2017年10月25日

小池百合子の過ち

今、小池百合子が叩かれている。マスコミからすると、選挙に大勝した安倍自民は叩きにくい。だが誰かを叩かないとマスコミも格好がつかない。そこで、生贄にするのに恰好の標的が、小池百合子である。

小池百合子が都民ファーストでも国民ファーストでもなく「自分ファースト」だということは、都知事選の頃から私は指摘している。何度も女に騙された私が言うのだから間違いない (おい)

まあ、冗談は抜きにして、どこで小池百合子の計算が狂ったか、判断を誤ったのか、と言えば、自身は都知事に当選したばかりなのに、真っ先に手を挙げて自民を離党してまで自分を支えてくれた若狭勝氏を党代表にせず「リセット」して自分が代表に就いたことから、と、私は思っている。

マスコミは「排除」という言葉に反応しているけど、政治信条(考え方)が全く違う人物を篩に掛ける、つまり排除するのは当然のことで、その部分に関しては、私は小池百合子に同情している。とくに「排除」という言葉が傲慢だとも思っていない。ターゲットにするのにちょうどいい(分かりやすい)言葉であるんだろうけど、私には「排除」より、その前の「リセット」のほうが醜悪だと思える。

マスコミも、当初は「小池百合子推し」の報道をしていたが、こと憲法改正に関しては安倍さんよりもっと保守的であって、選挙の後で希望の党が自民に協力するのを警戒して「立憲民主党に追い風」などと繰り返して安倍自民の批判票が立憲民主に集まるよう意識操作している。政治に関心が無い(けど投票には行く)無党派層の有権者は立憲民主の中身を見ずにマスコミが垂れ流す情報に乗せられたのだ。

それと、いわゆる「踏み絵」を踏ませたとしても、どうせ選挙で当選するためにサインをしただけで元々が小池百合子と思想信条が一致しているワケではない烏合の衆が、数年後の次の選挙で「希望の党から出ていたのでは勝てない」と判断したなら、また当選しそうな、いや、当選させてくれそうな党に移るだろう。希望の党の落選組の中には「こんなことなら立憲民主から立てば良かった」と後悔している奴もいるだろうけど、間違いなく言えるのは、次の選挙では「もう立憲民主党に風は吹かない」、ということ。

基本的に私は、政治信条の問題でなく選挙に当選するために離党したり入党する人間を信じない。何度も言っているが、いくら政治家は当選してナンボ、当選しなければ自分の理想が追求できない、としても、そんな奴がイザ有事の際に国民の盾になってくれる、国民の生命財産を最優先してくれる、とは思えない。その典型的な例が小沢一郎である。小沢の選挙区では今も「小沢ブランド」が通用している。

これから希望の党では意に反して「踏み絵」を踏まされた議員による小池下ろしが始まるだろうし、希望の党は分裂、消滅することになるかも知れない。その時に、飛び出した輩がどの政党に行くのか、有権者はしっかり見届けなければならない。

ところで、一方で今回の選挙は不倫議員にとっては禊選挙になっていたのだが、言うまでもなく、不倫する、ということは今まで支えてくれていた伴侶を裏切る、ということで、そういう意味から言えば、若狭氏を踏台にして外した小池百合子がしたことは「不倫と同じ」だと思う。それ以上に劣悪か・・・。

まあね、うちのと結婚した経緯を考えたら私が言えた立場ではないけど (反省していない 💧

小池百合子が内に秘めた「日本初の女性総理」という夢は潰えたが、当然の帰結である。今、小池百合子よりもっと総理の器ではない野田聖子が「日本初」を狙っているようだが、マスコミは頑張って潰して頂きたい。



posted by poohpapa at 06:33| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

突然の訪問者 part 2

店で、溜まっていた事務仕事を片付けて寛いでいたら、ドアが開いて誰か入ってきた気配・・・。

見やると・・・、

今回の衆議院議員選挙で当選した小田原きよし氏(自民党公認)の奥様である。以前の記事でも書いたが、凛とした美しい女性で、本当に「10年に一人お目に掛かれるかどうか」というくらい気品がおありになる。男女を問わず、お目に掛かったなら誰もがいっぺんでファンになってしまうようなお方。

失礼な話ではあるが、もしも何かで弔い合戦の必要があって奥様が立候補なさったなら、まず間違いなく当選するだろう。奥様もまた国会議員に向いているタイプと思われる。ご夫婦で二人三脚でやってきて、いろんなご苦労を一緒に背負ってきたからではないか、と容易に推察できる。今の日本にはこういう「真の大和撫子」タイプの女性はほとんどいない。ご自身はけっして出しゃばることは無く一歩下がってご主人を立てるし嫌な顔ひとつせず支える・・・、この奥様あっての小田原氏、と言えるだろう。

まあね、うちら夫婦は真逆で、互いに常に本音が言えて、家の中は常に本音トークが炸裂していて、もしもどちらかでも本音が言えなくなったならその時は夫婦関係が崩壊している時、と思えるほど。遠慮なんて全く無い。女房が一歩下がって、なんてことも無い。私が大きな屁をこいても大鼾で寝ても、文句を言われたことは一度も無い。だから夫婦間でのストレスは皆無・・・、と私は勝手に思っているが、女房に辛抱させているのかも。もしかすると「臭い(うるさい)、出て行け!」と思っていたりして (滝汗)

で、昨日18時から小田原きよし氏の事務所で選挙報告会が開かれるということで、わざわざ私などのところにまでご挨拶に来てくださったのだ。頼むだけ頼んでおいて受かっても落ちても後は知らん顔、という候補者も多いが、ご夫婦ともにとても律儀である。私なんかはどれほどの役にも立っていないのに。

残念ながら小選挙区(東京21区)では民進党から希望の党に移って出た長島昭久氏に僅差で敗れたが比例区で当選を果たした。「やはり小選挙区で勝ちたかったでしょうから、ご主人、悔しがっていたのではありませんか?」と訊くと、「実は私もまだ会っていないのです。でも電話では『悔しい』と言ってました」とのこと。私も(分かり切った)意地の悪い質問をしたものである。ちょっと反省
💧

前回は小選挙区で小田原氏が勝利しているが、今回の選挙は「自民が圧勝しそう」というアナウンス効果があってか、かなりの票が長島氏に流れたようだ。小池代表のお膝元の東京の小選挙区で、希望の党で当選したのは長島氏だけで、たしかに立川市での知名度や浸透ぶりは長島氏のほうが強かったかも。他の市では全て小田原氏が勝っていたのに立川市の票で結果が違ってきたようだ。新しく合併した市を重点的に廻っていたのか、立川にはあまり小田原氏の選挙カーが来ておらず、長島氏の車はけっこう頻繁に回ってきていたから、そういうこともあるのかも。選挙区が広くなると対策が難しくなって辛いことだろう。

もちろん、それでも選挙は選挙、一票差でも当落が分かれるのが選挙というもの。広くなって辛いのは相手候補も同じだし。まあ、いろんな観点から次の選挙こそが勝負、ということ。希望の党は(踏み絵させていても)実際のところ呉越同舟だから、次の総選挙前には分裂するか消えることだろう。長島氏は「いい政治家」だとは思うけど、私には「どうも立ち位置がハッキリしていない」ように思えてならない。

ところで、私がなぜ(長島氏ではなく)小田原氏を強く支持するのか書いておきたい。

私が高校1年の後期、生徒会の役員9人で通学路にある名鉄の住吉町駅の踏切などに毎朝交通指導で立つことになった。任期中の半年間は全員が続けることになっていたのだが、たった一週間で私一人だけになっていた。やる、と決めたからには他の連中が立たなくなっても私は続ける。後期というと10月から3月までだから冬は寒いし雨の日もある。踏切での交通指導は傘をさしてはできないから、本降りになるとビニールの風呂敷みたいなのを被って立つ。ポンチョなんて洒落た物は無かったから。真冬でも、校則でコートは着られない。近隣の三つの高校の生徒がいっぺんに電車から降りてくるし、遮断機が下りて電車が通過する際、上級生が(意地悪く、線路に倒れない程度に)私をワザと押すから危ない。

たった半年のことだったが1時間は早く起きなくちゃならないからけっこう辛かった。だが、小田原氏は1年間も被災地でテント生活をしながらボランティア活動をしているし、今も毎朝選挙区の駅頭に立って活動報告をしている。誠実でなければ、次の選挙目当てなんかで続くものではない。私が「14年半もほぼ毎日記事を更新している」と言っても冷暖房の効いた部屋の中での作業だし、食事も休憩も好きにとれる。苦労は比較にならない。まあ、ブログの記事の更新は好きでやっていることだから苦労でも何でもないけど。ボランティアにしても寄付にしても一度二度なら誰でもできる、何にしても「続けることの辛さ」というものは私にはよく解かる。私にとってはそこが判断基準だが、毎日の辻立ちを止めたとしても支持する。今までの実績で十分だし、小田原氏、国民を踏み台や盾代わりにはしない人だと信じられるから。

そういうことで言えば長島氏も信用できる政治家だとは思うけど、自分の体験と重ね合わすと小田原氏支持になる。間もなく営業生活半世紀になる自分の「人を見る目」を信じたい、という思いもある。

野田元総理も毎朝選挙区の駅頭で辻立ちしているとのことで、私の支持政党ではないし政策の是非は別として、誠実さ、ということでは尊敬している。今回も小選挙区で当選しているようで嬉しい。政治家にとって最も大切な資質は「誠実さ」だと私は思っている。対極にあるのが小沢一郎。うちのの実家が選挙区なので、今度電話した時に「誰に入れたか」訊いてみよう。もし「いっちゃんに入れたよ」と言ったなら縁を切ろう (おい)

私は小田原氏を今後もずっと応援し続けるし、小田原氏、今後も当選回数を重ねていくと思う。


posted by poohpapa at 06:00| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

今回の選挙結果について

個人的な感想ではあるが、何党が何議席獲得したとかいうことより、「こんな奴が当選して、この人が落ちるかねえ・・・」、というケースが多くみられて残念。

私が「落ちてほしい」と切望していて当選しちゃった議員、⇓

小沢一郎(うちのの実家の選挙区)、辻元清美、菅直人、石破茂、山尾志桜里などなど・・・。「こんなのを当選させる(選挙区の)有権者ってどうよ!?」と思ってしまう。山尾志桜里、私からすると、不倫なんてどうでもよくて、「保育園落ちた、日本死ね」を国会で取り上げて政府を追及したのが「ハア!?」て感じ。

一見民主党、じゃなかった、立憲民主党は勢力3倍と言っても単に「漁夫の利」を得ただけ。希望の党は予想通りの結果。若狭さん、「使い捨てカイロ」にされてしまった感がある。顔が地味なのも敗因かな。

小池百合子の求心力が無くなって、希望の党は(選挙で当選するために一旦は踏み絵を踏んだ)民進党出身者の造反が出て、民進党出身者に牛耳られるか空中分解するかのどちらかになりそう。立憲民主党も、自己主張だけは強いリストラ社員ばかり集まって、どこまで一致団結していられることやら・・・。

ところで、ネットでは有名だという「この話題」、私は知らなかったのだが、実に面白い。

石破さんはあの車にしかみえない…と市場賑わう。

拡大したものが、こちら

その話を最初に聞いた時、「いくらなんでも、人の顔と車では似るワケがないだろ!」と思っていたのだが、記事を見て納得。もう石破茂の顔を見たらシトロエンにしか見えない (^◇^)

posted by poohpapa at 06:15| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

みなさん、騙されないとは思いますが・・・、

こんな「偽情報」がネットで広まっているとか・・・、

「安倍首相が国連の選挙監視団を拒否した」

さも「安倍総理が選挙で不正をしようとしている」かのごとき内容。文中では「安倍」と呼び捨てにしているし、出所がどこか予測がつきそうな記事。だいたいが、日本に国連からの選挙監視団は来ないだろ!

そういう姑息な手段を用いず堂々と真正面から議論すればいいのに・・・ ( `ー´)ノ

こんなのにも要注意、

【衆院選】「支持政党なし」が立候補 投票用紙に“支持なし”と書くと…

人としてのレベルの低さを感じずにはいられない。完全に有権者を馬鹿にしている。万が一、当選者を出しても、そんなのが国民のために役に立つとは思えない。こういうのこそ「排除」しなければならない。





posted by poohpapa at 08:49| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

「右でも左でもなく真っ直ぐ前へ」って・・・

今、「とくダネ!」で注目の選挙区「東京10区」を特集していたが・・・、

立憲民主党の候補が「右でも左でもなく真っ直ぐ前へ」って言ってたけど、

「ウソつくな!、アンタ、もろ左じゃねえか!?」、と言いたい ( `ー´)ノ

posted by poohpapa at 09:13| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

小田原きよし氏の選挙カーに手を振ったら・・・

今さっき、店の前を小田原きよし候補の選挙カーがゆっくり通り過ぎようとしていたので、店の前に出て手を振ったら・・・、

御候補者の小田原氏が自らマイクを握っていて私に、

「坂口先輩、いつもお世話になっています」だと!。気さくなお人柄だと分かる (^◇^)

私はミーハーだし、そう言われると、なんか私も東大経済学部を出たような気分になって嬉しい (^^)/

posted by poohpapa at 18:19| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

いろんな意見があって良いと思うが・・・

【衆院選】安倍晋三首相の遊説にヤジや妨害相次ぐ 非公表のはずが…ツイッターで飛び交う日程

今までも、自民党という政党は自分たちとは違う意見にもちゃんと聞く耳を持っていたと思うが、野党のほうは真逆で、自分たちと違う主張には一切耳を傾けず拒絶。↑ は典型的な例で、ほとんど気違い。

アホ、気違いの類.jpg
上記リンク先の記事から引用

もしも、私の娘や嫁が「こんなプラカード」を持って人の演説を妨害するような人間になったら、私は絶縁すると思う。もちろん、そんな娘に育てた覚えはないけど。私が家(元妻の実家で二世帯住宅)を出た後は娘ともあまり接点が無かったけど、私の3人の子供の中で私の考え方や価値観に一番近いのは娘かも知れない。

たまにうちに来て、チョコレートなんかを持たせようとすると、ロッテのチョコだけは持ち帰らない。それどころか私に「ロッテって韓国じゃん!、ロッテなんか食べるの!?」とお説教を垂れるほど。私より右翼である。私は「美味しければ食べる」それだけのことで、娘より柔軟性がある。ま、食い意地が張っている、とも言うが💧

このブログにも時々(ピンポイントで)意見が違っただけでマナーを弁えないヒステリックなコメントが入ったりする。「私とは違う意見もあるんだ・・・」でいいと思うし、嫌なら来なければいいだけのこと。そういう奴に限って、酷いコメントを残した後でも気になって訪れたりしていて、まあケツの穴が小さい。

それにしても、こんな女たち、将来「ろくな嫁、ろくな母親」にはなれないだろう。それは断言する。

posted by poohpapa at 06:39| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

し・つ・こ・く、3本目

【検証】小池知事の「(衆院選立候補)最初から100%ない」発言は本当か

どんなに本人が否定していても、「100%出ます」と断言している評論家は多い。

私も「出る」と思っているが、どうなることやら (^◇^)

posted by poohpapa at 09:28| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うちの選挙区・・・

うちの選挙区、東京21区は事実上、自民党の小田原潔(きよし)氏と、希望の党に鞍替えした長島昭久氏の一騎打ち、と思われる。あとの候補は、いわゆる泡沫候補で、「枯れ木も山の賑わい」程度。小田原氏も長島氏も、負けたとしても比例復活は間違いないけど、やはり小選挙区で勝ちたいことだろう。

昔は、うちの田舎の市議選でも県議選でも、どんな選挙にも必ず立候補する人がいて、当選しないどころかほとんど得票していないから毎度供託金を没収されていたと思うのだが、それでも必ず立候補していて、もしも立候補者の中に名前を見掛けなかったりすると心配になるほど。立川の交通整理オバサンのようなもので、しばらく姿を見掛けないと、応援しているワケでもないのに「具合でも悪いのかな・・・」と気になったりする。そう言えば、選挙マニアの羽柴秀吉氏も一昨年お亡くなりになった・・・。

で、話を戻して、うちの選挙区の有力候補二人、どちらも経歴は素晴らしい。私はその昔、長島氏について「長島氏が民主党にいるのが間違い。自民党に移るべきではないか」と書いていて、本人もそうしたかったようだがいろんな事情があって民主党を捨てきれなかったようだ。ネットでは「優柔不断」と批判されていたりするが、本人にしか分からない事情があったことと思う。それでも、長島氏は(失礼ながら)国会議員としては平均値以上、かなり上だと思う。甘いマスクは小田原氏より主婦受けすることだろうし。逆に、小田原氏の一見「ガキ大将」っぽい顔は母性本能をくすぐるかも知れないが (*^_^*)

だが、結局「民主党(民進党)を終末まで出られなかった」長島氏、なんてことはない、希望の党に合流したことで、底の浅さが露呈した、と思う。一本「筋が通っていない」から。ま、最初に所属したのが民主党だった、というのが誤り、不幸であって、もう少し待って自民から出たほうが良かったのでは、と思う。当選回数を重ねているのに大した実績も無いのは民主の中では右寄りだったせいか。

一方の小田原氏、出身地の大分で参院選に出るも落選している。大きな挫折だったと思うが、浪人時代に起きた東日本大震災では遠く離れた被災地の宮城で1年間ボランティア活動をしている。単なる選挙目当てではそんなに長くは続けられないもの。お父様が自衛官であった、ということも影響しているかも。

話が横道に逸れるが、今回の選挙で私が一番落選してほしい候補は、自民から小池新党に合流した元内閣府副大臣の福田峰之だ。「自分が当選したいが為」に移っただけ、というのがミエミエ。だいたいが自民の看板を背負っていながら小選挙区で勝てないものだから、不安を感じて小池丸に飛び乗ったんだろうけど、仮に当選して再び議員になれたとしても、この男に将来は無い。だいいち、顔(人相)が悪い。あれは大成する顔ではない。国会議員の顔でさえない。議員にとって顔は重要だと思う。

でもって、先が見えないからと言って、後先考えずクィーンエリザベスU号からセウォル号に乗り移る馬鹿が何処にいる!?、と言いたい。こういう不節操な人間は有事の際には自分だけ助かろうとするに違いない。だから、どんなアホが当選してもいいからこの男だけは是が非でも落ちてもらいたい。

私が小田原氏を支持するのは、小田原氏は間違っても自分だけ逃げだす人ではないのが判るから。長島氏も誠実なんだろうけど・・・、咄嗟の正確な判断はできないだろうし、最後は自分、になりそう。国会議員にそこまで求めるのは無理かも知れないけど、私はそういうところを一番重視する。

何度も書いているけど、私は60歳を過ぎるまで自民党候補に投票したことは無い。かと言って民主党候補に入れたことも無い。ちなみに、前回は小田原氏に入れた。実際に街で小田原氏に会って少しお話ししただけで「この人は信頼できる」と直ぐに判ったから今回も入れる。私も営業生活が長いので、たまに大外しすることもあるが人を見る目には自信がある。この人は有権者を裏切らない、と確信している。

そんなこと言ってて、そのうち文春に「自民の小田原氏、不倫か」なんて記事が出てきたら小田原きよし事務所に火をつけに行くよ、私は。まあ、そんなことは有り得ないだろうけど (^◇^)



posted by poohpapa at 07:22| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

夕方、電話してきたお方は・・・

昨日の定休日、バーミヤンでランチを済ませ、マルエツで買い物して、夕方家でまったりしていると・・・、

5時26分に携帯電話が鳴った。「坂口先輩、こんにちは」だと・・・。私のことを「坂口先輩」と呼ぶ後輩はいない。たいていは今も「さかちゃん」だから。声も聞き覚えが無いし、誰だろう、と思っていたら、

「小田原きよしです」だと。前衆議院議員(連続2期)で、今度の選挙にも自民党から公認で出ていらっしゃる小田原氏ご本人からだった。先輩・・・、私も東大経済学部卒だとよく判ったなあ (なワケない)

きっと、私に対する敬称を、「さん」じゃマズイし、「様」だと余所余所しいし、「社長」だとビジネスライクだし、と、どう呼ぶか悩んだに違いない。それで「先輩」になったものか。失礼ながら、私は小田原氏の経歴より先にポスターの顔写真を見て、まさかに東大卒とは思わなかった。どう見ても「スポーツ推薦で大学に進みました」という感じ。いろんな東大卒を見てきたが小田原氏のようなタイプは初めて。

で、用件は、「ブログに書いて頂いて有り難うございます」とのお礼の電話だった。

と言っても、たまたまご本人が検索していて見つけた、というのではない。私が一昨日、小田原氏と奥様のことを記事にしてアップした後で、15時から事務所開きで忙しくなる前に、プリントして事務所にお届けしてきたのだ。事務所の方が「本人に渡しておきます」と受け取ってくれたのだが、まさかにご本人から直接お礼の電話が入るとは思っていなかった。喜んで頂けたら嬉しいな、と思ってはいたが・・・。

正直に言うと、ここで小さな縁を作っておいて、近い将来(私からすれば天下の悪法の)「個人情報保護法」の改正をお願いする機会ができれば有り難いな、と思っている。その理由については当ブログで「どうして個人情報保護法が悪法だと考えるのか」は何度も書いているので詳細は省略するが、良い面より悪い面のほうが大きく、日本を住みにくくしているから、である。それなら後援会に入るほうが手っ取り早いのだろうけど。

分単位の忙しさの中、時間を作って場末の泡沫不動産屋なんかにも電話をくださる・・・、そういうことでもお人柄が判る。ならば私もさらに応援したい。家主さんは支持政党が違ったりするかも知れないから、その場合は商売にも影響するが、入居者さんなら問題ないので、これからあちこち声を掛けたい。

私が声掛けしなくても、私の周りは小田原氏に投票する人のほうが多いとは思うが、目標は、最低でも10票、できればその倍、20票くらいは貢献したいと思う。

いい歳をして私もミーハーなので、国会議員自らお電話を頂いたということで舞い上がってたりして
💧

14年半続けていると言っても私の毎日の記事の更新など小田原氏がほぼ毎朝続けている駅頭の辻立ちや、1年にも及ぶ被災地でのボランティア体験に比べたらてんで比較にならないが、1日2日や一度二度なら誰でも出来る、それを長く続けるのは大変だから、小田原氏の誠実さはよく解かる。

できれば、小田原氏が辻立ちできないように早くなってもらいたいと思う。それまであと3回ほど当選しなければならないか・・・。
有権者(支持者)として同じ夢を見させてもらえたら嬉しい。


そうそう、昨日のバーミヤン、また「いつも夕方まで眠っている客」が同じ席にいた。立川は平和だ 😃

posted by poohpapa at 06:19| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

サンフランシスコ市との姉妹都市、解消しよう

朝日デジタルのニュースから、

大阪市長に米姉妹都市市長から批判の書簡 慰安婦像巡り

大阪市の吉村市長が姉妹都市の米サンフランシスコ市に対し、旧日本軍の慰安婦像を市営公園に組み込むなら「姉妹都市関係は解消する」と発言した問題で、サンフランシスコ市のリー市長が吉村市長に書簡を送り、関係解消について「恥ずべきことだ」と批判した。

とある。さらに、

「姉妹都市が解消されれば、これまでに情熱を注いで友好の懸け橋を築いてきた両市の住民を傷つける。過去ではなく未来を見るべきだ」と書簡で述べているんだとか。

なんか変・・・。売春婦像を設置しておきながら「過去ではなく未来を見るべき」って何!? ( `ー´)ノ

じゃあ、イギリスで製作されたライダイハン像も並べないと不公平。もっとも、強制連行は捏造だけどライダイハンは事実だから、韓国にとっては都合が悪いだろうけど。

これ、吉村市長の宣言通り、姉妹都市解消で良いのでは、と思う。改められたらまた締結すればいい。





posted by poohpapa at 20:34| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

突然の訪問者

昨日の午後、店番をしていたら、ドアが開いてとても気品のある女性が入ってきた。それも飛び切り美しい。部屋探しのお客さんでないことだけは確かだし、営業でもなさそう。そう思っていたら、遠慮がちにこう言う。

「失礼いたします。私は小田原きよしの家内でございます。ただ今、主人に代わりましてご挨拶に回らせて頂いております」とのこと。この衆院選に立候補する小田原きよし氏の奥様だった。

「私も女房も本当に小田原さんに入れます。元々が小池百合子みたいに人を踏み台にしてのし上がっていくタイプの女は好きではないので希望の党には入れません」と伝え、少しだけ世間話をさせて頂いた。その中で、こう指摘した。「ポスターの写真、あまりイメージが良くないように思いますが・・・」と。すると奥様が「そうですよね、ちょっと怖そうですもんね」と笑う。精悍な感じはするが、ポスター用に無理に作った笑顔、という感じで自然な笑顔ではないような・・・。もう少し柔らかな表情の写真があれば替えたほうがいいのでは、と最初にポスターを見た時に感じた。もちろん、今はそんなことで決めないが。

小田原きよし氏・・・、東日本大震災の後、1年間、宮城県でテント暮らしをしながらボランティア活動をなさっているし、ほぼ毎日、選挙区内の各駅頭で辻立ちをしている。小沢一郎が選挙区である被災地の岩手から早々に逃げ出したのとは真逆である。小田原氏、誠実な人柄で、実行を伴う本物の政治家だと私は思う。 

その小沢一郎の自由党、希望の党と合流して小沢一郎も希望の党から立候補するような話も出ていたが、合流を断念して無所属で出るみたい。それはとても残念。希望の党と合流していたなら希望の党のイメージダウンになったのに・・・。だいたいが、どの面さげて立候補するのか、という話。「(小田原氏の)爪の垢でも煎じて飲め!」と言いたい。小沢一郎は政治家ではなく政治屋、政治ゴロでしかない。

で、最後にちょっと驚いたことが・・・。帰り際に奥様のほうから握手を求められたのだが、奥様は立候補者本人ではない。反射的に私も手を出してしまったが、政治家の奥様って「そこまでしなければならないのか」と、申し訳ないが同情してしまった。いかなスケベの私でも人様の奥様と握手したことが後ろめたく思えた。日常的にさぞかしご苦労が多いことだろう。ある意味、立候補している本人より辛かったりするかも。言えるのは、ああいう奥様がいてこその小田原氏、ということ。まさに内助の功だ。

まあね、あのご主人であの奥様・・・、間違っても不倫騒動は起こさないと思う (^◇^)

今日3時に事務所開きだそうで、私が駆けつけることはないが、我々夫婦は確実に小田原氏に入れる。

posted by poohpapa at 06:01| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

しつこく政治ネタ・・・、ごめん (*´з`)

最初に言っておくと、ここ、不動産屋ブログなんだけど、たぶん政治ネタが続くことになると思う。

以前も書いているが、私のことを「バリバリの右翼」と思っている人もいる、いや、ほとんどの人がそう思っているだろうけど、私は60歳を過ぎるまで市議会議員選挙を除いては自民党の候補者に投票したことは一度も無い。自民党という政党が政権を担っているのが日本にとっては一番いいのだろうけど間違いを指摘したり修正させようとする政党に頑張ってもらおう、という考え方で野党に投票してきた。

その私がなぜ自民党に投票するようになったか、と言えば、民主党に政権交代したので自民党が野党になったから、ということと、民主党があまりにお粗末だったから、ということ。もしも、あのまま(あと数年)民主党が政権をとっていたなら日本は終戦直後よりもっと荒廃してしまっていたと思う。考えただけでも恐ろしい。

私の支持政党は、橋下さんの(元祖)維新。それと希望の党に合流してしまったが「日本のこころ」であって、相変わらず自民党は本音で言えば好きではない。自民党には保守の仮面を被った左翼(売国議員)も大勢いて真正保守の足を引っ張ってるし。そんな中で安倍さんだけは強く支持している。

河野洋平や石破茂、引退した小泉純一郎、山崎拓、二階、もう下の名前が出てこないけど加藤・・・、売国議員がうじゃうじゃいるもんなあ・・・。私は国会議員はイザとなったら命を賭して国民を護ろうとする気概が無ければならない、と思っている。だから、今回、国民のことより真っ先に自分のことを考えて希望の党に駆け込んだような奴、全く信用していない。いくら「議員になってこそナンボ」であったとしても。

思い出した、加藤某・・・、加藤紘一だった。もうすっかり過去の人だもんなあ・・・。

河野洋平みたいに晩節を汚しているのはとくに見苦しい。自分の談話で韓国に付け入る隙を与え、国民に塗炭の苦しみを味わわせているのにも関わらず、自分の間違いを認めないどころか河野談話を否定しようとする動きを牽制したり現政権を批判している。政府の要職まで務めたのであれば「自分の出した談話は間違いであった。それがために日本国民に多大な迷惑を掛けてしまったことを心からお詫びしたい」という遺書を残して自害してもらいたい、そうすべき、だと私は思う。そうすれば韓国は主張の論拠を大きく失うことになるから河野洋平を少しは見直すのだが・・・、そんな器ではないだろう。

太平洋戦争末期、お国の為に、と二十歳そこいらの若者が特攻隊員として命を捧げていたのに、べらぼうな高給を食み、高い地位を与えられていた国会議員が老い先短い命に恋々としがみ付いている様は無様だ。

小泉純一郎も、百害あって一利なし、老害の塊のようになってしまっていて、進次郎も、まんま親父のコピーだから好きではない。ゆくゆくは馬鹿な有権者が進次郎を総理に持ち上げようとするだろうけど、どれだけ国会議員を長く経験しても総理の器になることは無いと見た。所詮は客寄せパンダである。

で、今度の選挙、安倍さんの目論見がハズレて自民党は議席数を減らすかも知れない。だけど、考えようによっては改憲に対する考えが安倍さんに近いことで希望の党が多く議席を獲得して、公明党抜きで自民党と希望の党で改憲に必要な2/3を獲得したならそのほうが良いのではないか。改憲に慎重な連立与党の公明党に配慮して自民党案が中途半端なものになっているから、自民にとっては悪いことばかりではない。

自民も希望も単独で過半数を取れないとしたら、小池百合子は自分が総理になるためには、やがて自民と連立を組んで昔の村山富市のようになろうとするのではないか。今までの手法を見ていると、河野洋平と同じく、有事の際に命を賭して国民を護ろうとしてくれる政治家にはどうしても思えないが・・・。


で、気になった記事、

先ず、私の大好きな門田隆将氏の記事、

「かくて護憲勢力は壊滅した」という歴史に残る“悲劇と喜劇”

そして、ダイヤモンド・オンラインから、

小池都知事率いる「希望の党」に全く希望が見えない理由

最後に、ZakZak から、

小池氏、東京1区から電撃出馬へ 都知事後継に橋下氏、東国原氏が浮上 都政ウオッチャーの有本氏は「こんな人物に日本を初期化されては困る」


これらの記事、政治の話は好きでない人もぜひお読み頂けたらと思う。私はとても面白いと思った。

やはり、小池百合子は衆院選に出るようだ。都知事の椅子でさえあの女の野望の前では踏台でしかない。それどころか、仲間を2階に上げておいて梯子を外す、なんてことも平気でやってのけるだろう。それにしても、まだ1年しか都知事をやっていない。その間にやったことと言えば、(何度も書くが)オリンピックと豊洲の問題を引っ掻き回して無駄に税金を使っただけ。どんな言い訳をしても、都民ファーストでなかったことだけは確か。でもって後継候補に橋本氏、東国原氏・・・、橋下氏は断るだろうけど東国原氏は色気を出しそう。

有権者は何度騙されてもまた騙されるのかなあ・・・。

posted by poohpapa at 05:38| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

有本香氏の記事、仰る通り

なかなかクロアチア旅行記に進めない・・・ (*´з`)


有本香氏の秀逸な記事を先ずご紹介、

テレビとタッグ、“小池劇場”でダマされる有権者 「悪い既得権者→そのしがらみを壊すため闘う私」

有本氏は記事の中で、

「日本には希望がない」といい、それがあたかも「官僚」や「国」のせいのようにいう。「悪い既得権者がいる→そのしがらみを壊すため闘う私」というシナリオだ。

と述べていて、こうも言っている。

景気浮揚の起爆剤となるはずだった2020年東京五輪の準備・工事を遅滞させることで、東京の「希望」を消失させている張本人による、この芝居は、もはやブラックジョークだ。それでも、またダマされる有権者は全国で相当数出るだろう。

さらに、こう続く。

「安全性に問題あり」として移転を延期した豊洲新市場が、実は安全だと後になって自ら口にし、まるで罪人扱いした石原慎太郎元都知事の「潔白」が明らかになっても素知らぬ顔だ。

私は評論家ではないが、豊洲の安全性を小池百合子が問題視して騒ぎ始めた時から、

「大騒ぎしていても結局は豊洲に移転することになる。小池百合子は豊洲の問題を『自分が如何に都民のことを最優先に考えているか』をアピールするために利用しているだけ」と断言していた。その間、人の財布のカネ(もちろん都民の税金)を無駄に使ってきていたのだが、本人も反省しないしマスコミも一切追及しない。不思議な話だ。小池百合子は自分とマスコミの「しがらみ」は壊す気はないんだろう。

「希望の党」に集まった烏合の衆は元々が政策も理念も違っている輩ばかり。このバラバラで「自分が当選することしか考えていない奴ら」を、「〇〇ファーストなどと綺麗事を言っていても所詮は自分のことしか考えていない女」がどう纏めていくのやら・・・、うまく纏まったらそのほうがおかしいのだ。


ところで・・・、

こんな記事があった。本当なら非常に嬉しい (^◇^)

小沢氏も希望合流へ…前原・小池氏と大筋合意か

小沢一郎の自由党も合流??、もう味噌もクソも一緒だ。これで、一時的に数は増えても票は減る。

こんなのも、

小池氏、合流ではない=民進の申請、個別に判断【17衆院選】

なんなら「緑のたぬき」に「赤いきつね」も混ぜてみたら?、そしたら「黒いムジナ」になるよ(ぷっ)

posted by poohpapa at 05:59| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

国庫に返せよ!( `ー´)ノ

ボースさん、返信は少々お待ちください。

衆院選:政党・民進は存続、その訳は? 民進解党・合流へ

これはヒドイ <`ヘ´>

民進に昨年1年間に交付された政党交付金は総額97億4388万円。もともと資金に不安がある希望の党はもちろん、民進党がすぐに解党すれば、希望公認で出馬する民進党候補の選挙資金もあてがなくなる。

 このため、前原氏ら一部と参院議員らが当面残って民進党を形式的に存続させ、政党交付金は事実上、希望の党の選挙活動などにあてるとみられる。民進党関係者は「今、解党すれば何十億円も返さなければならなくなる。政党交付金を衆院選で活用した後で、正式に希望と合流すればいい」と語る。


税金を何だと思ってんだ!?、という話。小沢一郎も「政党を作っては壊し」で相当に私腹を肥やしていたと聞くが、民進党も同じじゃねえか。希望の党が選挙資金欲しさに合流を認めたとしたら、そんな政党は不要。理念など無いのだから。都合のいいところ(時)だけ利用するのはまさに小池流。

希望の党が選挙で勝ちたいなら、民進党の合流を「個別に判断して」でなくキッパリ断ったほうがいい。負けて欲しいから私は合流を望んでいるけど、駆け込み寺は「しがらみ」が増えると思うよ。

民進党・・・、ちょっと前には政権をとっていた政党が、落ちれば落ちたモノ (*^_^*)



posted by poohpapa at 11:48| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になったこと、気になったニュースから

慰安婦像「寄贈受ければ姉妹都市解消」、大阪市長 米SF市に対し

是非そうして頂きたいと思う。なんか韓国は別のデザインの売春婦像の製作を考えているとか・・・。北のミサイル発射実験ではないが、「他にやること無いのかねえ・・・」と思う。


韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…大島理森衆院議長らと会談で

べつに、東京五輪に韓国人観光客が一人も来なくても全然OK、むしろ、そうして頂けると助かる、そのほうが有り難いくらい。頼んでねえし (ぷっ)

それにしても、平昌五輪、ちゃんと開催できるのかねえ・・・。その時になって泣きついてくるなよ。あ、韓国のことだから「日本には協力する義務がある」とか言ってくるんだろうな・・・。


【2018平昌五輪】公式サイトに日本列島がない!? 日本政府が抗議し慌てて修正 「単純ミスで政治的意図はない」と釈明

公式サイトの世界地図を「そのために一から制作する」なんてことは無く、何かの資料から引用するもの。元々の資料に「日本が載ってない」とは考えにくく、意図的に嫌がらせで後から修正加工したに決まっている。抗議せずに放っておいて韓国に恥を掻かせたほうが良かったのでは、と思う。


勝負師の小池都知事が練った「三段跳び」戦略 あおり食った民進党は「分党」「解党」へ大混乱

思ったより早く態勢を作り上げた感がある。とうてい今回の衆院解散に間に合わないだろう、と嵩を括っていた自民党は焦っているに違いない。ただし、と言うことは「相当前から準備していた」ということ。あの希望の党をアピールする動画にしたって制作には相当時間が掛かるのだし。それにしても、嫌らしい動画だなあ、と思った。改革を目指す小池氏と思われる姿の女性に横から後ろから罵声を浴びせているのは自民党、と有権者に印象付ける内容で、「寛容な改革の精神に燃えた保守」を旗印に「日本をリセットする」と自民党の打倒を目標に掲げて打ち出しているのは戦略的にはかなり上手い。

日本人は「急な変化を望まない」国民性。多くの有権者が「結局、選択肢は自民党しかないのか・・・」と思っているところに「うちは緩やかに改革しますよ」と訴えることでスッと入ってくるのだから。

だが、私からすると、希望の党を立ち上げる前から「小池都知事の化けの皮は剥がれている」と思う。何度も言うが、私は小池百合子という女(人間)を信用しない。自民よりマシ、ということもない。様々な企業の「会社をリストラされそうな社員」を集めたところで立派な企業には成長しない。顔ぶれを見ていると、使いものになりそうにない議員が多いし。優秀そうな議員もいるが、小池氏の本性が分かればやがて袂を分かつだろう。

posted by poohpapa at 06:15| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

元共産党参議院議員の筆坂秀世氏の意見が辛辣で面白い

「希望の党」に駆け込むみっともない政治家たち

なるほどねえ・・・、これ、めっちゃ面白いです。ぜひお読みになってください。

それにしても、あの若狭氏をも翻弄する小池百合子という女は怖いよ〜、自分しかないから (^◇^)



posted by poohpapa at 08:25| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZAKZAK の記事から2件と他諸々

衆院解散の大義論じる気楽な政治家たちの二重基準 手のひら返しの数々…
ケント・ギルバート ニッポンの新常識

たしかに、解散の大義は無いかも知れないけど、今、野党が言っている「北のミサイルが飛んでくるかも知れないこの時期に国会の空白期間を作るとはとんでもないこと」って、自分たちで「もりだ」「かけだ」と針小棒大に騒いでいつまでも国会審議を無駄に引っ張っておきながら、それは通らんでしょ!?

だいいち、ミサイルが飛んできたとして、それを防ぐのは国会議員じゃないし。国会の開会期間中であってもなくても、対応するのは自衛隊。小沢一郎なんか東日本大震災の際には真っ先に逃げ出してたし。

ケント・ギルバート氏の意見は常に正論 (ぽい)


高須院長が野党にエール「安倍叩きではなく現実的な政策を」

これはもう、野党に対する皮肉以外の何物でもない (^◇^)

高須院長、ここんとこ大好きになってきた。思っていたより器が大きいしカネの生かし方を知っている。

私からすると、CMの「イエス、高須クリニック」という言葉より、中東の人と思しき知人とヘリに乗っているシチュエーションが(自家用ヘリなのかどうかは不明だが)成金趣味で好きでないけど。


ところで・・・、解散風が吹いて、民進党から小池新党「希望の党」(別名;バベルの塔)へ乗り移るために離党する議員が続出して、自民党からも福田内閣府副大臣が離党して小池新党に加わる・・・。

たしかに新造船の小池丸は魅力的に見えるだろうけど、性能検査もしていない部品を多用した急こしらえの欠陥船。風向きが変わったなら、また元の自民丸に戻ろうとするだろう。福田氏は「自民から立つより小池新党から立つほうが当選する可能性が高い」と読んでいるようだが、「先を見ているようで見えていない」のではないか。副大臣というポストを与えられていながら現職の副大臣が離党して小池新党に加わる、そういう「義理も恩義も無い渡り鳥」は大成しないと思う。顔を見てもパッとしないし。自民党の綱領に「一旦離党した議員の復党は一切認めない」と入れておいてもいいのでは、と思ってしまう。いつか国民をも裏切りそうで。

いっぽうで、中山恭子さんがご夫妻で小池新党に加わる、というのは仕方ないかな、と思う。このまま進めば「日本のこころ」は消滅してしまうのが確実で、拉致問題で意見が近い小池氏と合流するのは解かる。私も、小池さんの個々の政策では支持できるモノもあるが、築地問題なんかを見ていると、どうも本当に都民のことを考えているとは思えない。ただ自分の為に利用しているだけと思える。ネットでは現政権を「不安商法」だと揶揄しているむきもあるが、「北朝鮮問題は現実的な危機だが築地問題は危機を煽っているだけ」ではないか。今までの小池さんの生き様を見ても、どうも信用できないし・・・。

そうそう、古い話で恐縮だが、今話題の若狭勝氏、私が以前に日テレのバラエティ番組「バカフリ」に出させて頂いた時、控室が一緒だった。私が会釈すると若狭氏も会釈を返してくれたが、テレビに度々出ていると言ってもまだ知名度が低い若狭氏の表情からは「この男、私のことを知ってるな・・・」と満足そうな様子が窺えた。当時はズブの素人と一緒にタコ部屋で待たされていたのである。今ではマツコと並ぶ人気者の有吉も出ていたが、まだ冠番組を一つも持っていなかった頃の話。なんか懐かしい (*^_^*)


posted by poohpapa at 05:14| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

北朝鮮や韓国のこと、いろいろ

米朝間の緊張が高まりつつある今、こんな記事があった。

“ルトワック博士の最終分析「外交カード無き今、北朝鮮にどう対抗すべきか」“軍事行動”か“降伏”か

“軍事行動”か“降伏”か、と迫っているのは、韓国に対して。韓国がこの数十年間、(アメリカ頼みで)北朝鮮に対して何もしてこなかったことに対して述べているもの。韓国政府は何十年も反日に勤しんでいた裏側で、北朝鮮に対して何もしてこなかった現状を、ルトワック博士は具体的にこう述べている。

――韓国政府は、1975年から78年の危機の後も、政府機能や企業のソウル以外への分散化について何も行動を起こしていない。

――韓国政府は、攻撃にさらされる危険が高い地域があるにもかかわらず、そこに対する防御策を講じていない。

――韓国政府は、技術的にも可能であった対空兵器等の購入を拒否している。


そう遠くない将来統一するからかまわない、と思っていたんだろう。極楽とんぼである。もちろん、憲法9条を守っていれば日本は安全だ、と信じて疑わない人たちがいる日本も韓国を笑っていられないが。

ぜひ全文を読んで頂けたらと思う。


他にも、こんな記事が、

「北朝鮮の現実は想像を絶していた」女性脱北者の3年前のスピーチが注目される

怖いなあ・・・、(どうやって観たかは不明だが)ハリウッド映画を観ただけで処刑・・・。これ、身内でも信用できないことだろう。自分の身を護るために、身内であっても誰が裏切らないとも限らないから。


一方で、こんな記事も、

脱北女性、帰国し宣伝ビデオに出演 韓国の日々は「生き地獄」


ハリウッド映画を観ただけで処刑されるのだから脱北して戻ってきたらどうなるか・・・。家族がいたなら親族一同みんな「強制収容所」に送られるか処刑されているハズで、無事でいるなら最初から「その目的で送り込んだ」のではなかろうか。韓国でテレビにまで出ていたのだから、先々統一されたら処遇はどうなるんだろ。その時には本当の生き地獄を見ることになりはしないか。ま、どうでもいいけど。


記事をアップした後で追加 (7時ちょうど)

北朝鮮の“子どもたちの生活“を写した29枚の写真

父親が自分だけ腹いっぱい食べて、子供に食事が行き渡っていない家族がいたとして、父親が「自分が食べている分」を子供に回せば子供が飢えることはない、というのであれば、そんな家族を「人道支援」する必要はないと思う。しても父親だけが豊満になるのは目に見えているのだから。子供に罪はない、と言っても国家としての自己責任。放っておけば、やがて体制は中から崩れるだろう。制裁をする一方で国連や他国が人道支援などしていたら制裁の効果は全くなくなる。いかなる名目の援助もせず完全に突き放すのが一番だと思う。


蛇足だが、好き嫌いで言ったら、私は北朝鮮より韓国のほうが嫌い。中国 < 北朝鮮 < 韓国 の順。

posted by poohpapa at 04:53| Comment(10) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

これは今年一番の最高に嬉しいニュース

昨日、たかさんがコメントで教えてくれた件、ネットのニュースで流れ始めたようだ。ではあるが、日本のマスコミの多くはスルーするだろう。日本のテレビや新聞は、日本や安倍政権を貶めることには熱心だが韓国の不都合となるニュースは努めて流さないから。この話はぜひ拡散してほしいと思う。

「ライダイハン」問題、英国で団体設立 韓国政府に謝罪求める

これ、世界中に売春婦像を建てまくり、「地獄島」などという歴史の事実を捻じ曲げた映画を公開してきた韓国からすれば、あの山尾志桜里も真っ青というくらいの超巨大ブーメランであって、痛快である。

この記事の「韓国」を「日本」に置き換えたら、いつもの韓国の主張と全く同じになるのが面白い。

なんでも、「等身大のライダイハン像を制作し、在ベトナム韓国大使館前などに設置し世論喚起することを検討している」とのこと。もしこの先、この団体がカンパを募ったなら私は1万は寄付したい。

韓国・・・、まさかイギリスでこんな話が出てくるとは思わなかったことだろう (*^_^*)

ある意味、韓国にとっては北朝鮮の脅威よりもっと大変な話かも知れない (ぷっ)

ザマあ見ろ!、である。


posted by poohpapa at 06:37| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする