2017年05月19日

一足先に同級生が66歳に (とくに期限が決まっていないことの幸せ)

中学高校時代の同級生が一昨日、私より7ヶ月早く66歳の誕生日を迎えた。当たり前の話だが、今66歳てことは4年後には70歳の大台に乗る。還暦を過ぎてからというもの、坂道を転げ落ちるように、いや、北朝鮮のミサイルが高度2000km から落ちてくるように月日が過ぎ去っていく・・・。

毎年、お祝いの電話やメールをしていて、ここんとこはしばらくメールでの誕生祝だったが、一昨日の水曜日、ちょうど定休日だったし、久しぶりに声を聴きたくなって電話して1時間も話していた。

中学の同窓会、昨年は参加したが今年は出ていない。今年が中学卒業50周年の記念同窓会ということで、例年より参加者が多かったみたいだが、いろいろあって、私は出ないで正解だったことだろう。

このくらいの歳になって、380人もいれば、1年しか経っていなくても何人かの訃報が入るもの。同窓会はいつも黙祷から始まるらしい。亡くならないまでも、昨年の同窓会では元気な様子で思い出話に花を咲かせていた同級生が二人も癌になっていて、あちこち転移して手が付けられない状態だとか・・・。

私も、今は命に関わる重篤な病気を持っていないが、それでも、今日交通事故に遭って死なないとも限らない。だが、病気で命の期限を切られている人と、いつ死ぬか決まっていない人とでは天国と地獄の差があるだろう。普通に生きていたら体験できないようなことまでいろいろ体験させてもらって個人的には「いつ死んでも悔いは無い、幸せで楽しい人生だった」と思っていても、実際に命の期限を切られたら狼狽えることだろう。思い残すことが全く無いワケではないのだし・・・。

どんなにカネを持っていても、どんなポストに就いていても、病気は避けられない。正直、綺麗事でなく命がカネで買える部分もある、と認識しているが、それはどういう先進医療が受けられるかの話。あとは・・・、費用を気にせず世界的な名医の治療が受けられたり、人様の臓器を買えることかな。

うちのがいつも「行きたい所があれば元気なうちに行っておいたほうがいいよ」と言ってくれているが、本当にそうだと思う。昨年、帰国した直後は「来年も再びペルーでいいや」くらいに思っていたが、もうしんどい。だいいち、自分だけが贅沢しているワケにもいかないもの。まあね、うちのからすれば「ノルンとの時間を邪魔されたくないから何十万使われても出掛けてくれたほうが有り難い」ということなんだろうけど、もし海外に一度も行っていなければトータルで1千万くらいは貯金できていたかも。いや、他で使ってしまっていたか (^◇^)

体が動かなくなって、以降の海外旅行を断念したなら、「今までさんざん行ったからもういいや」と思えるかと言ったらそんなことはない、きっと凄く寂しく思うことだろう。人間なんて、「その時」が来れば欲が出るもの。

それはさておき、健康は大切だと思う。ここんとこ、入居者さんも何人か入院なさっていたり、家主さんもご病気になったりしていて、いつ「明日は我が身」になるか知れない・・・。そういう歳なのだ。

腎臓は片方ダメになっているけど海外旅行に出掛けられないほどではない。命に関わるような病気に罹ってもいないのだから、友だちに恵まれていることと併せて、私は同級生の中では強運と思える。

分かり切ったことを改めて言う。健康は(カネより愛より地位より)何より大切である。

posted by poohpapa at 05:28| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

両親に感謝したくなるパラパラ漫画 + 2

いつもの、「 grape - 『心』に響く動画メディア」さんの記事から、

鉄拳さんのパラパラ漫画、先ず父親編、

認知症になった父が、ある日発した言葉に娘は涙…天国の父に宛てた手紙

いい娘さんですね。うちの娘なんか、私がどれだけ生活費やその他もろもろを援助しても絶対に私の下の世話なんてしてくれそうにありません。うちのも今から「しないよ」と宣言しています。自分のほうが若いから先に寝たきりになるなんてことはない、と思い込んでるようですが、そんなの分かりません。もし、そんなこと言ってて先に寝たきりになったなら、私は別の女のところに走ります、当たり前です。

そして、母親編、

「今、親孝行がしたくなる」辛抱強い母の姿に感謝せずにはいられない

私の母も、「痛い」だの「苦しい」だの「辛い」だのと絶対に愚痴をこぼさない人でした。昔の女性は、ほんと、辛抱強かったと思いますね。最近の女は堪え性がなくて嫌になります。ま、男も同じですが。


でもって、ついでと言ってはナンですが、「なんだかなあ・・・」と思っちゃう記事(動画ではありません)

「さっさとレジ打てよ」クレーマーが後悔しそうな、ある事実

これ、私にとっては、めっちや頭にきます ( `ー´)ノ

どうしてか、という理由は・・・、最後までご覧になってください。


お口直しに、こんなので締めさせて頂きましょうかね。

『親指が離れるマジック』を極めし者 お遊びのレベルを超えている


ちょっと練習すればできそう (^◇^)

posted by poohpapa at 05:28| Comment(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

秀逸な4コマ漫画

私の毎日の訪問先、「 Rocket News 24 」さんの記事から、深い「4コマ漫画」のご紹介。

【4コマ】男は全員イケメン説

どうでもいいこと 山の如し  桃吐マキル 第830話 出がらしの如し

この中で、3コマ目の、

「要するに人は、人と比べることで、あーだこーだと苦悩を生み出してるのよ!」

との言葉が深い。羨ましいとは思っても僻むことが間違い。思えば人間はそういう間違いを犯すことが多い。人のことを過度に気にしたりせず、自分に備わっているもので満足して前向きに生きればいいだけのこと。自分より上と比べるから悲観的になる。下を探して・・・、って、そうはいないかも知れないが、「もしかしたら私のほうがマシ、恵まれているほうかも」と思ったなら気が楽になるもの。

いや、そもそも比べることがナンセンス。自分は自分でしかないのだから。何度も書いているが、西洋の諺「現状を受け入れられる人は楽しめる分だけ得である」、である。少なくとも、現状を受け入れられる人は鬱病にはならないだろう。私は精神科医ではないし、「現状を受け入れるべく努力しなさい」と言っても、簡単にはそれができないから苦しむんだろうけど。

現状が受け入れられなくて、「なんで私だけがこんなに辛い思いを・・・」とか「誰も解かってくれない」などと勝手に悲観的になるから「死んでしまいたい」になるもの。中には、誰にも相談していないのに「誰も解かってくれない」と思い込んでいる人もいたりして・・・。

私なんか「知らねえよ、そんなこと。俺の所為?、違うでしょ!?」と最後は開き直れるから絶対に鬱病にはならない。ま、我ながら「それもどうか」とは思うけど、鬱病は「生真面目で自らガス抜きできない人が罹る病気」ではなかろうか。ちゃらんぽらんな人間が鬱病に罹っている話は聞いたことが無い。

うちの店にも鬱のお客さんがよくいらっしゃるし、入居者にもけっこういる。そういう人に私が決まって言う話があるが、それはまた別の機会に。

話を戻して、

この4コマ漫画にはオチも付いているけど、3コマ目のこの言葉は参考になる。4コマ漫画も侮れない。


posted by poohpapa at 06:42| Comment(2) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

珍しい、と言うか、初めての経験

当社の家賃立替え(約束した期日までに家賃が振り込まれず当社で立替えて家主さんに送金している分)は毎月平均して80万くらいになっているし、多い時には120万にもなる。いつも決まって遅れる人が大半で、たまたま何らかの事情で、という人のほうが少ない。いつも遅れる人は連絡はしてこなくて、たまたまの人は連絡をくれる。「いつもの人」は罪の意識など持っていないからだ。

何度お願いしたり注意しても改善されることは無い。あまり強く注意して退去されたら家主さんに申し訳ないのでグッと我慢することは多い。稀に、例の気違いみたいに嫌がらせでワザと遅れる奴もいる。

私としては保証会社は使いたくない。連帯保証人を付けてもらうより保証会社必須にした方が明らかに楽だが、入居者の負担がその分(保証料;初年度保証料は家賃の50%)重くなる。本来は保証の主旨からして保証料は貸主が払うべきだが、現状ではどこの不動産屋も借主に支払い義務を負わせている。鍵交換費用と同じで借主に負担させるのは間違いだが、大半の業者がどちらも借主負担にしている。

うちが保証会社を使うのは、どうしても連帯保証人が付けられないケースや、直感的に何かのトラブルが予想されるケースのみ。どうしても連帯保証人を頼める身寄りがいない場合に保証料が借主負担になるのは止むを得ない。保証会社を使うのが貸主借主どちらの事情によるかが分かれ目だと思う。

宅建業協会は現状を判っていながら業者に指導することも無い。自分たちは法の網を掻い潜ってでも新たな収益を得る方法を探るのには熱心だが、当たり前の理屈には関心が無い。それでどこが公益法人なのか。

前置きが長くなったが、

昨日、銀行で家賃専用通帳をチェックしたら、15日になってもまだ家賃が入ってない人が複数いた。そのうちの一人は入居以来、毎月遅れる若者。人柄は悪くないが、あまりそういうことに頓着しないタイプなんだろう。「人柄は悪くない」というのが一番困る。どうしようもない奴なら強く言えるのだから。

店に戻り、改めて別の用件で駅前に向かう途中、駅の手前の一番大きな交差点を渡りながら若者に電話して、「こちらも立替えが発生していて、毎月のことだから、月末までに必ず翌月分を振り込んでね」と言うと、素直に「すみません」と言う。

その直後、「坂口さん!」という声が携帯での通話と生の肉声の両方で聞こえる・・・。私が電話した相手は私のすぐ後ろにいた。まるでコントである (^◇^)

せっかく会ったから、横断歩道を渡りながらお説教をした。来月からはちゃんと振り込まれると信じたいのだが・・・、そういうのは一朝一夕には変わらないだろうから、あまり期待しないほうがいいかも。

posted by poohpapa at 05:42| Comment(8) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

少々疲れ気味なので、手抜き記事を・・・、ごめんなさい

私がいつも読んでいる「NPO法人百人の会」のメルマガに面白い話が載っていたのでご紹介。


「笑点」のお題より、『18才と81才の違い』。さすがお江戸、センスが精練されていますね!  
?−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●道路を暴走するのが18才、逆走するのが81才
●心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才
●偏差値が気になるのが18才、血糖値が気になるのが81才
●受験戦争を戦っているのが18才、アメリカと戦ったのが81才
●恋に溺れるのが18才、風呂で溺れるのが81才
●まだ何も知らないのが18才、もう何も覚えていないのが81才
●東京オリンピックに出たいと思うのが18才、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才
●自分探しの旅をしているのが18才、出掛けたまま分からなくなって 皆が探しているのが81才
●「嵐」というと松本潤を思い出すのが18才、鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81才
●胸の谷間を強調したいのが18歳の女性。顔のしわを隠したいのが81歳の女性。


これ、私も参加させて頂きます。

●ガストでバイトするのが18歳で、ガストのお姉さんに惚れて入れ込むのが65歳 (おい)

私は「東京オリンピックまで生きていたい」と思ってます。なんとかなるかな・・・。「死ぬまでに、もう一度、夏のオリンピックが日本で開催されるのを観るのと、リニア新幹線に乗る」のが私の夢で、リニアには数年前に試乗して時速500kmを体験してますから、最悪、東京オリンピックだけでもいいです。


ついでに、buzzfeed さんのサイトから、こんな激ムズの理科の問題のご紹介、

【激ムズ】これができたら理系? 元素記号クイズ

はい、うちのがいつも言ってる「おとうちゃんは自分ができた時だけ言う」でありますが、何か!?

私は全問正解しましたですよ。自称「理系脳の文系」ですから。と言うと、また例のお方からキツイ突っ込みが入りそうですけど、この問題は現役の中高生なら全問正解しそうですね。

これ、「何の元素記号か?」と訊かれたら答えられますが、逆に「ヨウ素の元素記号を書け」と言われたなら答えられないと思います。漢字と一緒で、読めても書けない、ですね。

どうしてなんだろ・・・、昔覚えたことは今もよく覚えているのに数年前のことは忘れています。数日前に来店されたお客さんとか、入居者さんのお名前やお顔は出てこなかったりします。最近ヤバイです。


さて、今日は朝イチで遠出です。帰ってからもバタバタします。今から疲れてます・・・。



posted by poohpapa at 06:05| Comment(6) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

腹の立つニュース

こんな呆れたニュースが飛び込んできた。

慰安婦巡る日韓合意、見直し勧告…国連委員会

どう考えても「韓国が歴史や事実を正しく認識していないことによる『いわれのない日本叩き』に過ぎず、一方的に日本が不利益を被っている日韓合意を見直すべき」という内容ではないだろう。

国連の拷問禁止委員会・・・、売春して高額な報酬を受けていたのに拷問・・・、なんで??

売春 = 拷問、という話になるのがそもそもおかしい。ならば、韓国によるベトナムでのライダイハンの問題や、中国によるウィグルやチベットの弾圧問題のほうが遥かに拷問禁止委員会で取り上げるべき事柄。裏で(韓国でなく)中国が委員を買収していたのではなかろうか。

「被害者に対する可能な限り完全な名誉回復や補償、再発防止」が不十分、って何??

慰安婦が求めているのは名誉でなくカネ、ただカネあるのみ。名誉が大切なら名乗り出たりはしないもの。だいいち日本は十分に補償しているのだし、何年かして慰安婦が死に絶えても韓国はカネをせびり続けるだろう。「もう充分です」とは言わない国だから。再発防止が不充分、というのは韓国に言うべき。

ずっと以前から思っていたのだが、今の国連は全く機能していないと思う。ひと頃「国連改革」という言葉をよく耳にしたが、昔の戦勝国の既得権は相も変わらず残っていて手の付けようが無く、老朽化したビルみたいなもの。大規模なリノベーションをするか、いっそ取り壊して建て直す必要があるだろう。

と、思っていたら・・・、

「日韓合意見直し」 勧告したのは国連の委員会でも国連の機関でもない

というニュースも・・・。どういうこと???。読売新聞でもそんな間違いを発信するのか・・・。

まあね、いずれにしても、韓国はこの「拷問禁止委員会の勧告」に勢いを得て、より強く日韓合意の見直しを迫ってくることだろう。何も解かってない連中が勝手なことを言うのは迷惑この上ない話である。






posted by poohpapa at 06:21| Comment(10) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

職責を越えてできること・・・

初めに、

蓮舫が今年の「ベストマザー賞」を授賞したとかで、自身の子育て方針について「『ありがとう』『ごめんなさい』をちゃんと言えるように教えてきた」と語ったとか・・・。吉本のコントより面白い。大会の主催者、こんなのを選出したら「ベストマザー賞の権威が墜ちる」とは考えなかったものか(ぷっ)

年末の「流行語大賞」と並んで「どこが?」「なんで?」としか思えず、もう消えてほしい賞である。もしかして「組織票」なんてことがあったかも。ただし、選ばれても逆効果にしかならないだろうけど。

さて、本題、

昨日、うちのとバーミヤンにランチに行ったら、馴染みのスタッフが読売新聞の朝刊を持ってきてくれた。その中の記事で、5月12日が「看護の日」ということで、第7回「忘れられない看護エピソード」の受賞作品が載っていた。最優秀賞の2作品の一つが兵庫県の洲本美智代さんの「赤い星」というお話。

難病を患い入退院を繰り返していた9歳の息子さんが「星空を観たことが無い、本物の星空を観たい」と言うのを聞いた母親が、もう外に移動させることさえ出来ないほどの重篤な息子さんの願いを叶えてやりたいと看護師に相談したところ・・・、

翌日、看護師が家庭用のブラネタリウムの機器を持ってきて・・・、というお話。息子さんはその数日後に眠るように逝かれたとか。

料理が出てくる前にそんな話を読んでしまったものだからもう涙が零れてきて困った。スタッフは黙って料理を置いていったけれど、もしかして「別れ話をしてたかも」などと思ってたりして (^◇^)

看護師さん、自分の職責を越えて「自分に何ができるか」「どうしたら患者さんに喜んでもらえるか」を考えて、家庭用のプラネタリウムを探してきて一夜だけのプラネタリウム大会を開いてくれたんだろう。入院中の子供たちの為に病室でクリスマスパーティーを開いた、というような話はよく聞くし・・・。

我々の仕事でも、法律の許す範囲内で、自分の職責を越えてお客さんに何ができるか、ということは常に意識していなければならないと思う。もちろん、「どこまでならしても良いか」冷静に線引きすることは大切だが。我々の宅建業協会が公益法人というなら、そういう議論がなされても良いのでは、とも思う。

脚色が入る可能性やプライバシーの問題もあるが、お客さんから「感動したエピソード」を募集したら面白いかも。何も出てこなかったり、藪蛇ブーメランになったりして・・・。そうしたら蓮舫を笑えないか 💧

posted by poohpapa at 06:38| Comment(8) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

さすが女房、私の好みをよく知っている (^◇^)

うちのと東急ストアに買い物に行っていたら、うちのが「おとうちゃん、すずちゃんのカップ麺があるよ」と教えてくれた。明星食品のチャルメラのシリーズではあるが、私の知らないカップ麺である。

売られていたのは2種類で、1個108円。特売価格と思われる。

一つがコチラ、

明星 チャルメラカップ バリカタ豚骨

もう一つがコチラ、

明星 チャルメラカップ 辛旨醤油

いずれも広瀬すずちゃんの写真がラベルに使われているが、いつもの表情とちょっと違って見える。それでも試しに1個ずつ購入。いい歳してメーカーの戦略にまんまと嵌っている (´・ω・`)

この女優さん、「海街diary」なんかを観ると、若いのにもの凄い演技力で、将来が楽しみである。

将来が楽しみ・・・、いや、この「海街diary」の時がピークかも・・・、それくらい魅力的だった

さて、まだ試食していないが、すずちゃんのラベルのカップ麺なら美味しくなくてもオジサンはかまわない。美味しければ追加で購入することにしよう (*^▽^*)

posted by poohpapa at 06:17| Comment(2) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

同級生から届いたメール、その内容は・・・、

夏に一緒にクロアチアに行く同級生(女子)とは別の同級生(やはり女子)からメールが来た。

ずっと以前に打ったメールの返信が今頃になって届いたのだが、リタイアしていても忙しいみたい。

返信が遅くなったことのお詫びの後に書かれていた言葉が・・・、



「こんど遊ぼ」

アンタはお子ちゃまか!? (*^_^*)

実は中学と高校の同級生で、私と違って優等生。高校時代、中間試験や期末試験の前は、いつも彼女からノートを借りて最低限の点を取って進級していた。借りたノートは前々日には返さなければならないから、私の記憶は2日間だけはどうにかもつようになっていて、今も、3日目にはキレイに忘れる。

すっかり妙齢の麗人になっていて、彼女から「こんど遊ぼ」と言われたからには受けないワケにはいかないもの。私は飲めないのだが、近々、中間地点で待ち合わせして飲みに行こうと思う。

そういうふうに、気楽に誘ってくれる異性の友達がいる、というのはとても楽しい。人柄もさばけていて、夏に一緒にクロアチアに行く同級生ともども、私の50年来の大切な友人、宝である。

半世紀もの間、ほとんど会うことも無いのに、どうしてそんな間柄でいられるか、と言うと・・・、

互いに昔とちっとも変わっていないから、だと思う。久しぶりに会っても言葉を選ばずにいきなり本題に入っていけるし。どちらかが少しでも変わっていたなら、声を掛けても逃げることだろう。

うちの業界にも、「昔はそんな人じゃなかったのになあ・・・」と思える人は何人かいて、付き合いは無くなっていたりする。良くも悪くも「(人柄が)変わらない」ことに勝る安心感は無いと思う。

posted by poohpapa at 05:46| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

Tさんの病状、その後

先日記事にした入院中のTさん、娘さんから電話があり、少し病状が改善されたようだ。

当初は集中治療室に入っていたものの、それから準集中治療室に移り、今は個室に入っているとか。時折り目を開けて室内を見回していたりするようだが、状況がまだ飲み込めていない様子。

娘さんがTさんの手を握り、「痛いところがあったら手を強く握ってね」と言って体中を触っていたら、強く反応したのが鼻だったとのこと。管を入れられているから痛みと強い違和感があるのだろう。

今は救急病院なので、もう少し改善されてきたら転院することになるらしい。今、借りて頂いているお部屋も解約になるかも知れない。たまたま来月の末に更新を迎えるので、娘さんには「まだ更新の契約はしないでいいですよ。お母様の病状と治療方針がハッキリしてからにしましょう。家主さんも理解してくださいますから大丈夫ですよ」とお伝えした。とりあえずは住宅総合保険だけは更新して頂かなければならないが、直ぐに引っ越すことになる可能性があるなら更新料をお支払い頂くのは忍びない。

今の部屋は1DKで、介護の人が付きっきりになるとしたら狭いので、いずれにしても解約にはなると思う。それまでは私がお花の水やりをしていればいい。

昨日も近所の奥様が、「私が水やりしようかと思ってたんだけど、いつもやってくれてるからいいかな、と思って見てました」と声を掛けてくださって、「Tさん、その後、どんな様子ですか?」と訊かれたので現状をお話しすると安心してくださった。みんな気に掛けてくれているのが嬉しい。

娘さんにそのことをお伝えすると凄く喜んでくれた。一人で看病するのはさぞかし辛いことだろう。

今、主のいない部屋の前で、「ミヤコワスレ」が可憐な花を咲かせている・・・。Tさんが元気な姿で戻ってきてくれるのを待ち望むように・・・。



posted by poohpapa at 05:57| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする