2017年12月05日

これでも「お腹いっぱい食べさせてあげたい」と思うのか ( `ー´)ノ

11月30日に、私は「デヴィ夫人のメルマガ・・・、今回は不同意」という記事を書いているが、

漂着船避難の松前小島:家電など窃盗被害 船で一部確認

デヴィ夫人、これでも「可哀想な人たち・・・、お腹いっぱい食べさせてあげたい」と思うのだろうか。

或る意味、対馬で仏像を盗んで返還しないのよりもっと倫理に悖る、と思われる。羅針盤も GPS も無くても、漂着したのが日本だということは判っていただろうし、これから本国に帰るためには日本政府の力を借りなければならないのに、盗み取ってもバレない、と思っている神経が解からない。

灯台にある備品を根こそぎ盗んでいるワケで立派な組織的窃盗団だから、国外強制退去で航空運賃を税金で負担して北朝鮮に帰すのでなく、日本の法律で裁いて刑務所に放り込んでもらいたいもの。ただし、北朝鮮の暮らしより日本の刑務所のほうが快適だろうから刑罰にも何もならないとは思うけど。

それにしても、舵も無くエンジンも壊れている船にそんなに盗品を積み込んで、どうやって北朝鮮に帰るつもりだったのか。海流や風向きを考えたら、漂流したなら北朝鮮から遠くなるばかりだろうに。

古い漫画で「泥棒が唐草模様の風呂敷に目いっぱい詰め込んで背負い、(一度下ろして向きを変えればいいのに)荷物が引っ掛かって玄関から出られなくなっているうちに御用になる」なんてのがあったけど、そんな感じ。海外でだと「換気口から盗みに入ろうとして挟まってしまった泥棒」か (^◇^)

デヴィ夫人、あの方は物事を深く考えず「思い付き」でモノを言う人で、常に言いっ放し。後で明らかに間違いと判っても謝罪も修正もしない。今回の件でも、「あんなふうに協力者を募ってしまいましたが私の間違いでした、お騒がせしました」とは絶対に言わないと思う。言わないどころか、これでもまだ(それはそれ、と主張して)「可哀想な人たち・・・、お腹いっぱい食べさせてあげたい」と言い続けるだろう。

そこまで手が回らないだろうけど、日本は沿岸の警備を強化しなければならない。今後さらに北朝鮮からの漂着船は増え続けるだろう。上陸してから窃盗や強盗、凶悪犯罪を引き起こす可能性は高いと思う。言葉も通じないし日本の通貨も持っていないのだから生き延びるためには盗むか奪い取るしかない。

遺体で見つかっても生きていられても、どっちにしても日本にとっては大変な迷惑でしかない。それでも、こいつらが生きて北朝鮮に帰ればきっと英雄扱いされるんだろうな・・・。

北朝鮮が核やミサイルの実験に国家予算の多くを注ぎ込んで国民が飢えていることを上層部が無視すれば、そういう脅威とは別の意味での脅威が生まれる。こいつら日本でなく韓国に漂着してほしいものだ。欲しいものがあれば、どれだけでも好きに持って行ってかまわないから。



 ここんとこ自律神経失調症が強く出ていますので、コメントの返信、お時間を頂くかもです、すみません。記事は書いていますが、その・・・、(自分の言いたいことだけ連ねる)記事を書くほうが楽なので 💧

posted by poohpapa at 04:59| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

昨日は久しぶりに凄く気持ちのいい案内をさせて頂いた一日

実のところ、「いい案内」をさせて頂くためにはいろんな要素が必要になる。

お客様の希望条件を満たしている物件の確保、それも最低でも3件は必要。案内した際に、広告図面と内容が相違していないか、図面では伝わっていなかったデメリットは無いか、それらを管理している業者が良心的であるかどうか、部屋そのものは良くても環境などにマイナス要素が無いか、などなど、行ってみなければ分からないにしても、気持ち良く案内させて頂くためにはどれも大切な要素である。

それらより何より、一番大切なのは・・・、私とお客様の相性、なんだと思う。どんなに良い物件が見つかって申し込みを頂いて手数料収入になったとしても、おカネには代えられないモノもある。お客様との相性が良ければ満足感はまるで違ってくる。稀に、申込みは頂けても案内が苦痛になる時もあるのだ。プロなんだからそんなことは考えずに仕事すればいいものだろうけど、ストレスは無いほうが良い。

で、昨日のお客様、まだ決定には至っていないし、これからもご案内させて頂くことになると思うが、とにかく気持ちのいい案内をさせて頂いて、むしろストレスを発散させて頂いたくらい。長い付き合いなので阿吽の呼吸で意思の疎通が図れるし、根底に信頼関係があるから滅茶苦茶な冗談も言える。

私のほうで用意していた物件で「冷蔵庫の置き場所が無い」という図面から伝わってこない欠点が見つかり、他の内容は申し分なかったがパス。せっかくご足労を頂いたので近隣の業者さんを一緒に回ることにした。その中で、私がこの業界に入った頃からお付き合いがあるM社に伺ったのだが・・・、

私に賃貸業のイロハを教えてくれた先代の社長はお亡くなりになっていて、経営者は別の人になっているが、当時よりお店自体の雰囲気は更に良くなっているように思えた。と言うのも、同業者である私が連れて行っているのに、そのお客様に他社の物件を「資料の下の会社名を自社に変更してコピー」したりせず、そのまま見せる。それには驚いた。私はM社直の管理物件を紹介して頂くつもりで伺ったので、「手数料、どうするつもりなんだろ??」と気になって、「他社さんの物件を紹介してもらってもいいの?」と訊くと、担当の女性スタッフ、逆に「折半でもいいですよね?」と私に言う・・・。もちろんOK。

今時、仲介料100%でも満足せず「ADは付いてこないのか」と訊く業者は多いが、「折半でいい」という業者は珍しい。しかも、私に資料を渡して「後はそちらで案内してください」ではなく、車を出して案内までしてくださった。途中、管理会社に鍵を預かりに行ったりして・・・。

3件案内して頂き、2件目は鍵が合わず「見られず仕舞い」というハプニングもあったが、それはそれとして業者の内情が垣間見られて面白かった。その担当者さん、まさに、女 poohpapa である (^◇^)

伺えば、ご実家は気仙沼で岩手の一関市には親戚もいらっしゃるとか。「うちの家内の実家が一関市で、本家が気仙沼なんですよ」と言うと驚いていた。それもご縁であろう。

最後に見せて頂いたM社の管理物件が一番良かったが、お客様にはゆっくり検討して頂くことにした。何と言っても部屋探しの初日である。とくに急ぐ、ということもないので時間を掛けて探したい。お客様もM社を気に入ってくださって、「安心できるし、できればあちらの会社の管理物件に住みたいですね」と仰っていて、私も同感。今日にでもM社に電話して、今後もご協力を頂けるようお願いしておこう。

で、昨日はお客様にランチをご馳走になってしまった。「私が払う」「いいえ私が」という言い争いの後、お任せすることにした。相手は34歳の女性・・・、よほどの事情が無い限り「女にメシを奢らせる」なんてことはしないのだが・・・、まあ、次回は私が奢らせて頂くことにしよう。

そのお客様、案内で使用するスリッパまで用意してくださっていて、「これ、洗えるし、旅行に持って行くといいですよ」とのことで、それも遠慮なく頂戴して帰った。私が旅行好きなのもご存知なのだ。

しばらくご無沙汰していたが、M社が「変わらず信頼できる業者さん」だと再認識できたことも嬉しかった。お陰でとてもいい一日になった。 よし、今日も一日頑張ろう (*^_^*)

posted by poohpapa at 06:00| Comment(4) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

三度(みたび)店の前でポケモンgo!

一昨日のこと、

出先から店に帰ると、店の前と隣の駐車場、さらに隣の小料理屋、反対側の隣りのネイルサロンの前、道路の向かい側のパン屋の前などに20人くらいの男女がスマホと睨めっこして画面を叩いている。

年齢層は幅広い。20代から50代くらいまでで、平日の昼間に仕事もせず何やってることやら・・・。

うちの店の真ん前、ドアの前にも30代と思しき女が自転車に乗ってスマホ画面を叩いていて、私が帰ってきても知らん顔。それどころか、銀行に行こうとして店のドアを開けたら女から睨まれた・・・。まるで「気が散るじゃない、いきなり出てこないでよ!」とでも言いたげに・・・。

近所の交番に行って「迷惑だからやめるよう言ってくれないか」と頼んだら、若い警察官が直ぐに動いてくれた。そういうのは私から言ったのでは動かないものだろう。そういう時は警察に依頼するに限る。しばらくして戻ったら皆いなくなっていたのでホッとした。

しかも、その若い警察官、そのまま歩道を真っ直ぐ進めばうちの店なのに、わざわざ向かい側に渡って通りの向かい側で興じている人たちから順に注意してくれたようだ。ま、ミエミエなんだけど、誰がクレームを申し立てたか気付かれないよう配慮してくれたと思われる。若いのになかなか気が利いている。

それにしても、これで3度目である。交番の年配のお巡りさんが「あれは集団でやると高得点に繋がるようになってるんだってね。だからファンがいっぱい集まってくるらしいよ」と言うので、「よくご存知で」と言ったら、「うちの娘もやってるから、どんなものか話だけは聞いてるんですよ」と笑う。

いろいろあって立川警察は嫌いだが、今回は良い働きをしてくれて感謝 (^◇^)

「めでたし、めでたし!」

とはいかなかった ( `ー´)ノ

昨日、出先から戻ると、またいたのだ。一昨日とは違う面々だとは思うけど。一日中ずっと店の前に立たれるワケではないが、こんなの、いったいいつまで続くんだろう。

前を通る時、私はコイツらの馬鹿面を一人ずつ見ながら通り過ぎることにしている。10代20代なら仕方ないとも思うが、60近いオヤジもいる。それ、「パチンコの台がスマホに代わっただけ」だったりして。

posted by poohpapa at 05:22| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

これはモンゴル会の集まりか!?

森喜朗氏から穀田恵二氏まで!? 辻元清美氏のパーティーに与野党大物が続々

なんで自民党議員が、「売国奴で政敵である辻元清美のパーティーに参加するのか」、が解からない。

なるほど・・・、国会審議なんて所詮「馴れ合いだった」ってことね。本来なら、追い込んで辞職させるべき辻元清美のパーティーに参加してヨイショする・・・。ここに集まった面々は元々が国益や国民のことなんか全く考えたことが無く、節操など持ち合わせていない連中なんだろう ( `ー´)ノ

相撲で言えば、辻元清美は「立ち合いから直ぐ相手力士の顔面に何発も張り手をかまし、相手の髷を掴むなどの反則行為を繰り返す卑怯な力士」であって、どうやらこの様子だと八百長もあったと思われる。与党議員が野党議員と個人的に親しいのは全くかまわないが、パーティーには「誘われても行かない」のが当たり前。

部屋が違えば土俵上で真剣勝負をしなければならないのに土俵を降りたら私的会合で共に飲食する・・・。故郷を遠く離れて勝負の世界で生きている同胞同士だから「モンゴル会」が自然発生的に生まれるのは当然とも言えるが、「もしかすると、そういうのが八百長の温床になっているかも」と思われても仕方ないだろう。

政治の世界も同じではないか。

八百長・・・、絶対にダメ、などと私は思っていないのだが、表に出してしまうのはねえ・・・。

河野洋平なんか、それこそ、カラオケのリモコンで殴りたくなってくる。

posted by poohpapa at 05:30| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

なんでもカネにしようとする意地汚い国民性

文春オンラインの記事、

韓国“慰安婦像ビジネス”の実態を暴く

売春婦でも何でも「恥も外聞もなくカネになりそうなネタには必ず我先に飛びつく」卑しい国民性・・・。

そんなのが45万人以上も日本に住みついて大企業や政府の中枢にまで浸透している・・・。過半数に達しなくても(声が大きいし日本の左翼を巻き込んで)数%で企業や官庁を牛耳ることができるから怖い。

「日本から貰えるものは貰わな損」とばかりに受給している生活保護は何%になっているんだろ・・・。

日本人も情けないが、韓国の国民性は1000年経っても全く変わらないだろうな・・・。



ところで、数日前から自律神経失調症の症状が強く出ていて昨日がピーク。夕飯抜きで6時半に就寝、今朝は5時前に起きた。空き部屋がなかなか決まらないのが一番キツイ。あと、家賃の立替えも(涙

携帯電話も店に置き忘れてきた。夜中に必ずトイレに起きる際の懐中電灯代わりにしていたが昨晩は手探り。ノルンを踏んづけたりしないかだけ注意していた。私には懐いてなくてもノルンだけが癒し 💧





posted by poohpapa at 05:21| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

マスコミの掌の返し方がヒドイ

好き嫌いは別にして、小池百合子東京都知事と希望の党に対する報道姿勢もそうだったけど、日馬富士の暴行事件でも、二転三転するマスコミの報道姿勢の在り方は如何なものか、と思ってしまう。あれだけ日馬富士を叩いていて、いざ日馬富士が引退するとなったら「可哀想」に転じている。日馬富士を引退に追い込んだのは横綱審議会でも理事会でもなく、他でもないマスコミじゃないのか。

貴ノ岩はモンゴル会の席で横綱が話している時にスマホをいじっていたとのことで、それはマナー違反だし、上下関係に厳しい相撲界では考えられないほど失礼な話。程度の問題ではあるが、殴られても仕方ない。

これからマスコミは(他の話題が出るまで)貴乃花親方を批判していくんだろうな。

ずーーーーーーっと立ち位置を引いて私自身を俯瞰して見てみると、私は不動産業界(協会や立川支部)の中では貴乃花親方と「やってることや立ち位置」がダブるように思える。例えば、私が貴乃花親方だとすると、伊勢ケ浜親方はあの人で・・・、うん、注意しなければ (*´з`)


posted by poohpapa at 09:00| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デヴィ夫人のメルマガ・・・、今回は不同意

読者の皆さまごきげんよう

今日のテーマは
『北朝鮮からの漂着船、その背景にあるものは。。』


今月23日、
秋田県由利本荘市にあるマリーナに、

北朝鮮から朽ち果てた木造船が漂着し、
8人が保護されるという事件がありました。


その後25日、26日にも
新潟県佐渡市北片辺の海岸で、

木造船の木辺と男性と見られる遺体が
見つかっています。


26日秋田県男鹿市の海岸に
漂着した木造船からは、
複数の遺体が見つかったとか。


相次ぐ北朝鮮からの漂着船。
いったいどうした訳でしょうか。

亡命とも捉えられますが、
どうやらその背景には別の事情も
見えて来ているようです。 


秋田に漂着した漁船は、
全長約20メートルのイカ釣り漁船。

船長をはじめ8人全員が命に別状なく
亡命や脱北者ではないとして
早期帰国を希望しているのだそうです。

漂着した経緯については、
仙台入国管理局などが事情聴取を
行っているようですが、

漁船は約1か月にわたって漂流していたよう。


あんな小さな古い木造船では、
大海原でシケにあったら
ひとたまりもなさそうですが。


15日にも男鹿半島から西約400キロに位置する
「大和堆」の排他的経済水域(EEZ)外側で

転覆した小型木造船が見つかって
海上保安庁の巡視船が、
船上にいた北朝鮮人3人を保護し、

海上で北朝鮮漁船に引き渡すという
ことがあったばかり。


なぜ、頻繁に日本海沿岸で
北朝鮮の船が来るのでしょうか。


北朝鮮の海域は中国に売ってしまったため、
自国の近海で漁が出来なくなったため、

EEZにある日本海の好漁場である大和堆に
北朝鮮の漁船が大挙して違法操業している
という現実があるのです。


この近辺で船が故障すれば
風向きによって新潟辺りに流され、
漂着船となって日本に流れ着くのでしょう。


今回のように無事に生還できればよいですが、

耐えられなかった船では難破したうえ
亡くなって日本の海岸に
漂着した方も多いのです。


海上保安庁によると、
北朝鮮からの漂着船に生存者が
確認されたのは平成27年1月以来で、

船の漂流、漂着は、
今年に入って22日現在43件。

過去には、25年80件、26年65件、
27年45件、28年66件と推移しているのです。


北朝鮮メディアは、

「漁は戦闘」「漁場は戦場」「漁師は戦士」

と呼んで、漁に出て死ねば、
殉職扱いになるのだとか。


そうした背景から、
今後経済制裁が強まれば密漁が増え、

海が荒れれば命をさらし、
漂流が増える恐れがあると思われます。


北朝鮮のその日暮らしの貧しい漁師たち、

朽ち果てた木造船で
その日の糧を得る為に命を危険にさらし
冷たい日本海で漁を続ける。


運よく生存したまま保護された、
この可哀相な漁師達を、

何とか日本で暮らさせて
あげる方法はないものでしょうか?! 


北朝鮮に送り帰さず、日本に是非
留まらせてあげたい。


日本にいる北朝鮮の方々で
スポンサーとなって、この方達を
救ってあげることの出来る人はいませんか?


あちらに帰したら殺害されかねない
恐怖が残るのは私だけでしょうか。


私と協力してこの人達を救ってあげたいと
思う方はいませんか。

日本政府に是非お願いしたい!!


お腹いっぱいお食事を与えてあげたい
気持ちでいっぱいです。


先日軍事境界線を越え、
命をかけて脱出した兵士が
韓国側に保護されたばかりです。



たまに「いいこと」も言うんだけど、今回は「能天気に、何トチ狂ってんだろ!?」って感じ。この人、北朝鮮に関しては常に公正さを欠いた「北朝鮮寄り」(北朝鮮に同情的な)意見を述べている。

デヴィ夫人がどうしてもお腹いっぱい食事させてあげたければ自費ですればいい。仲間を募らなくても、そのくらいのカネは持っているだろうし、日本政府にお願いするのではなく朝鮮総連に言えばいいだけのこと。日本がしなければならない筋合いも義務も無い。

Wikipedia によれば、

2017年6月末現在、日本における「特別永住者」の合計は484,627人、そのうち韓国籍は452,953人、朝鮮籍は31,674人、しばしば「在日」と略称される韓国・朝鮮籍の特別永住者は330,537人。

となっている。デヴィ夫人が朝鮮籍の 31,674 人と漂着者全員に千円のランチをお代わりさせて腹いっぱい食べさせても6400万くらい。普段の贅沢ぶりから、それくらいのカネは持っていることだろう。

だいいち、漁師なのか工作員なのかも判らないし拉致被害者も返してもらっていない。漂流者を手厚くもてなして本国に帰したところで感謝されることも無いしミサイル発射を思い止まることも無い。

北朝鮮で太っているのが金正恩一人だけで、あの豚の餌代を切り詰めれば国民の数百万人が飢えから救われそうなくらい。見るからに成人病予備軍で、暗殺されるより先に贅沢病で死にそうに思える。

ところで、そのうちミサイルが計算違いで日本本土に堕ちる可能性もあるが、日本国民に多くの犠牲者が出たなら日本は反撃するのだろうか・・・。まさか「誠に遺憾」だけで済ませたり、制裁強化しかできない、なんてことは無いだろうな、と訊きたい。「間違いだった」では済まされないのだから。それで済むならどんな先制攻撃も、やるだけやっておいて「間違いが起きただけ」で逃げられることになる。

日本政府は、「たとえ誤射であれ日本にミサイルが落ちたなら先制攻撃とみなして応戦する」くらいの宣言はしておいたほうが良いのでは。北朝鮮は舐めてかかって問題にしないと思うけど、少なくともアメリカとはそういう意思確認をして国際社会に広く知らしめておいたほうが良いだろう。中露韓以外は納得すると思う。

ま、朝日新聞が「一発だったら誤射かも知れない」なんて書いているし、民進党が今も政権を持っていたなら「誠に遺憾」だけで終わらせるだろうけど。今こそ国民は「憲法9条は守り札にもならない」と知るべしである。



posted by poohpapa at 06:09| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

寝坊をしました・・・、ま、定休日なのでかまいませんが

なので、手抜き記事を (^◇^)

と言っても、素晴らしいサイトのご紹介。メジャーなサイトなのでご存知の方は多いと思いますが、

鈴木傾城氏が開設している「 darkness-tiga 」というブログ。どの記事も丁寧に掘り下げて公正な視点と価値観で書かれていて、私なんかはいつも「凄いなあ・・・、この人」と(失礼ながら)感心しています。記事を読む度に、「なるほど・・・、たしかに」とか「うん、あるある」と思わされています。まあ、言うなれば「己の知識の浅さを他人様のブログで補填させて頂いている」ワケで・・・(おい)

遡っていろんな記事を読まれることをお勧めしたいのですが、まずは最近記事「日本は無抵抗のままサンドバッグのように殴られ続けている」を是非お読み頂きたいですね。

今の日本、そして将来の日本が「どういう立場」に置かれることになるのかよく解かることでしょう。本当はこういう人にこそ政治家になって頂きたいものだけど、聡明な人は政治家にはならないでしょうね。

posted by poohpapa at 07:27| Comment(2) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

POLAの対応のほうがマズイ、と思える

化粧品メーカーのPOLAの販売店が「中国人出入り禁止」の貼紙をしていた店舗に対して営業停止の処分をしたことで、その対応の早さに中国では賛辞の声が上がっている、とのことだが・・・、

私からすると「なんで?」である。

ポーラが中国人出入り禁止の張り紙した理由は?営業停止店舗はどこ?

最後まで読んでいくと・・・、その販売店は愛知県半田市の小さな店・・・。親友のご実家も半田市でPOLAの販売店だったと思うが、ご両親が亡くなられたので今はもう営業してないだろうけど。


古い商店街にある高齢者の婆さんがやってるような化粧品店に
中国人観光客がやってくる
婆さんはオロオロしてうろたえるのみ
そうしているうちに観光客の一人が万引きをする
婆さんは気づかない
万引きをSNSに投稿
婆さんの店には中国人観光客が毎日訪れ万引きを繰り返す
婆さんは中国人観光客お断りの張り紙を出す
中国人観光客はSNSにアップ、案の定社会問題化
慌てたポーラは婆さんの店に圧力

引用:http://itest.5ch.net/public/newapi/client.php?subdomain=asahi&board=newsplus&dat=1511620747



当然に、余程のことが無い限りこんな貼紙はしないもの。記事に「差別」とあるが、はたしてそうだろうか。私には「区別」と思える。何の根拠もなく「ただ中国人が嫌いだから」としてこんな貼紙をしたのなら差別だが、やむにやまれぬ事情があったなら仕方ないだろう。私は「絶対にいけない」とは思わない。ただし方法や手順が間違っていたと思う。先ずPOLAの本社に相談すべきだったのではないか。

この件で、POLAは店側の言い分も聴いたのであろうか。単に中国で、あるいは中国人の不買運動を恐れて営業停止にしただけではないか。販売店が、記事にあるように老婦人がやっている店だとすると、こういう問題は直ぐにSNSで広まって社会問題化する、などと知らなかったと思われる。

中国人は「POLAが素早い対応をしたことで赦してやる」のでなく「こんな貼紙をされることを恥じ入る」のが当たり前で、「どうだ、中国を怒らせると困るのは日本だろ!?」と蔑んで喜んでいる場合ではない。

私も本音では「中国人+αの来店お断り」と貼紙をしたいくらいだが、こうなるのは判っているから自重している。その代わりというのではないが、「台湾人のお客様からは仲介料を頂きません」「トルコ人のお客様からは仲介料を頂きません」と、それぞれ母国語で貼紙している。そのせいか中国人は来ない。

もう一つ、「立川市と武蔵村山市の生活保護受給者の部屋探しはしません」とも貼り出している。こちらの件は「社会問題になってくれれば事実を明るみに出せる(公に出来る)から有り難い」くらいに思っている。そうなったら困るのは私でなく立川市と武蔵村山市の生活福祉課なんだから。

なので、この販売店の気持ちはよく解かる。POLAは販売店から丁寧に事情を聴いたうえで指導をすれば良かっただけのこと。営業停止にしても影響がない小さな販売店だから営業停止にしたんだろう。

私はうちのに「POLAの化粧品なんか買うなよ」と言っている。もともと使ってないけど (^◇^)

posted by poohpapa at 07:01| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

不動産業者の視点で見ると気になること

座間市のアパートで女性8人と男性一人が殺害された猟奇事件、一般の人はテレビのワイドショーなんかでこのニュースを視て「可哀想・・・」「ご遺族は悲しいだろうな・・・」と先ず思うものだろうが、長くこの仕事をしていると、そういうことは頭に浮かばず「家主さん、たいへんだろうな・・・」「入居者はみんな出ていってしまうだろうな・・・」「もう取り壊すしかなくなるだろうな・・・」「売るとしても二束三文だろうな・・・」などと、被害者やご遺族には申し訳ないが、そんなことを真っ先に考えてしまう。

どこの業者も、孤独死で発見が遅れて事故扱いになったり、入居者が事件を起こして逮捕されたり、なんてことを一度や二度は必ず経験するもので、今のところは自殺や殺人事件は無いが、いつ起きても、いや巻き込まれても不思議はない。「うちの管理物件だけは大丈夫」などと誰が言えるだろうか。

以前に国立市のラブホテルで複数の会社経営者が自殺した事件が起きて、その際も先ずそんなことを考えた。あの時は、取り壊すしかなくなったホテル側が遺族に損害賠償訴訟を起こして勝訴している。

で、こんな記事があった。

「座間9遺体事件」のアパート、今後の資産価値は? 不可解な2つの事実と、事故物件をめぐる不動産事情

座間の事件のアパートに関して、素人の人にも解かりやすく、よく調べて丁寧に書いてくれている。記事の中で書かれている内容は私も納得。とくに、このアパートだけでなく近隣の相場も下げてしまう、というくだりはそのとおりで、無関係な近隣住民からすると「とばっちり」もいいところ。来年以降の固定資産税の算定基準が変わっても長い目で見たなら追いつかないことだろう。

それで、ふと考えた。こういうのは対岸の火事ではない、ということ。家主だけでなく管理会社も巻き込まれて、管理会社が損害賠償訴訟を起こされるケースが無いとも言えない。宅建協会がデータを集めたり詳しい対応例をまとめて会員業者や家主に紹介できるよう備えを怠らないようにすべきだと思う。もちろん、成功例より失敗例のほうが大事で有効。

以前も似たような案件で立川支部に提案させてもらったが、全く動いてくれていない。不思議な組織である。自分たちだっていつ直面するか判らないのに、全く危機感が無い。会員業者が350社もいれば、全部が賃貸管理をしているワケではなくとも、年間に何件かは会員業者の間で事件や事故は起きていると思う。自社で優秀な顧問弁護士を雇っていて問題なく処理できる業者ばかりではないだろう。

どんなに注意していても事件事故は避けられないもの。起きてしまった時の初期対応や事後処理が適切に行われれば(自社だけで判断して行動するより)少しでも家主と管理会社の被害や損害を押さえることができる。同じアパートに住んでいる人たちへのフォローも、より的確にできるものだろう。そういう悩みやトラブルを共有して仲間内同士で助け合えるシステムは今後益々必要になってくると思う。

posted by poohpapa at 05:54| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする