2015年12月29日

馬鹿な妥協を・・・ ( `ー´)ノ

共同文書化できず 「最終決着」は韓国次第 財団への拠出金急ぐ必要なし

韓国はまたまた「カネだけ出させて約束は反故にする」に違いない。いいかげん学習しろよ、もう!

ソウルの日本大使館前や世界各地に建てられている、いわゆる「従軍慰安婦(ただの売春婦)像」の撤去も約束させないで、しかも「文書もなく合意」は無いもの。安倍さんの支持率も下がるだろう。

岸田外務大臣の独断でしたことではないだろうけど、韓国とそこまでして付き合う必要はない。向こうの顔を立てる必要もなく、要求に対し憤然と席を立って帰ってきたほうが効き目があるだろうに・・・。

日韓慰安婦問題合意:村山元首相「解決めど よかった」

あの筋金入りの売国奴「村山富市」が評価するくらいだから、こんなの全く評価できないと判る話。

アメリカの圧力があったとしてもねえ、日本はつくづく交渉下手だよなあ・・・。岸田外務大臣の間抜け面を見てると、来年「日本人がいい年を迎えられる」とはとても思えない。


posted by poohpapa at 07:04| Comment(11) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

石破茂氏は安倍総理の後継者たりえないのでは

先日、どこかのアンケートで「ポスト安倍」の人気投票をやっていて、石破茂氏が1位になっていた。

安倍さんは石破氏に次いで2位、ということは、安倍さんの続投を願っている人も多いということ。おそらくは、マスコミのネガティブ・キャンペーンと、とくに失策があったワケでもないけど長く続いている政権に国民が飽き始めた、ということだろう。

ただ、何度も名前が取り沙汰されるから、あるいは、過去に総裁選にも出ていたから、ということで石破氏に期待するのは考えものだと思う。石破氏に安倍総理の代わりは務まらない、と断言できる。

少なくとも石破氏には外交は無理である。少しばかり防衛畑には通じているが、今の外交上の諸問題に対応できるだけの見識と経験は石破氏には備わっていない。どちらかというと「ブ男」で、それが冒頓(ぼくとつ)とした雰囲気を醸し出していて誠実そうに見えるだろうけど、私には「冷淡な男」としか思えない。

仮に石破氏が後継総理になったなら、諸外国に日本の立場を明確に発信していた安倍政権から外交が後退してまたぞろ中国や韓国の顔色を窺うようになるだろう。

考えられないことに、下位のほうには野田聖子の名前もある・・・。言うまでもなく、元ヤンキーの野田聖子が総理になんかなったら日本は沈没する。めちゃくちゃな安全保障観の持ち主だから。

アンケートの中に稲田朋美氏の名前が挙がっていなかったのが不思議で、個人的にはポスト安倍は稲田氏がイチオシだと思う。ま、ただの人気投票であって、答えた人がどれだけ日本の将来の安全(平和)や発展を慮っていたのかは全く不明である。自民党もまた人材不足ではあるんだろう・・・。併せて、こと政治に関しては日本国民の民度は極めて低い、と思う。



posted by poohpapa at 05:59| Comment(10) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

今に始まったワケではないが、韓国外務省は頭おかしい

いつもの msn.の産経ニュースの短い記事、

【靖国爆発】韓国外務省、靖国神社に近づかないよう注意喚起 「右翼らのデモ現場に近づくな」などと求める

 【ソウル=藤本欣也】靖国神社内の公衆トイレで爆発音がした事件に韓国人の男が関与した疑いがあることに関連し、韓国外務省は4日、日本在住の韓国人と訪日を予定する韓国人に対し、「靖国神社や右翼らのデモ現場に近づくことを自制するなど、身辺の安全に最大限留意するよう望む」と注意喚起した。

 外国の安全情報を伝える専用のホームページを通じ呼びかけたもので、韓国人が関与した疑いがあるとする日本の報道についても、「在日韓国大使館が日本の警察に真偽を確認しており、報道に接した右翼団体の特異な動向を把握しようとしている」と説明した。


実は、 msn.の総合見出しに、短く「爆発音事件、韓国が自国民に注意喚起」とあったので、てっきり「韓国民はそういうことをしないように、と自制を促しているのか」と思ったのだが・・・、

そうではなく「靖国神社や右翼のデモには危ないから近付くな」という話・・・。へ・・・??

韓国人が爆弾を仕掛けていたのに「危ないから韓国人は近寄らないように」って何だよ!?

近寄るも何も、韓国人は来なくていいし出て行ってくれ、というのが大半の日本人の本音 ( `ー´)ノ




posted by poohpapa at 06:03| Comment(10) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

パリの現状

イスラム国による無差別テロで多くの犠牲者を出したパリについて、日本では「バリ市民はいつも通りの生活に戻った。そうしなければテロに屈したことになるから」と報道されているが・・・、

実際は少し違うようだ。私が仲良くさせて頂いているソムリエさん、生活の拠点はパリに置いていて、友人に電話して様子を訊いたらしい。それによれば、買い物などは昼間のうちにいつも通りスーパーなどに行って済ませていて、日本と同じ北半球で陽が落ちるのが早いので夕方以降は家から出ないようにしているとか。

とくに、レストランで食事したり、コンサートなど人が集まる場所には行かないよう自衛しているようだ。それは解かるような気がする・・・。フランスの人たち、どんなにか辛いことだろう。

元々フランス国民は「やられたらやり返す」という戦闘的な国民性で、報復を恐れて黙って耐え忍ぶ、なんてことは有り得ないそうだ。フランス国家の「ラ・マルセイユズ」の歌詞がそうだし。

もし日本でこんなテロが起きていたならどうだろうか。きっと先の安保法案の反対派が「だから法案に反対したんだ。安倍政権が殺したようなものだ」などと騒ぎ立ててデモ行進をするのがオチだろう。

こういう出来事が起きると、それぞれの国民性がよく見えてくるもの、と思う。こういう時に「自分たちさえ良ければ、安全であれば」と報復を恐れて我関せずを決め込むのは恥ずべきことで国際的な信頼を失うことになりかねない。遠く離れていても多くの国々が共に闘う姿勢を見せることが重要だと思う。

ソムリエさん、本当は昨日パリに帰る予定だったようだが、しばらく日本に留まるようである。



posted by poohpapa at 04:49| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

逃げ足、早っ! (^◇^)

昨日の記事に書いた、国連の特別報告者マオド・ド・ブーア=ブキッキオ(馬鹿女)の「日本の女子生徒の13%が援助交際を経験している」という発言、事実上の取り消し(?)で決着したようだ。

ではあるが、煮え切らない引っ込め方で、日本人としては到底納得できるものではないが ( `ー´)ノ

「13%が援助交際」事実上の撤回 外務省の抗議受け

 日本の女子学生の13%が援助交際を経験していると国連の特別報告者マオド・ド・ブーア・ブキッキオ氏が発言した問題で、菅義偉官房長官は11日の記者会見で、ブキッキオ氏から「数値を裏付ける公的、最近のデータはなく、誤解を招くとの結論に至った」との書簡が日本政府に届いたことを明らかにした。

 書簡は、国連人権高等弁務官事務所を通じて在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に届いた。「今後、この数値を使用するつもりはない」とし、国連人権理事会に提出する報告書にも引用しないという。菅氏は「事実上、発言を撤回したものと受け止めている」と述べた。

 ブキッキオ氏は10月下旬の日本記者クラブで会見した際に援助交際について発言。外務省が抗議と撤回を求めていた。
   (朝日新聞デジタル)


「数値を裏付ける公的、最近のデータはなく、誤解を招くとの結論に至った」??、自分がデマを広めようとしたんだろが。「ご迷惑をお掛けしました、の一言くらいねえのか、このババア!」と言いたい

日本政府は明確な「取り消し」回答を求めたほうがいいと思う。でないと、またぞろ「良からぬ噂」だけが世界中で独り歩きし始めるだろう。いわゆる従軍慰安婦問題と一緒で。

日本は、良くも悪くも「大人」で、こんな曖昧な答えであってもこれ以上の追及はしないで済ませるだろうし、今までは「まあまあ、相手も認めてるんだから、ここは相手の気持ちを汲んで・・・」と、それで赦してきたが、この問題ではハッキリと「非を認めさせる」ところまで追い込むべきだろう。

行ってきたばかりだが、ダニには喰われるし、こんなババアもいるし、オランダが好きじゃなくなった。ま、中には「こんな立派な人」もいるけどね。





posted by poohpapa at 06:30| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

役立たずで悪意に満ちた国連なんか要らない

msn.の産経新聞の記事によれば、

外務省が「日本の女子中高生の13%援助交際」と発言した国連特別報告者に抗議…「到底受け入れられない」発言撤回を要求

 外務省は9日、先月下旬に来日した国連特別報告者が「日本の女子生徒の13%が援助交際に関わっている」と発言したことについて国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)に対し、「発言は不適当かつ極めて遺憾」として発言撤回を求める申し入れを行ったことを明らかにした。

 発言は国連の「子供の売買、児童売春、児童ポルノ」に関する特別報告者、マオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏によるもの。来日した際に、日本記者クラブでの会見で述べた。

 外務省は今月2日に抗議し、「13%」の情報源と根拠の開示を要求したが、OHCHR側は「公開情報から見つけた概算」として情報源などを明らかにしなかった。

 このため、外務省は7日(現地時間6日)にジュネーブ国際機関代表部を通じて、「国連の肩書を持つ者が発言することにより、あたかも事実であるような誤解を生むことになり、その影響は深刻。情報源も明らかにできないような信頼するに足りない情報を記者会見や報告書で引用することは到底受け入れられるものではない」と改めて発言の撤回を求めた。


この記事のリンク先に飛んで、ぜひコメントもお読み頂きたいと思う。

この13%という数字が事実なら、中学高校の一クラスで2〜3人の女子生徒が援助交際していることになる。有り得ない。そんな数字にのぼるなら私のところにも一人や二人「援助交際」を申し込んできていてもおかしくない。冗談ではなく、つまりは、それくらい有り得ないバーセンテージということ。

立川女子高の通学路を15時ごろ歩いていると、たくさんの生徒が門から出てくるが、すれ違う女子高生の8人に一人が援助交際をしているのか・・・、いやあ、国連報告者のお陰で初めて知ったよ。

援助交際と言えば聞こえはいいが、援助交際=特定のパトロンを持つことで、言うまでもなく実態は売買春である。いくら昨今は「性に対して開放的で自由になった」と言っても、普通に考えれば日本の援助交際率は大学生であっても1%に満たない、つまり100人に一人も関わっていないのではないか。

もし本当に日本の中高生が13%なら、売春大国で世界最大の売春輸出国である韓国なんか中高生で半数以上、大学生なら「何がしかの整形手術をしている割合と同じく」ほぼ全員になるだろうに。なんせ、カネの為なら空気を吸うように売春をする国だから。

「公開情報から見つけた概算」という話も疑わしい。公開情報と言うなら今の世の中「誰でも簡単に探せそうなもの」だし、情報源を明らかにしても何の問題も無いハズ。それができないということは「公開情報ではなく、日本に対して悪意を持っている特定の国の告げ口」だと認めているようなモノ。

一切の裏付けも取らずに発言した国連報告者もだが、その場に居合わせていながら直ちに疑問を呈さなかった日本の記者も無能でアホだと思う。この国連報告者、ユネスコの幹部同様、アル・ニダ国から多額の賄賂でも受け取っているんじゃなかろうか ( `ー´)ノ

posted by poohpapa at 06:01| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

だめだこりゃ・・・、野田聖子 などなど

BLOGOS」で紹介された政治学者 岩田温氏の記事によれば、

野田聖子議員の呆れた安全保障観。これでは鳩山由紀夫元総理レベルの妄想。

ああ、この人が総裁選に出馬しなくてよかった。

真っ当な常識人なら、昨晩のテレビを見ながらそう考えていたのではないか。

野田聖子議員が、BS日テレの『深層ニュース』で総裁選に出馬できなかった経緯を語っていたのだが、その後、安全保障に関して衝撃的な、突拍子もない発言をした。

南シナ海で国際法を無視して、人工島を建造している中国の問題に関して次のように発言したのだ。

「直接日本には関係ない。南沙(諸島)で何かあっても、日本は独自路線で対中国の外交に徹するべきだ」

 いくら安倍憎しとはいえ、言ってよい内容と悪い内容がある。政治家として、野田議員は終わったと感じた。

拙著『平和の敵 偽りの立憲主義』でも触れたように、南シナ海における中国の暴挙は、アジア全体の脅威であり、日本もその例外ではない。

日本は輸入に依存している貿易国であり、その貿易の多くを海に頼っている。すなわち、国際社会における自由な航行こそが、日本の生命線なのであり、この問題を「直接日本には関係ない」などといってのける人間は、日本の現実を無視している。

勿論、日中友好は大切だ。私の友人にも中国人がいるし、彼らを中国人であるという理屈で差別するような野蛮な行為には加担するつもりがない。

だが、中国が南シナ海で行っている軍事的行為については批判の声をあげるべきだ。現状を実力によって変更しようと試みる時代遅れの帝国主義的な試みに対しては、アジア諸国が一致して批判の声をあげるべきだろう。

大国である日本が、そもそも自分たちとは密接な関わりがあることを忘れて、「日本には直接関係ない」などと、中国の暴挙を許容するようなことがあってはならない。

野田議員には悪いが、貴女が総裁選に出馬できなかったのは、政治家としての力量が全く不足しているからだ。総理を目指すのは自由だが、あまりに突拍子もない安全保障観を抱く政治家が総理になることは、我が国の不幸だ。国民は鳩山政権を誕生させたことを反省している。



元々、最初に衆院選に出た当時はピチピチした若い女性議員がいなかったから「もてはやされた」だけで、女としてはブスの部類だし歳相応の品格も備わっていない。性格も悪そう。今回の発言で「頭も悪い」というのが露見してしまった。と言っても私には「頭や性格が悪い」のは最初から判っていたけど。

こんなのを総裁選に担ごうとした政治家(推薦人)20人を公表してもらいたいものだ。裏で自民党内でも最悪の売国奴の一人「古賀誠」が糸を引いているようだが、その顔ぶれは是非知っておきたい。

かかる情勢で「そんなこと」が言っていられるとしたら、裏でカネが動いているか、何か違う意見を言って目立ちたいのか、単なるバカなのか、その全部なのか、である。次の選挙では落としてもらいたい。


一方、私は知らなかったのだが、毎日の訪問先「たなぼた」さんの記事で、こんな話が、

行きはヨイヨイ 帰りは塩っぱい

人口13億人ともいう中国は、魅力的な巨大市場。
これまで日本からも数多くの企業が進出しているね。
でも政治的な不安から、数年前にも大規模な日本ボイコットが起きたばかり。
爆買い程度で喜んではいられない。

Calbee加えて進出した日本企業は簡単に撤退もできず、こういうのもチャイナリスクと言うんだそうだ。
4日発表されたのは、カルビー製菓が現地のスナック菓子合弁製造販売子会社から撤退するということ。
合弁相手があの康師傅グループだったんだから、早晩こんなことも予想されたんだけどね。

この会社は3年前に設立したばかり。
カルビーの持ち分は資本金1億2600万元の51%ということだから、日本円で約12億円あまりか。
でも提携解消の条件はこれをわずか1元で売り渡すというものなんだってさ。
1元て、たったの19円だよ。
12億円が19円……。
責任者、出て来いっ。

なんか、情けなくて『かっぱえびせん』が塩っぱく感じられるよ。
中国進出には気をつけるのが当たり前、そんなの『経営のいろは』だ。
ポテトチップスの会社ならなおさらのこと。

『いろはにポテト』だもんね〜☆


提携解消の条件は、カルビー所有の株式(12億円あまり)をたった1元(19円)で売り渡すこと 👊

こんな話はもうずいぶん昔から取り沙汰されているのに、3年前に設立・・・???

経営者は「よほどの間抜け」だと思う。記事にもあるように「巨大市場を当て込んで」の話だったんだろうけど、これこそがチャイナリスクで、同じような目に遭った日本企業は過去に何社もあったのにまるで学習していない。康師傅側は最初からそう意図して撤退せざるを得ないよう仕向けたんだろう。


最後に、この記事を是非お読み頂きたい。「i RONNA」に掲載された平野聡(東京大学大学院法学政治学研究科)教授による2頁の記事である。こちらはリンクだけ貼らせて頂く。

既に何度も自壊してきた中共の想像を絶する「凄み」

中国の本質、日中間の認識の違いについて、これほどまでに的確に纏めた意見を私は読んだことが無い。目から鱗、である。今までモヤモヤしていたものがスーっと腑に落ちる記事である。


posted by poohpapa at 05:18| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

片っ端から台無しに・・・ ( `ー´)ノ

経済3団体が過去最大規模の訪中団1日から派遣 習主席らと会談調整

 大手企業のトップらで構成する日中経済協会、経団連、日本商工会議所の経済3団体は合同で、1日から訪中団を派遣する。訪中団は過去最大の計220人の予定。日中関係の悪化で平成22年以降、実施できなかった習近平国家主席、李克強首相との会談を目指し、調整を進めている。

 訪中団は団長に日中経協の宗岡正二会長(新日鉄住金会長)、最高顧問に経団連の榊原定征会長と日商の三村明夫会頭が就くほか、伊藤忠商事の小林栄三会長、IHIの釜和明会長らが参加するなど、「オール財界」といった構成だ。

 北京では習氏、李氏との会談を目指すほか、国家発展改革委員会との懇談、中国の企業経営者との交流も図る。四川省などを訪問し、地方経済の状況なども確認する。日中関係のさらなる改善、日中韓自由貿易協定(FTA)などの経済連携強化などを訴えることが目的だ。

 前回の財界派遣団の訪中直後の昨年11月には約3年ぶりの日中首脳会談が開かれた。財界では、さらに関係を改善する必要があるとみており、今回は22年8月を最後に開かれていない「日中ハイレベル経済対話」の開催を求める。榊原氏は「3団体が合同で訪中することで、日中の経済関係強化に向けた経済界の強い決意を示すことができる」と強調する。

 中国は今年7〜9月期の成長率が6年半ぶりに7%割れとなった。訪中団に参加する経営者の多くは中国経済の実情や先行きを確認することを重視している。

 宗岡氏も「中国経済は世界、日本経済と密接な関係がある。中国が構造改革にどういう決意で臨むのか、国家指導者らとよく議論したい」と意欲を示す。三村氏は「中国経済は軟着陸できるという見方と、実態はもっと悪いという見方に分かれている。疑問をぶつけて、本当に考えていることを引き出すのが大事だ」と指摘する。

 中国は「一人っ子政策」の廃止を決めるなど、大きな政策転換を図っている。訪中団が中国政府から、どこまで本音を引き出せるかが焦点となりそうだ。  (産経新聞)



「こいつら馬鹿か!?」 と言いたくなる。中国がこいつらに本音を語るものか、である。

国益は経済だけで成り立つ話ではないし、こいつらは「自分たちの会社が儲かれば国益なんかどうなってもいい」と考えている。今、この時期に、経済3団体の役職者が雁首そろえて中国にご機嫌伺いをしに行くということがどういうことなのか、こいつら全く解かっていない。

過去のどの総理より(様々な圧力や抵抗を受けながらも)頑張っている安倍さんの足を引っ張る行為で、安倍さんの外交努力を一発で台無しにする行為だと思う。深読みして、これが安倍さんから何らかの意向を受けての話ならともかく、そんなことも無いだろうし、誰のお膳立てであることやら・・・。

ま、政治家の中に「裏で糸を引いている人物」がいるとしたら、筋金入りの売国奴 二階俊博あたりか・・・。今年5月、3千人も引き連れて訪中しているくらいだから。

ちなみに私は、「民主党の長島昭久氏は、本来は自民党にいるべき人物、自民党の二階俊博は本来は民主党にいるべき輩」、だと思う。二階はかつて自民党を飛び出して小沢一郎と共に新生党の旗揚げに参加している。そもそも小沢と組んだだけで「どの程度の人物か」が判る。今の山本太郎しかり・・・、である。どちらも腹黒度 MAX の政治家のクズである。

私の予測でしかないが、今回の経済3団体220人の訪中に二階が関与していないワケがない。

(一部の)政治家が頑張っていても、ことごとく足を引っ張って台無しにしていく財界人や政治家がいる・・・、世も末である。経済は重要だが、経済だけが国益ではない。中国をここまで増長させているのは紛れもなく「自分たちさえ儲かれば良い」「企業が儲かればそれが国益」としか考えない間抜けな経営者たちであろう。


posted by poohpapa at 05:22| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

それだけは絶対にやめてもらいたい ( `ー´)ノ

これ、朝日も取り上げているが、msn.の産経新聞の記事から、

韓国財界も「通貨スワップの再開」要求 「必要ない」が半年あまりで一転…


 経団連は26日、韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)との定期会合を経団連会館(東京都千代田区)で開催した。全経連の許昌秀会長(GS会長)は「米国の利上げ方針などで、世界の金融は不透明になっている」として、今年2月に終了した「日韓通貨スワップの再開」を求めた。

 韓国側がスワップ再開を要求した背景には、成長率の低迷にあえぐ危機感がある。ウォン高に伴う輸出競争力の低下に加え、中国経済の失速で中国向け輸出に依存する韓国経済は大きな打撃を受けている。

 日韓は平成13年にスワップ協定を締結。23年には欧州債務危機への対応で融通枠を700億ドルまで拡大した。しかし、24年には130億ドルに縮小。25年には30億ドル分を延長せず、韓国側が「延長の必要がない」と言い出したこともあり、今年2月にはスワップ協定は終了した。

 ところが、その後、韓国経済は悪化の一途をたどり、韓国の経済副首相兼企画財政相は10月上旬の国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次総会で「多国間通貨スワップなどのセーフティーネットで金融危機を予防する必要がある」との声明を出した。

 一方、26日の会合の冒頭で、経団連の榊原定征会長があいさつし、「韓国政府が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加に前向きなことを歓迎する」と、TPPの早期参加を求めた。両団体の首脳会合は26日午前に終了し、午後に日韓国交正常化50周年記念のシンポジウムを開き、終了する。



同じ内容を、au ニュースの朝日新聞はこう伝えている。

「TPP参加を期待」
日韓財界が懇談会、経団連会長「韓国のTPP参加期待」 韓国側会長「通貨スワップ協定再開の検討を」(10月26日12時58分 朝日新聞)

日本から莫大な支援を受けていながら他国に(いわゆる)従軍慰安婦像を建て続け、日本を貶める「いわれない誹謗中傷」を繰り返している韓国が、お得意の「擦り寄り」を始めてきた。

厚顔無恥、とはこのことであろう。どの面と口でそんなことが言えるのか、という話。

「ウォン高に伴う輸出競争力の低下に加え、中国経済の失速で中国向け輸出に依存する韓国経済は大きな打撃を受けている」のは韓国側の都合。「世界の金融が不透明になっている」と、どうして日本が韓国を助けなければならないことになるのか全く意味不明。

「多国間通貨スワップなどのセーフティーネットで金融危機を予防する必要がある」との声明も、日本が打ち切ったから「多国間」などと言いだしただけのことで、ビジョンがあってのことではない。

経団連会長、「韓国のTPP参加期待」と言っているのは、はたして本音やら・・・。私は、単なるリップサービスだと信じたい。通過スワップ協定の再開の要求に対しては「不快感くらい表明しろよ」と言いたいくらい。韓国側会長の顔に泥を塗ってやれば帰国して暴れてくれるのだから。

安倍総理、いろいろ批判もされていて、それでも私は支持しているが、もし「通貨スワップ協定再開」なんてことになったらもう支持はしない。私にとっては安保法案よりこっちのほうが大事なくらい。

再開するなら「世界中に建てている慰安婦像の撤去」を交換条件にすればよい。あ・・・、それだと危機が凌げれば直ぐに慰安婦像を復活させるか・・・。何といっても恩知らず、恥知らずの韓国だから。

親密交際中の中国に頼めば良さそうなものだが、中国に対しては頭を下げなければならない。相手が日本なら「日本は韓国を助けて当然、支援する義務がある」と見下して要求できるし断らない、と自分たちに都合よく解釈しているからだろう。日本も舐められたモンだ 😠

ま、韓国なんか適当にあしらってマトモに付き合わないほうがいい。TPPにも参加しなくていい 👊

これ、安倍さん主導で「通貨スワップ協定」再開を見送ったなら支持率が5%くらい上昇すると思う。支持率なんかはどうでもいいが、どうしても再開するなら負担と国益に適う交換条件は出すべきだろう。





posted by poohpapa at 06:10| Comment(14) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

これは、新しい「巧妙な恫喝の手法」と読んだ

msn.の産経新聞のニュースによれば、

「中国は武力衝突避けるべき」習主席側近の論文が波紋
尖閣めぐり日中衝突すれば「中国に退路はない」


 【北京=矢板明夫】中国人民解放軍の上将で、習近平国家主席の側近として知られる国防大学政治委員の劉亜州氏が最近、共産党機関紙、人民日報が運営する人民ネットなどで発表した日中関係に関する論文で「中国は武力衝突を極力避けるべきだ」と主張し、中国国内で波紋を広げている。専門家の間では「習政権が従来の対日強硬策を改めた兆しかもしれない」との見方が浮上している。

 劉氏は論文の中で、近年の日中関係の悪化について「北東アジアだけの問題ではなく、米国が裏で糸を引いている」との認識を示した。その上で、安倍晋三首相を「日本の右翼勢力」と決めつけ、「中国との対立を深めることを通じ、憲法改正につなげようとしている」と推測した。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の現状について、劉氏は「1980年代までのような、日本による単独支配の状況でなくなった」と主張。同海域で中国が日本と武力衝突すれば、「中国は勝つ以外に選択肢はなく、退路はない」と強調した。さらに「敗北すれば、国際問題が国内問題になる可能性がある」とし、現在の共産党一党独裁体制を揺るがす事態に発展しかねないとの危機感を示した。

 劉氏は一方で、武力衝突で日本が負けても、尖閣諸島の実効支配の主導権を中国に渡すだけで実質的損失はほとんどないとした。

 劉氏は日本と対抗するために「まず米国との関係を改善すべきで、韓国や台湾とも連携しなければならない」と主張する一方、日本国内の「平和勢力」と提携する必要性にも言及した。

 2012年に発足した習近平政権は当初、「領土問題で妥協することは絶対にない」と繰り返し強調し、尖閣諸島を念頭に「戦争の準備をせよ」との通達を全軍に出したこともあった。しかし、昨年から南シナ海で東南アジア諸国や米国との対立が先鋭化して以降、中国要人が尖閣問題に言及することが少なくなった。

 北京の共産党関係者は論文について「二正面作戦を避け、南シナ海に集中したい習指導部の考えを反映している可能性もある」と指摘した。



単に私の「深読み」かも知れないが、この論文は、中国政府に対して警鐘を鳴らしているのでなく、日本人に対して、「尖閣問題では戦争も起こり得るよ、それでもいいの?」と恫喝している内容。「避けるべき」と言いながら可能性を排除せず「戦争」を連想させるもの。

日本人の多くが戦争アレルギーであることを見越して、「戦争」や「武力衝突」という単語を使って可能性をほのめかすだけで日本人は折れてくる、と解かっていて書かれた「政府認定の論文」に過ぎない。狡猾な中国の考えそうなことである。

たしかに、中国は人口が多いから中国政府からすれば国民の1億や2億死んだって「どう」ってことはない。首脳部さえ生き延びられればいいのだから「戦争も辞さない」と考えていたとしても不思議はない。だが、日本相手なら怖くもなんともないだろうがアメリカは怖い。だから「戦争になるよ、本気だよ」と勇ましいことを言っていても大戦にはならない。ただし局地的な衝突くらいは起こり得る。

中国も本音では(アメリカを敵に回しての)戦争は避けたいところ。幸い、日本人は戦争アレルギーで、イザとなれば国民が「尖閣を奪われても戦争を回避しようとする」のが分かっているから脅すだけで十分に効果がある、と踏んでの論文、中国の軍人が冷静に状況を判断しているのでなく単なる恫喝、と私は読んでいる。

ところで、中国は社会主義国家、共産党一党独裁の国であるハズなのに、昨今の貧富の差は凄まじい。それでは社会主義国家たりえない。富を国家が管理して平等に分け与えるのが社会主義国家のあるべき姿。今の中国は一党独裁で富も一部の国民で独占している状態。中途半端な社会主義国家でしかない。この激しい貧富の格差が、やがて中国を内側から崩壊させるエネルギーに変わっていく、と私は読んでいる。それは、例え中国共産党幹部が力で国民を押さえつけていたとしても、である。


この夏、中国の田舎ではこんなニュースもあった。

【感動】両腕が無いのに91歳の母親の介護をしている男性・・・中国

私が昔イメージしていた中国は、そういう国、であった。国が貧しかった頃のほうが遥かに豊かで、全国民の数%ではあるが、国が豊かになった今のほうが賤しくなっている。それは日本も同じだが。

話を戻すが、日本は「受けて立つ覚悟」を毅然とした態度で示すことが大切だと思う。「戦争は嫌だ、したくない」とばかり言っていたんでは日本は滅びる。「慰安婦問題で日本は謝罪・賠償すべき」「領土問題も折半か共同管理を提案したらいい」などと主張する宮崎駿みたいなバカは「お花畑」もいいところ。いい歳をこいて「庇を貸して母屋を取られる」という諺さえ知らないんだろう。



posted by poohpapa at 05:59| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

この方を外務大臣にしてほしかった

msn.の産経の記事より、

【仙台「正論」懇話会】櫻井よしこ氏講演詳報「中国が目指すのは世界の覇権国家」「日本人を中国に奉仕する民族にしたいのだ」

 大東亜戦争は日中戦争、日米戦争、日本と旧ソ連の戦いの3つの柱からなる。

 日ソの戦いでは日ソ間に中立条約があったが、ソ連は満州に攻め込んだ。日本の侵略といえず、ソ連の侵略だ。日米戦争では日本が真珠湾攻撃をした。しかし、当時のルーズベルト大統領が欧州戦線に参戦するため、日本を追い詰めて日本から攻撃させたとの指摘がある。日本は米国を侵略しようとしたのではない。

 日中戦争は日本の侵略だったという人は、「満州事変」を挙げる。国際社会では事変について厳しい批判があったが、国際秩序を守らない中国にも原因があったとする分析もある。

 大東亜戦争を「あの戦争」とか、「先の大戦」と曖昧(あいまい)な言葉でひとくくりにして、侵略戦争だったと決めつけるのはおかしい。これを日本人がきちんと認識していないと、歴史問題が浮上するたびに国民全体の足元が定まらなくなる。

 中国は私たちと全く違う価値観を掲げて、世界の覇権国家になることを目指している。だから、怖いと思わなければならない。中国がとりわけ憎んでいるのが日本だ。日本をつぶさなければ、と思っている。つぶす際には日本の技術資源、金融資本や勤勉さを温存させて、日本人を中国に奉仕するような民族にしたい。そのために日本人のプライドを砕いて、中国のいいなりになるような国柄にするのが一番良いと思っている。

 日本をコントロールすることが中国の国益だ。コントロールする方法は2つある。ひとつは、米国をはじめとする諸国を通じて日本に影響を与える。つまり、国際社会のプレッシャーによって、日本人をひれ伏させることだ。もうひとつは、日本の国柄を利用すること。日本は押せば引く国とみられている。どういう理由で日本を押すのか。歴史カードを使えばいい。

 これは、日本人として思い当たる。「南京大虐殺」といわれると何となく黙ってしまうなど、歴史カードを突きつけられると日本人はひるんでしまう。「あの戦争」と大東亜戦争をあいまいな言葉でとらえ、侵略と思っているので、「悪いことをした」と物が言えなくなる。このことをよく知っているのが、中国だ。

 歴史認識で、「侵略した」といって反省している人が良識派としてふるまっているが、単に無知なだけだ。大東亜戦争を含めきちんと歴史を学び、日本の歩みを把握することが重要だ。



(未来永劫)「日本人を中国に奉仕する民族にしたいのだ」というのは、まさにそのとおり。

へたな男性議員より遥かに理路整然としていて軸がブレない。

同じ保守的立場にあってもドイツ在住のクライン孝子氏は櫻井よしこ氏を何かと言えば強く批判しているが、メルマガを読んでも、なぜそこまで毛嫌いするのか理由がよく解からない。まるで「櫻井氏の保守は偽物」と言っているかのような論調で、私は支持できない。単に女の嫉妬では?、とさえ感じる。

私からすれば、ほんと、外務大臣になってほしかった。同じ民間人でも、民主党政権下で代務大臣に就いた伊藤忠商事の超親中派役員「丹羽宇一郎」なんかに比べれば遥かに国益に適っているだろう。

中国や韓国が嫌がる人事は真に日本の国益に繋がるもの、と私は思う。



posted by poohpapa at 05:17| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

朝日と毎日、ついに狂ったか (*^▽^*)

朝日新聞 DIGITAL にしては非常に珍しい記事、

ベトナム戦争時「韓国軍兵士が性的暴行」 女性ら訴え

ベトナム戦争に参加した韓国軍兵士に性的暴行を受けたなどと訴えているベトナム人女性やその家族らが15日、訪米中の朴槿恵・韓国大統領らに対し、韓国政府による謝罪と賠償などを求める請願書を提出したと発表した。「私たちのことが忘れられてしまう。正式な謝罪もなく数十年が経った」などと訴えている。

 米国の支援団体「ベトナムの声」がワシントンで記者会見し、被害にあった女性4人(60〜74歳)と韓国軍兵士と被害女性の間に生まれた男性(45)らがベトナムからのネット中継で謝罪を求めた。また、15日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルに意見広告を掲載。レイプ被害にあったという女性4人が顔写真付きで登場し、朴氏に対し「謝罪すべき時です」と呼びかけている。(ワシントン=小林哲)


実態はただの売春婦だった「いわゆる従軍慰安婦」と違って、こちらは事実。しかも、訴えたのは4人だが、実際は何万人もいたとのこと。韓国軍の男ども、ベトナムに何をしに行ってたことやら。

朴槿恵が彼女たちにどう向き合うのか見ものである。あれだけ日本を批判して他国にまで従軍慰安婦像を建てまくっているくらいだから、まさか無視などできまい。

韓国は、やること為すこと、全て「ブーメラン」になる幼稚な国である (^◇^)


いっぽう、毎日新聞も負けてはいない (ぷっ)

米・元捕虜:「収容所長は暴力許さなかった」 遺族と対面


 ◇POWのワーナーさん、45年5月から釜石市に

 米国の元戦争捕虜(POW)のジャック・ワーナーさん(93)が日本政府の招待で来日し、大戦中に収容された岩手県釜石市の収容所所長の遺族と対面した。POWを巡っては、戦後70年を経て子や孫の世代が和解へ乗り出す動きが出ている。

 ワーナーさんと長女パメラ・エスリンガーさん(66)が12日、収容所所長だった稲木誠さん(故人)の長男実さん(59)と長女の小暮はるみさん(60)ら遺族8人と横浜市の英連邦戦死者墓地で対面した。海兵隊員だったワーナーさんは、1942年にフィリピン戦線で捕虜となり、45年5月から釜石市に移されていた。

 「お父さんより君の方がハンサムだな」。ワーナーさんが実さんに冗談を飛ばす。ワーナーさんは、誠さんについて「捕虜への暴力を許さなかった人だ」と敬意を払った。

 出会いを実現させたのは誠さんの孫で米国在住の小暮聡子(さとこ)さん(34)。誠さんが出版していた手記を読んだ聡子さんは「祖父の収容所」で過酷な体験をした人を捜し始め、2013年に米西部オクラホマ州に住むワーナーさんを見つけた。

 日本の「POW研究会」によると、近年は米国の捕虜体験者の子供や孫の世代が、積極的に問題に関わるようになっている。日本でも聡子さんのように、祖父母世代の問題に向き合う「3世」も現れているという。

 研究会の笹本妙子事務局長は「当事者は体験を客観視できない傾向があるが、2世や3世は広い視野から考えられる」と話す。

 日本軍は第二次大戦中に約14万人の連合軍兵士を捕虜とし、3万6000人近くを日本へ移送して強制労働を課した。終戦までに国内外で3万人以上が亡くなったとみられている。日本政府は90年代から、元捕虜らとの和解を進めるために当事者や家族を招いている。【大前仁】


いい話ではないか。毎日新聞の取り上げ方がコレなら、実際はもっと凄い美談だったかも。

それにしても、朝日も毎日も、どうしちゃったんだろ??、どこぞ具合でも悪いんじゃなかろうか(爆)


posted by poohpapa at 05:58| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

中国発の悪い冗談 ( `ー´)ノ

中国・孔子平和賞…村山元首相が最終選考に残るも「健康上の理由で授賞式に参加できない」と固辞 ジンバブエのムガベ大統領に授与決定

ジンバブエのムガベ大統領に授与されることになったから、ではない。健康上の理由で辞退されることにはなったが、日本人からしたら売国奴でしかない村山富市が候補になったから、である。まあ、ムガベ大統領も碌なモンではないようだが、とにかく、中国の孔子平和賞が胡散臭い賞であることは分かった。

だいたいが、今年の候補者、ビル・ゲイツはともかくとして、日本の福田康夫、村山富市の両元首相のほか、国連の潘基文事務総長、韓国の朴槿恵大統領・・・、そうそうたる顔ぶれではないか。どうして河野洋平が入っていないのか不思議だが(^◇^)

ノーベル平和賞も孔子平和賞も、平和賞なんてモノは「質の悪いパロディ」でしかない。

それにしても、夏には「抗日戦勝70周年記念行事」に出席していたハズだが健康上の理由・・・??


ついでに、中国が申請していた「南京大虐殺文書」の世界記憶遺産への登録が決まったとのこと。何ら「事実かどうか」の検証もせずに、である。

「大虐殺」は虚偽や疑問点だらけ 憤る声も

日本は無効狙い反論へ 政治利用許したずさんなユネスコ…門外漢の委員、抗日行事参加の親中の事務局長

ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府

以前も書いたが、日本も通州事件尼港事件ライダイハンを登録申請すればいい。

これが「私たちも忘れないようにするから日本人も忘れないでいてほしい」と言うならまだしも、いわゆる従軍慰安婦も南京大虐殺も中韓が都合よく脚色した「でっち上げ」の要素が大きいのだし。

いつも思うのだが、こんな国と友好関係なんて築けない。本当に「友好関係」を願っているならそんなことはしないものだろう。経済だけの友好国なんて要らない。インドネシアの新幹線にしたって、中国政府がインドネシア政府に要求したんだろうけど、日本が負担して実施した地質調査などの資料が中国側に渡って、その結果、中国が受注したようだし、とにかく「やることが汚い」のだから。

国と国の関係でなく個人間でなら「そういう奴」となんか付き合ってはいられないもの。陰口を叩いたり、カネをせびったり、利益を横取りしたり、悪い評判をバラ撒いている奴とは付き合えない。子供同士が仲良くしていても家族ぐるみでは仲良くは出来ないし距離を置いたほうがいいもの。

先日、中国で日本人数名がスパイ活動をしたとして逮捕されているが、元々中国人であって日本国籍を取得した女や元々が韓国籍(北朝鮮籍)だった男も含まれているようで、そういうのを「日本人がスパイ活動で逮捕」などと報道するのも如何なものか。日本人は、そもそも中国に対してスパイ活動などする必要が無いし、日本中に(中国内でも日本企業に対して)産業スパイを送り込んでいるのはむしろ中国のほうなんだし。

日本人も、いいかげん目を覚ましたほうがいいと思う。とくに、沖縄県の翁長知事は( `ー´)ノ


ちなみに、リンク先の記事は一定期間経過後に消去されるようなのでお早めにどうぞ。

posted by poohpapa at 05:51| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

元祖と本家の争いなのか・・・

維新の党、橋下市長が脱退して分裂するようだが、そうなると「元祖」と「本家」の争いに発展しそうな気がする・・・。松野代表は「脱退する議員に政党交付金を分けない」とか「維新という名称は使わせない」と言っているようだが、仮にそれが正しいとしても、なんか変??

元々は「維新の党」は橋下氏あっての「維新」だから、橋下氏がいるほうが真正の維新で、元の維新は残った国会議員や府議が何人いようが「抜け殻」でしかない。元々は当選目当てで橋下氏に擦り寄ってきただけで、政策もポリシーも一致せず、橋本氏の同志ではなかった、ということだろう。

おおさか維新、24日に結党大会=橋下氏、当面代表に―17人規模、都構想に再挑戦


これが、ソフトバンクの孫社長がソフトバンクから手を引いて別の通信会社を興すとか、ユニクロの柳井社長がユニクロを去って別のカジュアルウェアショップを展開するとしたなら、消費者は元々のソフトバンクやユニクロを利用しつつも、社長が別に興した会社のほうが本家、と思うのではなかろうか。

そもそも孫社長や柳井社長が看板(象徴)になってるワケで・・・。ま、ユニクロは然程でもないだろうけど。普通で考えれば、橋下氏が維新の党を出て別に政党を作ったなら、そっちが「維新」ではないか。

だいたいが、現代表の松野氏、器も小さいし本来は国会議員としての資質は無いと思われる。松野氏は泥船の民主党と組むことを模索しているようで、それで「どの程度の資質か」が判る。放っておいても松野氏の維新はジリ貧になるだろう。橋下氏の維新こそが本家で元祖。今後、有権者は橋下氏無き維新など支持しないと思われる。自分の数年後が見えないような人物に国政を任せられるワケが無い。

橋下氏も自身を客観的に見て、もう少し「有権者の心理」を慮ったほうが成功するとは思う。

大阪は、大阪府と大阪市の予算がほぼ同じ。それなりに無駄も発生しているから解消するためにも都構想は府民にとっては「良い案」だとは思うが、安保法案と同じで、ハッキリ言って「どう説明しようが理解できない、理解するつもりもない」相手は「説明不足」だの「理解が得られていない」などと言って反対することだろう。橋下氏、反対陣営に対しネガティブキャンペーンを張ればいい。「都構想に反対する人たちは、既得権にしがみついて税金を食い物にしようとしている人たち」と訴えて。

それにしても、松野氏、親父と似ていて「嫌な顔つき」で、小者感が漂っている。



posted by poohpapa at 05:43| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

こんな国と友好関係なんか、どだい無理 ( `ー´)ノ

時事通信のニュースによれば、

小中高で「慰安婦」教育開始=来年から全面実施―韓国

 【ソウル時事】韓国女性家族省と教育省は22日、全国の小中高校に旧日本軍による従軍慰安婦問題に関する補助教材を配布し、一部学校で試験的な授業を開始した。来年から全国の学校で全面的に実施する。

 これまでも慰安婦問題は学校教育で扱われているが、新たな教材を使用するとともに、教員の研修も実施。集中的に教える授業を設けることにした。ただ、授業の頻度は各校の自主判断に委ねるという。

 政府は「最近の日本の政府、保守団体による歴史の歪曲(わいきょく)に対抗するとともに、子供たちがより正確に問題を理解し、人間の尊厳と平和の大切さを認識するため」と説明している。

 配布された教材は、プレゼンテーション用のパワーポイント資料と冊子で、小学校高学年、中学校、高校に分けて作成。20ページ前後の分量で、「自由がなく、毎日のように暴力、性暴力を受けた」と元慰安婦が受けた被害を説明しているほか、1990年代に慰安婦問題が表面化して以降の市民による運動などを紹介している。 



断言する。慰安婦は「ただの売春婦」、しかもカネが欲しくて自分の意志でやっていたもの。

「戦後70年、今までそう教育していたけど来年からやめる」というのでなく、その逆・・・???

さすが韓国、である。毎度書いているけど、こんな国と友好関係なんて築けるワケがない。どれだけ援助しても感謝することはないし、歴史を直視しないのは韓国のほうであって、我々の血税を日本海に捨てているようなモノ。いくらお人好しの日本人でも、いいかげん目を覚まそうよ、と言いたい。

北朝鮮からミサイルでも撃ち込んでもらって消滅するか、さっさと中国に取り込まれて南韓自治区にでもなって、今のウィグルやチベットのようになればいい。その時になって助けを求めてきても日本は知らん顔をしていればいいだけのこと。こんな国が隣にあるだけで迷惑だし、しかも日本で在日が日本人より多大な恩恵を受けて暮らしていることに我慢がならない思いである。もう遅いのだろうけど、日本は「国際化」なんて考えないほうが良い。外国人がいない時代のほうが遥かに平和で安全だったと思える。ただし、不良在日は出て行け、ということであって、集団的自衛権とは別の話だから分けて考えて頂きたい。

今、日本は安倍さんが総理だから良かったようなものの、これがまだ民主党政権だったなら、と思うと背筋が寒くなる。韓国なんて、理解や譲歩をすれば増長するだけの国だから。

ところで、選挙で選んだのだから仕方ないが、沖縄県民も翁長みたいな左巻きのアホに踊らされず、沖縄が中国の自治区にならないよう十分な警戒をすべきであろう。一つ間違えば沖縄県民が難民になりかねない。

日本で暮らす在日、生活が苦しければ国籍のある本国の韓国政府が生活の面倒をみるのが当たり前。外国で暮らす日本人が(割合としてはかなり低いだろうけど)生活に困窮した時、その国が生活保護のように生活費を支給してくれる、なんてことがあるんだろうか。うちの入居者の在日の生活保護受給者、日本からカネを出させることなんか当たり前のように思っていて、BMWに乗っていた。

うちの親父、差別なんかはしない人だったけど、カネに汚い「朝鮮人」だけは物凄く嫌っていた。その気持ちはよく解かる。親父はともかく、「脱亜論」の福沢諭吉の偉大さ、慧眼には感服するほかない。

一方で北朝鮮、日本政府からの拉致被害者再調査の要求に対して「ゼロ回答」をしてきたとのこと。まあ、予想どおりだが、所詮、朝鮮半島の人間は信用するに足らない、ということ。百害あって一利なし、そんな国と国交を正常化させる必要は無い。いっそ、現在日本で暮らす在日を(北も南も)本国に強制送還させたらいい。生粋の日本人は皆そう願っていると思う。強制送還させるのも拉致して帰国させないのも同じ人権問題であって、日本だけが我慢と負担を強いられるのは公平ではないのだから。

日本から朝鮮半島の人間がいなくなったなら、日本は今より安全で平和な国になるだろう。もちろん、帰化した人まで追い出せと言っているのではないので念のため。
posted by poohpapa at 05:56| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

あまりにヒド過ぎる毎日新聞の偏向報道

安保法案が国会を通過して、とりあえず一段落かと思っていたら、

毎日新聞が次々に「国民の不安を煽る記事」を連発している。まだ起きてもいないことを、さもこれから間違いなく起きるかのように、そして一部の反対派の意見のみを取り上げている。

記事を読めば、逆に毎日新聞の記事が不測の事態を引き起こす呼び水になりかねないような内容。国会に社主を招いて喚問して頂きたい、と強く望む。

以下に、毎日の記事を列挙、

安保関連法成立:「選挙で国を変える」…市民らやまぬ抗議

安保関連法成立:中東過激派刺激の恐れ…米国と一体の印象

安保関連法案:ペシャワール会の中村医師「敵視は確実」


安保法案:「日本が敵視される」…NGO関係者懸念

安保法案:「止めないとだめだ」 長渕剛さん、渡辺謙さん、鶴瓶さん… 語るタレント続出
(渡辺謙さん、聡明な人かと思っていたが違っていたようだ。長渕剛や鶴瓶は見たまんま)

安倍内閣支持率「32%」は何を意味するか

安保法案が壊したもの 安倍さん、これが「美しい国」ですか?
(誰が汚くしたんだよ!?。自分でコンビニに車で突っ込んで「誰の所為?」と言ってるようなモノ)

当事者に話を聞いた 「ヒゲの隊長」は民主議員の顔を殴った?
(この記事は、ログインしないと読めないみたい。民主党の議員が自民党の女性議員を引き倒したことは毎日新聞は記事にしてるのかなあ。これは朝日新聞にも問いたいけど)

安保法制:村山元首相「あきらめずに闘い続けること大事」
(こんな売国奴を収監しないのだから日本は間違いなく民主主義国家。本人は全く自覚してないが)

安保関連法成立:新潟県弁護士会会長が異例のコメント

そして、今朝の msn.にあった届きたてホヤホヤの記事がこちら ↓

毎日新聞調査:安保関連法成立「評価しない」57%
(こんな数字、いくらでも捏造できるモノ。87%とでも書いたら全く信用されないし直ぐにウソだとバレてしまうから(信用してもらえそうなギリギリ高めの)数字を書いているだけ。本当に世論調査していたかどうかも疑わしい。こんなの私が「知人に訊いたら100%賛成だった」と言うようなモノ)

他にも枚挙にいとまがないくらいだが、リンクは貼っていても直ぐ消された記事もあるみたい。上記の記事の中にも、下書きしていて数十分後には読めなくなっているもの(青字の記事)があった。

私が「一番ヒドイ」と思ったのは上から2番目の「安保関連法成立:中東過激派刺激の恐れ…米国と一体の印象」という記事。いたずらに「何か起きるよ、怖いよ」と国民の不安を煽っている。

これは屁理屈だろうけど、日本では交通事故で毎年4000人以上もの人が亡くなっているが、毎日新聞は「免許を持つと事故に繋がる」だの「自動車会社は毎年4000人を超える死者を出している原因になっている車を製造して利益を上げている。遺族は生活の不安を訴えている。車の製造は直ちに止めるべき」とは言わないよね。なぜ言わないか・・・、車は便利なもので、車が無ければ私たちの生活が成り立たない車社会が出来上がってしまっているし、新聞社自体も車の恩恵に与っているから。

つまり、便利なものには反面で必ず「リスク」が伴うもの。平和や安全も同じ。「全くリスクを伴わずにタダで得られる平和や安全がある」など考えるのが間違い。憲法9条を掲げていれば中国も侵略してこない、何処の国も日本に戦争を仕掛けてこない、などと思っているのは極楽トンボの左翼だけ。

安保法案にも何かしら不備はあると思う。憲法に違反しているのかも知れない。ならば、どうしたら良いか、を考えなければならないもの。日本の領土を侵略しようとしている中国の脅威に対する備えは待った無しと言える。責められるべきは対案も出さずに「先ず反対ありき」でマトモに審議に応じなかった野党であろう。

「国民の理解が十分に得られていない」なんて主張は、一見すると正しく聞こえるが、どれだけの時間を掛けたとしても、十分でなくてもそこそこ「法案を理解できる国民」が果たしているものだろうか。だから選挙で国会議員を選んでいるのだし、国会で議論して出された結果が民意ということ。選挙で国会議員を選んでいるのにデモまでやって批判するのは、それこそ議会制民主主義を否定する行為。

「国民の理解が十分に得られていない」と聞けば、理解できない国民がほとんどなのだから、そりゃあそう思ってしまう国民がほとんどになって、その主張は正しいことになる。国民は左翼に騙されている。

自民党は直前の選挙で安保法案も公約に掲げていたのだし、それでも多数を得ているのだから、文句があれば来年夏の参院選で意思表示すればいい。それでも自民党が過半数を取ったなら毎日の世論調査がデタラメであったと証明されるだろう。まあ、どんなに偏向報道を続けてもそうなると思う。

法案に反対するデモ隊には中国人や韓国人も多く参加していて、中国が反対するのは解かるけど韓国が反対するのはおかしな話。韓国人は安保法案なんかどうでもよくて、ただ(自分たちにとって都合の悪い)安倍さんが嫌いで、なんとか総理の座から引き摺り下ろしたいだけなんだろう。そんな連中でも頭数を揃えるのに有り難いから一緒にデモる・・・。実に面白いわーい(嬉しい顔)

普通に考えたら、中国や、中国の属国に成り下がった韓国が反対するなら日本にとって良い法案に決まっている。そもそも、今の中国という存在が無いのであれば安保法案も必要なかったくらいの話。私がデモの主催者なら中国人や韓国人の参加は遠慮するし、参加してもらうなら絶対に中国人や韓国人であることがバレないようにさせるけど、まあ何でもアリで猫の手(頭数)も借りたかったんだろう。

反対している意見もあるにせよ、賛成している人の意見は申し訳程度にしか取り上げない。マスコミがそんな偏向報道をやってしまったら命取りになりかねないだろうに。朝日新聞はまだ生き延びてるけど。

みんな、もし毎日新聞を取っているなら解約して不買運動でも起こしたほうがいいと思う。公正公平な報道が出来ない(しない)のなら公器じゃないのだから。

ずっと以前から不思議に思ってたけど、毎日新聞は実質的に創価学会の傘下に入っているのに、与党の一員である公明党が是正するよう要請なり指示なり出さないのはどうしてなんだろう。それは解せない。ま、その一点を指しても、「だから日本は民主主義国家」と言えるんだろうな。

毎日や朝日は何ら反省することなく今後も安倍政権に対する悪意に満ちた記事を書き続けるだろう。


posted by poohpapa at 06:34| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

これじゃ銀行も手を引けなくなってるだろうな・・・

2015年度の日本の国家予算の一般会計の総額は96兆3420億円とか・・・。

で、東洋経済オンラインの1週間ほど前の、このニュース、

ソフトバンク、膨らむ借金「11.6兆円」の重圧 フリーキャッシュフローを改善できるか

 いったいどこまで借金を膨らませるのか──。

 「着実に稼ぐ時期に入った。純有利子負債は2014年度にゼロになり、借金会社のイメージは変わるだろう」。ソフトバンクグループの孫正義社長がこう宣言したのは2009年のこと。だがその後、借金ゼロ宣言を撤回。13年、米国の携帯会社スプリントを1.8兆円で買収するなど、一気に攻めの姿勢に転じた。

 結果、積み上がった借金は11.6兆円と、売上高8.6兆円を上回る異様な水準だ。これに対し、事業会社ソフトバンクの藤原和彦CFO(最高財務責任者)は、「さまざまな選択肢のために、いい条件で資金調達している。手元資金を厚くして機動的に対応するのは非常に合理的だ」と言ってのける。

 買収で借入金が膨らんだほか、過去2年で際立つのが社債の急増だ。2013年度は7740億円、14年度は1.55兆円を調達。たとえば、2014年に発行した5年物の個人向け社債は、金利が1.45%。超低金利下にあって、預金よりも高い利回りを求める投資家から人気を集め、国内で起債すると即座に売り切れる。

 さらに今年7月、複数の外貨建て社債を発行、合計5530億円を集めた。うち、10年債の金利はドル建てで6%、ユーロ建てで4.75%。通貨スワップで円に換えたベースの金利は3〜4%。「海外調達にしたのは長期の資金をターゲットにしたから。国内は長くて5年。海外の金利は多少高いが、歴史的に見れば最低の水準」(ソフトバンクグループの後藤芳光財務部長)という理由からだ。

 借金を膨らませたのには、スプリントに次ぎ、米国でTモバイルUSの買収を狙っていた側面もある。ただ、2014年夏に買収を断念した後も、アグレッシブに資金調達をした理由は、次の勝負に向けた機動力の確保だけでない。「(調達先が)どれか一つに偏ると交渉力がなくなる」(君和田和子経理部長)との意識も大きいようだ。実際、従来は銀行借り入れが主体だった有利子負債は、6割を社債が占める。

 S&P・レーティング・ジャパンの吉村真木子主席アナリストはソフトバンクグループの財務内容について、「社債、借入金、保有株式の売却など、資金調達の手段が多く、財務の柔軟性が高い」と、一定の評価をする。BNPパリバ証券の中空麻奈チーフクレジットアナリストも「資金調達に四苦八苦した過去の歴史は大きい。金利先高感がある中で、長期資金を調達するのは当然」という見方だ。

 ただ、つねに借金頼み、というわけにもいかない。今後の軍資金を蓄えるという意味で、本来なら、フリーキャッシュフローの改善を図ることが最優先のはず。かつてジリ貧だったボーダフォン日本法人はグループ傘下に入りよみがえった。そして今、キャッシュフロー改善のカギを握るのが、スプリントの再建である。

 目下、スプリントは徹底した低価格戦略を推し進めているが、ネットワーク品質でライバルに及ばず、契約獲得ペースも鈍い。4〜6月期はTモバイルUSに契約数で抜かれ、4位に転落した。4兆円超の有利子負債を抱えており、ソフトバンクグループの支払利息3665億円のうち、約7割をスプリントが占める。設備投資負担も重く、フリーキャッシュフローもマイナスが続く。

 活路が見えにくい中、新たな手法による改善策が示された。8月4日に孫社長はスプリントの決算発表後に行われた電話会議に初めて参加。財務負担の軽減を目的に、リースファイナンス会社を設立することを発表したのだ。同月6日、日本で行ったソフトバンクグループの決算会見で孫社長は、スプリントの社債を増やさず、新株発行による資金調達も行わずに、設備投資と収益改善を進める方針を打ち出している。

 前出の藤原CFOは、リースファイナンスについて、「割賦債権の流動化と似た仕組み」と説明する。日本では資金回収を早めるため、携帯電話の割賦販売による債権を流動化し、それを運転資金に活用している。詳細は未定だが、スプリントの場合、ユーザーと結んだ端末のリース契約を債権として、新設会社を使って“資金化”する形になりそうだ。

 大和証券の大橋俊安チーフクレジットアナリストは、「(新会社設立は)キャッシュフロー上はプラス。資金調達能力に乏しい会社には、こうした仕組みが重要。どれだけ現金の支出が減らせるかをチェックしたい」と語る。

 孫社長は決算会見で、「スプリントを必ず改善してみせる」と明言し、テコ入れに邁進する姿勢を示した。それから10日余り。孫社長がほれ込んで2014年に迎え入れた、元グーグル幹部のニケシュ・アローラ副社長が「これからのコミットメントを示すもの」として、個人で600億円の自社株買いを行うと発表。その意気込みに市場は驚いた。

 スプリント再建の行方は、グループ全体の財務改善のみならず、今後の成長を大きく左右する。ただ、「皆さんより2年先を見ている」という、孫社長。将来の展望が変われば、目線を切り替え、次なる大型買収に打って出る可能性も十分ありそうだ。


ソフトバンクの借金総額は日本の国家予算のおよそ12%強で、防衛予算の2.3倍・・・、普通で考えたら有り得ない数字。偉大なる自転車操業、と言えなくもない。ほぼ無借金の(同じく自転車操業の)当社のほうが財務的には安定しているかも。自分が貧乏生活を我慢していれば済むのだから。

しかも、自分の後継者としてヘッドハンティングした元グーグル幹部のニケシュ・アローラ副社長の報酬が、165億円・・・。グーグル時代の年俸が56億円とのことだから、それくらい出さなきゃOKしないものだろうけど、私なんか、日産の役員のボーナスが1億円になったニュースで憤慨していたくらい。

創業時から一緒に頑張ってきた日本人の中に適当な後継者がいなかったとしても、これでは人心は離れるだろうに・・・。役員だけでなく、日夜残業して頑張っている社員も面白くないに違いない。もしかすると、元々日本人に後を継がせる気は無かったんじゃなかろうか。たぶん当たっていると思う。

もし孫社長に何かあったら、今のままでは銀行は手を引くだろうから、早めに後継者を指定して顔つなぎしておくのは上手いやり方だとは思うが、日本の銀行がその時どう出るかは見もの。

それにしても、メインバンクの咳払い一つで吹っ飛びそうな借金額だが、ここまでくると銀行も咳払いさえできないだろう。「借りたモン勝ち」と言えなくもないが、孫社長、イザとなったら踏み倒して責任転嫁する国の血筋だから、他人事ながらチト心配である。

以前、構造計算偽造欠陥マンション騒動の時、住宅ローンを組んでいた債務者に対して某メガバンクの頭取が笑顔で「お貸ししたものはお返し頂くのが当然でして・・・」と無責任かつ情け容赦なく語っていたが、ソフトバンクの「もしもの時」も、是非、情け容赦なく取り立ててほしいものだ。

ところで、素朴な疑問だが、現在順調に利益を上げている会社なら身売りはしないもの、そうでない会社を莫大な資金を掛けて、と言うか借金をしてまで買収するのは一大ギャンブルになるのだから、余程のメリットが無ければ買収を仕掛けないのではなかろうか。例えば、自社の弱い部分を対象会社が得意分野としているとか新しく自社でインフラ整備をする必要が無いとか、だろうけど、外国の携帯電話会社を巨額な資金で買収しても会社の規模が大きくなるだけでデメリットの方が大きいように思える。

現実に、青息吐息のボーダフォンを買い取って立て直してはいるのだが、凡人の私には、海外の携帯会社を兆単位のカネを借金してまで買収するだけのメリットがあるようには思えない。私なら、買収でなく吸収合併できる企業を探しそう。孫社長は「皆さんより2年先を見ている」と言っていて、たしかにそれはその通りだろうけど、堅実な経営とは程遠い「綱渡り操業」と思える。

としか考えられないから私は「23年間一人でやっている自営業」から脱却できないんだろうけどたらーっ(汗)

まあね、やっかみ半分だが、以前から私は孫社長もソフトバンクという会社も好きではない。一代でここまで築き上げた経営手腕は凄いとは思うが、携帯料金を日本人と在日韓国人で差を付けている時点でアウト。困る人も大勢出るだろうけど「そんな企業、潰れてくれたら嬉しい」と思っている。新副社長が個人で600億円も自社株を買うそうだから、紙切れになってくれたら嬉しい。

銀行が見放すXデーは意外と近いかも知れない・・・。だといいなわーい(嬉しい顔)



posted by poohpapa at 06:41| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

第一印象は、やはり「顔」で決まると思う PART2

今、何かと話題になっている学生団体SEALDsの、リーダー格の奥田愛基・・・、

なんだろ・・・、人相が悪いなあ。腹黒さが顔に出ている感じ。純粋に国の行く末を心配している若者の顔とは思えない。でもって、15日の公聴会で発言した彼のことを尾木ママこと教育評論家の尾木直樹が16日、自身のブログで「民主主義の体現者」と褒め称えたとのこと。どこが???、である。

こういう強硬な反対意見を持つ学生にも発言の機会を与えたことを「民主主義を具現化した」と讃えるなら解かるけど・・・、ポイントがずれているような気がする。尾木ママ、あまり賢くはなさそうだ。

元々、私は尾木ママの人相も好きではない。発言が常に「受け狙い」で場当たり的だし。だいたいが、教育評論家がオカマ、って何だよ!?

私はオカマであっても大好きなタレントは何人かいるけど、教育評論家がオカマ・・・、有り得ない。それに、会ったことは無いけど、こういうタイプは裏ではきっと態度がでかいんだろうな、と思える。最初はそうでなかったとしても、だんだんと勘違いしていくタイプであろう。ま、想像で申し訳ないけど。

公聴会で「国民をバカにしないでください」と言っているが、どうも「極端」に思える。ネットで同じ思想の人たちが彼を「立派だ」と持ち上げているが、私はむしろ自分の子供には「こんな人間になって欲しくない」と思う。「息を吐くように嘘がつける人間」としか思えないから。

「顔の骨格が日本人とは違うような・・・」と指摘している人がいて、私も同感。安保法案に反対したいのでなく安保法案は別の目的の道具として使いたい人種ではなかろうか。他にも、日本名を名乗ってチマチョゴリを着ている女子大生が「私たちには安倍総理を引き摺り下ろす権利がある」と発言していて、日本国籍を有しているなら間違いとは言えないが、その言い方は「いかにも」という感じだし。

純粋な日本人女性なら、いくら韓国好きでもわざわざ日本国内でチマチョゴリは着ないもの。カメラに向かって「安倍総理を引き摺り下ろす権利が・・・」などと言い放つ感覚は、日本の国旗や総理の顔写真を焼いたり国鳥のキジを生きたまま両側に羽を引っ張って千切って殺してしまう感覚に近いもの。日本に暮らしていて日本人より多くの様々な恩恵を受けながら日本が転覆することを望んで活動する・・・、これ以上の不愉快は無い。思考回路が似ているから奥田愛基と同じ血筋なんだろう。

ここんとこ、俳優や歌手なんかが自分の意見を発信し始めていて、賛成反対に関わらず「なるほど、そういう見方もできるか」と思える意見もあるが、どうも賛成意見が少ないような・・・。この問題では賛成と反対が拮抗している、というか、やや賛成が多いハズだが、反対している人間のほうが積極的に発信しているとしても、およそ2:1の比率でマスコミの報道が偏っていて公正でないのが腹立たしい。

法案に反対している人たち、真剣に国家や国民の安全を考えているのでなく「お花畑の極楽とんぼ」でしかない。自分では有事の際に自らの血を流して国や家族を護ろうとしない(護れない)、つまり「その覚悟が無い」くせに、万一の際には権利ばかりを主張して政府を批判するだけだろうな。憲法違反だと言いながら、(法案が必要であっても)憲法改正は断固阻止しようとするのはミエミエだし。

それにしても、この奥田愛基、政治的中立を装っているがモロ左翼だし、な〜んか好かんなあ・・・。少なくとも「信用できる人間」の顔ではないと思う。営業生活45年の私の勘でしかないけど。

左翼に決定的に不足しているのは「感謝」の心であって、主張するのは常に「権利」(人権)ばかり。

若者も政治に関心を持つのはとてもいいことだけど、政治活動、もとい、政府転覆活動などしてないで、どこかのファミレスでバイトでもしてろよ、と言いたい。「時給900円を稼ぐのがどれだけ大変か」を知ってからモノを言え、ということ。私は、先に「感謝」の心を持たない人間は好きではない。

こんなこと言っちゃナンだが、この法案に関して言えば、公聴会で発言することも無く、デモにも参加せず、家でゴロゴロしている無関心な若者のほうが遥かにお国の為になっているような気がする。

posted by poohpapa at 06:33| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

野田聖子・・・

最近は記事の路線が変わったな、と思われそうだが、常々感じていることなので書いておきたい。

先日、第一印象は、やはり「顔」で決まると思う、という記事を書いていたが・・・、

政治家の中で、人相が悪いことで言えば、男では断トツで小沢一郎、次いで、政界を引退しているが古賀誠、野中広務、鳩山由紀夫あたり。あ、そうそう仙谷由人も・・・。いずれも悪代官顔である。

女で言えば、野田聖子だと思う。辻元清美よりもっと、である。辻元清美は「ただの馬鹿面」だから。

野田聖子の場合、「人相が悪い」と言うより「性格の悪さ」が滲み出ていて、ハッキリ言って「あばずれ」の顔。こういうのは誹謗中傷なんだろうけど、とてもじゃないが自民党総裁どころか国会議員としてもどうなのかな、くらいの顔。性格が悪くても国会議員として真に国民の為に汗水流して働いてくれれば文句は無いが、あの顔の持ち主が国民の為に役立ってくれるとはどうしても思えない。

と感じていたら、私がとっているメルマガ「クライン孝子の日記」に、こんなリンクが貼ってあった。

その1)http://saigonojournalist.blogspot.de/2014/05/blog-post_15.html
その2)http://ariesgirl.exblog.jp/22609411

私も、クライン孝子氏と同様、いくら安倍さんが女性の登用を増やすことを重要政策として掲げていても、「女なら誰でもいい」とは思えない。野田聖子には日本の舵取りは無理だし、韓国に阿る(おもねる)政策ばかりを打ち出すことだろう。国民の幸せなどこれっぽっちも考えたりはしないと思う。

これが稲田朋美氏ならもろ手を挙げて賛成するが、野田聖子が総務会長を務めていただけでも民主党政権下で岡崎トミ子が国家公安委員長に就いていたのと同じくらい「おっとっと!」の人事だった。

重ねて言うが、公私いずれの場合も「第一印象としての顔」はとても大事だと思う。野田聖子の顔・・・、とてもじゃないが日本を代表する顔ではないし、あの顔(と、目)で代表してもらったら困る。

ブスでもブ男でもかまわない。人は、良い生き様や性格が顔に滲み出ているかどうかが重要なのだ。

posted by poohpapa at 07:00| Comment(10) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

昨日のテレ朝の池上さんの番組・・・

昨日、テレビ朝日で「池上彰のニュースそうだったの!!2時間SP」、珍しく、いい内容だった。

私が疑り深いのか、ここんとこ池上さんの番組も「公正を装って視聴者を特定の方向に誘導している」ような気がしていたが、昨日に関しては、と言うか、テレ朝にしてはマトモだったように思う。

池上さん、いろんな局に出ているから、どの局のどの番組で、までは覚えていないが、以前の「韓国について詳しく解説した番組」は偏り過ぎていて嘘も入っていてヒドイなんてもんじゃなかった。

ただし、番組の内容は良かったのだが、昨日の番組に出演していたタレントは「不勉強にもほどがある」と思った、あれが平均的日本人のレベルなのかも知れないが、それにしても情けない。

「キューバのカストロはCIAによって600回(正確には638回)も暗殺されかかったけど失敗している」という話で、池上さんが「失敗した話は(報道されて)出てくるけど、成功した話は出てこない」と言うと、あるタレントが「じゃあ成功した分も入れると、もっとある、ということですね」だと!?

池上さん、つられて「そういうことですね」と言っていたが、「なワケないだろ!」である。

カストロの命は一つなんだから、何度も成功していることは有り得ない。成功していたなら成功回数は一回のみで、カストロは死んでいなければならない。なので成功0に対して失敗638回、ということ。

まあ、揚げ足取りはそれくらいにして、日本も徴兵制度になるかも、という不安に対して、「今の戦争は徴兵した(訓練の出来ていない)兵士がするのでなく、訓練した兵士でなければ戦えないから、徴兵制度にはならない」という専門家の意見も紹介していたのは良かった。事実、私もそう思う。

昔と違って何年も人海戦術で戦争が続くことはなく、せいぜい開戦後一週間か二週間で終わってしまうことだろう。安保法案に反対する若者、もとい、バカ者が相も変わらず深く考えないで「自分や自分の子供が戦争したくないから反対」と言っていて、自分の事しか考えない思考回路に溜息が出たが。

後半のベトナムについての特集で、ベトナムは日本からの支援で造られた橋や道路に「日本からの援助で造られた」ことを刻んで国民に知らせているのは嬉しかった。中国や韓国は、どれだけの支援を受けていても国民には一切知らせずに反日を煽っているのだから、これから日本企業はタイ、インド、ベトナムなどに生産拠点をシフトしたほうが良いだろう。人件費もベトナムは上海の1/3だというし。

とにかく、そこそこ公正な番組で良かったわーい(嬉しい顔)

posted by poohpapa at 06:37| Comment(12) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする