2019年06月16日

こんな年寄りにはなりたくないもの

先ず、更新を休んでいる間にお見舞いの電話やメールを頂いておりまして御礼申し上げます。症状は・・・、日々波がありますね。なのでしばらくは更新したり休んだりを繰り返すかも、であります。完全に途絶えたら、まあ1ヶ月くらい更新がなかったら、「野郎、ついに運が尽きたか」と思ってください。


さて本題、

数日前、駅前の銀行に行こうとして、表通りから路地に入ったら、引越し業者のトラックが2台停まって作業をしていた。歩行者や自転車は横を通り抜けられるが、バイクくらいになるとキツい。

私が横を通ろうとしたら向こうからライトバンが来て、トラックの後ろで年配の女性を降ろした。ライトバンを運転していたのは70歳くらいの老人で、女性の旦那であろう。方向転換するもの、と思って見ていたら、全く動かない。前方を塞いでいる引越し業者のトラックが移動するのを待っている。「公共の道路を塞いでいるのはアンタらのほうで、私は方向転換する気はないよ」と無言の圧力を掛けている。

ライトバンは裏の路地の四つ角で停まっていて、バックすれば簡単に右折できて表通りに出られる。遠回りになったとしても100mくらいのもの。引越し業者のトラック2台の作業を中断させて移動させるより、自分が回り道することのほうが合理的、とは考えないものだろうか。あるいは、バックや方向転換が苦手だったとしても、そして作業員が「直ぐ移動しますので」と言ったとしても、直進しなければ目的地に到達できない、というなら話は別だが、普通は「私が廻るから大丈夫だよ」と言うと思う。

だいたいが、移動して、また元の位置に戻って作業をやり直すのは大変、と想像できそうなもの。気になって、私が引き返して老人に「そこで簡単に方向転換できますよ。作業中の引越し屋さんのトラックを移動させなくても宜しいのでは」と言ってやろうと思ったが、もうトラックは2台とも動き始めていた。

表にいた作業員に「大変ですね」と声を掛けたら、「いいえ、こういう仕事をしていると、こんなことはしょっちゅうあるんで大丈夫ですよ、気にしていません」と言っていた。余計なお世話だったが、苦労を解かってくれている人もいる、ということで少しは気が楽になってくれたら嬉しい。私も、この仕事をしていて、家主さんや入居者さんが管理会社の苦労を解かっていてくださると凄く嬉しいから。

逆走とか、アクセルとブレーキを踏み間違えた、というのとは違うが、こういうのも老害なんだろうか。「公共の道路を塞いでいるのは引越し業者、だから引越し業者が移動すべき」というのは間違いではないが、正しくもない。ちょっとした気配りで互いに気持ちよく一日が過ごせるのに、その爺さん、無駄に歳をとっている。この爺さん、そういう人間性なら免許を返納したほうが良いだろう。

posted by poohpapa at 05:04| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

もう少し、記事の更新をお休みさせて頂きます、すみません

昨晩も、夕食をとり初めてすぐに自律神経失調症の症状が強く出て食事を中断しました。

出るか出ないか、いつ出るか、というのが全く分からなくて突然に表れます。気持ち悪いものです。

原因はストレス(ほぼ対人関係)で、誰もが罹りえる病気なので、皆さんもお気を付けください。

posted by poohpapa at 05:54| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

記事の更新をしばらくお休みさせて頂きます

なんか、ここ数日、自律神経失調症の症状が強く出ていて気持ち悪いのです。

「気持ち悪い=吐き気がする」ではありません。そういうのとは違います。心臓がこのまま止まるかな・・・、みたいな感じです。浴槽に浸かってリラックスしていても、トイレで座っていても、歩いていても、PCに向かっていても、その時にストレスを感じていなくても症状が出る時は出ます。突然に、です。

いつも訪問してくださっている皆さんには申し訳ありませんが、ご了承ください。

あと、沙耶さん、コメントの返信、お待ちくださいね、すみません。



posted by poohpapa at 06:08| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

かもめの玉子りんご&メロン

毎度のことだが、岩手のたぁさんから「かもめの玉子りんご」と、同じく「メロン」が送られてきた。期間も販売地も限定で、こちらではなかなか手に入らないもの。普通のと夏だより(レモン味?)は伊勢丹の地下でも見掛けるけど。りんご味は co-op の通販で予約して入手したらしい。

先週第一便で、りんご味とプーさんグッズと猫グッズがドーンと送られてきて、当然に「それで終わり」だと思っていたのだが、昨日、第二便でメロン味が(私がバラ撒くのを想定した量で)送られてきた。

頂くほうとしては凄く嬉しいんだけど、「これ、月収の半分くらい遣ってるんじゃないの?」と心配になるほど。後で「生活費を貸して」とか言ってこないだろうな・・・。いえね、うちの入居者の中には「カネを貸してもらえないか、でないと家賃が払えなくなるから」と言ってくる奴もいるし、まるで脅迫だわさ。

「知らねえよ、なんで不動産屋が、家賃を払ってもらうために生活費を貸さなきゃならないんだよ!?」と言いたくなったけど、家主さんのお人柄がとても良く、ふだんからこちらの苦労や辛さを解かっていてくださる人なので、その時は貸して家賃を払ってもらい、半年後くらいに返してはもらった。

その時の入居者が今どうなっているか、と言えば・・・、

昨年の1月から18ヶ月も、全く家賃を払わずに滞納している。もちろん、督促はしているが、その度に「来月の20日には必ず」「私が払うと言ってるんだから払うんだよ」と言いながら毎度毎度約束を違えている。今、弁護士さんに依頼中。凄く病弱な奥さんがいるし本人も88歳と高齢なので、追い出しを躊躇っていた私と家主さんの判断ミス。もっと早くに問答無用で弁護士さんに依頼して追い出すべきだった。

最後のほうでは私に、「私はアンタみたいなチンピラとは話をしない」などと言っていて、「ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありません」という態度ではないから、こんな年寄りは死んでくれたら有り難い。以前に AK さんからコメント欄でアドバイスして頂いたように、今までの滞納家賃は諦めて即時退去してもらうように話を進めることになると思う。だが、向こうは裁判に持ち込んで控訴や上告で時間稼ぎしてこの先も少しでも長くタダで入居しようとするだろうな、転居先など見つかるワケ無いのだから。

あ、たぁさんとその悪質滞納者が同じ、と言ってるんじゃないし、たぁさんが先々そうなるかも、と心配しているんじゃないよ。だけど、それくらい大量に送ってきてくれた。だいたいが、普通は「うちで食べる分」しか送ってこないよね。私の「バラ撒きクセ」を知っていて、その分まで送ってきてくれるのは、ほんと、たぁさんだけ。それこそ「知らねえよ、バラ撒く分は自分で買いなよ」になって当たり前なのだし。

「こっちから送ってもらいたいモン、何か無い?」と訊いたけど、「大丈夫、今のところ足りてるから」とのこと。それが怖い・・・。富士山の噴火も有り得るし近いかも、と専門家は予測しているから、それと似てたら怖いものがある。溜めに溜めてドッカーン、なんてならなきゃいいけど (^◇^)

ちなみに、私はアップルパイみたいに火を通した果実は好きではないのだが、この「かもめの玉子りんご」はそういう欠片が入っているけどメチャウマ。メロンは今日これから食べるけどもっと美味しいかも。

やはり、人間、美味しい物を食べている時が一番幸せ、だと思う。たぁさんに心から感謝 (^^♪



posted by poohpapa at 06:07| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

よくよく考えたら怖いメール

先日、こんなメールが届いた。


本日、5月31日(金)12時頃に配信いたしました埼玉西武ライオンズからのメールマガジンにおいて、本来お送りすべきではないメールアドレスに、誤って配信していることが判明致しました。
誤配信の対象の方々は、埼玉西武ライオンズのメールマガジンを過去に一度ご登録いただき、その後、配信停止の登録をされた方々でございます。

このたびは、お客様にご迷惑およびご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
本日メールマガジンを誤って配信いたしましたが、お客様の配信停止の登録処理は完了しており、今後は同様のメールマガジンをお送りすることはございません。

誤配信の発生原因は、配信時の人為的な運用ミスによるものであります。なお、誤配信によるお客様の個人情報の漏洩などは一切ございません。

本件の事態を重く受け止め、今後このようなことがないよう、再発防止に努めてまいります。

本件につきまして、ご不明点がございましたら
大変お手数ではございますが、以下よりお問い合わせをお願いいたします。

===========
発行:埼玉西武ライオンズファンクラブ
電話によるお問合せ:
埼玉西武ライオンズファンクラブインフォメーションセンター
TEL:03-5697-3265(通常:10:00〜18:00)
※6月1日(土)・2日(日)はお休みを頂いております。
Webからのお問い合わせ:
https://www.seibulions.jp/expansion/inquiry.html
===========


私は西武ライオンズのファンクラブの会員ではない。なのに、どうして私のメールアドレスが西武ライオンズの会員名簿に登録されているのか。「本来お送りすべきではないメールアドレスに、誤って配信していることが判明致しました」とあるが、「本来お送りすべきでない」と言うより、ただ単に「会員登録されていないメールアドレスに」の誤りだし、どういう経緯で登録されているのか知りたいもの。

「誤配信の対象の方々は、埼玉西武ライオンズのメールマガジンを過去に一度ご登録いただき、その後、配信停止の登録をされた方々でございます」とのことだが、私は過去に埼玉西武ライオンズのメールマガジンを登録したことも、当然に配信停止にしたことも無い。言い訳からして間違っている。

「誤配信の発生原因は、配信時の人為的な運用ミス」と言うが、そうかも知れないけど、どうして会員登録していない私のアドレスが登録されているか、が問題。「誤配信によるお客様の個人情報の漏洩などは一切ございません」とも言うが、どこからか漏れてきて登録されているんだから説得力が無い話。そっちは漏らさないつもりでも易々と侵入されているのだから「絶対に情報は漏れない」という保証はない。

西武ライオンズ側としては、問い合わせや抗議の連絡があって初めて知ったんだろう。謝罪のメールは会員や会員とされている無関係な人に一斉に送られているもの。まさかに「会員でない人は名乗り出てください」とも書けないだろうけど、まあ、いろんな企業や組織に個人情報が漏れているんだろう。

この話、私は放っておくけど、やがてはクレジットカードの不正利用なんかにも繋がっていくんだろう。よくよく考えたら怖い話。そのうち、行ったことも無いキャバクラや使ったことも無いデリヘルから「いつもご利用頂きまして有り難うございます。当店のプラチナ会員様に特別割引クーポンをお送りします」とかの案内が届いたりして・・・。そういうのなら大歓迎なんだけどな (^◇^)


posted by poohpapa at 05:20| Comment(4) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

じゃがポックル狂想曲 2

先週の水曜日に伊勢丹の大北海道展で「じゃがポックル」を5箱買ってきて、うちら夫婦の分を2箱とった残り+金曜日に買い増しした5箱=8箱は私の周りの「じゃがポックル大好き」という人たちに分けて差し上げていて、昨日が最終日・・・。初日こそ900箱の販売だったが木曜日から日曜日までは一日200箱。そして、昨日は100箱しか販売しない。うちのお客さんが昨日、果敢にチャレンジしたようだ。

夕方、顔を合わせたので「どうだった?、結局、行ったの?」と訊くと、「行きました、ギリギリで買えました」とのこと。お一人様5箱まで、という制限があって、売り場に並んで自分の順番が来た時には台の上には10箱くらいしか残っておらず、自分の後ろには長い行列があった、とのこと。

それで、そのお客さん、どうしたかと言うと、後ろの人のことを考えて2箱しか買わなかったとか・・・。「そんなこと気にしなくて良かったのに。逆の立場で、他のお客さんが『自分の後ろにもじゃがポックルを買いたい』と並んでいる人がいても気を遣うか、と言ったら、たぶん『間に合って良かったあ』と5箱買ってしまうと思うよ。どうしても欲しいならもっと早く来て並べばいいだけの事じゃん」と言ってやった。

後ろに並んでいるのが知り合いだった、というなら話は別だが、私なら5箱ゲットして「ざまあみろ!」である。だいいち、自分が2箱で我慢したことで後ろに並んでいた人の全員がゲットできる、というなら話は別だが、そういうケースでは誰もそんなことを気遣ったりしないもの。まあ、根っから優しいんだろう。

さて、次回の大北海道展にも来るかどうかは不明だが、今回、何時までにどのようにして売り場に行けばゲットできるか、が判ったので、次回も来るならチャレンジしたい。皆に分けるために (^^♪

posted by poohpapa at 05:11| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

こんな「お家騒動」

旅仲間の茨城の歯医者さんからメールが届いた。

私が愛知県の半田市出身とご存知で、「今日、ミツカン酢のお家騒動をワイドショーでやってました」と知らせてくださったのだ。「凄い敷地です。養子も大変ですね」とある。社長の自宅・・・、当時としては珍しく、いや、今でも希少だろうけど庭にテニスコートがあって、「ここは軽井沢かよ!?」って感じ。

番組は観ていなかったので、「どんな騒動なんだろ・・・??」と思って検索したら、

ミツカンでお家騒動 娘婿が会長の中埜和英氏夫妻を告発 文春オンライン

もし私の記憶どおりなら、今のCEOはアイツでは・・・、と思っていたら、当たっていた。

中埜和英・・・、私の半田中学校時代の1年上級生。先輩、と書かないのにはワケがある。

私は中学入学時の部活は、友達に誘われてフラフラと軟式テニス部に入ったのだが、そこに後から入部してきたのが2年の中埜和英。上級生ではあるが部活では後輩。とくにそんな序列が決まっていたワケではないが、「コイツがミツカンの跡取り、大邸宅の住人」と知って、当時「風呂無し、トイレは外で共同」という8畳一間に6人で暮らしていた私は「おい中埜、ボール拾って来い、モタモタするな」とイジメていた。

ハッキリ言って、どんクサいし、成績も悪かったと思われる。通信簿は5段階評価で2.5平均、つまり2と3が半分ずつくらいじゃなかったのかな、と思っている。「こんなのが跡を継いだら中埜酢店に将来は無いな」と当時から思っていたほど。ニュースを見て、「なんだ、今も同族経営かよ」と思った。それじゃ跡目争いが起きても不思議はない。まあ、あれくらいの企業になれば優秀なスタッフが周りを固めるだろうから安泰だろうけど。ただ、今の写真を見て、それなりに風格は付いてきたかな、とは思う。

それにしても、私は大失敗をやらかしたかな・・・、と後悔してたりして・・・。

中学時代、「おい中埜、ボール拾って来い」などと命令せず、今、ふだん仕事でそうしているように「中埜先輩、先輩がボール拾いなんかしなくていいんですよ。そんなことは僕がやります。先輩は木陰で休んでいてください。何かあったら何でも私に言いつけてください。先輩のことは僕が全力で護ります」とでも言って腰巾着になっていればミツカンの取締役になっていたかも知れないのだから。

そうなっていれば今頃は、何人かいる身勝手な家主や無責任な客、狡賢い同業者と関わりを持たずに済んでいたであろう。その代わり、素晴らしい家主さんやお客さん、友人とも巡り会うことも無かっただろうけどさ。何より、うちのとも巡り会えていなかったワケで、アイツの腰巾着にならなくて良かったのかも。

まあ、良くも悪くも「ご縁」、そういうことかな。

posted by poohpapa at 05:33| Comment(2) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

おもろい電話 (若干の下ネタ注意)

私には、「互いに何でも(下ネタ系のジョークでも)躊躇わずに話せる」若い女友達が何人かいる。

ある日の午後、そのうちの一人から電話があって世間話をしていたら、途中でこんなことを言う・・・。

「今、何してると思いますか?」

と、訊くということは、通常では考えられないことをしていながら電話していることになる。

「もしかして、シャワー中?」

「違います、そういう音はしていないでしょ?」

まあ、たしかに水の音はしていないか・・・。

「じゃあ、トイレの中?」 (どうしてもそっち方向に持っていきたい自分がいる 💧

「違います」

「じゃあ何してんの?」

「今、ノーブラです」、だと。

「今、何してると思いますか?」と訊いておいて「ノーブラです」という答は何か変。だが、お子さんを保育園に迎えに行くために着替えながら電話しているとのことなので、「ああそう、じゃ、早く行ってあげて。気を付けてね」と言って電話を切ったけど、何か引っかかる・・・。

夕方、改めて電話して、

「さっき、ノーブラ、って言ってたけど、ノーブラの上に何か着てるってこと?、それとも上半身裸だった、ってこと?」と訊くと、「裸でした。下はショートパンツ穿いてましたけどね」だと。

それで私は激怒した。そんなことを旦那でもない男に軽々しく言うことではない、何を考えているのか、ということでなく、「だったら写メ送ってくるとかテレビ電話機能で電話してきなさいよ」と・・・( こら

普通で考えたら、そんなことをあえて言う、ということは誘っているようなもの。しかも私は不動産屋である。そんな怖い話はない。だいたいが、そんなことを言われたら絶対にその姿を想像するもの。そりゃあ私も想像したよ。想像すればこの歳でもムラムラっとくるわさ、ほんと。

だが、以前に伊勢丹のソムリエールさんがうちのの目の前で言い放った「私は坂口さんとは幾らカネを積まれても(Hは)無理ですね」という言葉と同じようなことを彼女からも言われている。「坂口さんとは100%有り得ません、絶対に無いです」と・・・。

「その気が無いならそんな意味深なこと言うなよ」である。いい歳した男が完全に弄ばれている・・・。

ソムリエールさんには「告ってもいないのにフラれた」のだが、彼女には「僕は大好きですよ」と言ってある。それなのに思わせぶりなことを言って人の心を乱して喜んでいるのだから相当な悪女である。

いつか彼女に天罰が下ることを願っている。その時が来ても私は相談には乗らない、たぶん・・・。

posted by poohpapa at 04:57| Comment(4) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

私が毎朝やってる SUNTORY のゲーム

私が、かれこれ2年、いや、もっとかなあ・・・、毎日、記事のアップ後にやってるゲームがある。

BOSS GAMES (ボス ゲームズ)

ゲームは3つのパターンがあって、

「ボス ブレイン ゲームズ」
(30秒間に幾つ正解するか、で、ゲームの種類は「矢印編」「四則計算編」「図形編」「図形一致編」「時計編」の5種類)

DSC07113.JPG
私は「図形編」しかやらない。図形編が画面に出るまで何度も表示し直して、毎日600P獲得。

「ボス ホームラン ダービー」
(タイミングを合わせて画面をクリックして連続10球投げられるボールを何球ホームランできるか競う)
だいたい平均してホームラン4本、残りはヒットで最低750P獲得。

DSC07107.JPG
ホームランダービーの過去の最高得点は1050点。あと1本がホームランだったらパーフェクトだった

「ボス ブラックジャック」
(ゲームは5回、一度でもディーラーに負けるとゲームオーバー)

DSC07106.JPG
5ゲーム連続でブラックジャックだったこと、今までに8回ある(毎日やってて3ヶ月に一度くらい)
クリアするまで続けるからこのゲームが最もポイントを稼げて、だいたい1100ポイント平均かな。


先ず SUNTORY ID を取得する必要があるが、ゲームは毎日やっていても飽きない。それぞれの得点は一日一度加算され、そのポイントで BOSS オリジナルグッズを獲得できる懸賞に応募できる。ちなみに、私の得点は6月1日現在138万3700SPで、たまに懸賞に応募するけど当たったことは無い。得点を効率的に貯めるコツがあって、ゲームオーバーになり「結果を見る」と表示されたら結果を見ずに再度ゲームをする。

同様に、アサヒビールのサイトでも広告を見ることでポイントをゲットして懸賞に応募していて、こちらは当選したこともある。もう200万ポイントは貯めたかな。

ポイントを貯めれば、その分「何口も応募できて当選確率が高くなる」ので、ぜひ挑戦して頂きたい。

posted by poohpapa at 05:40| Comment(4) | 懸賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

みんな、思っていても言わないこと (たぶん)

こんな記事があった ↓

孤立・絶望…「拡大自殺」か 「死ぬなら一人で」という非難は控えて
株式会社 産経デジタル  2019/05/29 22:50

この中で、

インターネット上では「死ぬなら1人で死ぬべきだ」「人に迷惑をかけるな」といった書き込みが相次いだ。

 これに対し、生活困窮者支援などを行う「NPO法人ほっとプラス」代表理事の藤田孝典さんは「次の凶行を生まないためにも、『1人で死ぬべきだ』という非難は控えてほしい」と発信した。


とある。

「格差が広がり、『自分は価値がない存在』と感じている人が大勢いる。ネットでのこうしたメッセージが社会に恨みを募らせる人々をさらに追い詰める可能性がある。

はあ??、である。そんなのと巻き添え自殺や無差別殺人が増加するかどうかは関係も影響もない話。

私は「この手」のNPO法人の存在意義や活動意義を認めない。ほとんどが「お花畑」の理想論でしかないからだ。「死ぬなら1人で死ぬべきだ」「人に迷惑をかけるな」という当たり前の道徳観から意見や非難をすることが、どうして「似たような悲劇を増加させる原因になる」と言うのか、理解に苦しむ。

「あなたは間違ってないよ」「あなたも社会にとって必要な存在なんだよ」と激励してやらなければ生きていけないような人間なら、生きていても社会の役に立つことはなく社会の足を引っ張るだけ。どんなアドバイスや激励をしたところで自殺する人は自殺するし、似たような凶行を減らすことは不可能。ハッキリ言って、病気だし、四六時中監視をしているワケにもいかないのだから。

芝居の中の石川五右衛門のセリフ、「浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ」の、「盗人」の部分を「自殺」に置き換えれば解かりやすいと思う。死にたくなる理由は人それぞれ。

だから諦めて放っておけ、と言うのではない。中学に入った頃のなるだけ早い時点で、自ら命を絶つ、ということがどういうことなのか、残された家族や友人に与える影響、そして、今回のような巻き添え自殺を起こしたら社会に与える影響がどのようなものか、しっかりと教える必要があると思う。ただし、そのことが逆効果になって「よし、無関係の人間を大勢巻き込んで死んでやろう、めいっぱい迷惑をかけてやろう」という人間も現れると思う。そういう自殺願望者はいわゆるサイコパスで、我々の周りに常に一定の割合でいるものだから、その割合が減らない限り、この手の巻き添え自殺は減らないもの。残念ながら、その割合が減ることも無い。

実は私の親族にも一人いる。「例の気違い」と同じくらいに強烈なサイコパスで、次姉の一人っ子、つまり私の甥っ子である。今、56歳だが、ろくな生き方はしていないだろう。次姉も他の兄弟たちも気付いてなくて、奥さんが気づいたなら(きっと気づくだろうから)もう離婚しているだろな、と思われる。

ただ、一人一人が社会の構成員で誰もが何らかの役割を果たしていて、他の人たちからの恩恵も受けている、つまり「お互い様」の中で生きていることを自覚させれば単独自殺は減少するかも知れない。

さすがに小学校時代に自殺した同級生はいなかったから、そういうことを教えたり話し合うのは中学に入って直ぐくらいがいいだろう。イジメの問題も同様に授業の中でしっかり教えたり話し合うことが大切で、そちらは小学校の高学年で行うのが適当かな、と思う。

社会の中で貧困の問題が解決しようが行き届いた福祉国家ができようが、自殺が少しは減ることにはなっても防げない。巻き添え自殺も通り魔殺人も減らない。これからも不定期に起こり得る。巻き込まれたら「運が悪かった」ということ。もちろん、被害者やご遺族からしてみれば「運が悪かった」と済まされるものではないけど、伊集院静さんの言葉ではないが「人間社会は理不尽なもの」で、我々はそういう中を生きている。そういうのを受け入れられないのであれば死ぬしかないし、仕方ない。

自殺する人、単独でも巻き添えでも、要は自己中だと思う。自分よりもっと辛い環境の中で懸命に生きている人がいる現実を見ようともしないし知らないでいる。自分のことしか考えられないから自殺する。

もっと言うなら、「自殺しようとしている人」、そのまま生きていても大して社会に貢献できるとは思えないから「人の命は地球より重い」なんて言ってないで、希望通り死なせてやってもいいのかも。自殺幇助はいけないけど、今まさに死のうとしている人、無視してもいいのではなかろうか。極論だけど、とくに高齢者の自殺は歓迎されてもいいくらい。ちゃんと身辺を整理しておいてくれればだけど。

学校でしっかり教えたり、一緒に考える、ということを実践して、それでも自殺したいのなら「お好きにどうぞ、ただし、他人様を巻き込まないで、ちゃんと身辺整理はしておいてね」としか言えない。

冷たいかなあ・・・、十分に温かいと自分では思っているけど。

posted by poohpapa at 04:58| Comment(13) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする