2017年03月19日

ガストのお気に入りのお姉さん最後の日

行きつけのファミレス「ガスト」で私のお気に入りのスタッフだったAさん、こないだの15日(水)に「バイト最後の日」を迎えたので、うちのと(たまたま立川に来た)娘と3人で行ってきた。

他のスタッフKさん(当社のお客様)からメールが来て「Aさん、15日が最後なので是非来てあげてください」とのこと。Aさんも最後だが、2日前の13日はメールをくださったKさんの誕生日でもある。

Aさんが大学を卒業して3月でバイトを辞められることは以前から分かっていたので、既に、卒業のお祝いに書籍をお贈りしていて今回は手ぶら。Kさんには誕生日祝いの小さな花束とケーキを持参した。べつに、口説こうと思っているワケではないが、私はそういうところはマメである (*^_^*)

思えば、ガストが今の場所にオープンした3年半前、うちのと通い始めてしばらくして、私が立川の郵便局の本局に行った際、後ろから声を掛けてくれたのがAさんだった。振り返ったら、当然に、いつもの制服とは違う私服だったので最初は誰だか判らなかったが、特徴のある八重歯でAさんだと判った。

「時間ある?、お茶でも飲んでいかない?」と誘うと「あります」とのことだったので駅前の喫茶店でお茶することに。ただし、私は一銭も持っていなかったのでAさんにお茶代を立替えてもらい、三菱東京UFJ銀行まで付け馬をしてもらって返した。その時に携帯電話の番号を交換して私の携帯にまだ残っていて、退職にあたり「どうする?、消しとこうか?」と訊いたら「記念に保存しといてください」と笑う。掛けることは無いかも知れないが記念にとっておこう。

ちなみに、私の携帯には、以前の仕事上で知り得た芸能人、引退したプロ野球の名選手(監督)などの番号が何人か入っているが、もちろん、こちらから電話したことは一度も無い。

普段ガストのスタッフが辞めたり転勤になったりする際には男女を問わず書籍をお贈りしている。Aさんにはカーネギーの「人を動かす」と「道は開ける」の特別装丁版。と言っても、新品ではなく例によってヤフオクで落札したもの。これから営業職に就くAさんには「人を動かす」はきっと役に立つだろうし、「道は開ける」は壁にブチ当たってメゲそうになった時に支えになってくれることだろう。

で、ブリっ娘のAさんにしては珍しく殊勝に「長い間お世話になりました」と挨拶したので少々驚いた。お世話になったのはむしろ我々のほうで、席に通される際に、何も言わなくても我々の好きな席に案内してくれたりする。カネを払っているからこっちは客だ、などとは全く考えない。我々が心地よくランチを楽しむためにいろんな配慮をしてくださっているワケで、我々は料理やサービスに見合った対価を支払っているにすぎない。

帰りがけ、レジで清算しているところに寄ってきて、改めて挨拶をするので、「何も用意してこなくてごめんね。なのでチップあげるね」と言って、3つに畳んでおいた千円札を渡そうとしたら、先輩格のKさんの顔をチラッと見て「受け取っていいかどうか」を確認する。Kさんが頷いたのでチップを受け取ってくれた。たかが千円だけど、ガストでのバイト生活3年半、一つの思い出にはなることだろう。

それにしても、もうこれからはガストに行ってもAさんはいない・・・。この時期、馴染みのスタッフは卒業などでほとんどが辞めていく。これでKさんが辞めたなら、私もガストは卒業しよう 💧



posted by poohpapa at 06:23| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

いつもの msn. から二つの正論

まず一件目が、

【森友学園問題】「北や中国と通じているのか」維新・足立康史衆院議員、森友学園問題攻撃の民進党を批判

足立議員は民進党の天敵だそうだが、「よくぞ言ってくれた」と思う。昨日の朝、フジTVの「とくダネ!」を観ていたら、番組が始まって1時間が経ってもまだ森友問題。音声を消して、そのうち終わるだろ、と思って待っていたのだが延々1時間・・・。痺れを切らして他のチャンネルに回してしまった ( `ー´)ノ

次に、

北朝鮮の核開発はもう停止不能、本気で中国を動かす時が来た


駐韓大使だった武藤正敏氏が述べているもので、ま、言ってることは正しいが「あの中国が他国の主張や要求に沿って動くワケがない」からタダの理想論ではある。

ところどころ私の感覚と違っていたりするが、さすがに韓国に対しては現状や行く末を正確に予測していると思えた。4ページに亘っていて少し長いが、ぜひお読み頂けたらと思う。

私は、あの黒電話頭の独裁ブタ、自分が追い詰められれば後先など全く考えずに日本にミサイルを発射する可能性は十分にある、と思っている。ほんと、国会で延々森友問題を追及している暇はない。


 「黒電話頭」は、ボースさんの表現を無断でお借りしたもの (^◇^)



posted by poohpapa at 06:42| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

昨日の色彩能力テストの横にあった数学(算数?)のテスト

すべての文系が涙目? 基本的な数学クイズ

うちの曰く、「自分ができた時だけ記事にする」とのことですが、当たり前です、人間、そんなもの。

元々数学は得意教科だったんですよ。中学1年までは、ですけどね。中学2年になって、大嫌いな教師が教科担任になって、3年になったら更に嫌いな教師に。高校に入って1年、2年、3年、と、どんどん「嫌い度の高い教師」が教科担任になっていって、数学を学ぶ楽しさなんて吹っ飛びました。それらの教師、みんなから嫌われていたのか、というと「そうでもない」のですから、ほとんど「相性」かも。

よくノーベル賞受賞者が「若い頃に〇〇先生と出会ったお陰です」と仰ったりしますが、本当にそうだと思いますね。逆もあり、ということで、「どんな先生と出会うか」が人生の分かれ目になったりします。

私がよく言っていることですが、いい先生かどうかは「その教科を好きにならせてくれるかどうか」だと思うのですよ。好きになったなら教科書に書いてないことにも興味を持ちますから知識も広がります。教科担任を嫌いになったら勉強が義務になってしまいます。中2以降は苦痛でしかなかったですね。

本当は私は理系脳だったと思うんですけど、高校3年では文系コースを選択しました。それでも、物理の試験の点数が理系クラスの平均点を上回ってたりもしてたんですけどね・・・。これは先生に責任転嫁しているのでなく「生徒からすればそういうもの、そういうこともある」ってことを言いたいだけです。

生まれ変わったら理系に進みたい・・・。ただし、就きたい職業は海外旅行の添乗員か空港職員です。間違っても不動産屋にはなりません。今している賃貸仲介管理は「私の天職」だとは思っていますが。ま、私のことですから、どんな職業に就いたとしても「これは自分の天職」だと思うことでしょうけど。

どんな職業にも部外者には解からない苦労や辛さはあるものでしょうけど、「これが自分の天職」と前向きに受けとめることができるかどうかで苦痛の度合いは変わってきますね。度々書いている西洋の諺「現状を受け入れられる人は楽しめるだけ得である」というのはまさにそういうことなんでしょう。

などと、小学校の算数、中学1年程度の数学の問題を見ていて、つらつらと考えました。

で、昔取った杵柄で、というか、(とりあえず難問は無かったので)全問正解しましたですよ、はい。

昨日に続いて、こちらもお試しください (*^_^*)

この Buzz Feed というサイトを辿っていくと、もっと面白いテストがいっぱい出てきて楽しいです。

posted by poohpapa at 05:38| Comment(8) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

これは超難問クイズより難しいかも (^◇^)

このブログのコメント欄の常連さんのハリケーンさんがメールで「こんなのがありますよ」と知らせてくださった

【激ムズ】「色彩能力者」にしか読めない文字

という、まあ、一種の検査。

最初、サイトを見た時に、以前もあった(色盲検査とは逆に)「色盲や色弱の人にしか読めない」というテストかと思っていたのだが、こちらは「読めたほうが良い」もの。様々な分野で活躍する色彩コーディネーターになるためには備わっていなければならない能力を試すテスト、と思って頂ければ・・・。

全部で8問、後に行くほど難しくなってくる。ちょっと見は一色の画面に見えるが、その中に「め」と「ぬ」の字が書かれている。それを各問の下にある選択肢から選んでクリックすると正解かどうかが直ぐ判る。私は、パッと画面を見た時には第5問しか判読できなかったが、改めて画面をボーっと見ていたら(時間は掛かったけど)全問正解できた。ちなみに、うちのはサッサと全問正解(くそっ)

このサイトを教えてくださったハリケーンさんは「第5問以降は全く見えなかった」とか・・・。私は第5問が一番ハッキリしてたんだけど、こういうのは当然に個人差がありそう。

ただし、こういう検査は面白いけど目は相当に疲れる。朝と夜では見え方に差が出るかも。

ま、お試しあれ (^_-)-☆


posted by poohpapa at 05:28| Comment(4) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

韓国は何処へ向かおうとしているのか

ボースさんから頂いたコメントを使わせて頂いて記事にしたいと思う。

韓国について、数ヶ月前から私は「これでは国がもたないな、韓国は崩壊するな」と思っていた。

「ニュース女子」でコメンテーターを務めている藤井厳喜氏がそのあたりを具体的に的確に指摘していて、私も全く同感、まさにその通りだと思っている。青字の部分はボースさんから頂いたコメントから。


ちょうど青山氏の虎ノ門ニュースを裏番組で聞きながら、コメントしています。
韓国のいくすえについて、トランプ大統領を当てた藤井厳喜氏が予想していて又当たるんじゃないかと思って紹介します。

南で親北勢力が政権をとると、以前から言われていた高麗連邦が現実味を帯びてきます。
経緯の予想は以下の通りです。

1.北側からは一国2制度でいいから連邦国家になろうと言い出す。
2.ある程度、連邦制が安定した時点で北から’我々は独立国家なので外国の軍隊は駐留させていません、どうして南には外国軍がいるのですか、もういらないでしょう’と提案してくる
3.南からアメリカ軍が撤退したら北朝鮮軍が侵略して統一国家となる。



なんか、何もかも金正恩の狙い通りに事が進んでいるように思う。国民を飢えさせてでも様々な経済制裁を受けながら核開発を成し遂げてきたのが生き始めた。きっと今頃は高笑いしていることだろう。

朴槿恵大統領が罷免されて親北勢力が台頭してくると一気に朝鮮統一機運が高まるのは間違いない。かつては太陽政策を掲げて金大中がノーベル平和賞を貰ったが、ご多聞に漏れず、言っただけで受賞したケースで、一見すると南北統一が果たされるのはとても良いことのように思われる。だが、10数年前ならそうだったかも知れないけど、今なら南北統一は韓国にとっても西側にとっても地獄の始まり。

15年ほど前、北朝鮮がまだ核兵器も持っておらず度重なる飢饉で国民が疲弊していた時なら韓国が北朝鮮を吸収合併するかのごとく、あるいは最低でも対等の形で民族統一を果たして政治の主導権は韓国が握ったと思う。だが、今、北朝鮮は核を手にしているし韓国は政治も経済もガタガタ。始まりこそは対等であっても狡猾な北朝鮮に飲み込まれて南北「丸ごと北朝鮮」になることだろう。

私は北朝鮮と韓国が一つの国になるのには条件が付くハズと思っていて、それは「北朝鮮の指導体制はそのまま残してもらえる」というもの。もし完全に一つの国家になったなら、金正恩は「国民を虐殺した罪」で裁判に掛けられて死刑を宣告されるのは間違いない。そんなリスクは犯すハズが無い。とすると、統一はしたけれど政治は別、つまり一国2制度の連邦国家で行こうと提案してくるのは当たり前。

南は(いちおうは話の筋が通っている)北に騙されて駐留米軍を追い出すことになるのも藤井氏が予測する通りだと思う。アメリカ抜きの南など恐るるに足らない存在。核の脅しの前に南は為す術もなく北に飲み込まれるのは明白。南の国民は皆「将軍様マンセー」と唱えさせられるだろう。そして、東欧などの独裁国家がそうだったように、金正恩に異を唱える南の知識層とか財閥のトップはことごとく処刑される可能性が高い。

話は、「南北統一 ⇒ 韓国崩壊」では終わらないと思う。何も考えないで「民族の悲願」だと統一を果たし、北に飲み込まれて自由も平穏な暮らしも奪われた南の国民が反乱を起こし、再び朝鮮戦争が勃発するかも知れない。ただし、アメリカが支援してくれれば、の話で、それでも「やる前から勝負はついている」と思うけど。しかも、南の政治家の中にはカネや自身の安全と引き換えに祖国を裏切る輩も出てくることだろう。その時になって日本に逃げてきたり支援を求めるなよ、オマエら、さんざん反日に励んでいたんだから、ほんと。

「 一国二政府の連邦国家で南北統一 駐韓米軍撤退 北による南侵攻 韓国崩壊 新たな朝鮮戦争勃発 元の木阿弥の分断国家 」になるのでは、と私は思っている。前半の「韓国崩壊」までは藤井厳喜氏の予測と同じ、それ以降は私の予測。素人考えだから外れてるかも知れないけど。北による南への侵攻が始まった時にアメリカが南を支援するかどうかによっても変わってくる。

南北統一が実現したとして、飢えた北の国民を救うのは今の韓国の経済事情では無理。おそらく日本などに支援を求めてくるだろうけど、人道支援などと理由づけして血税を注ぎ込まないでほしいものだ。

ボースさんが仰るように、南の政治家も国民も昨今の行動を見ていると何も考えていないのがよく分かる。朴槿恵氏の支持派によるデモも行われているが、それは将来に対する危機感からではないだろう。統一を果たして南も核保有国になったなら、南はおそらく日本を見下すことだろうが、それも長くは続けられまい。

で、私には心配なことが・・・、

アメリカは韓国に THAAD を配備しようとしているが、南北統一を果たしてない今でも、重要な軍事機密が北に漏れる、という恐れは無いのだろうか。韓国の政治家なら簡単に売りそうに思える・・・。韓国への配備は取り止めたほうが良いのではないか。「それじゃ対馬に」と言われたなら、今の中国と韓国の関係のようになるワケだからそれも難しいのだが・・・。

だいいち、九州とは目と鼻の先に、異母兄弟でも親族でも殺してしまう独裁者が核を持って日本を敵視していることになるのだから、日本にとってはこんな物騒な状況は無い。どんなに面倒くさい存在であっても、南が崩壊していくのを黙って座視しているワケにもいかないのが日本の辛いところ。にも拘らず、国会もワイドショーも、明けても暮れても森友問題・・・、平和ボケの極みであろう。対岸の火事ではなく、日本にも中韓北の工作員がたくさんいて、それらの国の息が掛かった議員も大勢いて、マスコミも在日に牛耳られているようだから日本もいつ韓国のようにならないとも限らないのに・・・。

本音で言えば、安全保障面を除けば、長年日本にたかって膨大な援助を受けていながら感謝することもなく、世界中にデマを吹聴して日本を悪者に仕立ててきた韓国が崩壊しようが壊滅しようが知ったことではない。反日国歌の為れの果て、自業自得だとは思う。一方で、ネットでは「トランプ政権が今月末にも北朝鮮に先制攻撃を仕掛ける」と出ていて、本当であってほしい、と思ってしまう。

で、再度言う、

15年前なら韓国が北朝鮮を飲み込めただろうが、今は逆にしかならない。

よって、嘘の従軍慰安婦問題や歴史認識問題でイチャモンをつけて盲目的に日本叩きを続けてきた韓国は(南北統一が、悲願でなく悪夢だと気付かないなら)近い将来の南北統一で自滅、崩壊する。

「韓国は何処へ向かおうとしているのか」でなく、「行き着く先は国家の崩壊」でしかなさそうだ。

posted by poohpapa at 05:48| Comment(7) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

店頭で老婦人にしたアドバイス

外出先から帰ると、店の前で貼紙広告を見ている老婦人がいた。鍵を開けながら、「宜しければ資料を差し上げますよ」と声を掛けると、「いえ、どんな物件があるか見ていただけですから・・・」とのこと。

そういうケースでは100%のお客さんがそう答える (^◇^)

ご年配だし、中に入って頂いて座って話そうかとも思ったが、きっと警戒するだろうから立ち話で済ませることにした。なんでも、昔は家を持っていたが、それを売却して今は賃貸住まいらしい。荷物も多く、今は広めの部屋を借りているが、事情があって2DKくらいの広さの部屋に引っ越したいんだとか。それで「この近辺の相場を知りたい」と思ったようだ。

老婦人は「この歳だし、貸してくださる大家さんもいないでしょうね・・・」と言う。私が「今まで賃貸で家賃を滞らせたことが無いなら貸して頂けると思いますよ。今の管理会社さんがお人柄を保証してくださるでしょうから。今入居している物件の管理会社さんはどちらですか?」と訊くと、「大手の不動産会社と同じ名前で、今は栄町のほうに引っ越してて、えっと・・・」と言うので、「ああ、藤〇ハウスさんですね」と言うと、「そうそう、家を売った時もそちらにお願いしてて・・・」とのこと。

「藤〇の社長さんからも『こっちに引っ越してきたら?』と言われてます」だと・・・。それで、「藤〇さんの社長はこの地域の宅建業組合の役員もなさっていたことがあって、とても立派な方ですよ。社長からそう仰って頂いているなら安心してお任せしてはどうでしょう。知らない不動産屋に一から説明して理解を求めるより話も早いでしょうし、何よりとても信頼できる業者さんです。うちは相場がどれくらいかはお教えいたしますが、部屋探しは藤〇さんに行かれてください。そのほうが間違いないです」と伝えた。

当社でも高齢者の方の部屋探しはよくしているし、出来ないことではない。もしも今の管理会社が評判の悪い業者であったなら当社で部屋探ししてしまうが「藤〇ハウスさん」と聞いたからには当社の出る幕は無い。藤〇ハウスさんの社長は本当に立派な方だから。

うん、またいつものパターンでお客様を逃してしまった・・・。だが全く後悔はしていない (^◇^)

posted by poohpapa at 07:40| Comment(6) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

これじゃ国交正常化は無理だし不要だろう

実は、この記事は一月ほど前に下書きしておいたもの。なので内容はネタ的には相当に古いのだが、後で書く「韓国は何処へ向かおうとしているのか」という記事の前置きとして必要かと思われるのでアップする。

本文はここから、


韓国で、こんな映画が制作されたようだ。

【歴史戦】「軍艦島は地獄島…」韓国映画・絵本が強制徴用の少年炭鉱員を捏造 憤る元島民たち「嘘を暴く」


官も民も国ぐるみで日本を貶めている国と無理して(一方的に譲歩して)付き合う必要があるのだろうか。今だって反日なのだから、中国の属国になったところで何も変わることは無い。言えるのは、中国に擦り寄って属国になったなら、きっと「日本と組んでいたほうが良かった」と後悔するだろう、てこと。と言うのも、中国は韓国を完全に見下しているから日本のように対等な関係など有り得ないのだから。

こんなニュースも、

「駐日大使召還」検討を=一時帰国長期化を批判―韓国野党幹部

とことんアホである。 韓国の野党は日本の民進党と同レベルなんだろう。所詮は野党、てことか。韓国が駐日大使を召還したなら日本にとっては勿怪の幸い。ぜひそうしてもらいたい。

一方で日本でも、

駐韓大使の帰任「早い方が良い」 自民・二階氏

ほえ???、そんなことしたら韓国に間違ったメッセージを送ることになる。元々二階は国賊議員だから、そんなトンチンカンなことしか言えないんだろう。

そして、安倍総理の昭恵夫人が「韓国は大切な国」と言ったそうだが、立場上「そう言わざるを得なかっただけのこと」で、内心では呆れていることだろう。なのでネトウヨはそこは責めてはならない話。

日本は韓国のやることを黙って見ていればいい。もがいて勝手に自滅していってくれるから。

で、こういうことは我々の仕事にも影響が出ることだろう。韓国人が部屋探しで来店したとして、親身に相談に乗ってくれる業者や審査を通してくれる家主は激減すると思う。ま、自業自得ではある。


下書きしていた本文は以上、

後先を考えず朴槿恵大統領を罷免したのはいいが、ここから先は韓国にとって地獄が待っている。今まで歴史や事実を捏造してまで、そしてそれを世界に吹聴してまで全て日本のせいにして日本からカネを毟り取っていた時代が懐かしく思い出される時が来ることだろう。韓国人は認めたくないだろうけど、「日本に併合されていた時代はこんなにも幸せだったのか・・・」と思い知らされる時がきっと来る。

韓国人は国民総「火病」であって、とくに日本に対しては国民総「サイコパス」なんだと思う。付き合わずに済むなら付き合いたくない隣人である。




posted by poohpapa at 06:14| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

これじゃ韓国を笑えない

韓国の朴槿恵大統領が弾劾裁判で罷免され、韓国内は政情不安に陥っている。まさに、北朝鮮の思う壺、という状態だが、そういうことに対して韓国民は全く危機感を持っていない。別の機会に述べるが、韓国は今まさに「崩壊の一途」を辿っていると言えよう。

ところが、である。日本も、そんな韓国を見て笑っていられるような状況ではない、と私は思う。

北朝鮮が日本海(日本)に向けてミサイル発射訓練と称して同時に4発のミサイルを発射している。いつ日本本土に落ちないとも限らないし、その気になればいつでも日本に撃ち込むことができることは間違いない。あの独裁肥満ブタが何かで追い詰められたなら、有り得ないことではないだろう。血の繋がった異母兄や叔父でさえ暗殺したり残虐な方法で公開処刑をするくらいなのだから。

にも拘らず、ワイドショーでは延々「森友学園」の追及に多くの時間を割いている。もちろん、いろんな疑惑もあるし、次から次へとボロが出てくるが、所詮は一私学の問題。それを安倍政権の責任問題と絡めていて、マスコミを挙げて同じVTRを何度も何度も流しているのだから、(森友学園を追及するより)安倍政権を窮地に追い込もうとしているのは一目瞭然。

物事には両面があるもの。問題が出てきた時点で「森友学園は悪」と決めつけて「悪い話」ばかりを垂れ流すのはいかがなものか。そんなのは明らかな印象操作であって著しく公正さを欠いていないか。

ニュース女子で取り上げていた沖縄問題にしたって、中国や韓国から反対運動に応援で駆け付けている輩が紛れ込んでいるのに、(マスコミは当然に知っていながら)そのことには一切触れていない。

ワイドショーだけではない。国会の場でも、今まで安倍政権を攻めあぐねていた民進党など野党が「この時」とばかりに攻め続けているが、今はそんな時ではないだろう。こんな問題で(野党が要求している)参考人招致なんかやってる時間があるなら安全保障を審議しろ、と言いたい。

個人的には、私は森友学園みたいな存在はアリかな、と思っている。今まで日本は、日教組による「祖国を愛せなくなる教育」を延々続けていて、教育現場に反日教育の影響が広く深く浸透していて、マスコミがそのことに異を唱えたことなど一度も無い。「幼児に教育勅語を暗誦させたところで意味など解かるかい!?」とは思うし、運動会での「安倍総理頑張れ」はやりすぎではあるだろうけど、今までマスコミが日頃から「日本の教育はおかしいのではないか」と異を唱えていたのなら解かるが、程度の問題は有ったにせよ、森友学園をここぞとばかりにしつこく追及するのは納得がいかない。

話を戻して、

たしかに、朴槿恵氏に大統領としての資質があったのかどうかは疑問だが、感情的に、というか情緒的に騒いで弾劾に追い込んだことで韓国は更に不安定な立場に置かれることになるのは間違いない。一方、日本で、マスコミが後先考えずに騒いで安倍さんを総理の座から引き摺り下ろすことに成功したとして、その後に誰が総理になったとしても日本が混乱するのも間違いないだろう。

中国も北朝鮮も、日本が(今の韓国のように)混乱することを望んでいる。その時になって、マスコミは責任を取れるのか。したり顔で国民を煽っているキャスターも評論家も無責任この上ない。

で、地上波のワイドショーが横並びで「森友学園」で騒いでいる間に、こんなことも・・・。

MXテレビのニュース女子や、虎の門ニュースのマトモさが良く解かる。これじゃ韓国を笑えない



posted by poohpapa at 06:00| Comment(12) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

倒産寸前の会社を救って頂いた (^◇^)

賃貸仲介管理を生業にしている会社にとって、今は寒風が吹き荒んでいる。本来ならば2月3月は繁忙期で猫の手も借りたいほどの忙しさになるハズだが、ここ数年はそうでもない。というのも、お客様はネットなどで自分で物件を探して「お目当ての物件」の管理会社に直接問い合わせることが多くなっていて、飛び込みで不動産屋を訪問したりしないから、ということと、地域性の問題。立川は大学が少なく、当社からは離れていることもあって学生向けのワンルームの需要は少ない。ゼロから部屋探しする飛び込みのお客様のほとんどは駅前の大手フランチャイズの店舗に入る。商店街までは流れてこない。

その昔、ボクシングのガッツ石松が現役時代、何度も世界チャンピオンに挑戦していたが相手が強すぎて、闘いながら「いつ倒れようか」と考えていた、と正直に告白していたのを思い出していて、「このまま行ったら店仕舞いするようだなあ・・・。いつ閉めようか」と考えるほど。それくらい状況は厳しい。

と思っていたのだが・・・、

この1ヶ月、以前から当社をお使い頂いているお客様がリピーターになってくださったり、そういうお客様のご紹介が重なってパタパタと申し込みを頂いたので、お陰さまで一息つけた。

しかも、管理料を除く仲介の手数料は全てご紹介やリピーターのお客様によるもの。当社は今までも「ご紹介やリピーターのお客様による売り上げ」が収益の70%前後で推移していたが、100%になったのは初めてのこと。それはもの凄く有り難いことで心から感謝している。

それで喜んでいてはいけない、当社の管理物件の空室を早く埋めなければならないが、それは相手のあることなので、なかなか思い通りには行かなかったりする。任せてくださっている家主さんには本当に申し訳ないこと。自分だけ喰えればいい、という話じゃないから。

思い起こしてみると、仕事面だけじゃなく、65年の人生で、「もう行き詰るかな」と思った局面では必ず救世主の方が現れていた。いつも同じ人でなく、その時どきで違う人である。そういうことで言えば私ほど強運の人間はいないと思える。などと書くと・・・、「それはあなたも同じことをしているからですよ」というコメントが入ることを期待しているんだろ、と言われそうだが、きっとそうなんだと思う(おい)

ご縁は大切にしているつもりだが、実のところ、救世主の中にはその後に意見の不一致から一切の交流を絶っている人もいる。なかなか思うようにはいかない、だから人生って面白い、と思っている。

posted by poohpapa at 06:05| Comment(4) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

私より熱烈な徳永芽里ファン (^◇^)

私の過去ログを「徳永芽里」さんの名前で検索すると幾つか記事が出てくる。

私は、多くの歌手がいる中で徳永芽里さんが一番好きなのだが、その私よりもっと「徳永芽里ファン」がいた。それは昨年の11月15日付の記事「 同じ嗜好の方から電話があった (^◇^)」で書いている人でもある。最初にお電話を頂いた後も、ちょいちょい電話を下さって徳永芽里さん関連の情報をいろいろ頂いている。それはFAXであったり郵便であったり・・・。

DSC01538.JPG
こちらは郵便で送って頂いたレコードのジャケットのコピー

お送り頂いた資料の中には私の知らない曲もあって、さすがに熱狂的なファンは違う (*^_^*)

レコード(CDではない)のジャケットの裏側の歌詞カードになってる面もコピーして送って頂いた。他にもいろんな資料を同封してくださったので、これはちょっとした宝物になりそう、ラッキー!、である。

ところで、このHさん、徳永芽里さんから直々に招待されて三度もディナーショーにご夫婦で行かれたとか。しかも、新潟から横浜のホテルまで来ているのだから、招待されたとはいえ大変な労力。逆に、徳永芽里さんの大好物の(特定の)チョコレートを送ったりもしていて、直筆の礼状を頂いたりもしているようだ。私も、徳永芽里さんから直接お電話を頂き、サイン色紙とCDをお送り頂いたことがある。Hさんも凄いが、ファンを大切にする徳永芽里さんも素晴らしい。

その昔、立川のパレスホテルで催された八代亜紀さんのディナーショーに(元)義父母を招待して行ったことがある。ショーの終盤で中年男性が立派な花束を渡していて、「へえ、あんな花束まで用意してくるファンがいるんだ・・・」と思っていたら、なんとその男性、八代亜紀さんのツアーやディナーショーの追っかけで、全国のショーで毎回必ず花束を贈っている、と後で知った。チケットと交通費、場合によっては宿泊費、そして花束代、と、物凄い出費だろう。貧乏人にはとてもできないことで、親が財産を遺してくれたものか。当然に八代亜紀さんとは顔なじみ。そういうファンは有り難いものだろうけど一歩間違えばストーカーにならないとも限らない。徳永芽里さんにしても八代亜紀さんにしてもファンをとても大切にしてくださるが、ファンの願望や要求が勝手にエスカレートしていったら怖い。小金井のアイドル刺傷事件も世の中に溢れるストーカー事件も、それで起こっているものだから。

もちろん、「Hさんは徳永芽里さんのストーカー」だと言っているものではない。ただ、三度も行っていると互いにファン同士が「あれ、あの人また来てるよ」などと囁き合っているかも知れない (^◇^)

徳永芽里さんは数年前にディナーショーからは引退なさっているそうで、今は「ポップスから演歌まで幅広く歌いこなせる圧倒的な歌唱力」でカラオケ教室を主宰していらっしゃるとか。

ファン度ではHさんに敵わないが、二人にとって徳永芽里さんは間違いなく「永遠のアイドル」である。

posted by poohpapa at 06:38| Comment(0) | 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする