鳥越俊太郎に大差

内容的には正しい部分もありますが、記事の書き方が悪意に満ちていて、小池氏に対して、というより日本に対して、と分かるから読んでいて不快感しかありません。中国でこんなマスコミがあったら国家反逆罪で社主は銃殺になりそうなくらい。そっか、鳥越俊太郎が勝たなかったから悪夢なのか・・・。


一方で、私が入れた桜井誠氏のこんな記事(産経ニュース)

2016.7.29 11:05更新

【東京都知事選】
桜井誠氏街頭演説詳報(23日)「国費(外国人)留学(生)制度で反日を育てている」「都内の学生に無償で奨学金を払う。財源は外国人への生活保護の停止」

12ページもあって長いですけど、お時間があれば是非お読み頂きたいと思います。「日本人が本来は知っていなければならないことであって、今まで知らされていなかった現実」を教えてくれます。

桜井氏に関しては「都知事にしたいから」入れたのでなく、(開票前から結果は分かっていたので)桜井氏の主張を少しでも多くの人に知ってもらうきっかけにしたいから入れた、ということであります。

posted by poohpapa at 07:01| Comment(9) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

これは本当に正論動画

桜井誠、日本人の心に響く魂の演説まとめ!

こういうのを報道しないもんなあ、どこのテレビ局も ( `ー´)ノ

これ、ぜひ最期までご覧ください。私は、安倍さんは支持しているので耳の痛い内容もありますが 💧

こんなのもありました、桜井誠【鳥越俊太郎!男なら,私はもっとやってるんだと言え!他の女性に失礼だ!】都知事選・五反田駅街宣

ところで、増田寛也氏はいとうせいこうに似てますが、桜井誠氏、カンニング竹山に似てますね





posted by poohpapa at 05:20| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

鳥越俊太郎は判断を誤り晩節を汚した

いい歳をして都知事の椅子に色気を出したばっかりに晩節を汚してしまった鳥越俊太郎・・・。

私は全く評価していなかったけど、「雉も鳴かずば撃たれまい」で、都知事選に出さえしなければ、実情を知らない大衆からは「立派なジャーナリストだった」と尊敬されて死んでいけたものを・・・、と思う。

著名人で、(自称)ジャーナリストでありながら、これほどまでに薄っぺらな男を私は知らない。同業者で他にいるとしたら岸井成格くらいのものである。もっと上(下)を行くのを探すとしたら有田芳生だろうか。もっとも、有田芳生の場合はとてもジャーナリストとは呼べないレベルで単なるリボーターの域でしかないけど。あれで参議院議員というんだから参議院は良識の府ではなくなっている、と言えそう。

で、先日、こんなチラシがポスティングされていた。

DSC00560.JPG
表面

DSC00561.JPG
裏面

どこにも鳥越俊太郎の名前は入っていないがイラストで分かるようになっている。この手法は自民党も使っている。候補者の名前は出さずに「都知事には実績のある人を」とアピールしたポスターが選挙事務所に貼られていて、有権者に「えっと、自公の推薦で出てたのなんつったっけ?」と考えさせる手法。

同じではないが、似たような手法、どっかで見たことあるな・・・、と思っていたら、

以前も書いたけど「ケンミンの焼きビーフン」のCMだった。宗教団体よろしく集団で(名前が不明だが)団扇のような楽器を叩きながら夜中に「ケンミンの焼きビーフン」と連呼して街を練り歩いていて、CMの最後は「ケンミンの」で終わる。「焼きビーフン」まで言わないから、視聴者が頭の中で「焼きビーフン」と続きを唱えることになる。そのほうが確実に記憶に残る。イラストを見て「ああ、鳥越俊太郎か」と思ってくれたほうが名前を目にするより頭に焼き付くもので、効果は高くなると思われる。

「ジャーナリストは真実を伝える正義の味方」というイメージを狙っているんだろうけど、特定の思想が入れば真実も正義も埋もれてしまう。それに、断言するが、鳥越が人様の意見を聞くワケがない。真実を伝えようとするのでなく自分の思想を巧妙に大衆に押し付けようとしているだけの似非ジャーナリスト。

それにしても、「ジャーナリスト出身だから、できる都政がある。」って、出身ねえ・・・、いつジャーナリストを卒業したんだろ!?。「AKB48出身だから、歌える歌がある」みたいな感じ。言葉尻を捉えるようだが、それを言うなら「ジャーナリストだからこそ、できる都政がある」ではないか。

「一人ひとりの声に耳を傾ける」という現場主義を貫く。聞く都知事を。

って、ホント、鳥越には無理だから。聞いてるフリならできるだろうけど。

「あなたに都政を取り戻す。」

ただし、抽象的な公約を掲げているのは他候補も同じ。そうであっても鳥越が一番酷いけど。こういう耳障りのいいキャッチフレーズにはもう騙されないよ、文春の記事の後ではとくにね (^◇^)

落選後の会見で、「落ちたのは文春の所為」って責任転嫁するんだろうな、こういうタイプ

と思っていたら、今度は新潮社にも抗議文を送ったそうな・・・。着々と落選後を睨んだ行動を起こしているようで・・・ 。さらに、鳥越に関してはこんな話もあって、おいおい、である。

鳥越氏、TV討論で声荒げる 大反発したNGワードとは (2頁の記事の2頁目で、動画はこちら

6年前、自ら話したことであるが、76歳になって逆に改善されたとは思えない。今、私が64歳で、テレビに出ているタレントの名前が直ぐに出なくて四苦八苦していて、同世代の友人も同様とか。個人差があったとしても、その動画を観る限りかなり重症である。とてもじゃないが鳥越には都知事は務まらない。6年前には自分で認めているが、それすら覚えてないだろう。副知事と3日も会わなければ「あんた誰?」と言うに違いない。

それにしても、テレビは有力な3候補しか取り上げておらず、3人以外の政見や主張はテレビでは聞いたことが無い。伝え方が偏向していて、それって明らかに公職選挙法違反ではなかろうか。



posted by poohpapa at 04:51| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

都知事選に立候補している増田寛也氏・・・、と、私の今日の予定

都知事候補の増田寛也氏、誰かに似てるな、どっかで見たことあるような・・・、と考えていてずっとモヤモヤしていたのだが ・・・・・、

この人だった (*^_^*)

で、増田寛也氏、私と生年月日が1週間違いで、私が1週間先輩。それがどうした、という話だけど💧

たぶん、私の同級生で同じく旧建設省に入った(現在は不動産協会の専務理事をしている)O君のこともよくご存知であろう。苦労人のようだし親しみは感じるが・・・、投票するかどうかは別問題、かな。

従来の主張と都知事選での公約とで齟齬が生じていて一貫性がないことになんとなく不信感。舛添が打ち出した「都有地の韓国人学校への貸与」は白紙に、とは言っていても俄かには信じがたいし。


ところで・・・、昨日、同業者さんの店に向かって歩いていたら・・・、

高校時代、新聞室で仲間だった同級生から電話があった。「今、船橋の娘のところに来てるんだけど、そっちまで出て行ってもいいので時間があれば会える?」とのこと。で、立川まで来てもらってランチすることに。暇でもあるし中間地点の新宿あたりで待ち合わせても良かったのだが立川まで来てくれるのは大いに助かる。

高校入学時は新入部員は私と彼女の2人だけ。その後に同学年で私より個性が強烈な2人が加わったが、彼女はずっと「我の強い部員たちのクッション役」だった。会うのは20年ぶりくらいかなあ・・・。

私には、何十年も会っていなくても、いきなりスッと話題に入っていける友だちが何人もいる。それは自慢できると思う。今日の話題の半分は、ペルー旅行に「一緒に行く」と約束して申し込みまでしていてキャンセルした同級生「あのアマ」さんの悪口で、きっと盛り上がると思う。裏切りの代償は大きい

虫の知らせと言うか何と言うか、昨日はその「あのアマ」さんから久しぶりにメールが何通も入っていた。女の勘は鋭いから、なんとなく「陰険なムード」を察して牽制してきたものか (^◇^)




posted by poohpapa at 05:29| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

やはり文春 (*^_^*)

都知事選の有力候補の一人、鳥越俊太郎に女性疑惑、と今日発売の週刊文春で明かされるようだ。

さすが文春 (^◇^)

それにしても、このタイミングで出すのだから文春には並々ならぬ覚悟があると判る。応援したい


以下は SANSPO.COM より、一連のニュース、

鳥越氏に「淫行」疑惑報道 報道陣の問いかけには答えず

鳥越俊太郎氏の弁護団、週刊文春を告訴へ「女子大生淫行」記事は事実無根

鳥越氏に淫行疑惑報道…21日発売「週刊文春」掲載、弁護団は抗議文送付

鳥越氏が“淫行”報道に反論「週刊誌の仕事をしていたからわかる。何か政治的な力が働いた」

これが事実無根なら、選挙期間中だけに「ただの名誉棄損」では済まないから週刊文春は強烈なダメージを負うことになる。発行に踏み切ったからには「よほどの裏付け」を取っていたんだろう。

どこかで読んだけど、「好色選挙法違反」なんだと! (座布団10枚)

文春は安倍政権も叩いているから政治的な力が働いたとは考えにくい。共産・民進などの支持者でない浮動票では相当な影響を受けることだろう。さて、SEALDs のお坊ちゃん、お嬢ちゃんたち、どうすんのかな?


posted by poohpapa at 08:43| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

鳥越俊太郎こそが東京にとっての癌

一見すると実年齢より若いし、渋くて、一流ジャーナリストのように見えるが、超弩級売国奴の鳥越俊太郎が都知事になったら都民にとっては舛添続投より悪夢である。それは間違いなく。舛添が打ち出した「都有地の韓国人学校への貸与」も撤回されず、条例による外国人参政権も実現しかねないから。

私は、マスコミやジャーナリストが時の政権に対して批判的な立場で監視をして発言したり報道すること自体は当たり前だと思っている。なので必ずしも常に公平中立でなくてもいい。だが、ジャーナリストやマスコミそのものが政治的に偏った思想を持って国民をミスリードするのは有ってはならないこと。

その最たるものが鳥越俊太郎である。立候補を決めた際のテレビ番組で、「安倍政権は戦後最悪の政権」と言い切っていて、世間から注目されている中でそれが言いたいがための立候補だったか、と思ったほど。鳥越の頭の中には村山富市も菅直人も無いようで、私からすれば、戦後最悪の政権のツートップが村山政権と菅政権なのだが・・・。村山富市が阪神淡路大震災の際に自衛隊への出動要請を逡巡したことでどれだけの助かったハズの命が失われたか、3.11の際、時の権力者であった菅直人の暴走でどれだけの混乱を巻き起こしたか、ということは、鳥越がジャーナリストであるなら解かっていなければならないこと。当たり前の感性や価値観を持っていれば解かることが解かっていない・・・。私が鳥越俊太郎を似非ジャーナリストと呼ぶ所以である。

ところで、都知事選が始まってしばらく経つが、立川市にはまだどの候補も訪れていない。どの有力候補者も「立川は東京都ではない」とでも思っているのだろうか。来たのは幸福の科学の七海某という候補者のみ。もし有力候補者の中で鳥越が真っ先に立川に来たなら、それならば鳥越俊太郎に一票を・・・、絶対に入れないけどね (^◇^)

と書いていたら・・・、昨日「とくダネ!」でやってたけど17日に立川に増田候補が来ていたようだ・・・。私に挨拶が無かったから気が付かなかったよ (おい)

4割にのぼる浮動票が当落の行方を決める、と言われているが、だとすると鳥越当選の目が出てくるかも。増田さん、アンタは追いつかないから今からでも降りたら?、と言いたくなる。

自民党も「自分たちのメンツ」と「左翼の鳥越に都知事になられることの結果と将来」を天秤にかけたら、何を(どちらを)優先すべきか分かりそうなもの。自民都議連もとことん馬鹿だねえ ( `ー´)ノ

参考までに、鳥越の本質を突いている以下の記事を貼らせて頂く。

他者の議論を「妄想」呼ばわりし、矛盾したことをいう鳥越俊太郎氏
ここまで論理が矛盾して破綻しているジャーナリストも珍しい (^◇^)

東京都知事選は参院選のリベンジ選挙と化している

この人は日本の味方か敵かという根源的な部分を真摯に問え

少なくとも、鳥越が弱者の味方で都民(納税者)目線で都民の為に働いてくれる、なんてことこそ妄想。鳥越は自分の主義主張しか考えない人物である。それは左翼の特徴で、顔や発言に表れている。

4年後の東京オリンピックの際に、まだ生きていれば80歳・・・。絶対に生きていてほしくない。

さて、ちょうど1ヶ月後の今日はマチュピチュにいる。あまり体調は良くなく、無事に旅行の日を迎えたいもの、と「自律神経失調症」と「腎臓病」を抱えている私も思っているほどで、鳥越が4年間の激務に耐えられるとはとても思えない。私と同い年の小池氏や増田氏に対しても「もう少し若い候補はいなかったのかな」と思ってしまうくらいで、海外の40代や30代の市長をニュースで見ると「経験が無いと務まらない」なんてことも無いんじゃなかろうか、と思える。自分が癌であることは何らウリにはならない。主張で一番共感するのは桜井誠氏なんだけど、消去法で(あまり好きじゃないけど)小池氏、かなあ・・・。

posted by poohpapa at 05:01| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

「漁夫の利」の危惧

休み明けからぼちぼち更新を、と思っていたのだが・・・、看過できないニュースがあった。

鳥越俊太郎が都知事選に出馬するとのこと。今はまだ元気、個人差がある、といっても76歳・・・。そろそろ「お迎え」がくる歳である。たとえ当選しても任期を全うできるかどうかさえ怪しい。それより何より、ハッキリ言って、鳥越俊太郎は舛添要一より遥かにタチが悪くて資質が劣る人物で、自民が分裂選挙なんかしてると、傍目にはいかにも清潔そうに見える鳥越が「漁夫の利」を得ることになるだろう。

mns. によれば、

鳥越氏は「近代市民社会はなんで成り立っているか。税金で成り立っている。税金で都庁、都議会といった役所が運営されている。そのことをしっかりと心に留めたい。税金は日本では忘れられがち。お役人や議員といった税金を使う側だけでなく、納めた方も意識が希薄になっている。税金を納めている権利の行使として投票があるのに」と投票率の低さも指摘した。

 「舛添さんに典型的に見られたのは」として税金について触れ、「皆さんたくさん払っているでしょ、僕も思います。こんなに納めているんだって。皆さんが汗水垂らした税金だということを忘れてしまっている。だから外国に行くときはファーストクラス、スイートルームに泊まったとか、とんでもない使い方になってしまう。税金であるという意識が希薄になっている」と舛添氏を批判し、「納税者意識を心に留めて仕事していきたい」と語った。


とあって、いかにも有権者が喜んで賛同しそうなことを言っているが、舛添が露骨に韓国寄りだったのに対し、鳥越は潜在的かつ確信犯的に韓国寄り、いや、韓国そのものと言ってもいいほどの反日。都民にとっては、間違っても、鳥越が都知事になってはならない、と思う。そうなったら悪夢である。舛添が打ち出した「韓国人学校への都有地の提供」も覆されることは無いだろう。

私は10年ほど前、当時は全日の会員業者で、有楽町フォーラムでの研修に参加していて、その時の講師が鳥越だったのだが、話の中身が薄くて、「こんな奴に講演料を幾ら支払っているんだろう」と思ったほど。研修なのにクソの役にも立たない話を延々されて、以来、この男が大嫌いである。当時は鳥越がどんな思想の持ち主かは知らなくて、ただ「テレビでよく見かける評論家」という印象しかなかったが。

ハッキリしていることは、鳥越俊太郎はジャーナリストの皮(面)を被った反日活動家でしかない、ということ。「日本にとって不利益をもたらす特定の思想に国民を誘導しようとしている似非ジャーナリスト」でしかない。

上記のような税金の話とか、任期途中で退任せざるを得なくなった二人の前任者を擁立した与党の責任などを追及されれば、それは全くその通りではあるが、それと「鳥越俊太郎が都知事に相応しいかどうか」ということは別の話。与党もよほど上手く戦わないと鳥越都知事が誕生してしまうだろう。

候補者の頭数だけ揃っても、都民にとって「こんな選択肢しか無い」のが辛いし情けない。




posted by poohpapa at 05:27| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

ドイツのメルケルさん、痩せたなあ・・・

このニュース写真を見て、そう思っちゃいました (*^_^*)

英スコットランド行政府のスタージョン首相でした。メルケルさんに似てるわ〜、ヒラリーにも

別の角度の写真もありますが、若い頃は凄くモテたでしょうね、ほんと。








posted by poohpapa at 06:28| Comment(5) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これが民主主義の限界なのか

イギリスのEU離脱が国民投票の結果によって決まった。今になって、「まさか離脱になるとは思わなかったので離脱に入れた。もう一度やり直してほしい」などと馬鹿なことを言う国民もいたりして。

投票率はほぼ80%、52:48という僅差での結果・・・。棄権した20%の人が投票していたら逆の結果になった可能性もあるが、それが民主主義。慌てたところでもう取り返しがつかない。

イギリスそのものが離脱するだけでなく、ロンドン市がイギリスから独立するだの、スコットランドが独立するだの、いろいろ出てきた。イギリスが離脱するなら、と他のEU加盟国に飛び火しそうな勢い。さらには、そんなことが可能かどうか不明だが「スコットランドはEUに残留する」なんて話もある。

かつては世界の6割を支配していたイギリスも堕ちたものである。などと偉そうに・・・ (*´ω`)

これで当分、イギリスはガタガタになるだろう。そんな民度の低い国が国連で安保理の常任理事国になっている。元々が戦勝国と言ってもアメリカのお陰で勝たせてもらったようなもの。常任理事国の中には火事場泥棒みたいな国もあるし。どうせなら、この問題が安保理改革に飛び火してもらいたいもの。

民度が低い、と言えば、そういうことに関しては日本もイギリスを笑っていられない。憲法改正で国民投票になったなら、左翼の「改正したら戦争に巻き込まれるよ。日本は戦争する国になるよ」などというデマに汚染されて、「よく解からないから、だったら、とりあえず変えないほうに入れようか」となるもの。違う次元の話でも、今回のイギリスの様子を見て「変えないほうがいい」という判断に傾く人も多いだろう。

イギリスのEU離脱を巡る国民投票・・・、ある意味、「民主主義の限界」を見たように思う。

posted by poohpapa at 05:50| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

うちのも意外とミーハーだった

一昨日、うちのと買い物に行くために立川駅北口のコンコースに向かっていたら、何やら騒々しい。

参院選の東京選挙区の候補者「田中康夫」ちゃん(おおさか維新の会)が来ていた (^◇^)

康夫ちゃんが支持者と一緒に丸い団扇を配っていて、「柄の付いたもの」ではなく親指が通せるように小さな丸い切込みが入っているもの。穴が開いてないので現状は円形の宣伝ビラ。裏に選管の証紙が貼ってある。これ、最初から穴が開いていたら選挙違反になるのかも。以前、団扇を配って問題になった人もいたし。

で、うちのは康夫ちゃん本人から貰ったようで、やや舞い上がっていた (*^_^*)

拡声器で支援者が「どうぞ一緒に写真を撮ってください。そうすると田中康夫も元気になります」と言っていたが、並んで撮る人はさすがにいなさそう。選挙運動中だから「どうぞ写真を」と言っているが、普段だったら「プライベートだから」「忙しいから」と不愛想に拒絶したりして。

芸能人の中には、一般人が「ファンなんです、お写真撮らせてください」とお願いしても、「アンタ誰?」と拒否したり、握手を求められても「私はアナタを知らない」とガン無視する輩もいるらしい。あの山田花子でさえ、レストランでサインを求められた際に「プライベートなので」と聞いたふうなことを言って断ったと聞く。そういうセリフを吐くことで「自分は大物」と思いたいんだろう。逆に、サインを求められてファンに取り囲まれた時に最後の一人まで丁寧に対応する大御所もいて、それでこそホンモノ。

で、康夫ちゃんの普段の姿はどうだか知らないが、汗をびっしょりかきながら愛嬌を振り撒いていた。そういうのは好感が持てる。いっぽうで、夕方、蓮舫の選挙カーが廻って来たのだが・・・、

「本人は民進党の代表代行として全国の候補者の応援のため飛び回っております。今日は地元の市議会議員の〇〇さんと〇〇さんが応援に来てくれました」との(鶯嬢ならぬダミ声男の)音声のみ・・・。

蓮舫が忙しいのは向こうの勝手でしかない。そう言い訳することで「大物感」を醸しだそうとしているんだろうが、逆効果になりそう。たとえ2〜3分でもいいから本人が来て「仲間の応援で全国を飛び回っていますが、ご当地に是非ご挨拶させて頂きたく参上いたしました。これから直ぐ地方の仲間の応援に行かなければなりませんが、私の思いはいつも東京に在ります」くらい言えばいいのに、とは思う。ま、当選はするんだろうけど、国民のことなど全く考えていないのは透けて見えている。

「2番じゃダメなんですか!?」などと言っていたんだから次点(落選)でもいいかも ( `ー´)ノ

ところで、康夫ちゃんの団扇にあったキャッチコピーが意味深で、団扇なのにセンスがいい

「私は 守るべき人を 間違えない。」

某政党への当てこすりというか嫌味というか・・・、秀逸である(爆)

さて、うちから康夫ちゃんに一票入ることになりそうだが、私はまだ決めていない。



posted by poohpapa at 03:58| Comment(13) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

「ダイヤモンド・オンライン」のアホな記事再び

今度は「ダイヤモンド・オンライン」の武藤正敏記者による、こんな記事、

「朴槿恵大統領は本当に告げ口外交をやめたのか ?」、という記事。

前の記事も長かったけど、この記事もとにかく無駄に長い。で、ようやく到達した結論(?)はこちら、

「韓国で、単独で生活している多くの元慰安婦は満足とはいかないまでもこの合意に協力的である。もともと、挺対協やナヌムの家にいる元慰安婦が韓国政府の財団から償い金を受け取るかは疑わしい。しかし、独立した元慰安婦の多くがこれを受け取れば、韓国の一般市民もこの問題は解決したと考えるようになるであろう。その時に初めて韓国政府としても少女像の撤去に動き出すことができるようになるであろう。それが今の日本にとって最も良いシナリオである」

なワケないではないか。カネを受け取ったら味をしめて未来永劫たかるのが韓国。何度騙されれば気が付くのか、という話である。ダイヤモンド・オンラインにはこの程度の記者しかいないのか ( `ー´)ノ

日本(日本人)にとって最も良いシナリオ、それは・・・、

韓国とは一切関わりを持たないこと、だと思う。ま、無理だろうけど、国交を断絶してほしいものだ。



posted by poohpapa at 10:14| Comment(7) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

「往生際が悪い」の一言

舛添の断末魔の唸り・・・、往生際が悪いったらない。こいつ、やはり純粋な日本人じゃないんだね。

「恥」という概念が無いのは半島系の特徴だから。

忠臣蔵の「お軽、勘平」の勘平は武士から猟師にまで身を落としているから、義父を殺してしまったと誤解して切腹しようとした際に痛がり苦しがって無様な最期を晒したようだが、舛添もそんな感じになりそう。もっとも、切腹の作法(潔い辞任の仕方)など知らないだろうけど。

もう都民は誰も続投を望んでないワケで、民意は舛添の下には無いのだから辞めるしかないだろうに・・・。私がこのブログで「どのみち辞めることになる」と書いてからもずいぶん経っているが、その間、毎日のように悪あがきの様子がテレビで取り上げられていて、ここまでくるとテレビ局も「ほとぼりが冷めた頃に番組でコメンテーターとして起用する」というのも難しくなってくるんじゃなかろうか。

リオに行きたいのは自分の勝手であって都民は「行かせてあげたい」などとは誰も思っていない。「たなぼた」さんの記事にあったが、嵐の櫻井翔クンのお父様がとても立派な方のようだから、早く交渉して準備したなら勝てるんじゃないかな。間違っても前回次点の人権派弁護士になんかやらせたくない。

公明党も見限ったし、自民党もそろそろ引導を渡しそうだ。遅きに失した感はあるが。


posted by poohpapa at 13:07| Comment(14) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

ろくなモンじゃないなあ・・・、この2人

昨日、会見で「舛添に関する調査報告」をした二人の弁護士・・・、佐々木善三と森本哲也、

こんなのが客観的な調査をするワケがなく、依頼人に有利な結果を報告するに決まっているワケで、弁護士の職責としては仕方ないとしても、正義感の欠片も無く、こいつら腐ってるなあ・・・、と思った。

とくに、佐々木善三・・・、こいつ元検事だろうに。記者からの質問に対して開き直って反論してるし、舛添は佐々木の説明を利用して自らの口で答えないようにしてはぐらかしている・・・。

このブログで何度も何度も言ってるが、「法律に違反してなければ正しい、ということにはならない」ということ。疑惑がもたれている出費分を返せばいい、なんてこともなく、限りなくクロに近い舛添をシロにしてくれる弁護士は舛添からすれば救世主だろうが、都民からすればただのクズ弁でしかない。

これで幕引きでは都民は納得しないだろう。どうせ次(再選)は無いけど ( `ー´)ノ

posted by poohpapa at 08:57| Comment(20) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

今まで読んだ様々な意見の中で最高の正論、正論中の正論

毎日、iRONNA というサイトを訪問していて、今まで読んだ記事の中で、まさに感動モノの正論。

紛争はひたすら回避 外交無策の外務省が国を亡ぼす

『iRONNA編集部』 著者 長尾勝男氏

3頁に亘っていて少し長いが、ぜひ多くの方に読んで頂きたい記事である。日本人はイザコザを極力避けようとする国民性で、普段生活する分にはかまわないが外交では通用しないどころか付け込まれる。

どなたかが書いておられたが、戦争を避けようとして譲歩や妥協を繰り返すことは逆に戦争を呼び込むことになるし、巨額のODAが国益に適うなんてこともない。どこの国も、それでも簡単に裏切るから。

今、海外にバラ撒いているカネを震災の復興のために使ったとしても諸外国からは文句は出ないだろう。仮にその間に中国が日本の代わりに巨額のODAをしたとしても、べつに日本にとっては痛くも痒くもない話。ODAは役に立たないのだし、中国が(日本と違い)見返りを求めて搾取する国であるのは知られているから。

今の国連は信用できないからダメだけど、本来は国連が主導してカネを集めて配分するのが一番いい。個別の国が競って国益を賭けて(狙って)支援するからグダグダになる。税金は先ず自国民の為に使い、余ったなら他国を支援する、減税する、で当たり前なのに、「無い袖」を振ろうとする・・・。

私は政治も外交も素人だが、外務省がやっている事は外交とは程遠いように思う。何一つ国益に適っていないし、イザという時に自国民さえ護れないのだから。奴らが護っているのは自分の立場と既得権だけである。

もちろん、悪いのは外務省だけでなく長く政権を担っていた自民党の責任でもある。民主党はさらに酷いが、この国には立派な政治家がほとんどいない。いても仲間に足を引っ張られる。

私は「行き過ぎた人権意識と福祉が国を亡ぼす」と思っているが・・・、外務省を忘れていた




posted by poohpapa at 04:53| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

ビル・ゲイツの最終判断とは思えないのだが・・・

私のPCのOSはウィンドウズ8.1で、電源を入れる度に「ウィンドウズ10 に今すぐ更新する」 「1週間後に更新する」 「後で更新する」 などという表示が出る。しつこくて実に鬱陶しい ( `ー´)ノ

その度に、いつも「☓」をクリックしてボックスを消しているのだが、先日、いつものように「☓」をクリックすると、何やらダウンロードが始まっているみたい・・・。私はPCに明るくないから何が始まったかよく解からなかったが、「これって、もしかしてウィンドウズ10をダウンロードしているんじゃ??」と思い、急いで停止して、その画面を閉じた。今のところ不都合は起きていないが、こんな手口は悪徳商法そのものではないか。

そもそも、企業なんだから「最初から最後まで全部無償」なんてことは有り得ない。更新までは無償でも、必ずその後で何かが課金されるものだろう。これが、「ジャパネットたかだ」のように、「売り上げの全てを熊本地震の被災者に寄付します」というなら我慢もするが、到底納得できない。

表示されるボックスには価格のことは何も書かれていない。(そんな体験はしたことは無いが)もし、伊勢丹の地下でマネキンさんが「美味しい餃子は如何ですか?」と言って焼き立ての餃子を出してくれて、試しに食べた直後に「198円頂きます」と後出しジャンケンのように請求されたら「マネージャーを呼べ!」と怒るだろう。まさかに「ウィンドウズ10がタダで手に入る」とは誰も思わないだろうけど、やってることはそういうこと。

なにやら「ウィンドウズ8.1のユーザーサポートは〇月〇日をもって終了いたします」とか早めに言ってきそうな雰囲気である。マイクロソフトは何をそんなに焦っているのだろう・・・。

ウエブサイト「PCワールド」の編集者、ブラッド・チャコス氏によれば、

ポップアップ・ボックスの仕様が変わったのは、このアップグレードが「推奨」に分類されており、今では多くの利用者がセキュリティー対策として「推奨」更新を受け入れるようパソコンを設定しているからで、つまり、ポップアップを不要扱いしても更新を不要扱いしたことにはならない。

とのことで、それを「汚いトリック」だと批判していて、私も全く同感である。他に選択肢があれば乗り換えたいところだが、知識も能力も無い私としては我慢するしかない。

マイクロソフトは「ウィンドウズ10への無料アップグレード特典が7月29日に期限切れとなるので、ウィンドウズの最良バージョンへのアップグレードを手助けしたい」と説明しているが、画面の何処にも「無料」とは謳っていない。マイクロソフト側の説明をそのまま信じている人なんているんだろうか。

ウィンドウズユーザーはPCに明るい人ばかりではないだろう。誰にでも分かりやすい説明が必要だと思う。天下のマイクロソフトも落ちたもの、と思ってしまう。

そうだ・・・、我が家の格言で、「パソコンで 困った時の ご長男」というのがあるから、こんど長男に電話して訊いてみよう (*´ω`)

posted by poohpapa at 06:15| Comment(20) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

日本も、ここまでやればいい

いつもの msn.から、

【動画付き】アルゼンチン沿岸警備隊が中国漁船を撃沈 違法操業で「警告無視」

https://www.youtube.com/watch?v=hdWYBJchtjg

日本と違って中国から遠く離れている、という地理的な優位性もあるが、実に爽快なニュースである。というか、中国がそんなとこ(地球の裏側)まで行って違法操業をしている、ということに驚き !

日本なんか、あの尖閣の時に、巡視艇に体当たりまでされてるのに何もできなかったし。もっとも、あの時は民主党売国政権だったけど・・・。中国から遠い、ということはそれだけでなんと幸せなことか。



posted by poohpapa at 06:21| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする