2023年02月03日

ちょっと「大物」になった気分 (^^♪

昨日は休み明け、なんだかバタバタしていて落ち着かなかった。まだ今月の家賃が入っていない入居者の分も「立て替えて家主さんに送金」していて、(まあ、あまり期待せず)駅前の銀行に記帳しに行った。

途中、信号待ちをしていたら背中に声が掛かる。振り向くと、地元選出の衆議院議員の政策第一秘書のYさん。もの凄く有能な秘書で、膨大な支持者の顔や名前をしっかり憶えていて代議士の当選に大きく貢献している。私が以前、「Yさんなら次の選挙で立候補しても当選するよね」と言ったら否定していたけど。

そこで顔を合わせたのは有り難かった。私も代議士の事務所に行って「言いたいこと」があったから。信号待ちの数十秒の間に、「岸田はどうしようもない馬鹿だね」と言うと、「そうなんです、まるで学習能力がありません」だと。信号が変わってビックカメラの前まで並んで歩き、別れるまで、ず〜っと岸田の批判。

岸田政権、韓国の「元徴用工」訴訟について、「反省」を表明し、韓国をホワイト国に戻す話も出ていて、頭がおかしい、狂っている。だいたいが、そんなことをしたら韓国は「日本の総理が認めたんだから」と、またぞろ「カネ寄こせ」になる。それくらい解からないかねえ。元々が「元徴用工」も「慰安婦強制連行」も存在しない。日本の防衛上、韓国を同盟国に繋ぎとめておかなければならないとしても、無かったこと、事実無根の話に謝罪するのは日本人の悪い癖で、今まで、そんなことをし続けてどうなったか <`〜´>

自民党の中から反対意見が出ないのも不思議な話。いつまで「岸田のバカ」に政権を握らせておくのか。

銀行に寄った後で伊勢丹の2階に行くと、私を見かけた副支配人が寄ってきて丁寧に挨拶してくれた。実はコロナの初期の頃、伊勢丹が閉店していて営業を再開した時、エスカレーターの稼働について苦情を申し入れたことがあり、その時からの顔馴染み。地下でしか買い物しない私はデパートの客ではないが。

ま、代議士の秘書のYさんにも伊勢丹の副支配人にもお菓子をバラ撒いていて、だからだと思うけど(^^♪

バラ撒く、と言えば、昨日は食パンをバラ撒いた。以前も書いた(おそらく東京で一番美味しい)フェルマータの食パンを10斤買ってきた。某住宅メーカーの営業マンにお願いして車で連れて行ってもらえたから。1斤、2斤ならともかく、それだけの数の焼きたての食パンをバスで持ち帰るのは辛いから。もちろん、家族の多い営業マンには2斤、何かとお世話になっているリフォーム部門の責任者には1斤を進呈した。

そのフェルマータ、朝一番で10斤予約して、「1時半ごろ頂きにまいります」と伝えて、1時45分頃行ったら、何と、全てのパンが売り切れていた。私が予約した食パン以外、どの棚にも何一つ残っていない。

そのメチャクチャ美味しい食パン、何でも値上げになってるご時世の中で、ずっと1斤230円(税込み)で売っている。ご主人に、「値上げしなよ。こちらの店のお客さん、値上げしても誰も文句を言わないと思う」と言うと、「次の値上げの波が来たら、と思っています」とのこと。以前も進言したのだが、どうやら他の客からも言われているらしい。店主が「値上げしたい」と言って、客が「やめてよ」と言うのでなく、客のほうが「値上げしなよ」と心配して、店主が「うちのパンが好きで来てくださるお客さんのために値上げはしたくない」と踏ん張っているのだから、話は逆。材料費も光熱費も高騰しているから、そろそろ限界だろうな。

ご主人にはこうも話した。「値上げするなら、20円、30円でなく、1斤300円くらいにしたほうがいいと思いますね。例えば20円値上げして、それでも追いつかなくなって、また20円とか30円値上げするより、一回で済ましたほうがいい。たいして美味しくない食パンを1斤500円くらいで売っている店がいくつもある中で、こちらの230円は安すぎます。大丈夫です、客は離れていきませんよ」と、背中を押した (^◇^)

卵の価格も2倍になって4月から値上げラッシュが待っている・・・。良心的なフェルマータを応援したい。

うちもねえ、良心的な不動産屋であるべく、この地で27年間も仲介料は家賃の1ヶ月分てことで頑張ってきたけど、こう何でも値上げされていく世の中にあってはそろそろ限界、4月からは仲介手数料は家賃の2ヶ月分にしよう。うん、決めた。うちのお客さんは誰も文句を言わ・・・、言うか。パン屋さんが羨ましい。

posted by poohpapa at 06:33| Comment(6) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月26日

昨日、Jonathan's のモーニングで目にした驚きの光景

昨日今日、「地球温暖化は何処に行った??」と言いたくなるような寒さで、寒がりの私には「冬がこんなに寒いなら、温暖化したっていいじゃねえか」と思ってしまう。まあ、「猛暑の夏」の次の冬は「極寒」になる、とは言うけど、それにしてもねえ、朝起きた時の室内の気温は4℃、「冷蔵庫の中」にいるようだった。

さて、昨日も、水曜日恒例の Jonathan's のモーニングに行ったのだが、そこで驚きの光景を目にした。

私がいつも座るのは「レジに一番近い席」で、そこはドリンクバーに近くて便利なので私の指定席。開店は7時だが、5分前に入って席を確保している。それでも、私より早く入っている常連客が3人ほどいる。

私は、店に用意してある読売新聞を読んだり、スマホをチェックしたり、ドリンクバーを楽しんで、トータルで1時間ほどゆっくりさせて頂いているが、7時半くらいになると食事を済ませて出て行くスーツ姿の客もチラホラ。私は定休日だけど、平日なので「これから仕事」という客のほうが多いものだろう。それにしても早い。駅とは逆方向に歩いているから、これから中央線で都心まで出るのでなく職場は立川なんだろう。

で、レジで、そんな後ろ姿をぼんやり見ていたら、もの凄い服装の客がいた。スリムなスタイルで、髪は肩までのセミロングだから後ろ姿からは男か女か分からない。驚いたのは、女性がTバックのパンティーを穿いてズボンを穿かずにいるかのように、膝から上、お尻までが剥き出しで、「あれではケツの穴が見えてしまうだろうに」という恰好だった。誰に「見せたい」と思っているのか知らないが、男であれ女であれ、猥褻物チン列罪、あるいは公然猥褻罪では?、と思ってしまう。後ろを歩く人は目のやり場に困るだろう。

スマホで写真を撮って、帰宅してからうちのに見せてやろうと思ったが至近距離で、シャッター音で「撮影した」のが分かるだろうから断念。それにしても、昨日の寒さである。お尻からインフルエンザに罹りそう。

帰宅して、うちのに話したら、「ああ、いるよね、たまに見掛けるよ」だと。なんだ、知っていたか・・・(残念

posted by poohpapa at 06:01| Comment(8) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月20日

うちの店の斜め前

長く空いていた店舗の前に、小洒落た、その・・・、テントでもない、暖簾でもない、看板でもない、こういうの、なんて言うのか知らないけど、とにかく、新しい店がオープンすることだけは判った。

でも、「三代目田中商店」というだけのアピールだと何の店かは分からない。ネットで検索したら、「いいね!立川」で詳しく紹介されていた。

【開店】毎日フラッと立ち寄りたい!高松町・立川通りぞいに角打ちできるシャレオツ酒屋『三代目田中商店』がオープンしてる

そっかあ・・・、飲み屋さんだったか・・・。それだと下戸の私には縁がないなあ、残念。

ずっと閉まったままの店舗があると防犯上も良くないし、商店街が沈んでしまうから業種に関係なく大歓迎だけど。ただ、すぐ近所にワインバーもあるし、立川市民の特性上、飲食業が長く続けるのは難しい。過去には半年で店仕舞いした飲食店もある。最初は飛びつくけど続かないんだよね、不思議なことに。

ところで、「角打ち」という言葉を初めて聞いた。「いいね!立川」の記事にもあるけど、昔からある言葉、あるいは業界用語なんだろうか・・・、と思って、自分でも調べてみた。

「角打ち」→→→→→

角打ち とは、 酒屋の店内において、その店で買った酒を飲むこと。また、それができる酒屋のこと。上記の意味から派生して、安く飲むことができる立ち飲み屋を「角打ち」と表現することもある。 枡で酒を飲むこと。

「なぜ角打ちというのか?」→→→→→

角打ちの語源 「角打ち」の読みは「かくうち」が正解。 その語源には諸説ありますが、「酒屋の店頭で量り売りされた酒を升の“角”に口をつけて飲むこと」や「酒屋の“一角(片隅)”で酒を飲んでいたこと」に由来しているという説が有力です。2022/10/27

そして、

「角打ちの魅力は?」→→→→→

角打ちの魅力は、「手軽に安く飲める」「店主や客との距離が近く親しみやすい」「酒屋ごとの歴史や文化、雰囲気や地域性など深い味わいがある」「おかえり!と言ってもらえる家庭的な温かさがある」「一生涯の友人や伴侶など思いがけない出会いが生まれる」「落ち着く」「とにかく楽しい!」などなど挙げればきりがない。

へえ、そうなんだ。下戸でなく酒が飲めたら楽しいだろうな。人生の半分は損しているかも、と、我ながら思う。コロナが終息したら「底なし」のうちのを連れて行ってみようかな。それまで存続してるかなあ(失礼

posted by poohpapa at 06:53| Comment(6) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月19日

多摩信用金庫元本店の長い工事が終わりそう

うちの店から立川駅に向かう途中にあった多摩信本店が、立川市の新しい商業施設「グリーンスプリングス」に移り、その後、外装工事が始まり、便宜的にビルの裏側のATM2台だけ残して1階フロアも大々的に工事が始まっていた。単なる外装工事なら一月もあれば終わりそうなもの、と思っていたら、なかなか終わらない。そのうち、残したATM2台も撤去してしまい、利用者からすれば不便この上ないことに・・・。

ATMだけで言えば、駅ビル「ルミネ」の地下にも伊勢丹の2Fにも駅前にもあるのだが、わざわざ寄るにはちょっとだけ不便。それより、元本店をどうやって再利用するのか、何ができるのか、に興味があった。

で、ようやく全貌が見えてきた。外装工事のシートが透けて中の様子が見えていて、何かの広〜いホールか超高級レストランって感じだったが、こんなもの、だった。me : rise立川(ミライズタチカワ)、だと。

HPには、「me : rise立川(ミライズタチカワ)は、立川に本店を置く地域金融機関、多摩信用金庫が開設するコワーキングスペース・インキュベーションオフィス・サテライトオフィスの機能を持つ事業・地域支援のための交流拠点」とある。コワーキングスペース・インキュベーションオフィス・サテライトオフィスって何よ。ワーキングスペースの前に「コ」が付くと何が変わるの?、インキュベーションなんて初めて聞く単語。

何でも横文字にすればいい、てモンじゃなし。ネットで調べたら、「コワーキングとは、個人事業者や起業家、在宅勤務が許可されている会社員、ノマドワーカーといったように、場所の縛りがない環境で働いている人たちによるワークスタイルです」とあった。え?、ノマドワーカー?、また知らない単語が出てきた。

その程度の英単語が理解できない客なら使ってくれなくていい、と思っているのが透けて見えている。

ふーん、「多摩信は時代の最先端を行ってますよ〜」と言いたいんだろうな。利用者を最初から振り分けていて、僻むワケではないけど、HPからも傲慢さが滲み出ている。フン!、誰が使うかそんなもん!!。多摩信は「地元に根付いた金融機関」と言っていながら損得だけしか見ないで冷淡だし、私は大嫌いだ。

posted by poohpapa at 06:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月15日

冬の珍客

某アパートの更新契約を済ませ、夕方、駅前の銀行まで行った帰り道、携帯が鳴る・・・。登録されている番号で、当社の管理物件の元入居者である市議会議員の石飛香織嬢からと判った。でも何で??、である。電話に出ると、「店には戻られますか?、ご挨拶に寄らせて頂きました」とのこと。「あと5分くらいで戻ります」と伝えると、「じゃあお待ちしてます」と言う。昨日はヨタヨタ歩きではなかったから5分弱で戻れたが、店の前に、もう一つ人影が・・・。近付いて顔を見たら、同じく市議会議員の山本洋輔氏であった。

山本氏は数日前、既に新年の挨拶に来てくれていたのだし、二人は所属する会派が違うし、どちらかと言えば野党系ではあるが政策には違いがあるハズ。ワケを訊いたら、石飛嬢が「議会での席が隣同士で親しくさせて頂いて、これから坂口さんのところに新年の挨拶に伺います」と言ったら「じゃあ私も」になったらしい。石飛嬢は元NHKの女子アナ、山本氏は一橋大学卒の秀才で人柄も頗る良い。店に入って頂き、いつものように缶コーヒーと美味しいお菓子で「おもてなし」、議会の裏話なんかを聞かせてもらった。

年齢も近くて若いから、いや、本当は石飛嬢が39歳で山本氏が32歳なんだけど、仲良く市議会の話をする姿はまるで恋人同士に見える。「結婚しちゃったら?」と言ったら、二人とも大袈裟に手を振り否定。

でも、あるかもな。「今度、二人でお昼においでよ、ランチくらいご馳走するから」と言うと喜んでいたが、話し込んでいたら「いい時間」になったので、「もし都合が悪くなければこれから3人で晩飯を食べに行きませんか?」と提案すると、二人とも同意してくれて、私にとっては初めての Jonathan's のディナーに。

「二人は気も合いそうだし、二人で新しい会派を立ち上げたらどうですか?」と提案すると、フリーの立場の石飛嬢が「会派は3人以上でないと作れないんです」とのこと。「あと一人、政策の合いそうな若手議員はいないの?」と畳みかけると、「上(都民ファーストの会)の意向に従わなければなりませんから、自分で決めることができないんです」とのこと。「だったら、都民ファーストの会から抜ければいい。小池さんの人気には陰りが見えるし、次の選挙では落ちるんじゃないかな。早めに行動を起こしなよ」と意見した。

石飛嬢、「この3人で Jonathan's 会を立ち上げましょう」と笑う。上手いこと言うなあ。もちろん、私は市議選には出ないけど、市議二人、市民一人の組み合わせで市議会の外にプライベートな会派を作るのも面白いかも。私は夕食は軽くしか食べないから、以降はディナーでなくランチでご一緒させて頂こう(^^♪

posted by poohpapa at 06:43| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月30日

伊勢丹にして「こんなミス」(^^♪

年末恒例の、菊水(日本酒)の樽酒の販売が26日に始まって、27日に買いに行ってきた。樽の香りがついた濁り酒はこの時期に伊勢丹でしか購入できない。4本購入して代金をJCBカードで支払い、昨日、JCBカードのHPで利用明細を見てみたら、なんと同じ金額の請求が2件・・・、ダブって請求されている。

直ぐに伊勢丹のサービスカウンターに行って説明すると、「3階か5階のアイカードのカウンターに行って話してください」だと。なんで??、であるが、言われるまま5階に行くと、「こちらはカードが違いますのでこちらに言われても・・・」とのこと、そりゃそうだろう。しばし担当者と思しき人と電話でやりとりしていた。


と、ここまで打って、Jonathan's のモーニングへ。一昨日の水曜日にもいた(いつもの感じ良いスタッフ)Hさんが「今年は31日までモーニングは私が担当します」と言うので、今年の「顔の見納め」をしてきた。

私と同じくらいの年齢の紳士が、レジで清算する際、「こないだ〇〇に行ってきたので、どうぞ」と言ってお土産を渡していた。私は行く度にバラでだけど、その紳士は箱で、しかも2種類・・・、ちっ、くそ、敗けた。


それはともかく、さっき帰って、8種類の薬を飲んで、一息入れたところ。で、伊勢丹の話の続編を。担当者が当日の膨大なレジの記録から私の買い物の記録を抜き出してくれたのだが、やはり一回分しか出てこない。そこでJCBに電話して、明細を調べてくれるよう依頼した。快く引き受けてくれたが、結果が判るのが年明けの13日以降・・・。ま、仕方ない。伊勢丹にも記録が無いんだから私の言い分が通りそうだ。

今年もいろいろあったなあ・・・。Jonathan's に置いてある読売新聞を読んでいたら「今年亡くなられた人の一覧」が・・・。あんな人も、こんな人も亡くなっていたか・・・、と寂しくなる。私が一番感慨深いのは、8月30日に亡くなられた旧ソ連のゴルバチョフ元大統領。ダチョウ倶楽部の上島竜兵氏もドリフの仲本工事氏もショックだった。事故だか自殺だか分からない死に方だとモヤモヤしてしまう。私も鬱なのかなあ。

明日も含めて、年末年始は記事の更新をお休みするかも。皆さんも、どうぞ良い年をお迎えくださいね。

posted by poohpapa at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月20日

店に出て直ぐ、近所で火災発生

10時少し前に店に付いたら、店の前の立川通りが騒々しくなった。サイレンを鳴らして何台も消防車が駅方向に飛んで行く。消防車から「脇に寄って止まってください。緊急車両が通過します」とアナウンスが。

「どこなんだろ??」と表に出て駅方向を見やると、二つ先の信号機のあたりに消防車が停まっている。後で判ったことだが、消防車、パトカー、救急車の総数20台ほど。立川の消防車が全部来てたりして。

火は直ぐに消し止められたようで、現場に向かうと、途中で設備屋さんの社長と会った。「あの信号から入って2軒目のマンションから出火したみたいです。ブルーシートで覆われた担架で運び出されていた人もいたから、亡くなっているかも知れませんね」、とのこと。亡くなったのは、火元の住人のタイ人らしい。

これ、大家さんも大変だよね。他の住人も退去してしまうかも知れないし、事故物件になってしまうから。

マンションで火災 男性1人が死亡 東京・立川市
TBS 11/19(土) 12:03配信

これから冬になると、我々不動産屋(管理会社)は火災の心配をしなければならない。特に、当社が管理させて頂いているアパートは古い木造が多いからなおのこと。ま、入居者の意識の問題ではあるけどね。

高齢者の一人暮らしなんかだと、室内でストーブを移動するにも力が無くて、倒してしまう恐れがあるし。かと言って、エアコンで部屋を暖かくしようとしたら電気代の値上げでもの凄く電気代が掛かるもんなあ。

火災は必ずしも「高齢者が引き起こす」とは限らないけど、火災が懸念される高齢者のアパートの近くに行った際には用が無くても訪問して「声かけ」してあげようと思う。ふだんから「声かけ」はしているけど。

posted by poohpapa at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月05日

「 go to eat 」で、ほぼ食い逃げ(こら

先週、うちのと「いつものファミレス」にランチに行って、レジで清算する際、端数の520円は現金で支払い、2000円分はスマホの中の「go to eat」のチケットで支払った・・・、ハズだった。ところが、である。家に帰ってスマホをチェックしたら、1000円券が一枚も減っていないのに気付いた。なんで?、である。

レジを担当したのはベテランのスタッフのSさん。「有り難うございました、またお待ちしています」の声に送られて店を出ているから、双方ともちゃんと清算が行われたと思っていたのは間違いない。だが、チケットが減っていないということは、我々は520円でランチをして2000円分は踏み倒していることになる。

直ぐに店に電話して経緯を説明し、次に行った時にその分も支払うことを伝えて了解してもらったのだが、次(昨日)に行って前回の分を清算しようとしたら、Sさんが「前回の分は結構ですよ。いつもお越し頂いているし、また食事しに来てくだされば嬉しいです」と言う。もちろん、Sさんの一存でなく、「こちらの落ち度でもあるし」ということで、上司の指示なんだろうけど、それでは申し訳ない。払おうとしたが強く辞退。

これ、paypay なんかと違って支払いの作業が面倒。店からしたら「go to eat」なんて迷惑でしかないだろな。もしかすると、我々が電話しなければ、同じような間違いが続いていたかも知れない。ベテランのSさんでさえ間違うのだから。それに、支払ってないことに気付いても申告しない客も出たりすることだろう。

とにかく、こちらとしては「ああそうですか」と受けるのも気が引ける。その分は何かで埋め合わせしよう。

posted by poohpapa at 05:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月25日

気になったニュース

石川・いしかわ動物園、来園者がガラスを叩き壊す事案を受けて注意喚起「動物にとても大きなストレスが…」
スポーツニッポン新聞社  2022/10/24

水族館でなく動物園での出来事。それにしても、子供が叩いただけで割れてしまうガラスってどうよ!?

そういうのは想定して作るものじゃないのかなあ。猛獣のブースではなかったとは思うけど、怖いよね。

実は、子供の躾が為されていないケースはファミレスなんかでもよく見かける。バーミヤンなんかで、スタッフがラーメンをテーブルに運んでいる通路を子供が走り回ったりしていて。スタッフにぶつかったら頭からスープが掛かることも有り得るのだが、親がいても注意をしない。それでもし事故になったら親は店側の責任を追及して賠償を求めるんだろうな。そんな事態になったら、私は店側の証人になってやろうと思う。

昨日、行きつけのバーミヤンのマネージャーさんが4年半の(立川駅北口店での)任務を終える最終日で、行ってきたのだが、年長さんくらいの子供連れの家族の子供が、自分のテーブルでラーメンのドンブリをひっくり返して、熱いスープがズボンに掛かって騒ぎになった。ま、運搬中じゃなくて良かったけどね。

昨日は混雑を避けて2時くらいに行ったのだが、我々が到着する5分ほど前にママ友会の団体さんが入ってしまい、店内が非常に五月蠅かった。しかも、最後は「出て行きそうで出て行かない」から、こちらもレジに行くタイミングを計りかねていた。マネージャーさんの最後の勤務がコレでは気の毒だった、ほんと。

で、帰りにマネージャーさんから「長い間お世話になりました」と、超高級な「抹茶のバームクーヘン」を頂いた。お世話になったのはこちらのほう。なので「 queen's 伊勢丹」でキャラメルポップコーンを、ランチのスタッフの分も含めて8缶購入して届けてきた。最期に「幸せのキャッチボール」ができて凄く嬉しい(^^♪

posted by poohpapa at 06:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月15日

生きる希望が無くなった・・・

昨日、うちのと、いつものバーミヤンに行ったら、我々の席にマネージャーさんがやってきた。なんで??

「お知らせしないといけないことがあって・・・」と言う。「え?、離婚するの?」と訊くと、「そうじゃなくて、移動になります」とのこと。どうやら今月24日まで今の店にいて、以降は別の店舗に行くようだ。マネージャーさんは最近入籍したばかり。だが、飲食業の悲しさ、ご主人とは、休みだけでなく、起きている時間に顔を合わせることも難しいみたい。うちらみたいに枯れた夫婦ならともかく新婚さんには辛いことだろう。

マネージャーさんが今の店舗に新任のマネージャーとしてやってきたのは5年くらい前かなあ・・・。以来、親しくさせて頂いている。他の(自分より年長の)スタッフとも息がぴったり合っていて、30人ものスタッフと「良い人間関係、信頼関係」を築いている。私は本社に「(こういうワケで)昇進するならともかく単なる移動ということでしたら、どうか今の店舗に長くいて頂きたいと願っています」と手紙を送ったこともある。

まあ、いつかはそういう時(移動する時)が来る、と覚悟はしていたし、他所の会社の人事に口を挟むつもりは無いんだけど、辛いなあ、生きる希望が無くなってしまったよ。他のスタッフも寂しいだろな、ほんと。

実は、今回の移動はマネージャーさんが自ら「アシスタントへの降格」を願い出たようだ。マネージャーよりいくらか自由が利くとのことで、まさか、今の店で降格になるワケにもいかないんだろな。ま、「マネージャー試験に合格している」ことだし、希望すれば復帰も直ぐに認められることだろう。戻ってほしいな (^^♪

それまで生きていられるかなあ・・・、精神的にさ。世を儚んで首を吊るかも・・・。なんて書いていると、たかさんから「だったらアタシがミカン箱を蹴飛ばしてやりまっせ!」とか言われそう。たかさんなら大阪から新幹線代を払ってでも喜んでミカン箱を蹴飛ばしに来るだろな、そういう性格だもんな。じゃ、やめとこ (爆

なんだかんだ言っても、マネージャーさんが幸せな家庭を築けるなら文句はない、むしろ嬉しい話である。移動先の店は多摩地域の中でも立川からは行きにくい場所にあるみたい。あ・・・、逃げられたか<`〜´>

24日まで、いつもどおり通って、マネージャーさんの姿を脳裏に焼き付けておこう。マネージャーさん、長い間いろいろお気遣い頂き、お世話になりました。心から御礼申し上げます。本人には言わないけどね。

posted by poohpapa at 07:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

頭脳明晰な老婦人に出会った

昨日の午後、立川駅北口の(片側3車線で)一番大きな「曙橋」の交差点で出会った老婦人のお話。

私が駅方向に横断しようとして、ふと右を見ると、交差点の中央分離帯に、歩行補助機に掴った老婦人がいる・・・。腰が曲がって痩せていて、歳の頃は90歳くらいと思われた。曙橋の交差点はスクランブル交差点のようになっていて、歩行者向けの信号は全方向一斉に青になるが、まだしばらくは赤なのに、老婦人は駅方向に渡ろうとする。信号待ちしていた大勢の歩行者は、その老婦人を気にして見ていた。

だが、誰も近寄っていかないので私が寄っていって、「大丈夫ですか?、一緒に行きましょう」と声を掛けると、「大丈夫です、車は来ませんから」とハッキリ言う。その老婦人の脚では青信号のうちに向こう側に渡り切るなんてできないことだろう。たぶん半分も渡れないと思う。もし車が来たら私が手を挙げて待ってもらおう、と思ったのだが、「青信号になって、交差点の半分まで渡ったら、もう車は来ませんよ」と言う。

たしかに、駅方向から来る車と駅方向に向かう車は「直進と左折が青」だから、老婦人がゆっくりゆっくり渡っている車道はしばらく車は来ないもの。それは私も知っているが、なんせ歩行者の信号が赤になって車の信号が青になっているのに、いくら理論的に「まだ車は来ない」と解かっていても、怖いものがある。

老婦人は再び私に「大丈夫ですから行ってください」と言う・・・。いくら危なっかしく思っても、老婦人の意向に逆らってまで寄り添っているのは失礼なので離れたが、私が先に渡り切った後も、(何かあれば直ぐに飛んで行けるよう)様子を見ていたら、半分くらい渡った所で私に会釈をする。歩行者向けの青信号は点滅していたから、青信号のうちに渡り切ることは不可能だが、老婦人は「どちら側の歩道で駅方向に行けば(半分まで渡ってしまえば)車が来ないか」よく解かっていて、堂々としていて、余裕さえ感じられた。

ま、反対側の歩道で渡っていたら途中から車が大量に流れてくるのは間違いない。それも解かっている。こんなお年寄りは初めて見た。たいていは車が来ようがバイクが来ようが信号無視する年寄りばかりで。

老婦人、どこに行こうとしていたんだろ・・・。私と同じで銀行だったかも。「どちらまで?」と訊いて、「銀行に・・・」と言われたとして、「私も行くので、ATMまでご一緒します」と言ったら何と言っただろうな (^^♪

悪い冗談はともかく、皆が高齢者や子供に目配り気配りできて、見ず知らずの高齢者に手を貸したり、他人の子供でも悪いことをしていたら遠慮なく叱れる世の中にすることが大切。昔の日本人はそうだった。

posted by poohpapa at 06:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月19日

初めての体験 (^◇^)

私が住む立川市は熾烈な市議選が繰り広げられている(いた)が、それも昨日の20時で終了。その後も拡声器を使ったり声を出さなければ駅頭や街角に立って道行く人に手を振ったり会釈するのはOKらしいのだが、そこまでする候補者はいない。ま、それは当たり前だと思う、逆効果になるから。

昨日も一昨日同様、私が支持する候補者の街頭演説会の応援に行ってきた。18時から20時までで、最初のうちこそ雨は降っていなかったが徐々に傘を差さないと歩けないくらいの雨に。そんな中、私は傘を持っていたのだが、最後まで傘を差さずにミニポスターをかざして、道行く人に「〇〇(フルネーム)です、宜しくお願いします」と頭を下げていた。最後まで傘を差さなかったのは候補者本人と私だけ。

雨が降ってきたのは幸運だったかも。他のスタッフはレインコートを着ていたり傘を差していたりしたけど、傘も差さずに真剣に政策を訴えている姿は多少なりとも通行人の心を打つから、である。これ、候補者がレインコートを着ていたり傘を差していたりしたらアウト。一番マズイのはスタッフが傘を候補者の頭の上に広げて濡れないようにすること。候補者に「雨に濡れても傘を差さないほうがいいよ」と伝えておいた。

候補者本人にそんなことを言っておきながら自分は傘を差す、なんてできないから、私も濡れることに💧

で、2時間ほどの演説会の中で、司会者のご指名で、急遽、私が応援演説をすることになった。そんな経験、したことがないけど、長い人生の中で一度くらい体験しておいても良いかも、と思った。私はマイクを握ってこう話した。「〇〇候補は市議として最も大切な資質を持っています。ハッキリ言って、他の候補者や、ここにいるスタッフの誰も持ち合わせていないであろう資質で、それは・・・、『誠実さ』、であります。市議の資質としてはそれだけあれば充分です。ぜひ〇〇さんを再び市議会に送ってください」、と。

ところが、である。終盤で再び指名を受けた。その時は候補者の母親の応援メッセージの後だったので、「〇〇候補のお母さんに一言だけ申し上げたい。失礼ながら、貴女はいい息子さんをお持ちですね。私がこの歳70歳まで生きてきて、これほど誠実な男に出会ったことはほとんどありません。私たちは、こういう人物こそ市議会に送らなければなりません。皆さん、明日の投票日には是非〇〇候補を宜しくお願いします」と訴えた。候補者のお母さんも本当に謙虚で立派な方であった。この親にしてこの子あり、か。

立川の市議選、定数28に対して立候補者数36・・・、意外と激戦である。4年前は25位で当選していたが、今回はその時より厳しい闘いのようだ。ただ、不思議なことがある。ポスターの掲示板には34枚しか貼られていないのだ。てことは、ポスターを作っていない候補者が二人いる、ということ。後で、撤去されないうちに広報と比較して誰なのか突き止めよう。広報にも載ってなかったりしてね。それは無いか(^^♪

そうそう、司会者が私のことを「地元商店街で長く不動産屋をやっていて、困っている人たちの部屋探しにも親身に対応してくれる不動産屋さんです。部屋探しでお困りの方は是非坂口不動産へ」と言っていて、私からすれば「余計なこと言わないでくれ!」であった。何でそんな情報になっているのやら <`〜´>

褒めてもらっても、私は立川市の生活保護受給者の部屋探しはやらない、と決めているのだから。

posted by poohpapa at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月18日

市議選の応援に行ってきた

今回の立川市議選で、私が支持する候補者の応援に行ってきた。立川駅北口から200mくらいの曙橋交差点のビックカメラ側歩道で演説するのだが、一人でも聴衆が多いほうが良いだろう、と考えたのだ。

4年前の選挙では、「私は貴方には入れない。あなたが嫌だから、でなく、貴方を応援している人が嫌だから。こんな人たちが応援しているようでは支持は出来ません」とハッキリ伝えている。それまでずっと支持していたO氏が引退して、その後を受け継ぐ形で立候補したから、その流れで支持しそうなものだが。私が「こんな人たち」というのは元国立市長の上原公子と弁護士の宇都宮健児

上原公子は建築確認を受けて国立市に建てられた(既に完成して入居も始まっていた)マンションの建設会社「明和地所」に対して景観訴訟を起こし、一審では勝訴したが最高裁では負けている。典型的な左翼思想で、明和地所への損害賠償1400万円は支持者が肩代わりしている。「自分で払えよ」である。

宇都宮健児も、私からすれば「人権派弁護士」ではなく「人権ボケ弁護士」で、「人権」を飯の種にしているだけの弁護士。昨日も、6時から応援に駆け付けていたが、言ってることは市政とは関係ない防衛費の話。「日本の防衛予算をGDPの1%から2%に引き上げるくらいなら、その差額で全ての大学の授業料を無償にできる」などとブチ上げていたが、国が滅びたら大学の授業料が無償になっても意味がない。

人権は「弱者にだけあるもの」でなく、国民すべてに平等にあるもの。私は、基本的人権だけがしっかり護られていれば、そこから先は本人の能力と努力の問題、だと思っている。生活保護行政も同じこと。その部分では若干、私が支持しているY候補と私では考え方に違いがあるし、全ての政策に賛同しているワケではないが、そのY候補、市議として最も大切なモノを持っているから今回から応援することにした。

市議として最も大切なモノ、それは・・・、

誠実さ、である。最近、うちの管理している店舗で「あるトラブル」が起き、その相談に乗っているY氏の様子や経緯を見ていて、その誠実な人柄に、「この人は信用できる」と確信できたから。言っちゃナンだが「たかが市議選」である。適当に列挙して、言ってみただけの公約なんか要らない、誠実であればいい。

で、演説中、他の候補の選挙カーが通ったが、見えているハズだけど無遠慮にスピーカーの音を(ビリが入るくらい)MAXにして通り過ぎた。昔は他の候補の選挙カーとすれ違ったり事務所の前を通る際には「〇〇候補の健闘をお祈りしています」と(心にも無い)激励をしていたものだけど。世知辛くなったもの。

ちなみに、大音量で通り過ぎた選挙カーの候補、当社管理物件の入居者である。選挙公報に並んでいる公約は、どれも「女性が・・・」「女性の・・・」ばかり。以前に「女性の権利や待遇改善のことばかり前面に出さないほうがいいよ」とアドバイスしていたんだけどな。ポスターで見る限り一番美人だけどね (^^♪

posted by poohpapa at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月10日

凄く嬉しかったこと

昨日、仕事を終えて家に帰る途中、ワンちゃんを抱っこした老婦人に挨拶をしたら・・・、

「さっき、うちのK(お孫さん;男児)が、『オジちゃんとタッチしたいよ〜、タッチするんだ!』と言って、ずっと泣いていたんですよ」、と言う・・・。そのオジちゃんとは私のこと。凄く光栄である、ほんと。

家と店の、たった徒歩3分の間に、めちゃくちゃ可愛い男の子と女の子がいる。どちらも来月3歳になるとのこと。女の子のほうは何かの子供タレント発掘コンテストで優勝していて将来が嘱望されていたのだが、ご両親が熟慮の末、芸能界に入れるのを諦めている。まあ、どんなコンテストに出しても優勝することだろう。男の子も、凄く顔立ちが整っていて愛嬌もあるし、私の顔を見ると手を振ってくれて超可愛い。

で、その男の子、昨日、私が仕事を終えて帰宅する途中、家の前で自転車に乗っていて、女の子やそのご家族もいて、私が男の子に話しかけたところで携帯に着信。話しながら家路を急いだのだが、それで「タッチができなかった」と泣いてたみたい。タッチって、ハイタッチのこと??、今までしたことないけど。

でも、ずっと泣いていてくれたのは嬉しい。今度、タッチしてあげよう (^^♪

それにしても、私は子供と高齢者からの受けが良い。中間が抜けている。本音では20代30代の女性からの受けが良かったら最高なんだけど、その年齢層からは見向きもされない。人生が終わった気分だ。

さて、今日も「しなければならないこと」がテンコ盛り。よそ様の可愛いお子さんたちと(今、この時間に、私の布団の上で寝ている)野良のみーちゃんのことを思い浮かべながら今日も頑張ろう (^◇^)

posted by poohpapa at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

40年ぶりに買った紙おしめ

一昨日、ドラッグストアで紙おしめを購入した。子育てしていた頃に買って以来、およそ40年ぶりのことである。私ももう70歳と5ヶ月・・・、ここんとこ頻尿になって「ちょろちょろと漏れる」ことがあるので仕方なく大人用のパンパースを・・・、じゃねえよ <`〜´> (一人ボケ、一人突っ込み、ね)

私がいつも利用させて頂いている特定郵便局の職員Kさんが産休に入っていて、二人目のお子さんが産まれて、1年くらい顔を見ていなかったけど、最近職場に復帰していたので、たまたまその郵便局に行った時に、「出産おめでとう、何かお祝いさせてよ。現金とか、残る物でなく、消耗品のほうがいいと思うので、何がいいか遠慮なく言って」と言うと、「そのお気持ちだけでけっこうです、凄く嬉しいです」とのこと。

まあ、そう仰るだろな、とは思ったけど、それで「ああ、そうですか」と納得して引き下がったら「言ってみただけ」になってしまうから、局長を呼んでもらった。局長に「こちらの郵便局はスタッフの皆さんがみんな感じが良くて、いつも感謝しています。Kさんが産休を明けて復帰してくれたのも凄く嬉しいので何かお祝いさせて頂きたいと思うのですが、局的に、そういうのはマズい、とかありますでしょうか?」と訊くと、満面の笑顔で「そんなことはありません、どうぞ祝ってやってください」とのこと。

局長の了解も頂けたし、周りのスタッフもみんな笑顔で私たちのやりとりを聞いているから、変に誤解されることも無さそうだし、環境は整った、と解釈して、Kさんに「紙おしめなんか使ってる?」と訊くと、「パンパースのМを・・・」との回答。ただし、もしも種類があって違う商品を届けたりしたらいけないので、先ずドラッグストアで商品の写真を撮ってきた。北口のサンドラッグには置いてなくて南口のサンドラッグまで行き、戻って、写真をKさんに見てもらうと、「ああ、これです」とのこと。

「いくつにしようか」と言うと、遠慮して「重いし、一つで十分です」と言う。「一つじゃお祝いとして貧弱だから私がイヤだよ。いくつにする?、私は5つくらいで考えてたんだけど」と迫ると、「じゃあ2つ・・・、すみません」とのこと。「なら、間をとって4つにしようね」と言い残して再び南口へ。それのどこが間だか (^◇^)

それで4つ買うつもりでいたのだが、店でこんな広告が目に入った。パンパースを6000円以上購入して PayPay で支払うと30%ポイント還元されるようだ。4つだと6000円に足りなくて、5つだと6000円を少し超える。それで1800ポイント戻ってきたほうが得である。迷わず5つ購入して直ぐに届けてきた。

ほんと、感覚をすっかり忘れていたけど、重かったわあ (^^♪

自分のことだけ考えていたけど、これ、Kさんが持ち帰るのも大変だろうな。自転車で通勤なさってるから、一袋ずつ五日に分けて持ち帰ることになりそう。でもって一袋58枚入りなので当分は買わずに済むことだろう。お子さんが早く成長してもМサイズなら大丈夫だと思うし、使い切ってくれるに違いない。

で、Kさんに、「お返しは無しだからね、私の気持ちだから気にしないで。もし、どうしても、ということならお願いがあるんだけど、またこの次に私がこちらの郵便局に来たら、いつもと同じ笑顔で迎えてください。それが最高のお返しですから」と伝えた。恰好を付けているワケでなく、それは私の本音

ま、Kさんにはちゃんと伝わることだろう。それより何より、お子さんの健やかな成長を心から望んでいる。

posted by poohpapa at 06:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

凄く嬉しい現物配布 (^^♪

ここんとこ日曜日に、立川駅北口で「モンスター エナジー」(エナジードリンク)や「ボディ メンテ 500ml」の現物を通行人に配布している。もちろん、一人1本なんだけど、私は往復でもらってたりして(セコい

でも、今はまださほど暑くないけど、これが夏だったらアッと言う間に配付完了になるだろな。夏がくる前に味を知っておいてもらおう、ということなんだろな。何人かで配布しているから、さっきの人とは別の人から受け取るべく(用心深く)コース取りしたりしてね。ふだんは鬱陶しいけど、こんな時マスクは有り難い。

コロナ禍だからか、ここんとこポケットティッシュの配布も減っていて寂しく思っていたけど、飲み物の現物配布は嬉しい。まあ、ポケットティッシュなんかは私が前を通ると、馴染みのお兄さんやお姉さんが配っている時なんかは一個でなく、10個20個をドーン!と渡してくれるけどね。それを溜めて、生活保護の(鼻がわるい)高齢婦人にドーン!と届けて喜ばれている。

モンスターは、大リーグの大谷選手が満塁ホームランを打った時の外野席に大きな看板が出ていたな。試しに飲んでみたけど美味しかった。私の前に女子高生の二人組が並んでいて、配布しているお姉さんから「高校生?」と訊かれていて、「はい」と答えたら、「ごめんなさいね、これ、カフェインが入っているので高校生以下の方にはお渡ししないのです」と言われて残念そうに列を離れていた。

可哀想なので、後を追いかけて「良かったら、これ、どうぞ」と渡した・・・りはしなかったけど (^^♪

「ボディ メンテ」は同じ大塚製薬のポカリから糖分を減らした味。甘いの苦手な人には飲みやすいかも。

どちらも、用意した分が無くなり次第終了、とのことで、また日曜日に駅前方面に行って、無料配布をしていたら列に並ぼう。もうね、この歳になると恥も外聞も無くなるし、「先着順、タダ」は大好きだから(爆

これまでにモンスターは4本、ボディ メンテは5本もらったから、今度もらったら、馴染みの伊勢丹のスタッフか、同じく馴染みのティッシュ配りのご婦人かお兄さんに差し上げよう。宅配便のお兄さんでもいいや。


ところで、定休日の私のお楽しみ Jonathan's のモーニング、今日は8時からなんだと。定例の大規模掃除が開店前に入るらしい。昨日ランチに行って、その時は聞いてなかったけど、その時にスタッフのSさんから「こないだ頂いたパイナップルケーキ、美味しかったです。もうない?」と訊かれて、4時に届けてきた際に、別のスタッフから「明日はオープンが8時ですよ」と聞いた。お菓子を届けて良かった♪

いつもなら、ちょうど今頃家を出ている時間だなあ・・・。

posted by poohpapa at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月19日

気が付けば、三日も更新をサボっていて・・・

6時まで店を開けているのがしんどくて、ここんとこ5時過ぎに閉店して帰ることも・・・。

なので、他愛もない話、

一昨日、駅前の銀行に行った時のこと、道行く人にポケットティッシュを配布している人がいて、もちろん通常は1個だが、ごそっと頂いてきた。家でも使うが、鼻の悪い高齢婦人に差し上げるためである。その高齢婦人、いつもバッグにポケットティッシュを入れていて、しょっちゅう鼻をかんでいるから、私からのティッシュの差し入れは助かるみたい。配布している人に理由を話して、お菓子も差し入れしているが。

で、一昨日の午前中、ティッシュを配布している人からこんなことを訊かれた。

「この辺りに時間が判る物、ありませんかねえ?」

スマホのバッテリーが切れて現在時間を知ることができなくて、休憩に入る時間や終了する時間が判らず困っていたらしい。あとは、「何時から何時まで何人に渡そうとして受け取ってくれた人が何人」という報告書を提出しなければならないのだけど、時間が判らないと正確なデータにならなくなってしまうとか。

私が「北口なら、〇〇の前まで移動すると時間が判りますよ」と教えたが、それだと仕事に少し穴が開く。それで、「後で(使っていない)腕時計を届けますね。安物ですが電池を交換したばかりなのでしばらくは動いているでしょう。腕時計は7個も持っているから返さなくていいですよ」と言って、一旦家に戻り、届けてきた。「助かります、明日、必ず返します」と言っていたが、私がその時計を使うことはもう無い。

その時計は一度しか使ったことがない。ペルーに行った時に、もし追い剥ぎに遭っても後悔しないよう安物の腕時計をしていくべく買った時計である。安物だから風防(文字盤の透明な蓋)も強化ガラスでなくプラスチック。それでスマホ画面用の傷防止保護シートを丸く切って貼ってある。今年の初め、電池が切れて止まっているのに気付いて、止まったままにしておくと機械の為に良くないので電池交換したばかり。

元々が「誰か使ってくれる人がいたら差し上げよう」と思っていて、再び役に立ってくれるなら嬉しい。

それにしても、最近は大人のスマホ所有率が100%近くで、スマホで正確な時間が判るから腕時計をしない人が増えたけど、腕時計はしたほうが良いと思う。とくに男性は「どんな時計をしている(していない)か」で人柄を推察されることもある。私自身が腕時計に拘りがあるから、と言えなくも無いけど。

よく「履いている靴を見れば人柄が解かる」と言うけど、腕時計も同じではなかろうか。

で、高齢婦人にティッシュを届けると凄く喜んでくれた。以前にドーン!と届けた分はもう使い切ってしまったとか。まあ、そりゃあそうだろう。うちにある他の在庫も近々届けてあげよう (^^♪

posted by poohpapa at 06:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月12日

立川市民にとっては大きなニュース

高島屋立川店が来年1月に閉店するらしい。

まだ9ヶ月も先の話だが、その時が来れば「アッと言う間」の話だろうな・・・。

いつも、うちのと「お客さんが入ってないね」「このままじゃもたないだろうね」「そのうち店仕舞いするかもね」などと話していて、いよいよその時がくるのか、という思い。これで、立川のデパートは伊勢丹だけになる。ま、どういう契約とか仕組みになっているのか知らないが、ニトリとかジュンク堂書店などの大型のテナントは残るとのこと。以前は大塚家具やユニクロも入っていたけど撤退している・・・。

それぞれののテナント料(賃料)が幾らかは知らないが、もの凄い賃料を取られていたんだろうな。

そもそもJR立川駅北口の再開発前は、駅前が高島屋で、伊勢丹は現在のビックカメラのビルで、当時は(デパートにしては間口が狭くて)入りにくく、ほとんど行ったことがない。今でこそ通い詰めているが(^^♪

再開発で、(駅前にあった)高島屋と、駅から少し離れた伊勢丹が、ほぼ逆になったのだ。

立川駅北口には伊勢丹、高島屋、ビックカメラ、ドンキホーテもあるし、南口にはヤマダ電機もある。北口を出て伊勢丹までは屋根があって雨が降っても濡れることなく行ける。買い物客は駅ビルのルミネやグランデュオ、伊勢丹で用を済ませて、奥にある高島屋まではなかなか行かない。立地の差は大きい。

ドンキは高島屋より場所が良くないけど、みんな「安ければどこまででも行く」客層だから安泰。

私は「商売は場所が8割」と思っていて、さほど美味しくないラーメン屋でも場所さえ良ければ繁盛するし、けっこう美味しいラーメン屋でも場所が悪ければ繁盛しない。賃料の差は(逆に)そのまま収益の差になる。ただし、テーブルと椅子がいくつあって、常にフルに客がいて何十分で回転するかを計算して、賃料や人件費や仕入れ等の経費を差し引いて、最大でいくらの収益が見込めるか、の問題ではあるけど。薄利多売になって「忙しいだけでトントンくらい」にしかならないならやらないほうが良い。以前に、駅ビルに有名な美容院が進出しようとしたけど、駅ビル側に ↑ のような計算をされて断られたことがあるとか。

実は数年前に高島屋立川店の総支配人(店長)のYさんとお話しさせて頂いたことがある。率直に「今の店舗は場所が悪いから、どうしても客足が伸びないので、恒常的に客が呼べるよう、定期的に物産展を開くのでなく、全国の都道府県のアンテナショップを一堂に集めて、ワンフロア全部をアンテナショップにしてはどうでしょう」と提案したことがある。それでかどうかは不明だが、後に、そういう催事が開かれた。

立川店ではコロナの前から、伊勢丹では常に大混雑の北海道展や京都展なども開かなくなっていたな。

まあ、場所の良い伊勢丹に対抗するためには、何か特色を出さないと、ね。うん、高島屋の店長になった気分だわ (爆

高島屋の後にどんな大型店舗が来るんだろな・・・。楽しみではあるけど、立川市民の特性として、新しい店に最初は行列を作るけど直ぐに飽きて行かなくなって店が撤退するから、あの場所だと難しいかもな。

来年の1月、立川の歴史ある灯が一つ消える・・・。

posted by poohpapa at 06:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月28日

立川駅南口のグランデュオでの催事

ここに、(一社)森と暮らす東京さんが「多摩マルシェ」(29日の火曜日まで開催)に出店していて、「握ってくまさん」というヒノキで出来たグッズを購入してきた。3日ほど前に行って握らせてもらって、その柔らかな触感とヒノキの臭いに魅了され、うちのが「気になるなら買わないと後悔するよ」と背中を押してくれたので購入。でないと買えないくらいの値段、2860円(税込み)

Facebook の「森と暮らす」3月23日のページの4枚目の写真の一番下の中央(逆さまになってる4個)が「握ってくまさん」。伊勢丹に持って行って馴染みのスタッフに見せたら、「こういうのって高いんですよね、3千円くらいかな」とのこと、惜しい!、ニアピン賞。何人かに握ってもらい、「Aさんの手の脂が付いたから価値が下がって千円くらいになったよね」と、自分で握らせておいて嫌味を言ったりして (^^♪

これもストレスリリーサー的な働きをしてくれるんじゃないかな。以前に、似たようなもので、奈良で購入した同じく木製の「にぎり仏」は、癌で闘病中のファミレスのスタッフに差し上げたから、その代わり。

木の「どこの部分」を使うかで木目の模様が変わってくるから選ばせて頂いた。これは私の宝物にしよう。

posted by poohpapa at 09:24| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月06日

そんな言い方アリ? (^◇^)

うちのと、(何人かのお気に入りのスタッフがいる)いつものファミレスにランチに行った。

これは3〜4ヶ月前の出来事なのだが・・・、

そのうちの一人が、我々のテーブルまで来て挨拶してくれて・・・、こんなことを言う。

            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓

「男ができました」

おい!、普通は、せめて「彼氏ができました」だろ!?、なんちゅう下衆な表現だ <`〜´>

椅子から転げ落ちそうになったほどの衝撃だった。ふだんは非常に上品で清楚な美人なんだから、そんな言葉は似合わない。前の彼氏とは半年ほど前に別れたのは知っている。その後は男日照りが続いていたようだから、よほど嬉しかったのと、相手が我々で気が緩んだのだろう。

「どこで知り合ったの?、合コン?」と訊くと、「友だちの紹介です、実は高校時代の同級生です」とのこと。高校時代には存在は知っていても意識はしていなかったとか。ま、そういうことはよくある話。


で、1週間ほど前にランチに行くと、我々のテーブルまで料理を運んできて、一言。

「同棲を始めました」だと。「おい、こないだ付き合い始めたばかりじゃねえか!」と叱ると、「えへへ」と笑う。しっかりはしているけど、いつも側にいてくれる男性の支えが必要なタイプなんだろな。

実のところ、うちのも私も「結婚前に同棲するのは良いこと」だと思っている。ま、そこに至るまでの期間が短かすぎるんじゃないか、と思っただけのことで、男女の間でも「お試し期間」はあったほうが良い。その間に「何かが違う」と思えば解消すればいいし、入籍前に判ればそれに越したことは無い。

「てことは、もう結婚を前提に付き合っている、ってことね」と訊くと、「はい」と素直な返事 (^^♪

そう言えば、うちの「お試し期間」は長かったような・・・。5年くらいか、最低でも3年、それ以上の「お試し期間」があったのは間違いない。我ながら(その間に)よく別れなかったなあ、とは思う。

たぶん、半年もしないうちに「結婚することになりました」と報告されるだろう。嫌味でも僻みでもなく、幸せになってくれたらいいな、と願っている (合掌;おい)

posted by poohpapa at 06:57| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする