2014年03月02日

とても気持ちの良いご案内

昨日の長野からのお客様、とても気持ちよくご案内をさせて頂き、良い部屋が見つかった。

ご両親とお嬢さんとの3人でおみえになり、先ず当社で資料を元に打ち合わせ。八王子駅周辺のコインパーキングに車を置いてきたとのことなので八王子まで電車で移動、そこからお客様の車で物件案内。

実は、前日のうちに物件を絞り込み、その中から「これしかない」と思えた物件の資料を自信満々で見てもらうと、「あれ・・・、この物件は以前に見てます。ここまで行く道路が狭くて、車同士の行き交いがキツクて見送りました」とのこと。あちゃあ・・・、である。長野から出てきて頂いているのにいっぺんで話が振り出しに戻った感じ。簡単に出直してもらうワケにもいかないので他の候補を見て頂くことにした。

そのうちの一件は業者さんに鍵を借りに行くことになっている部屋で、鍵を借りに行くと「ここは203だけでなく201も空いてるわね。201の鍵もあったんじゃないかなあ・・・」と探してくれて貸してくださった。その際、「こんなのもあるけど、ご覧になりますか?」と別の資料を渡された。広告では見かけなかった物件である。資料を見ると、何だかパッとしない・・・。本音では「見てもらわなくてもいいかな」と思った。

先ず「次善の策」ともいうべきマンションをご案内して、そこそこ気に入ってもらえたのだが、せっかくだから後で出された資料の物件も見てみようか、と見に行ってみると・・・、

資料とは大違い、「こんなのがあるならどうして最初から言ってくれないの!?」というくらい良い部屋。前にご案内したマンションの203号室でほぼ決まりかかっていたが形勢逆転、皆さんご納得。家賃も安く造りも良い。ご案内したB棟201号室は、A棟B棟で20室あるうちでたぶん一番良い部屋だと思う。

それから勤務先まで車で移動して距離と時間を確認。安心して申し込みして頂けることになった。管理会社に戻り、申し込み手続きを済ませて、私は八王子駅でお別れ。いつもの癖で「何かあったら遠慮なく私に電話してくださいね」と言ってしまったが、元々は私のお客様ではないのだから失言だったかもたらーっ(汗)

八王子駅から、そのお客さんをご紹介してくださった神奈川の業者さんにご報告。安心してくださったが、一つ忘れていたことがある。それは、一昨日「ADが付きませんが宜しいでしょうか?」と仰っていた本命物件の管理会社さんに「ことの経緯」を連絡していなかった、ということ。今日、電話しなければあせあせ(飛び散る汗)

それにしても、お客さんの人柄が良いと案内も楽だし仕事も楽しい。ここんとこ良いお客さんに恵まれていたのだが・・・、真逆のケースも現在進行中である。それは落ち着いたら書きたいと思う。

posted by poohpapa at 06:14| Comment(4) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

秋田からのお客様 その後

申し込みをして頂いて、お客様がお帰りになった後、私には一つの仕事が残った。

家賃の日割発生開始日の交渉、である。当初からの募集条件が礼金0、敷金1なので、まさかに「ゼロゼロにならないか」とは言えないし、敷金は預けておいたほうが良いもの。本当は家賃を交渉して差し上げたかったが、その物件は1階も二部屋募集している。当然に1階のほうが安いのだから、「値切るなら1階の部屋にしてくれ」、ということになるもの。私は同業者として「そうなって当然」と思っているし。

うちの管理物件でも1階と2階が空いていて、例えば102号室を66000円、201号室を70000円で募集していると、業者から「お客様が201号室で申し込みたいと仰ってますが、家賃交渉は可能ですか?」との問い合わせが入ることがある。「2階の角部屋を借りたいけどカネは無い、だけど1階の真ん中の部屋は嫌」ということで、家主さんには伝えるものの私個人はそういうのは大嫌いである。

「自由主義経済の原則、値切って当然、消費者の権利」とか言う者もいるが、ただの身勝手でしかない。これが2階の部屋だけ募集しているなら話は別であるのだが。

お母さんに「1階も募集中なので値段交渉したなら『ならば1階でどうか』と言われることになります」とお話しして家賃交渉しないことの了解を頂き、その代わり日割発生日を交渉することにした。お母さんは極めて常識的な方で、そういう話をちゃんと理解して頂けるのが有り難い。ちなみに、お母さんからは一切交渉依頼を受けていない。「このお客様のお役に立ちたい」と思った私が勝手にしていることである。

物件は2月中旬には入居可能になるが、娘さんの入学式は4月11日。できることなら4月1日からの発生が望ましいのだが、常識的には双方が歩み寄って3月中旬から日割発生になるかな、と思っていた。

翌日、お二人が新幹線で秋田に向かっている頃、管理会社から電話が掛かってきた。どうもヒラの担当者ではなさそう。落ち着いた声で、雰囲気的には中間管理職。「日割発生の件ですが・・・、3月10日から契約発生ということで・・・」と話し始める。「うわっ、厳しいなあ・・・」と思っていたら続きがあった。

「賃料の発生は4月1日から、ということで如何でしょう?」とのこと。つまり、契約は3月10日からだが3月はフリーレントということ。ならば契約そのものを4月1日からにすれば良さそうなものだが、そこには管理会社の家主さんに対する配慮があった。その物件は大学生に特化している。4月1日からの契約にすると終期は3月31日までの契約になる。卒業する際に3月末まで入居されてしまうと新入生の入居に間に合わなくなるからだ。家賃発生が4月1日からにして頂けるならお客様も私ももちろん異存は無い。

同業者として、その管理会社はとても信頼がおける、と思った。実は、その管理会社の社員が当社の管理物件に法人契約で入居していたことがある。その時も会社の対応はとても誠実だったと記憶している。

部屋探しをする際には物件そのものの良し悪しも大事だが、管理会社が信頼おけるかどうかも重要なこと。私が数百件の候補から数十件に絞った後、さらに5件に絞るまでには、物件そのものだけでなく管理会社を見て外した部屋もある。もちろん、うちが逆の立場に置かれることもあるのだから同業者間の信用はとても大切なもの。悲しいことに、目先の利益だけに走って、そういうことに無頓着な業者は多いちっ(怒った顔)

3月10日以降は部屋を使えるので、娘さんは3月半ばには一人暮らしを始めたいようだ。既に心は東京での一人暮らしに飛んでいる。

だが、私には一つだけ心配なことがある・・・。もしも、あくまで「もしもの話」だが・・・、

先日の記事で「最近、玉袋が痒い」と書いているが、娘さんに「妊娠だけはしないように」と注意を与えていたお母さんが「その記事」をお読みになっていたとすると・・・、

もし、娘さんが夏休みに帰省してお母さんに「ねえねえ、私のデリケートな部分が痒いんだけど・・・」と言ったなら確実に私が疑われるであろう、ということ。

まあね、娘さんからは「考えただけでも気持ち悪い爆弾」と言われそうだが・・・ふらふら

娘さんがそうならないことを祈りたい気持ちであるあせあせ(飛び散る汗)

posted by poohpapa at 06:25| Comment(10) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

秋田からのお客様

今春多摩地区の大学に進まれる娘さんの部屋探しを以前から依頼してくださっていた秋田からのお客様、一昨日いよいよお越しになった。お姉さんの大学入学の際、当時の当社の管理物件にお住まい頂いていて、4年ぶりにお会いするのだが・・・、正直なところ、4年も前のことでお顔を覚えていないからちゃんと落ち合える自信も無い。お客様も「分かるかしら・・・」と自信なげな様子・・・。

そこで、東京駅から「中央線に乗りました。12時ちょうどに立川に着きます」とのCメールを頂いたので待ち合わせ場所を指定して、こう返信を送った。

「私のほうはベージュのダウンとジーンズで、中肉中背、眼鏡を掛けていてスケベそうな風体、そんな感じで探して頂ければ直ぐ分かるかと・・・」

すると、12時2分に真っ直ぐ私に向かって進んでくる母娘連れが・・・。それって、どういうことよパンチ

中央線の車内で私からのメールをお母さんから見せられた娘さんが後で「意外と普通の人だった」との感想を漏らしていたそうだが、そりゃあ「どんな変わり者のオヤジが来るやら」と心配になったことだろう。

一昨日の午前中、以前から伺っていた条件に私が独自で条件を加え、何百件と出ている募集物件の中から5件に絞り、その中から選んで頂くことにしたのだが、腹がへっては戦ができぬ、ということで先ず腹ごしらえ。高島屋の・・・、例のトンカツ屋じゃなく生パスタの店に行ってランチしながら打ち合わせ。

資料を持参していたので、娘さんの希望を伺いながら相談していたのだが、私のイチオシ物件がやはり一番気になるもよう。食べ終えてから中央線に乗って電車と徒歩でのご案内。最初にその物件に行ってみたら、大学の正門まで徒歩2分。オートロックで2階の部屋。1階も空いていたが2階でないとちょっと暗そう。とくに言われていなかったのだがバス・トイレ別。それは私が条件に加えたもの。

まだ入居中で室内は見られなかったが娘さんは一発で気に入ってくれて「これでいい」だと(^◇^)

こういうのは凄く嬉しい。手間が掛からないから、というのでなく、プロである不動産屋の価値観と一致していることが、である。元々、一昨日と昨日はそのお客さんの為に他の予定を入れないで空けておいたのだが、スンナリ決まってくれればそれに越したことはない。

部屋探しは女性のお客さんのほうがいい。男は優柔不断なのが多いし、どうかすると「母親に相談して明日返事します」というマザコンもいて、そう言っていてもほとんど返事は無い。自分のことが自分で決められないのはたいていが男のほう。ま、この仕事に就いて初めて知ったのだが。

娘さん、最初は「知らないオジサン」相手で表情が硬かったが、慣れてきたら言葉遣いも友達感覚。お母さんが注意していたが私にとってはとても嬉しいこと。

「大学に行ったらピアスとかもするの?」と訊くと、「昨日穴を開けてきた」と言って耳を見せてくれる。だったら「臍ピアスとかもするの?」と訊けば良かったか・・・わーい(嬉しい顔)

実はその娘さん、凄い長所を持っている。この商売をしていて1年に一人出会えるかどうか、くらいのキレイな黒髪なのだ。本人にはその自覚は無く、高校の卒業式が終わったら直ぐに染めるつもりのようだ。それで、こう言ってやった。「勿体ないし、今は黒髪のほうがモテるよ」と・・・。現に、一昔前は女性タレントはほとんど茶髪だったが、今は黒髪のほうが圧倒的に多い。染めているのは希ちゃんだけでいい。

あ、その希ちゃん、秋田では元ヤンで通っていて、あまり人気がないんだとか。壇蜜のほうが秋田の人からは好まれている、とのお母さんの言葉・・・。いいもん・・・、私は希ちゃん一筋で行くから・・・バッド(下向き矢印)

娘さん、今まで18年間、秋田の、しかも県庁所在地ではない片田舎で育ってきたワケで、垢抜けしていないから、正直なところまだ特別「可愛い」ということはない。だが東京で4年間を暮らしたなら見違えるほどに綺麗になるだろう。何より、性格が素直でとても正直。とくに自分に対しては噓はつけないタイプ。高校生ながら真っ直ぐな信念を持っている。こういう娘さんは大化けすると思う。今から楽しみである。

あ・・・、ただし、割烹着を着て万能細胞を発見するようなタイプ、ではないが(*^^)v

お母さんとお会いするのも二度目で、しかも4年ぶりだったが、最初から古くからの親友のように気楽に付き合えたし、先方がこちらを信頼してくださっているのが伝わってくるから良い部屋探しができて嬉しかった。部屋探しは希望をキッチリ伝えた上で、ある程度信頼して任せたほうがよいのは間違いない。

そうそう、そのお母さんも実にサバケていて、娘さんに「妊娠だけはしないように」とだけ注意を与えているとか・・・。それは私が(高校時代の)娘に言ったのと同じ言葉である。

昨日、秋田に帰る新幹線の中から、お母さんと娘さんの両方から温かいお礼のメールを頂いた。お二人のご厚意と良い仕事ができた充実感が我ながら凄く嬉しく大感謝。手数料の額とかは問題でなく、そういう充足感は何物にも代え難いもの。長い不動産業の中でも滅多にない希少な体験である。

部屋探しは終わったし当社が管理会社ではないのだが、本当の意味での不動産屋の仕事(長いお付き合い)は本来これから始まる。




posted by poohpapa at 06:41| Comment(6) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

二人の美女

今朝は(後述する理由で)すっかり寝坊してしまった・・・ふらふら

昨日は火曜日、ランチは例の(可愛いお姉さんが間違いなく出ている)ガストでとった。一週間前は、広くてなおかつ満員だった店内をたった2人で捌いていて地獄のような忙しさだったが、昨日は女性が3人。その中に(お約束の)彼女がいた。もちろん、いつものように素敵な笑顔で迎えてくれる。

それは、彼女にとって私が「いいお客さん」だから、に他ならない。自分を目当てに通ってくる「いやらしいオジサン」とは考えていないのは態度で分かる。彼女の働きぶりや容姿を褒めているのがお世辞ではないことがちゃんと伝わっているのは彼女の受け答えからもよく分かるし。

私は「これからはあなたがいる火曜日に来ることにするね」と伝えてあるのだが、彼女を褒めたりする時には必ず傍にうちのがいる。これが私一人で行った時に褒めたりしたなら疑われて警戒されるもの。それによって私の言葉が「お世辞」ではなくなるのだ。それに、人間、自分を好意的に見てくれていて、ちゃんと評価してくれる人を嫌ったりはしないもの。だから私は「彼女にとってはいいお客さん」なんだと思う。

で、昨日は3人いて少し余裕があったので、いろんなことを聞き出した。大学名や学年、田舎、それに誕生日など・・・。嫌がらずにちゃんと答えてくれるし、誕生日を教えてくれた時には「(お祝いを)待ってます」と小さくガッツポーズ。そこがまた可愛いくて、思わず、「うん、何か贈るね」と言ってしまった揺れるハート

そういうことをサラッと言われても「図々しい女だ」と思わないでいられるのは彼女の性格が良いからで、若いのに、客のあしらい方は実によく心得ている。「あなたは銀座でホステスをやっても一流になれるよ」と言うと、「えええ、ホステス、やだ〜」と言っていたが、いや、間違いなく一流になれるだろう。

ま、女性にとっては「ストーカーの一歩手間で踏み止まっていてくれる男」が一番有り難い存在かも。

帰り際に「今週は授業の関係でずっと入っていますので、宜しければまた来てくださいね」とのこと。しかも「今日は9時までなんです」と言う・・・。その言葉が「誘惑」だったならどんなに嬉しいことか・・・たらーっ(汗)

昨日は6時過ぎに、ある超美人のお客さんが仙台から来てくれて、話し込んでいたら8時40分。夕食はこれからとのことで、ワケを話して「だったら一緒にガストに行きましょう」と言うとOKの返事。本当はもう少し高級な店にお誘いするものなんだろうけど、今の私には(彼女のいる)ガストしかないあせあせ(飛び散る汗)

ところで、仙台と言えば、水戸、名古屋と並ぶ「日本三大ブス」の産地。名古屋は一方で「名古屋美人」という言葉があるくらいだから、他の土地と入れ替わって伝えられることもあるようだ。現に、名古屋ではないのだが、私の高校時代の同級生の女子150人の中には「直ぐタレント活動できるくらい可愛い子」がゴロゴロいたし・・・。言うなれば、一学年でAKB48が編成できるほどだった、ほんと。

それらの地が「三大ブス」の産地と言われるのは「その昔、大名が転封(領地がえ;左遷)される際、腹いせに領内の美女を残らず連れて行ったから」というのが根拠になっていて、残ったブスが代々子供を産んでいるから美人はいない、との理由から。もちろん、現実には有り得ない話で風説被害もいいところ。昨晩のお客さんは、きっと「大名が連れて行きそこなった美人」の子孫なんだろうわーい(嬉しい顔)

急ぎ足でガストに行くと、9時前で彼女はまだいた。喫煙席に料理を運んでいて私は顔を合わせていなかったが、彼女は気付いていたようだった。お客さんがお手洗いに行っている間に我々の席に来てくれて、「凄くキレイな方ですね。さっき『こんにちは』と声を掛けられてドキドキしちゃいました」と言う。

お客さんはお客さんで、「彼女、本当に可愛いですね」としきりに言っていた。二人の美女が火花を散らすワケでなく、互いに相手の美しさを褒め讃えている・・・。何とも美しい光景ではないか(爆)

仕事は相も変わらずヒマだったが、とても幸せな一日だった。家に辿り着いたのは11時前・・・、そこから諸々あって、寝たのがいつもより2時間も遅かったので寝坊した次第。

さて、そのお客さんの部屋探しは明日の木曜日に。今から楽しみであるるんるん


posted by poohpapa at 08:46| Comment(12) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

ホームレスと思しき人に店のトイレを貸したら・・・(*^^)v

最初にお断りしておくが、この記事は「閲覧注意」である。とくに食事前は・・・たらーっ(汗)

店番をしているといろんなお客さんや営業マンの訪問を受けるが、先日、その風体からホームレスと思しき男性がやてきて、「トイレを貸してほしい」と頼まれた。向かいにはコンビニもあるが、この男性がトイレを借りに行ったなら、貸してはくれるだろうけど迷惑に思うかも知れない。だからうちが貸した。

「どうぞ」と言って、奥のトイレを使ってもらったのだが・・・、しばらくして唸り声が聞こえた・・・。

「ウェー!」「ウォー!」「ウーン!」「ウワァー!」、そのうち「困ったなあ・・・」、と大声で独り言・・・。

うちの店のトイレは、トイレのドアの前にもう一枚ドアがあって、それを開けて「どうしました?」とドアの外から声を掛けたら「紙がない・・・」と言う。私は「小」だと思っていた・・・。いや、べつに「大」でもかまわないのだが・・・、超臭い。いろんなウ〇コの臭いを嗅いでいるし私自身も当然に「大」はする。だが、とてもじゃないが「この世のものとは思えない」ほどの、鼻が捻じ曲がるような強烈な臭いだったふらふら

トイレのドアの上から天井までは空間があって、そこから嫌でも臭いが漏れてくる・・・。もしかすると我々とは食べている物が違うのかな・・・、と思ったりもしたが今はそれどころではない。

どうやらトイレットペーパーが残り少なくなっていて足りなかったようだ。店のトイレは和式なので、私は「大」は店ではしないものだから気付かないでいた。もちろん、予備はあるが、背後の棚の上・・・。用をたした後で後ろの棚から取って交換するのは大変だったろうけど、そうしてもらうしかなかった。いくら男同士でも、中に入って取ってあげることもできないし、入りたくも無かったから。

「後ろの棚の上に予備のトイレットペーパーがありますから、それを使って!」と言うと、「無いよ」と言う。そんなワケは無い。ちゃんと2個置いてある。「左端のほうですよ」と言うと、「ああ、あった、これか・・・」とのこと。それだけの短い会話の間にも強烈な臭いは店内にも流れてくる・・・あせあせ(飛び散る汗)

しばらくしてスッキリした表情で出てきたが、その後もしばらくはトイレと店内に「ただならぬ臭い」が篭っていた。とくに「汚された」とかではなかったが、いちおうトイレ掃除だけはしておいた。

うちの店のドアには「緊急避難先」のシールが貼ってあるが、それは地域の子供たちに向けてのもの。大人のウ〇コは想定外。できることなら次は公園とかの公衆便所を使って頂きたいもの、と思ったわーい(嬉しい顔)




posted by poohpapa at 07:16| Comment(6) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

こういうお客様に今まで長きにわたって支えられてきたんだろう

実は、部屋探しの度に必ず当社を使ってくださるお客様というのはさほど多くはない。たぶん、どこの不動産業者でも同じだと思う。もちろん、大半のお客様が「また近所で(広い部屋を)探す」というのでなく他の町に引っ越すので移転先となる地元の業者で探していて、それはそれで正解だと思う。

たまに、退去の連絡があって引越しの立会いに行って移転先を訊くと同じ町だったりして、そういうのは少なからずショックを受ける。そのお客さんとは人間関係や信頼関係が築けなかった、ということなんだろう。なので「お客様が不義理をしていて悪い」のでなく「こっちに何かが足りなかった」だけのこと。

ただし、いろいろ気遣っていたのに・・・、というケースもある。例えば保育園の順番待ちで裏技を使って一番にして差し上げたり、様々な便宜を図っていても、である。そういうのは本人の資質の問題で、私がよく言っている「こっちが思っているほど相手はこっちのことを思っていない」ということ。人間、自分のことが最優先で当たり前。そう納得していないと不動産屋(とくに賃貸)なんてやってられないもの。

こんなふうに愚痴を零していても、多分、うちはリピート率が高いほうだとは思う。しかもリピートしてくださるお客様は「とりあえず声だけ掛けてみた」というのでなく「他には行かない」という方ばかり。


さて、年末に秋田から一本の電話が入った。数年前、お嬢さんの大学進学で当社の管理物件に他社から申し込みをして頂いたお母様である。実は、契約後に、その業者に管理を取られている。

その経緯は下記の記事で書かせて頂いた。

私が「こいつだけは赦さない」と思っている同業者 

それはさておき、娘さん(ご長女)の部屋を紹介して案内したのはその記事に出てくるK商事である。現在の管理会社もK商事で、うちは(当時)管理会社として契約をしただけにすぎない。普通なら、今もご縁が続いているK商事に「下の娘がまた東京の大学に進学しますので・・・」となるもの。そうならなかったのは、K商事のある西武線よりJR中央線沿線にある当社のほうが近いから、という理由からかも知れないけど、それにしてもそんなことは滅多にないことで、本当に感激した。

お母さんには「今から探すのは早すぎますから、年が明けて1月末か2月に入ってからでも充分ですよ」とお伝えしていたのだが、早速、昨日電話を頂いた。やはり心配でいらっしゃるのと、そう度々は上京できないことで一回の上京で決めてしまいたい、という思いがあるようだ。その親御さんの気持ちを理解しながら、損をさせないような部屋探しをしなければならない。AD付き物件ならお客様に還元するし。

2月の最初の土日に上京されることになり、立川に到着するのはお昼ごろ。なので「先ず腹ごしらえしてから部屋探ししましょうね」とお話しした。その2日間は他の予定を入れないでお付き合いさせて頂く。

私は2日間で5万くらいの収入になれば充分なんだしわーい(嬉しい顔)

日頃は私も忘れていたりするが、思えば、こういうお客様にずっと支えられて商売できてきたんだろう。








posted by poohpapa at 05:51| Comment(4) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

漠然としすぎている問い合わせは困りもの

このブログの初期の頃にも同様の話を書いているのだが・・・、

先日、来店でなく電話で「南口でスナックができる店舗、ないですかね」との問い合わせがあった。

私が「ご希望条件を伺わせて頂けますか?」と訊くと、「あったら資料が欲しいんですが」との返事・・・。

希望の場所、坪数、予算(家賃とか保証金)、居抜が良いのかそうでないか、階数、といったものが分からなければ探しようがない。「一度ご来店頂くことはできませんか?」と訊くと、「あったら資料を送ってくれればいいんで」と言い、店には来たくないようだった。元々そんなに物件が出ているワケではないのだが、「とにかく資料をくれればこっちが判断する」と言うのなら自分でネットで検索すればいいだけの話。

翌日も別の男性から「南口でスナックができる店舗を探しているんだけど」と電話があった。それで、「たしか昨日も別の方からお電話を頂いていると思いますが、同じお店の方でいらっしゃいますか?」と訊くと、「ああ、そうかも」と言う。従業員が手分けして片っ端から不動産屋に電話しているんだろう。

「一口にスナックの店舗と言っても、希望条件を詳しくお伺いできないと探しようがないので、どこの業者でも探してくれないかと思いますよ。当社だけでなく、とにかく不動産会社に足を運ばれては如何でしょう」とアドバイスしたのだが、「そんなことはアンタに言われなくても解かってるよ。こっちは資料が欲しいだけだから、ごちゃごちゃ言うなよ」という雰囲気が漂っていて店には足を運びそうにない感じだった。最後は「じゃあいいよ」という言葉を残して電話を切られた。

不動産屋を何だと思っているんだろう・・・。物件を探して資料をFAXするにしても郵送するにしても微々たるものではあるが手間も経費も掛かるもの。人が動けば、いや、じっとしていても経費は掛かるのだ。

資料の出し惜しみをしているのではない、「資料請求するのにもマナーがある」ということ。不動産屋に気持ち良く仕事をさせることは客にとっての利益に繋がるもの。私の場合はとくに、人柄がいいお客さんとそうでない客とでは相当に結果に差が出る。感じ悪い客には意地悪をする、というのでなく、感じが良いお客さんには何かとサービスする、ということ。頼まれてもいないのに家賃交渉をしたり日割発生日の交渉をしたり・・・、である。誰に対しても同じに、なんてやっていられない。大袈裟な話でなく、この仕事は、そうすることで「どうにか精神の安定を保っていられる」ような、そんな仕事なんだから。

居住用のアパートでもそんなふうに電話で問い合わせてくる人は多いもの。「6万くらいで何か2DKのいいの無いですか?」とだけ言って、「あったら資料をください」と自分の要求だけする人が・・・。その度に間違いのない部屋探しの仕方を丁寧に教えるのだが通じないことが多くて、話していて情けなくなる。

面倒くさいのか、不動産屋を信用していないのか、PCやスマホを持っていないのか、訊いてみただけなのか、相手(不動産業者)のことなど何も考えていない。そんなのを相手にしていても効率が悪いだけ。そんな客でもいつかはどこかの業者で決めるのだろうが、うちでなくてかまわない。

私は丁寧な部屋探しをしたいので、そういう人は「手っ取り早く稼ぎたい」と思っている業者に行ってくれればいい。お互いの利害が一致しているんだろうから爆弾



posted by poohpapa at 05:42| Comment(4) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

やや遅めの新米の季節

うちはお米はスーパーなどでは買わない。岩手の実家で義父が定年退職後に小さな田圃を買い取って自給自足をしていて、食べきれないであろう分を送って頂いている。作柄の悪い年もあるので毎年というワケにはいかないが、新米が獲れると30キロ送ってくださる。最初の30キロは頂いていて、その先の追加分は義父といえども代金を払っている。もちろん、タダでも快く送って頂けるのだろうが、ふだん「お小遣い」など差し上げていないからちょうどいい口実になる。実家のほうでも通帳など確認していないようで、送金しなくても気付かないくらいだが、だからといって惚けるつもりも無い。

実家の米は無農薬(使っていても必要最少限)で、天日で1ヶ月も乾燥させているから本当に美味しい。

その新米を、毎年30キロ送らせて頂いているお客さんが一人いる。以前も書いたが、ある町で現在は生活保護を受けて暮らしている老婦人Tさんである。10年ほど前、当社で管理するアパートに20代後半の一人娘と入居してきたが、程なくして娘さんは脳腫瘍で亡くなっている。ご主人はそのずっと前に他界。持ち前の明るい性格で友人も多かったが、自分も周りも歳を取っているから段々と減っている。

現在は市会議員の勧めで当社の管理アパートから都営住宅に移られたが、その後で電話したら、「月末になると生活費が足りなくなるんで、三度の食事は塩むすびで過ごしてるよ。福祉のお世話で生きさせてもらってるから贅沢は言えないからさ。それでも感謝しないと・・・」と言っていた。僅かに残っている預金の通帳も全て役所に渡しているような馬鹿正直な人である。

その市の生活保護費は一定でなく人によって差があるらしい。基準があって、というのでなく、窓口で大声を出す人が多く貰っているようだ。理不尽な話で、Tさんに「私が役所に行って話をつけてきてあげようか」と言うと、「そんなことされちゃうとあちこちに迷惑が掛かるからいいよ〜」と固辞する。

退去時の敷金清算の際には「市のお世話になってるから私が貰うワケにはいかない。市で管理してる通帳に振り込んで」と言っていたが、「生活保護を受けてても、それくらいのヘソクリが無ければイザという時に困るんだから現金で持ってなさいよ」と強く言い聞かせて現金でお返しした、なんてこともあった。

以前は千葉で酒屋をやっていて、生活費が足りなくなってカネを借りに来た近所の人に快く貸してあげたりもしていたようだが、それでも、近くにディスカウントの酒量販店ができると、みんな少しでも安く買おうとしてビールの箱を抱えて店の前を通っていったりしていたとか・・・。さぞかし寂しかったことだろう。

そんな人だから「毎年、新米の季節が来たら30キロお送りしよう」と決めたのだ。ただ単に気の毒なお年寄りは他にも何人もいるが、私が送っているのはTさんだけ。全員にしていたら破産してしまうし・・・。

先日、「届いたよ」と電話があった。「来週あたり挨拶に伺いたいんだけど行っていいかなあ」と訊くので、「来なくていいよ。皺くちゃの顔なんか見たくもないし、俺、これでも忙しいから来ても店にいないよ」と言ってやった。いつものように「行く」「来ないでくれ」の応酬を繰り返していたが、「手ぶらで来るなら来てもいいけど、何か持ってくるなら店に入れないよ」ということで、来ることだけは了解した。

私からすれば、Tさんを「人生の善行と悪行の帳尻合わせ」に使わせてもらっているだけのこと。何度も書いているが、「人間、50歳を過ぎたら自分の職責を通して社会に恩返しをする」のが理想的な生き方。それくらいのことで差し引き0にはならないだろうが、無理せず出来ることをすれば良い、と思っている。

歳を取ってきて「寂しいこと」はいろいろあるだろうけど、周りに自分のことを気に掛けてくれている人がいる、ということが何よりの励みと希望に繋がるもの、と私が信じているから、ということもある。

何より、Tさんは私に「この人のお役に立ちたい」と思わせる人である。Tさんには「実家の両親がいつまで米作りをしていられるか分からないし、作柄が悪くて送れない年もあるかも知れないけど、これからもずっと送らせてもらうからね」と伝えてある。

そして、これも「ご縁」、である。私のことを嫌ったり恨んだり軽蔑している人もいる、と知っているけど、それも「そういうご縁」であって仕方ない。たいていは自分は反省することなく一方的に非難してくるが、互いに、せっかくの出会いを「良いご縁」に出来なかっただけのことなんだろう。

私はここで強く訴えたい。

私が優しく思い遣るのは、けっしてキレイなお姉さんばかりではない、ということ。努々誤解なきようわーい(嬉しい顔)


posted by poohpapa at 07:16| Comment(8) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

長文ばかりの私らしくない「今までで一番短い記事」、のプチ続編

先日の超美人のお客様、契約に来てくださった際、私が保険の書類を渡し間違えてしまい、翌日再度来店して頂いた。「こちらから伺います」とお伝えしたのだが、お客様のほうから来てくださって、思いもかけず再びお目に掛かれることになった。うちのは「わざとじゃないの?」と言うが、なワケ無い、ほんとわーい(嬉しい顔)

契約時の改まった洋服でなくラフな格好であったが美人は何を着ても似合う。まるで「洋服のほうから合わせてくれる」かのように自然に決まっている。美人でない人は高級なスーツを着てもスーツに負けてしまって浮くだけだし、ラフな格好をすれば洋服に合わせて品格も一緒に落ちる、気の毒なくらいに・・・。

本来は私のミスなのだから私が伺うべきところだったので、申し訳ないので店の冷蔵庫に入れてあった冷凍の「叙叙苑の焼肉ライスバーガー」を2個差し上げた。それ、さすがに滅茶苦茶美味しくて、伊勢丹の地下に出てる時に纏め買いをしていて、家の冷凍庫に入りきらないので店に在庫しているのだが、ちょうど良かった。「一つでいいです」と遠慮がちに言っていて、その控えめな姿がまた美しさに拍車をかける。これが美しくない人だと「子供が3人いるので・・・」などと言いかねない。実際、言われたことあるし。

隣町の飲食店で働いてるとのことで、「ぜひ来てください」と言うので、近々友人を誘って売り上げに貢献してこようと思う。そうだ、来週の火曜日あたりランチに行ってこよう、よし、決めた!るんるん


posted by poohpapa at 06:10| Comment(10) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

長文ばかりの私らしくない「今までで一番短い記事」

昨日、「5年に一人」くらいの美しいお客さんがいらっしゃった。日頃のストレスが一気に吹っ飛んだるんるん



posted by poohpapa at 06:23| Comment(10) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

デリヘル(デリバリーヘルス;風俗店)の店長が来店して

うちの店の直ぐ近所に事務所があるデリヘルの店長が来店した。「駐車場を探してほしい」とのことで、少し世間話をしていて「この人物なら信用しても大丈夫」と思えたので何件か紹介することにした。

これは、その中で交わした会話。

店長は以前は我々とご同業。2年ほど多摩郊外の不動産屋に勤めていて、縁あって風俗業界に転職した。今の店の名前は世間一般の常識からは「悪徳不動産」という名前に負けず劣らず「オイオイ」という店名で面白いが、ここには書かない。デリヘルなので、常時「女性たち」が店に詰めているワケでなく、客から派遣の要請があれば「本日の出勤表」と照らして「本日OK」の登録女性を派遣するシステム。てことは、女性たちは一店とだけ契約していたのでは、待っていても「いつお声が掛かるか」分からないから、複数の店舗に登録している可能性もあるのでは、と思う。

店長の話では、登録している女性のほとんどが「人妻」とのこと。昼間11時から16時までが派遣可能な時間帯、ということで、最終が16時というのは「それから2時間かかる仕事」だからギリギリ旦那の帰宅に間に合う時間、ということなんだろう。中には20時から翌朝4時までの時間も可、という女性もいるようで、旦那が「夜勤のある仕事」をしているのかも。と言うか、何も知らない亭主が汗水たらして、女房子供のためにあちこちに頭を下げて働いている間に、デリヘルで「たった2時間で亭主の何倍も稼ぐ」のだから、女は楽でいい。好みのタイプの男じゃなくても2時間「目を瞑っていれば良い」のだし。

駅周辺の高級なレストランでもランチしている客の80%以上は女とか女同士で、私なんかはいつもそいつらのテーブルをひっくり返したくなる。女性には女性の、母親には母親の苦労はあるものだろうが、それでいて「女性の権利の向上を!」もないもんだ。世の中、今でも十分に女のほうが恵まれているのだから。

男女の不平等なんて、何に着目するか、で変わってくるもの。何でもかんでも男女(の権利)を同じにしたら新たな不平等を生み出すもの。誰かを過分に保護すれば、誰かが不利益を蒙る「逆差別」に繋がるのだし。

ま、それはともかく、私は風俗嬢を見下しているのではない。むしろ、それも「立派な職業」と思っている。問題は「そういう職業に就く動機と目的」である。店長によれば「8割以上がカネですよ」とのこと。贅沢がしたいとか、借金を返済するためとか、子供にカネが掛かるからとか、いずれにしてもカネ絡みで、残りが「それ以外」の理由らしいのだが、「それ以外」というのはナンだろう・・・。「ナンとなく風俗に興味を持った」とか「どうせヒマだしHが大好きだし」、ということなんだろうか。

まったくもって「けしからん話」である。私はそういうのは絶対に赦せない。今度、犠牲的精神で私が客になって、誰か指名して呼んで説教をしてやろうと思う。もちろん、することを済ませた上で、ではあるがたらーっ(汗)

私が「登録している女性は何人ぐらいいるの?」と訊くと、「50人くらいいます」とのこと。「オタクに登録している女性たちの中にお勧めの人妻さんはいますか?」と訊いたら・・・、

しばしの沈黙の後、「まあ、いますよ」とのこと・・・。それで「やっぱし、いねえんだ・・・」と解かるわーい(嬉しい顔)

だいたいが、美貌に自信があったら他の仕事を見つけるだろうし、店のHPのイメージ写真を信じて指名して呼んでみたら「話が違うじゃない!」なんてことザラにあるんだろ。カネに困って「体を売る」ことにした女性が「飛び切りの美人だった」なんてこと、あるワケないんだし。それで文句は言えないものだけど。

もしも私が「大らかで包容力がありそうな人妻さんで」とリクエストして、やってきたのが「うちの」だったら洒落にならない。デリヘル嬢を呼んだら娘が来た、なんて話も訊くし。そこまでいかなくても、ご近所の顔見知りの奥さんだったり、うちのお客さんだったら目も当てられない。何かあったらリスクは高い。

女性たちは地元の店でなく何駅か離れた所にある店に登録してるんだろうけど。「三鷹や八王子あたりなら大丈夫だろ」と踏んで地元から離れた場所で呼んだのに「顔見知り」が来たらビックリするだろうな。可能性が無いとは言えないし。その場合、どっちが相手を恐喝できる立場になるんだろ・・・(*^^)v

そうだ、「デリヘルを頼むなら、せめて千葉か横浜まで行こう」、って、そういう問題じゃないかふらふら


posted by poohpapa at 06:32| Comment(16) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

今も気になっている、ある老婦人

ここ数日は猛暑日が続いているが、これは今から半年前の真冬の出来事。

夕方、駅前の銀行に行って戻ると、店の前に高齢のご婦人が立っていた。熱心に貼紙広告を見つめているが、遠目に見て、部屋探しするようにも見えないし、子供か孫の部屋探しの下調べに来たのかな、と思い、「こんにちは、お寒いですから宜しければ中にお入りください。資料のコピーなども差し上げますよ」と言うと、私に続いて店に入ってきた。椅子に掛けると、こう訊く。

「あそこの紙に書いてあるフレッツ光って何ですか?」、と。

70代半ばと思われるご婦人からいきなりそんな質問が出るとは思わなかったが、詳しく教えて差し上げた。私が「どなたの部屋探しですか?」と訊ねると、少し間をおいて、「私のなんです・・・」とのこと。

どう見ても働いているようには見えないし、「うわあ、貸して頂ける部屋なんて無いかも。困ったなあ・・・」と思ったが、理解してくださる家主さんを探せるかも知れないし、いちおう詳しく希望条件を伺ってみた。すると、老婦人の口から出たのは希望条件というより身の上話であった。

こう言ってはナンだが、どうせ暇な店である。歳相応の気品もあって人柄の良さそうなこの老婦人にとことん付き合うことにした。「差し支えなければ詳しくご事情をお聞かせ願えますか?」と言うと、老婦人は言葉を選びながら、ゆっくりと話し始めた。それによれば・・・、

今お住まいになっているのは持ち家やアパートではなく有料の老人ホームのような施設で、80歳近いご主人と何年もそこで暮らしていて、子供さんや身寄りはいない、とのこと。ホームの環境が過酷で「これならいっそ民間のアパートで暮らしたほうがマシ」と考えて部屋探しをしているワケでもない。ホームの管理人さんは優しい人で、「いつまでもいてくださいね」と仰ってくださっているし、月々の費用が支払えなくなったワケでもないらしい。ならばどうして??、と不思議に思っていたのだが・・・、実は、ご主人をホームに残して自分だけで一人暮らしを始めよう、ということだったのだ。

「主人とは結婚して50年以上になります。子供はいません。主人は大きな会社に勤めていましたが、頑固一徹な人で、家では私を自分の思い通りに動かそうとして、私の気持ちなど何も聞いてはくれませんでした。会社を定年で辞めて、僅かな貯えで今のホームに入ってからもずっと亭主関白で、私は逆らったりすることなど今まで一度も出来ませんでした。今になって、『私の人生って何だったんだろう』と思うようになりました。今からでも主人と離れて何か好きなことをしたい、好きなように生きてみたい、その為にはホームを出て一人で暮らそう、と考えました。それで、不動産屋さんの前に貼ってある広告を見ていました」

老婦人はご主人との離婚は考えていないようだった。財産がどうの、ということではなく、今からでも自分を取り戻したいと願っているだけ、だとよく解かった。よくある熟年離婚で「亭主が定年退職して給料を持って帰らなくなったなら用はない。財産分けで貰えるものを貰って好きに生きさせてもらおう」という身勝手な女どもとはまるで違っていて、ずっと我慢に我慢を重ねて耐えていたものが一気に沸騰したんだろう。

老婦人の身の上話は1時間以上に及んだが、私は苦ではなかった。勝手な言い分だけを延々聞かされていたなら「いいかげん帰ってくれ!」と腹も立つものだろうが、どの話もよく理解できるものだったから。私は若くてキレイなお姉さんと話すのも(同じ話を繰り返さない限り)お年寄りと話すのも好きである(*^^)v

一通り話して落ち着いた頃合いを計って、私はこう言った。互いに何を話したかは今もよく覚えている。

「お気持ちはよく解かりますよ。私なんかも、うちのにしょっちゅう『もう少し自由な時間が欲しい』と言われてますから。ご主人が頑固で奥様のことを気遣ってくれないのは、裏を返せば奥様に甘えていて、信頼している証、と言えなくもないかも知れません。ですが、そうであっても、奥様からすれば腹に据えかねることばかりだったことでしょうね。男はいくつになっても子供です。ご主人からすれば、いつも傍にいてくれる奥様がいなくなって初めて自分が今までしてきたことの現実を突きつけられることになります。それはいい気味かも知れませんが、失礼ながら、お互いにもうやり直すには歳を取りすぎていますし、きっと一人になったら寂しさが込み上げてくるのでは、と思います。私はこれが商売ですから、『部屋を探して』と言われれば頑張って探しますが、もう一度ゆっくり考えてみては如何でしょう。それでも『我慢できない』ということでしたらまたお越しになってください。部屋探しでなくても、私で良ければ愚痴でも何でも聞かせて頂きますので、いつでもご遠慮なくどうぞ」、と。

ご主人は典型的な「釣り上げた魚に餌はやらない」タイプの男なんだろう。再三書いているが、夫婦の間では全く逆でなければならないもの、つまり、釣り上げたからこそ餌を与えなければならないものなのだ。ご主人は情けないくらいに相手(奥様)の気持ちが考えられない人なんだろう。感謝することを知らないし、知っていても上手く表現することができなかったりして・・・。「よく今まで連れ添ってくれたもの」と感謝すべきなのだが、奥様が「ホームを出る」と伝えたなら逆上するかも知れない。もしその時が来たなら、奥様は最低限の身の回りのものだけ持って黙ってホームを出て行くんだろう・・・。寂しい話である。

老婦人は「今まで、誰かにこんなにいっぱい話を聞いてもらったのは初めてです。有り難うございました」と礼を言って帰っていった。こういうのは自分が経営者だからこそできるもの。もっと言うなら私にしかできないことかも知れない。歩合で働いているワケではないし、手数料になるかどうか、とか、いくら稼げるか、なんて考えなくてもいいから自分の判断と責任でできることだし。言うまでもなく、「AD付きますか?」などと当たり前のように訊いてくる営業マンや業者には絶対に無理であろう。

かっこよく言うなら「(人に使われていても)人間、50歳を過ぎたら利益の追求はほどほどにして自分の職責を通して社会に恩返ししながら生きていくべき」なんだと思う。「不動産業協会が公益法人」だなんて所詮は嘘っぱちの欺瞞で、私は時に、たった一人で公益法人をやっているようなもの、と自負している。ま、ただの自己満足かも知れないが・・・たらーっ(汗)


思い留まったのか、その後、老婦人は店に姿を見せない。どうしていらっしゃるか、気掛かりではある。







posted by poohpapa at 05:58| Comment(11) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

「殺すよ!」の客さんのその後と、本日の私の予定(*^^)v

一昨日、向かいのDホームに案内してもらったお客さん、南口の物件で決まりそう、とのこと(ホッ)わーい(嬉しい顔)

営業のSさんも(普通の独身の営業さんより)生活が掛かっているし、良かった良かった(*^^)v

実はそのお客さん、別の不動産会社で保証会社の審査が通らないことで部屋探しを断られていたのだが、不思議なことに、Dホームで同じ保証会社に申し込んで審査が通っている。何か違いがあるんだろう。

一言で言えば「丁寧に仕事をしているかどうか」、つまり「お客さんに対して誠実かどうか」だと思う。Dホームはお客さんをぞんざいに扱ったりはしないので、これからも私の体調が悪い時や、私とは相性が悪いお客さんはDホームにお願いしよう。もちろん「お客さんを回しただけで手数料を貰う」ことはしない。うちで決まらないで他社で決まることになるのなら、仲良くしている業者さんで決まって欲しいだけのこと。

Dホームを最近定年退職したNさんも「ワケあり」のお客さんの相手を得意としていたが、新人のSさんもNさんに負けず劣らず上手いと思う。昨日、たまたまDホームに行っていた時、別のお客さんの相手をしていて、その様子を聞かせてもらったが、かなり「出来る」と思った。後で話を聞くと、お客さんの性格や内容を的確に分析できていたし、社長や店との相性も良さそうで、私まで嬉しくなる。


自営業は辛いことも多いけど、反面、気楽でもある。相手したくない客が来たなら私の意思で適当にあしらってお帰り頂くこともできる。めったに飛び込みのお客さんなどないのに私は客を選んでいる。全部のお客さんに全力で誠心誠意、なんてことはできないから。ハートのある(通じる)お客さんだけ相手にしていても食べていけるし。それでは事業は大きくならないけど今以上の苦労はしたくないので現状で充分に満足。

鍵を掛けて駅前の銀行に出かけて帰ってきて、店頭に貼ってある広告を見ている人がいても、パッと雰囲気を見て、「このお客さんの相手をしたくないな」と思ったら、通り過ぎてお客さんが離れるのを待ってから店に入る。40年以上も営業をしているとだいたい分かる。声を掛けても「あ、見てるだけですから」と言う人もいるけど、まあ8割方は第一印象で決まってくるし結果は当たっていると思う。うちのウインドウから離れて向かいのDホームに行って、そこで決まったとしても全然OK。


実は今日、一週間ほど前、私が出掛けようとしてドアを開けた時に貼紙広告を見ていたお客さんが来店する。約束があって出るところだったが、「宜しければ資料を差し上げますよ」と声を掛けたらお店に入ってくださって、いろいろお話させて頂いたお客さんである。「うちとご縁があるお客さん」だとピーンときた。

「このお客さんは他(の不動産屋)には行かない人だろうな・・・」と直感したし。名刺と資料をお渡ししてお帰り頂き、昨日、ご連絡があった。実はこの一週間の間に、そのお客さんにとって最適の物件をいくつか用意して、当社管理の物件の家主さんとの家賃交渉なども済ませておいた。考えられないくらいの破格の値引きである。72000円の募集に対して、私が交渉したのは60000円。家主さんに、メリット・デメリット、お客さんの人柄などを丁寧に説明させて頂いたので、家主さんも快く了解してくださった。

当社管理の物件ではない部屋も、管理会社さんと下交渉は済ませてある。こちらも破格の値引きである。それらは「借手市場だから当然の値引き」ではなく、いずれも私との信頼関係から成立したものだと思う。不動産屋はお客さんに見えないところでお客さんのためにいろんな配慮をしていることがあるし、業者間や家主さんとの信頼関係が良くも悪しくもお客さんに影響してくることもある。実に奥の深い仕事である。


今日、もう一人、別のお客さんがおみえになるが、先のお客さんは当社の管理物件で、後のお客さんはお仲間さんの管理物件で決まると思う。私に「頑張って交渉して差し上げよう」と思わせる人柄を二人ともお持ちだったということで、私はただ「自分が食べるために成約に向けて交渉しただけ」のことなのだが。

何度も書いているが、うちの店に限らず、「人柄の良いお客さんは結局得をする」ものだと思う。

posted by poohpapa at 07:21| Comment(0) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

お客様の人柄で気分良く残業させて頂いた(*^^)v

昨日は、私にしては珍しく夜9時半まで仕事をしていた。当社の管理物件に申し込みを入れてくださったお客様が、仕事が忙しく、日割発生直前の昨日の夜8時でなければ来店できないとのこと。いつもの私ならアッサリ「営業時間は原則6時までですし、契約となるとそこから1時間はかかるので、どこかの昼間で時間が取れませんか?」と言ってしまうものだが、このお客様は頗る感じが良い方で、契約に至るまでにいろいろあったので、「けっこうですよ」とお受けしたのだ。どのみち不動産屋は「夜討ち朝駆け」なんだし。

6時過ぎにいったん家に戻り、夕食を済ませて8時5分前に店に戻ると、約束通り8時過ぎに来てくれた。案内の途中でいろんな説明を済ませていたので契約も簡単に進んだのだが、それでも1時間半かかった。ま、いつものペースである。私が言うのもナンだが、私は(見下しているのでなく)「相手は素人、契約書に謳われている内容など解からなくて当たり前」という気持ちで接しているので、どこを重点的に説明したら良いのか、お客様が何を知りたいか、など先回りして説明するようにしている。だからである。

契約をする際には、「解からないことがあれば私の話を遮って質問して頂いてもかまいません。たとえ署名押印を済ませて家に帰った後でも、『アレどういう意味だったっけ』『なんとなくコレは納得いかないかな』という疑問が出てきたら遠慮なく電話してください。間違っても『私はちゃんと説明したでしょ。あなた納得して判を押したんでしょ!?』などとは言いません。私は日常的にこの仕事をしていますので契約書など見なくても説明できますが、お客様は素人です。私の説明を一度聞いて全て理解できたとしたらそのほうがおかしいのです。むしろ疑問をそのままにされるほうが私にとっては辛いのです」、と伝えているし。

もちろん世間話も挿むから、おっつけ契約時間は長くなる。以前は夕方来店してもらったお客さんの契約で、日付が変わっていたこともあった。何もトラブルなどなくても、で、まさにギネス級であるたらーっ(汗)

で、このお客様、多摩郊外のアパートの1階の部屋を(仕事の関係でなかなか時間が合わなくて)ご自身で見て頂いたことがある。その時は断りが入った。それも当然であった。その物件の101号室の入居者がだらしなく、ゴミ袋を玄関前に放り出していたりしていて、家主さんに鍵を開けておいて頂くよう依頼する際に「見ておいてくださるよう」お願いしていたのだが、それでもダメだったようだ。そのアパートは全4部屋のうち半分は◎イブル、半分は当社で管理している。だらしない客は◎イブルの客である。101号室は当社で管理していたが、◎イブルが先だって亡くなられた家主さん(ご主人)に取り入って直接申し込みを入れていた。まあ、そんなことは今に始まったことではない。カネになるならどんな客でも入れる会社だし。

お客さんというものは「断る」となったら冷たいもので、ほとんど後は梨の礫になる。だがこのお客様は違っていた。心の篭った丁寧なメールを頂いたのだ。そこには私なりの配慮に対する感謝の言葉が綴られていてとても感激した。元々がアットホームからの問い合わせが始まりで、まだ一度もお会いしていない。ふつうならこれでご縁が切れて別の不動産屋に行かれてしまうもの。「ご縁があった」ということなんだろう。

今回、201号室を◎イブル、102号室を当社で募集していて、その102号室は断られたのだが、お客様の条件としてはそのアパートは合っていたので、こう伝えた。「実は当社の管理ではありませんが、201号室も空いています。家主さんにお願いすれば102号と同じ条件で貸して頂けると思います。202号室は当社のお客様で、とても感じの良い青年です。宜しければ改めて201号室を見て頂けませんか?」と。

後日、今度は私が案内して201号室で申し込みを頂けることになった。◎イブルを通さず直接、である。私はこの仕事を25年間していて、他社の管理物件を横取りしたり管理会社を通さず直接申し込みを入れたことなど一度もない。◎イブルには他にも腹にすえかねていることもあったので、まあ許されるだろう、と自分では思っている。これにより201号室も当社で管理することになった。101号室が退去すれば全室当社管理になる。そうすれば、アパートの壁面に貼ってある◎イブルの看板広告も外せることになる。

いろんな経緯とお客様の人柄で、「このお客様に対しては出来る限りの便宜を図って差し上げよう」と思った次第である。以前に一度ご来店頂いた際には「コーヒーがダメ」とのことでペットボトルの水をお出ししたが、今回は冷やした「お〜い お茶」と、例の「オハナベーカリー」の美味しいパンを用意させて頂いた。時間が時間なのでお腹も空くだろうし・・・。

と、ここまで書くと、そのお客様って、もしかして・・・、と勘ぐる読み手さんもいるだろうけど、

はい、美人の看護師さんですけど、それがナニか!?わーい(嬉しい顔)


posted by poohpapa at 07:05| Comment(14) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

昨日来店してくださった中国人と韓国人

当社の管理物件に中国人の家族から申し込みが入った。部屋は、例の「中国人の業者が中国人客を案内して電気点けっぱなし、窓開けっ放しにされてしまったアパート」である。問い合わせをしてきた業者さんにはその話もして、「もしかすると審査が下りないかも知れませんが、お客様の内容を拝見してから家主さんと相談してみます」と伝えておいた。たいていはその時点でテンションが下がって案内もして頂けなくなるものだろうが、業者さんはチャレンジャーであった(*^^)v

実は、私は当社に飛び込みで来店したお客さんに、よく「大手さんで部屋探しをするなら、A社とM社とH社はやめたほうがいいでしょう。大手で、良心的なのはP社ですよ」と話していて、そのP社である。

業者さんからの申込書のFAXに添え書きが付いていて「とても人柄が良い方なので宜しくお願いします」とのこと。そういうのは大事である。元々が私は「何度騙されても人を信じたい」タイプの人間なので、私同様に中国人に嫌悪感を持っていらっしゃる家主さんを説得して審査を通して昨日の契約を待っていた。

来店した中国人は、「日本人の中にもあれほどの人格者はいないかも」と思わせる人物で、上辺だけで言っているのでなく、日本にいて今の日中間の外交的な軋轢や反日暴動に心を痛めているようであった。私が日頃から言っているように「自分が母国を代表している」という意識をしっかり持っている人である。

契約が終わり、直ぐに家主さんに報告すると、家主さんも安心してとても喜んでくださった。


夕方になると、今度は先日の記事の韓国人営業レディが上司を伴ってやってきた。うへっ、私は新人研修に協力するつもりで機種名などのアンケートに答えただけなのに、提案書を持ってくるって!?

その上司、店に入るなり「社長さんのブログ、以前から拝見してました」だと!ちっ(怒った顔)

「汚ったねえ」である。ブロガー心理を突いて最初にしっかり外堀を埋めやがった。こういう奴は信用できない。どうせ社名から検索してブログに当たって、いくつかの記事を流し読みして話を合わせているだけだろう。魂胆がミエミエで姑息である。以前取材に来てくださった某新聞社の若い女性記者さんは、いくつか質問するだけのために私の本まで購入して相当に古い過去ログまで読んでいてくださったのだが、それに比べたら、この上司の言葉の軽いこと、「適当にあしらって早々にお帰り頂こう」と思っていたのだが・・・、

ちょっと違っていた。

いや、どうせマトモに読んではいないのだろうが、ハートがある。部下に対する思いやりに溢れているのだ。もしかすると「大事な部下が変態不動産屋の餌食にならないように」と、私を見極めにきたのかもたらーっ(汗)

彼女を面接して採用したのもその上司なんだとか。最初は(書類選考の段階で)少し迷ったそうだが、とにかく面接してみようと考え、面接してその上司の判断で決めたとのこと。先日のブログで私は、彼女が「本当は不動産会社に就職したかった」と言っていて、それに対して宅建試験を受けるよう勧めた、と書いているが、ということは「会社を辞めなさい」と言っていることになるのだが、そんなことが書いてあれば「勝手なことを言わないでくれ」と上司はカチーンとくるもの。だが、その上司は違っていたのだ。

「社員が夢を持っているのは良いことで、その夢の実現に向かって本人が努力するのなら、会社(上司)としても応援してあげたい」と言うのだ。つまり、それだと過程や結果によっては社員が退社してしまうことになるのだが、「それでも良い」と言うのだから何とも懐が深い。今時そんな会社は少ないだろう。

会社側はいつまでも社員を縛り付けておく気はないのだから、逆に、使い捨てにしない方針であることも分かる。ならば社員が会社に見切りをつけて辞めていくことも少ないだろう。辞めていくとしたら会社に見切りをつけたのでなく、自らに見切りをつけたから、であろう。もちろん、本人は気付かないだろうけど。

実は、せっかくお持ち頂いた提案書だが、1時間以上も話していてもその話は全く出ず、最後に資料を置いていったのみ、である。当社への営業戦略としてはそれが正しい、と私も思う。

ああいう上司なら彼女を上手く導いて伸ばしていってくれることだろう。それは嬉しかった。ある意味、会社も社員も「顧客が育てる」部分が大きいと思う。それに気付かない企業や営業マンも多いが、たいていは淘汰されてしまうことになる。私は、いい営業マンが来てくれたなら、そういう面での協力は惜しまない。我々営業に最も必要なもの、それは「商品知識」よりも「感謝の心」と「ハート」なんだと思う。

昨日はもう一つ面白いことがあった。彼女が「先日お伺いした時にボールペンを持ち帰ってしまいました」と返してくれたのだ。そんなボールペンなど気にして頂くことなどないのだが、人柄がよく表れている。もし、わざと、だったとしたら凄い。これは営業テクニックとして使えるかもわーい(嬉しい顔)

ナンと言っても、相手は韓国人だから「後で返す」なんてことは今までの経験では有り得ないこと。そのことでハッキリ分かるのは、彼女のご両親が立派な方である、ということ。いろんな若者と話したり接していて、「親はどんな育て方をしたんだ!」と呆れたり、ちょっと話しただけでも「ご両親の立派な人柄が伝わってくる」ことがある。これは、彼女より「そういう人に育てたご両親が偉い」と思う。ま、それほど感心することでなく日本人であれば当たり前のことなのかも知れないのだが。

正直に返してくれたので、交換に、昨年私がミュンヘンのBMW博物館で購入したボールペンをあげることにした。今夏のドイツ旅行で、現地ガイドさんが忘れていなければ「3本買っておいてくれるハズ」だから。

ちなみに、そのボールペンがこれ(既出)で、とくに高級品ではないが、さすがにBMW、センスがいい。

DSC04493.JPG

DSC04492.JPG


話していて、彼女が上司を信頼しているのがよく伝わってきた。そういうのはとても気持ちが良い。その会社の前途は磐石だろう。社員を使い捨てすることなく、しっかり「人材」として考えているのだから。


今、私は思っているし、期待もしている。

この、たった一人の若くて謙虚な韓国人女性が、もしかすると、長いこと私の心に深く巣食っている嫌韓意識を変えさせてくれることになるのかも・・・、と。

国同士の政治や外交問題、歴史認識問題は置いておいて、日中韓においてはとくに、正しい(正常な)お付き合いをする為には民間でのハートのある交流や信頼関係の構築から始めなければならないものだろう。残念ながら日本人も含めて、そういう意識の足を引っ張る人たちは多い。気が遠くなるような作業ではある。


posted by poohpapa at 08:23| Comment(10) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

嬉しいご訪問とご依頼(*^^)v

うちのお客様で、絶対に不義理をしない女性社長がいる。私より若く、関西から離婚を機に上京して起業し、今は従業員を25人も雇っているバリバリの経営者だ。

先日、「社長には一文の得にもならない話やけど、頼みたいことがあるんやけど・・・」と電話があった。ご本人は遠慮してそう仰るが、得にならないような話を持ち込むような人ではない。よしんばそうであったとしても、相手がその社長なら全くかまわない。

「仕事終わってから行きたいんやけど何時までやってはる?」と訊くので、「前もってご連絡頂ければ何時でもお待ちしてますよ」と言うと、その日のうちに連絡をくれ、夜には来てくれた。社長の持ち味は「行動が早い」ということで、口に出したら直ぐ実行するタイプ。それは私も見習わなければ、と思う。

相談の内容は「今年こそ宅建の試験に合格したいんやけど、どないしたらええ?」とのこと。社長の会社は不動産会社ではない。だが、ここでは書かないが職種の関係上、不動産絡みの商談がよく入ってくるらしい。なので新しい事業展開を考えているようだ。「宅建の試験に通ったらいろいろ協力してくれへんかなあ」とのことで、もちろん、私のほうこそ大歓迎である。

それで、さしあたってテキストの選び方などを相談に来たのだが、ついでに「うちの会社に来て講師してくれへん?」との依頼を受けた。まあ、大手建設会社の宅建講座で講師を務めさせてもらった経験はあるが、もう20年も昔の話だし、私が教えていたのは宅建業法の分野だけ、今ではそれも覚束ないだろう。もちろん社長のことだから私をタダで使おうなどと思ってないし、むしろ法外な講師料を払うつもりでいると分かっていて、今の私には有り難い話だが、逆に迷惑をかけたくないので講師の話は辞退させて頂いた。

昨年も社員に受けさせようとして、街の宅建教室から講師を招いて会社で終業後に勉強させていたようだが、講義中に頻繁に取引先から電話が入ったりして勉強に集中できず、あえなく全員が撃沈。今年こそ誓いも新たに・・・、と言いたいところだが、このまま行けば去年の二の舞になるのは間違いない。講師は無理だが、テキストの選び方と勉強の進め方だけ教えさせて頂くことにした。

実は私には、テキストや勉強の進め方以上に気になっていることがある。社長は気前が良いから教材費など全部会社負担にしているが、そもそも「それが間違い」だと思う。テキスト代くらい身銭を切らせなければ途中で投げ出してしまうもの。近いうちに会社に出向いて最初だけ「お話」をさせて頂くことになったので、社員からは恨まれるかも知れないが、「教科書無償化廃止」の方向で検討して頂くつもりでいるわーい(嬉しい顔)

ところで、この社長、どこでどう見つけてくるのか不思議な人脈を持っている。取引した相手が皆この社長のファンになっている。社長のほうからモノ欲しそうに何か頼まなくても向こうから「役に立ちたい」と寄ってくるようだ。なので営業活動をしなくても仕事が絶えることがない。と言うか、営業マンが一人もいない。それでいて右肩上がりの業績で、社員も増やしていっている・・・。

私には理由が解かるような気がする。社長は母子家庭である。右も左も分からない東京で、ただがむしゃらに頑張っている姿が危なっかしくて、相手に「放っておけない」と思わせてしまうんだろう。もう一つ、これが一番大きいのだが、この社長は決して「不義理をしない」人である。ちょっと取引しただけでもそんなことは直ぐ解かるものだから相手が安心してくれる、その人間性が魅力なのだ。私もそう思っているし。

社長に、「今年も全員不合格だといいな。そしたら私を雇ってよ。もう自分でやるの疲れたから」と言うと、「いいよ」と二つ返事で受けてくれたのだが・・・、私はもう世間での定年の年齢を過ぎていたんだったたらーっ(汗)

社員の誰かが合格して業協会に入ることになったら、うちの立川支部を紹介しよう。社長は元々が関西人であるから、支部の運営方針に「そんなんおかしいわ」と私以上に文句を言ってくれるだろう(爆)


お店をしていて、稀に「このお客さんは本当に大切にしよう」と思える人と出会えることがある。社長はそういう人である。私は全てのお客さんや家主さんが平等に大切、なんて綺麗事は言わない。儲けさせてくれるか、損か得かということでなく、それは人間性の問題で、それに尽きる。不動産屋だって人間だから。



posted by poohpapa at 07:51| Comment(10) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

こんな客、申し込みを貰ってもお断り

当社で管理させて頂いているアパートの駐車場が2台分空いている。昨日、同業者さんから「外部の人に駐車場を貸してもらうワケにいかないでしょうか?」との問い合わせが入った。

家主さんからは「外部の人に貸してもいいですよ」とのご了解を以前から頂いている。ただし、部屋数が6で駐車場は3台分。たまたま現在の入居者で車を所有している人は一人しかおらず、それで2台分空いているのだが、先々入居者の人が車を買うかも知れないし、空室募集に際して駐車場が有るのと無いのとでは大きな違いが出るもの。その時に外部の契約者に「入居者が使うことになったから契約を解除して明け渡してくれ」とは言えない。例え駐車場料金の1万そこそこでも毎月のことになれば大きいのだが、全部埋めないで入居者のために空けておいたほうが良いとは思う。家主さんはそれも了解してくださっている。

なので積極的に外部の人向けに「駐車場空き有り」で募集はしないが、それもご縁なので、お声が掛かれば外部の人に借りて頂いてもいいかな、と思っていた。それでも「一台分は空けておこう」とは思うが。

他にも理由がある。入居者の親族や友人が車で訪ねてきた時に、空いている駐車スペースがあると非常に便利で喜んで頂けるから、である。そういうことで少しでも長く入居してくれるなら、目先の駐車場料金を求めるより利益が大きくなる。幸い、家主さんはそのあたりも十分に理解してくださっている。

別のアパートでは、家主さんが「全室に一台」の駐車場を確保するために現在は車を持っていない入居者がいつ「車を買うので駐車場を借りたい」と言ってきてもいいように、不足分の駐車場を外部で借りて家主さんが駐車場料金をずっと負担し続けているくらいで、それくらい駐車場の確保は募集に影響するもの。

なので、問い合わせてきた業者さんに「一台ならいいですよ」と伝えていたのだが・・・、

再び電話が掛かってきて「さっき仰っていた保証金1ヶ月、ゼロになりませんかね」とのこと。なんでも、その客は他も当たっていて、いちおう当社のアパートが一番近くて便利らしいのだが・・・、「駆け引きしている場合か!」、である。保証金は1ヶ月分で、たかだか1万円である。しかも解約して何事も無く明け渡せば全額戻ってくる。家主さんの立場になれば保証金を1ヶ月でも預かっていれば少しは心強いものだし。

おそらくは「自分のほうが優位」という感覚なんだろう・・・。もし保証金を預けることに同意して申し込んできたとしても断ろう、と思っている。相手のことを考えないような客なら、ラインからはみ出して停めたりするかも知れないし。そういうケチな客には世間の常識を思い知らせたほうがいいだろう。

その場合、先に断ってしまうのでなく、「申し込みすれば借りられるもの」と客が決め込んで申し込んできてから審査で落とすほうが効果的であろう。自分が得することだけしか考えないで、カネを払うから自分は客、申し込めば断られない、と短絡的に考えるような奴には貸さない。私はそういう不動産屋である。




posted by poohpapa at 07:52| Comment(8) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

女子大生さんが卒業でご実家に戻ることになって

このブログの読み手さんで、以前に国立市でお嬢さんの部屋探しをさせて頂いた千葉のNさん、お嬢さんが卒業されるのでアパートを引き払うことになり、昨日、奥様と娘さんと3人でご挨拶に寄ってくださった。

久しぶりのご対面ではあるが、昨日も一昨日も会っていたかのように会話に入っていけるのが嬉しい。しかもたくさん手土産を持参してくださった。そのうちの一つが、私が「日本一美味しい」と思っている谷津ロールである。虫の知らせとでも言うか、この一月あまり「谷津ロールが食べたい・・・」と何度も頭を過ぎっていたので尚のこと有り難かった。

なぜ谷津ロールを思い出していたか、と言うと、ここんとこ物産展なんかでいろんなロールケーキをよく目にしていたからで、見てはいてもまず買わない。チラッと見ただけで「谷津ロールの上を行く」とはとても思えないからで、そうなってくると無性に谷津ロールが食べたくなるのが人情ふらふら

だからNさんご家族の訪問も嬉しかったが、また谷津ロールが食べられることに大感激であったわーい(嬉しい顔)

Nさんは私が谷津ロールが大好きなのをもちろんご存知で、と言うか、私に谷津ロールを教えてくださったのがNさんで、以前もドーンと10本も送って頂いていたくらいで、わざわざ回り道までして購入し、お届けくださったお気持ちも凄く嬉しい。こっちはとくに何もお役に立っていないというのに、谷津ロール以外にもいろいろ揃えてくださって・・・。

そういえば2年前、お嬢さんの部屋の合鍵をお預かりしていて、一度「紛失してしまった」とかで店まで取りに来て頂いて、それ以降はお預かりしていなかったのだが、考えてみれば「私が預かっているより道に落として紛失してしまったほうがよっぽど安心」と言えなくもないたらーっ(汗)

で、久しぶりにお目にかかったNさんの娘さんはすっかり大人びて綺麗になっていた。2年という月日はアッと言う間で、よそ様の娘さんの成長は驚くほど早く感じられる。たった2年で、である。

「立川まで出てくることがあったら絶対に寄ってね、飯くらい奢るから。何人お友だち連れてきてもいいよ」と言ったのだが、待てよ・・・・・、うちの娘の例もあるから全員が大食漢だったらヤバイかもあせあせ(飛び散る汗)

Nさんのご家族は今も時折り四街道の「びすとろビアンコ」さんに通っていらっしゃるようだ。私は「都内を横断して」なので普段はなかなか行けないが、機会があればいつかご一緒させて頂こうと思う。

Nさんと奥様とお嬢さんのお陰で(申し込みのキャンセルも入ったが)昨日はとても幸せな一日だったるんるん

posted by poohpapa at 06:59| Comment(4) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

こんなことがあるもんだ・・・

一昨日当社の物件を案内したお客さん、昨日他社の物件を案内してもらってそれで決めるのかと思いきや、「昨日の(当社の)物件で決めます」との電話があった。ついては「今日契約したい」とのこと。

へ???、スマホで見せてもらった限りでは相当にいい物件で、そっちで決まるものとばかり思っていたのだが、写真ほどキレイではなく、洗濯機置場も小さかったようだ。お客さんが先方の業者に「昨日案内してもらった不動産屋さんが『明日見せてもらう物件のほうがいいから、それで決めたほうがいい』と言ってました」と言うと驚いていたとか・・・。まあ、そりゃあ驚くとは思う。

青年が言うには、「僕が『断りにくそう』だと感じたのか、『お客さんにとっては昨日の物件のほうがいいのかも知れませんね・・・』と言ってくれました」とのこと。それには逆にこっちが驚いた。

互いに「足を引っ張り合う」のがこの業界の常であって、うちは、先代社長が立川支部の元支部長をやっていたほどの会社に汚いやり方で管理物件を取られたこともある。それくらいだから「互いに譲り合う」なんてことは万に一つもない、と言っても過言ではないほど卑しく浅ましい業界なのだ。だから意外であった。

家賃の更なる値下げとエアコンの新規設置と日割の発生を遅らせてくれるよう家主さんにお願いすると快く応じてくださって、お客さんも凄く喜んでくれたのだが、一番喜んだのは私であることは間違いないわーい(嬉しい顔)

お仲間さんのご配慮のお陰で、夕方、約束どおりやって来た青年と無事に契約を完了することができた。こういうのは三者とも互いに気持ち良い。青年もこれで今日は安心して高山に帰ってくれるだろう。

これから当社とその青年との新しく長い付き合いが始まる。それは今から実に楽しみである。

posted by poohpapa at 06:09| Comment(6) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

飛騨高山から来てくれた好青年

当社のネット広告を見て問い合わせしてくれた青年が昨日、遥々岐阜県の飛騨高山から当社を訪れた。

電話でも頗る感じ良かったが、会ってみると稀にみる好青年だった。長旅で疲れてもいただろうが、東京に出てくることなった経緯やらいろんな世間話を1時間ほどしてようやくに本題の部屋探しに入ることにたらーっ(汗)

概略を説明して「今日はこっちで泊まるの?。高山にはいつ帰ることにしているの?」と訊くと、「明日、別の不動産屋さんでもう一件見せてもらうことになっていて、明後日帰ります」とのこと。

それで、「その物件の資料、今持ってる?」と訊くと「紙ではなくスマホに入っています」と言って見せてくれたのだが・・・、正直、写真で見る限りは当社の物件よりキレイで圧倒的に良さそうに思えた。

「今回の上京で決めて帰りたいんだよね。だったら、うちの物件は見なくていいから、こっちの物件で決めちゃいなよ。うちのことは気にしなくていいから」と言うと驚いていた。家主さんから物件をお預かりしていて、管理会社としての責任もあるのだから早く決めたいのはヤマヤマだが、どう考えても他社の物件のほうがいいのに当社の物件をゴリ押しするワケにもいかない。これから長く暮らすことになるのだし、先ずお客さんのことを考えてあげなければ不動産屋としての社会的な責任は果たせない。

と、カッコ良く言っているが・・・、私も食べて行かなければならないから常にそうしているワケではない。この青年に「このお客様の役に立たせて頂こう」と私に思わせるものが備わっていたからに他ならない。それに、この時期、タッチの差で他のお客さんに決められてしまう、ということも無いとは言えない。

当社の物件も礼敷0で家賃も格安だが、同じ条件なら他社の紹介物件のほうが優っているのは明白だった。そうは言っても比較対象になる物件がなくては判断しにくいだろうから車で片道30分かけて当社の物件も見て頂くことにした。もちろん物件の長所と短所は説明させて頂いたが判断するのはお客様である。

なんてことはない、私は「お客さんが他社の紹介物件で決めるようサポートしている」ことになるふらふら

帰りは最寄の駅までお送りしたが、とても喜んで帰っていってくれた。「電話で問い合わせた時に感じ良かったんですけど、猫を被ってるだけかも知れないから店に入るまでドキドキでした。でも、本当に親切にして頂いて有り難うございました」と言う。去って行く後姿に「いい社会人になりなさいよ」と声を掛けた。

あ〜あ、昨日も「経費だけ掛けて売り上げはゼロ」である。経営者は私なんだし、ま、いっかわーい(嬉しい顔)


posted by poohpapa at 06:53| Comment(2) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする