2017年11月26日

このニュースで高校時代を思い出した (^◇^)

高校生にキスの教諭、免職取り消し「真剣に交際」と認定

現役の教師が女子高校生と(彼氏彼女という関係で)付き合う、というのは、ケーキ屋さんの店主が店の商品をつまみ食いするかのようで賛成しかねるが、今の時代、そりゃあ有り得ることだろうな、とは思う。下衆の勘繰りかも知れないけど、キスだけでは済んでいないんじゃないかな、とも。

まあ、元を質せば、うちのは当店のお客様だったのだから他人様のことは言えないんだけどね (*´з`)

当人同士は真剣で、昔あったテレビドラマ「高校教師」の再現みたいなものかも。

その昔、記事で少し触れているが、私の高校時代を思い出した。

1年時の「数学 β 」の教科担任F先生は、通常の感覚だと「キモイ」男性。今で言う「オタク」的な雰囲気と「マザコン」的な雰囲気を併せ持っていて、休日にパチンコ屋に行った際、生徒と鉢合わせして、生徒を叱るどころか自分が逃げ出した、というエピソードがある。つまりは「自分がパチンコ屋に来ていたのを生徒に見られてしまった」ということを先に考えてしまうし、大きな地震が起きた際、職員室の窓に足を掛けて自分だけ飛び降りて助かろうとした、と他の先生から聞いた。教師としてはクズである。

エヘン!、私はその時と同じ地震で、授業中、怖がって狼狽える(別の)教師を尻目に、同級生に「この程度の地震で校舎が倒れることは無い。怖かったら揺れが収まるまで机の下に入っていろ」と指示をして、様子を見て「もう大丈夫、出ていいぞ」と声を掛けている。怖くなかった、と言えば嘘になるが、そもそも私の家が東海地方に未曽有の被害をもたらした伊勢湾台風で水没して傾いていて、その後の度重なる地震でも倒れておらず、それに比べたら校舎のほうが何倍も丈夫、と思っていたからである。

で、そのオタク教師F先生、「あんな奴、一生結婚などできないだろうな。あんなのに惚れるような女、いるワケないよ」と思っていたら・・・、それが、いたのである (^◇^)

「一学年下のYって生徒がF先生のことを好きで好きでたまらないみたいだよ」という噂が飛び込んできた。Yは非常に優秀だったが、どうも母性本能が強すぎて、F先生に対しても「私が護ってあげないと先生はダメになってしまう」と思い込んでいたみたい。その噂はたちまち生徒間では広がっていたのだが、幸いなことに、他の教師や教育委員会にまでは届かなかったみたい。

届いていたら今回のような問題になった可能性もあるが、今とは情報量も意識も違う当時の話、交際していたワケでもなく、一方的にYが入れ込んでいただけのことなので、「物好きなヤツもいるなあ」で済んでいたのだが、卒業して何年か経って、F先生とYが結婚したと聞いた。純愛を貫いたようだ。

おそらくは、F先生は一方的に受け身であって、Yが積極的に迫ったんだろう。職員室の窓から逃げることもできず、「ま、いっか。一生独身になるよりマシだし・・・」と観念したものか。ちなみにY・・・、失礼ながら、面食いの私からすると・・・、「 No thank you 」である。今も夫婦でいるのかなあ・・・。

さて、今回の件も、周囲は生暖かい目で見守ってあげればいいと思う。

posted by poohpapa at 06:59| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

お客様から届いた喪中葉書

当社の管理物件にご入居頂いていて、もう15年ほど前に退去なさったお客様と今も年賀状での交流がある。そのお客様から(お父様が亡くなられたとのことで)喪中葉書が届いたのだが・・・、

裏側は、今年の冬に旅した北国の雪景色の写真で、表側の下半分に丁寧な手書きで用件が綴ってある。写真は印刷であっても、そして文章の雛型があったとしても、一枚一枚手書きの文面を添えるのはたいへんな手間であるのは想像に難くない。たいていはそういう場合には事務的に済ませてしまうものだろう。だが、読むと、個々の相手に合った文面になっているので雛型を書き写しただけでないことが判る。

今までに何十枚も喪中葉書を頂いたが、手書きの文面の喪中葉書は初めてのことで、感動した。元々が誠実なご夫妻であったし、だからこそ、退去なさって15年以上も経つのに今も交流が残っている。

もちろん、手書きでなければならない、ということではなく、印刷した文面で十分ではある。

まだ11月下旬なので、これからも何枚かは届くことと思われる。

そして、同じころに退去なさった(当時音大生だったご本人でなく)ご両親と年賀状の交流が続いていたのだが、私もお目にかかったことがある奥様が亡くなられたとの喪中葉書が届いた。優しい奥様だったし、男が残されるのはキツいことだろうな・・・、と我が身を振り返り思ってしまった。私は・・・、もしうちのに先立たれたらもう生活ができなくなる。家の中のことは何も分からないので。

前妻と生活していた時の後半、ほぼ14年間は私が(食事の支度以外の)家事をほとんど前妻から押し付けられていたので、料理も含めて家事全般できたが、今はうちのに頼り切っているからもう何もできない。食事は三食とも外食とかコンビニ弁当になる可能性が高い。それじゃ直ぐ後を追うようだろう。

夫婦は、旦那が先に逝くのが自然で、旦那が先に逝かないと何かと都合が悪いものだろう (*´з`)

posted by poohpapa at 05:26| Comment(2) | お客さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

今朝の記事に関連して、こんな話も

コメントの返信、夜までお待ちください。

米SF慰安婦像:民間交流補助金も打ち切りへ 大阪市長 (毎日新聞)

これも当然だと思う。朝鮮学校への補助金打ち切りと同じで、納税者の理解は得られないのだから。

それにしても、サンフランシスコ市長、なんとも傲慢でお粗末な人格だと思う。

これ、隣に(こちらは事実である)ライダイハンの像を建てて市に寄贈する、と日本が申し出たなら、コイツは断固拒否するんだろうな・・・。アメリカの刑事ドラマに出てくる横柄な市長、そのまんまじゃん。


 14時30分に以下を追加、

【歴史戦】慰安婦像「要請みじんたりとも受け入れてもらえず」吉村大阪市長 姉妹都市提携「解消が明確な意思表示になる」 (産経新聞)

posted by poohpapa at 12:15| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は吉村市長を支持

【歴史戦】慰安婦像で「信頼関係が消滅」…サ市との姉妹都市、12月中に解消へ 大阪市の吉村市長がコメント

サンフランシスコ市が、市の公園に設置された慰安婦像(売春婦像)と碑文の受け入れを決めて、それらが公共の器物となったことを受けて、大阪市の吉村市長が姉妹都市を年内に解消する決断をした、とのニュース。私は、(大阪市民ではないが)この吉村市長の決断を支持したい。

再三にわたりサンフランシスコ市長に抗議し、受け入れをしないよう求めていて、リー市長は市議会の決定を放置すれば自動的に発動するのに自ら積極的に署名している。大阪市長に会おうともしない。大阪市側への配慮も無く、どう考えても、そんな姉妹都市など無いもの。元々が中国系の人物とのことで日本の主張など聞く耳は持っていない。まあ、サンフランシスコ市の市長が代って公正に物事を判断できる人物が就任したならその時に改めて考えればいい。もちろん、大阪市から解消したのだから「再び」は無いだろうけど。

日本国内でも大阪市議会でも賛否両論あると思うけど、今はそういう方法でしか意思表示できないのだから仕方ないと思う。例によって「誠に遺憾」と言っていたのでは何も伝わらないのだし。

向こうが大阪市の対応を非難してもいちいち反論などせず放置すればいい。何かのトラブルの際に、日本人は常に「まあまあ」と抑えた行動をして中途半端な落とし処を探っていたが、日本人同士なら通用しても国際的には全く通用しないもの。今までの日本に一番欠けていたもの、それは・・・、


「毅然とした態度」だと思う。私は、吉村市長の英断を支持したい。



posted by poohpapa at 06:54| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

昼寝老人再び、などなど

昨日1時半ごろ、うちのとバーミヤンにランチに行くと、スッキリしない天気だったのにほぼ満席。後で判ったのだが、向かいの昭和記念公園で昨日から「餃子フェス」なる催しが開かれていたようで、餃子しか売ってないし、入場料こそ取らないが一皿600円と強気の設定。なので、それじゃ満足できなくて頭の中は既に中華モードになっている人がバーミヤンの大きな桃の看板を見て流れてきたものか。

そんな中で、昼寝老人がいつもの席で爆睡していた。週に何回かは来ていて、水曜日には必ず来るらしい。我々が帰る頃には3組6人がウェイティング。老人が占拠していた席は4人席だから、空けば助かるもの。会計する際、スタッフのMさんが「本当は空けて頂けると助かるんですけどね」と本音をポロリ。まあ、そうだろうな、とは思う。中には「待つなら帰ろう」というお客様だっているだろうに。

家に帰ると、近所に見慣れないコリー犬がうろうろ・・・。リードは付いていないし飼主も傍にいない。隣のTさんちの庭先に入っていき、たまたま庭に居合わせた(普段は口うるさい)Tさんもこれには苦笑い。これが猫だったりすると凄い剣幕で追い出しにかかるのだが、Tさん、犬派だったか (^◇^)

近所で飼われているんだろうけど、たまたま家族の隙を見て脱走し、束の間の自由を謳歌しているのか、Tさんにさえ人懐っこく尾っぽを振って寄っていく。この後で雨が降り始めたので、家に戻れたのか気になった。

そして、これは一昨日の出来事。駅ビルのグランデュオにミル(卓上用の胡椒挽き)を買いに行って、清算する際にお姉さんから「当店のポイントカードはお作りになりますか?」と訊かれ、「ああ・・・、いいです」と答えてしまいちょっぴり後悔。「作っておけば良かったか」ということでなく、印象の問題。それで「要らないと言ったなら、もう来ないよ、と言ってるようなものでしたね、失礼しました」と言うと、笑顔で「いえ、またどうぞご利用ください」との言葉。とても感じが良かったから、また使わせて頂こう。

そのミル、本当はレストランで使うような木製のものを考えていたのだが、ガラスとプラスチックでできていて、挽き加減が5段階に調整できる優れもの。値段は倍以上だし、たぶん粗挽きでしか使わないだろうけど、そちらを購入。一生モノ、と言うか、私が死ぬまでには買い換えないだろうから奮発した。

先日は「やかん」選びで店を何軒も梯子していて、こういう小物を「長く使う目的」で探すのは楽しい。



posted by poohpapa at 06:39| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

またも「国連人権理事会」の話

私が読んでいる「 NPO 法人百人の会」のメルマガから、そのまま転載 (たぶん拡散希望だと思う)


朝鮮学校無償化を勧告 国連人権理「差別なく平等な扱いを」

11/18(土) 18:39配信

カナロコ by 神奈川新聞
朝鮮学校無償化を勧告 国連人権理「差別なく平等な扱いを」

文部科学省前で毎週金曜日に行われている抗議行動。朝鮮学校の無償化を求め卒業生らが声を上げ続けている=7月21日、東京都千代田区

【時代の正体取材班=石橋 学】日本の人権状況を審査する国連人権理事会の作業部会は16日、218項目からなる勧告を発表した。高校無償化制度の対象から唯一除外されている朝鮮学校に制度を適用するよう求める勧告が初めて盛り込まれた。

 16日に採択された勧告は「すべての学校に無償化制度を適用せよ」「社会権規約委員会と人種差別撤廃委員会の勧告に従い、マイノリティーの子どもたちの教育権を差別なく確保せよ」「関連条約機構の勧告に従い、朝鮮学校への平等な扱いを確保せよ」などと求める。朝鮮学校の排除を差別と批判し、是正を求めた13、14年の国連社会権規約委員会、人種差別撤廃委員会の勧告を無視する日本政府への非難を含めた内容となっている。

 高校無償化制度は民主党政権下の10年に始まったが、朝鮮学校は適用が留保され、12年に発足した安倍晋三政権が審査を打ち切り不適用を決めた。当時の下村博文文科相は記者会見で「拉致問題に進展がない」ことなどを理由に上げていた。

 14日の日本審査会合ではポルトガル、パレスチナ、オーストリア、北朝鮮が制度適用や教育権確保に言及。これに対し日本政府は「法令の趣旨にのっとった判断。民族差別や教育権の侵害にはあたらない」と答弁していた。

 人権NGOが参加した10月の事前会合で、朝鮮学校が置かれた現状を各国に説明した在日本朝鮮人人権協会の朴金(パクキム)優綺(ウギ)さんは「すべての子どもの学びを支援する無償化法の趣旨に反し、政治的理由で朝鮮学校を排除しているのは国際社会の目からも明らか。これまでの勧告に従っていないことを踏まえた勧告を重く受け止め、速やかに制度を適用すべきだ」と話している。


私からすると、「人んちの庭にテント張って暮らして家主に食べ物を要求していないで自分ちに帰りなさい」という話。日本で暮らしている朝鮮人は難民ではないのだから、文句があれば自国に帰ればいいだけのこと。家主が保護してやる義務は無いし、他人から「食べ物あげたら?」と言われる筋合いも無い。日本が「是非ここで暮らしてほしい」と頼んでいるワケでもない。できれば帰って欲しいのだから。

だいたいが、この国連人権理事会なるものが、現在進行形である北朝鮮による拉致の問題で抗議声明や勧告を出したことが有ったのか、有ったとしても継続的に出しているのか、と問いたい。学費の援助が得られるか、なんて話より、拉致のほうが遥かに重大で犯罪行為なのだから。この件に関して無関係な中国の強い働きかけがあったということで、本当に性質(タチ)が悪い国である。

その費用、国連で負担したらどうか。日本もアメリカに次ぐ分担金を負担しているのだし。ほんと、現実や歴史(経緯)を公正に検証しないで「人権、人権」と叫ぶ国連人権理は猛烈な悪臭を放つクソだと思う。人権というものを一番理解していないのが国連人権理ではないか。日本は、公正な判断ができない国連の分担金の支払いをアメリカ同様凍結すればいいし、マトモに機能していない国連なんかもう脱退してもいいと思う。

posted by poohpapa at 05:22| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

朝日新聞が言いそうなことだわ ( `ー´)ノ

朝日はどこまでも売国を続けるつもりらしい。


(社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ

2017年11月19日05時00分 朝日デジタル

 太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

 サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

 像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

 大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

 ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

 慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

 「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

 もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

 国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。

 歴史認識や領土問題が自治体の友好に影を落とす例はこれまでもあった。島根県が「竹島の日」を制定した05年、韓国・慶尚北道は「断交」を宣言した。中国・南京市も12年、戦時中の南京大虐殺はなかったとする河村たかし名古屋市長の発言に反発し、
交流停止を通告した。

 これらのケースでは日本側が「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた。大阪市がしようとしていることはまさに逆だ。「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。

 外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

 韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

 ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。



とことん腐っている。もっともらしく書いているが、全て日本に責任がなく相手国に問題がある話。吉村市長からの書簡を無視して、このまま売春婦像の寄贈を受け入れるなら友好都市解消は当然のこと。だったら、朝日新聞がサンフランシスコ市に対する抗議記事の一つでも書けばよい

こんな新聞社が存続できるのだから、それだけでも「日本は人権が過剰に護られている」と判る。

posted by poohpapa at 07:00| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の昼前、立川で起きた火災

午前中、店番をしていたら、店の前を何台もの消防自動車がサイレンを鳴らして駅方向に向かう。

朝一番で駅前の銀行に行った際は、現場の前を通ったが何も起きておらず、お昼過ぎに再び駅前に向かったら交通規制が敷かれ、大変な騒ぎに・・・。

以下に、SNS に投稿された写真がいっぱい出てくる。

【火災情報】立川駅付近の雑居ビルで火事 東京都立川市曙町2丁目

写真を見ると、ハシゴ車まで出動している。火元はどこの店だろう・・・。隣のビルには、私がたまにランチで利用している磯丸水産があって、11時頃から1時頃まで交通規制が敷かれていたから、近隣の飲食店はせっかくのランチ時に「商売あがったり」で大変な迷惑を被ったことだろう。

他人事ではない。一昨年の大晦日には近所の貸家が全焼しているし、これから空気も益々乾燥するから、みんなお互いに気を付けなければ、と思う。


ところで・・・、私の顔からも火が出る火災が起きていた。昨日の午後、近所を歩いていて、「こんにちは」と声を掛けられたのだが、すぐに気付かなかった。他に歩いている人もいないから「私に、かな・・・」と思って振り返り「どこかで見たような・・・」と怪訝そうな顔をしていたら、「Mです」と笑う。同業者「M社」の店長だった。

失礼をしてしまったが、私はどうも顔を覚えられない。商売をしていて致命的、だと思うのだが・・・。気が付かなかったのには事情もあった。その前に高齢の入居者宅に「私は具合が悪いから家賃を取りに来てちょうだい」と言われて集金に行っていて、その際、「来年の更新の際の更新料、払えそうもないから5千円ずつの分割にしてちょうだい」と言われて、それを柔らかく断ったら「アタシが今までにアンタに無理を言ったことがある!?」と文句を言われていたのだ。相手は「無理を言ったことなど無い」と言うが、無理難題の連続だった。

「あ、アタシ。今入院してるから、オタクに預けてある合鍵を知り合いの店まで届けてちょうだい」と言われ、「それならアナタから知り合いに電話して、知り合いから当店に電話させてください。間違いがあると困るから」と言うと、「電話番号が分からないのよ、だから言ってんの!」とキレる。

実のところ、私はその「知り合いの店」というのは全く存じ上げてないから、本音では行きたくない。「相手が確実に依頼された人かどうかを確認するためにも、こちらからでなく向こうから先ず電話させて」と言うと、「もういい!」と電話を切る。本人確認の方法は、そんなことでなくても他にもあるが、「やってくれて当たり前」という感覚で電話されると私は「お役に立ちたい」とは思わなくなる。

最初に「お忙しいでしょうから本当に申し訳ないんですが・・・」と言われたなら喜んで「けっこうですよ」と直ぐ動くのだが、いつもこんな調子。家賃は振り込んでくれ、と言っているが「私はできないの」と言うし、これから毎月、私が片道徒歩10分かけて集金に行くようだろう。ああ、やだやだ・・・。

そんなことを考えながら不景気な顔して歩いていたところに「M」社の店長に会って挨拶されたのだ。もしかすると「あそこはもう潰れるかも」と思われていたりして・・・。

これからは、景気が悪くても明るい表情で上を向いて歩こう 💧

posted by poohpapa at 06:14| Comment(6) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

韓国絡みで今日2本目

【環球異見・トランプ米大統領アジア歴訪】中央日報(韓国) 独島エビ・元慰安婦とトランプ氏の抱擁「韓日間の論争で普遍的人権の側に軍配」と“勝利”宣言

バカもここまでいくとお目出度い (ぷっ)

私は、朝鮮戦争に限定しての話だが、韓国でなく北朝鮮を応援している。

posted by poohpapa at 14:39| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日は、「賃貸不動産経営管理士」試験の日

ちょうど昨年の今日、私も受験した「賃貸不動産経営管理士」の今年の試験が昨日行われた。

年々受験者が増加していて、役人の天下り先として協会はホクホクだと思われる。その中で協会のHPに気になった記載があった。試験に先立って、夏ごろ2日間の講習があって、受講すると本試験で4問免除になるのだが、「本試験の合格率14%UP」(昨年度)とあった。てことは、講習を受けて4問免除になっていても受からなかった人がけっこういる、ということか。合格率53%なのに・・・。

宅建試験も5問免除の制度があって、受験者の多くがボーダーラインのあたりにいるからその5問は大きいのだが、「賃貸不動産経営管理士」の試験は仕組みがちょっと違っていて、出された問題のうち指定された4問は解かなくていい、というもの。免除してくれなくても答えが解かっていたりした場合には恩恵が無い。だから「本試験の合格率14%UP」という低い数字になってしまうんだろう。

受講料17820円だし、二日間も拘束されるし、受講なんかしないで直接受けたほうがいいと思う。協会は喜ばないだろうけど、これほど「恩恵が無い」制度も珍しい。



posted by poohpapa at 13:01| Comment(0) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする