2019年11月20日

うちのが家を出て行った・・・

昨日の朝、うちのが家を出て行った・・・。

本当に、ただ魔が差しただけなんだって、出来心というやつ、嘘じゃないってば・・・。

という話でなく、久しぶりに実家に帰ったのだが。ノルンがいた頃、歳を取るにしたがってだんだんと超甘えん坊になっていくノネンを置いて泊りで出かけるなんてことができなかったので、両親に解かって頂いて帰省していなかったほど。お母さんがうちのに会いたがっているのはよく承知していたんだけど。

それと、心おきなく家を空けられるようになって、本来は最初に行かなければならない所は岩手の実家なんだけど、ことの行きがかり上、先に片山津に行ってしまったのは申し訳ない思い。

そうこうしているうちに、もう一つ「心おきなく家を空けられない問題」が出てきた。「歳を取るにしたがって超寂しがり屋になってきた」もう一つの存在が現れた。それが・・・、私である。前妻と暮らしていた時は、食事の支度以外の家事一切、掃除、洗濯、アイロンかけ等々、私がやっていたので「いつでも一人暮らしができる、女房なんていなくてもいい」と思っていたけど、今、洗濯機の使い方とか、どこに何があるか、も分からない。それに・・・、日が短くなって、家に帰った時に真っ暗なのが何とも怖い。

東電のCMで言ってたのか、夕方とか夜に帰宅して、家に灯りがついているとホッとするもの。「いつもと同じ」 「いつもと変わらない」というのは、それだけでとても幸せなことだと思う。

一人で暮らしている高齢者、慣れているかも知れないけど、寂しくて怖いだろうな・・・。実家のお母さん、脳梗塞のお父さんを介護しているけど、広い家の中で、お父さんがいるだけでも心強いと思う。

何もない田舎なので、うちのは「2泊3日が限界、それに洗濯物が溜まるから」と、明日の木曜日には帰ってくる予定だが、「着いたよ」と電話をもらって、「せっかくだからもう一泊しておいでよ、こっちのことは何とかするから」と言うと、「いや、木曜日には帰る」と譲らない。お母さんには申し訳ないが、正直、嬉しい自分がいる。洗い物をしたくないのでコンビニのおにぎりや外食で済ませているくらいだから。

ところで、昨日、あるアパートの入居者さんから「お隣り、今、人の出入りが激しいんだけど、何かあったんでしょうか?」とのメールが入った。隣の住人、市の包括支援センターの担当者からも本人からも、数日前に「入院して、もう(死ぬまで)病院から出られないみたいです」との電話があった人。容態が急変するには早いような気もするけど、今日あたり担当者から何かの連絡が入るかも知れない・・・。

私自身の自律神経失調症もキツイし定休日ではあるけど、連絡があれば直ぐに対応しなければ・・・。

posted by poohpapa at 05:14| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

ランチを食べに出られなくなった

ワケあって今日のお昼は一人なので、「そろそろランチでも・・・、もう出ようかな」と思っていたのだが、この記事を見て涙が出て、行けなくなっちゃった。

うちのは「とんこつラーメン」が苦手なので、近所にできた「長濱ラーメン」に一緒に行くことができない。こういう時に行くのがいいんだろうな、と思っていたんだけど、先ほどの記事の「とんかつ屋」さんに関して、「その後どうなったかな」とネットを検索していて見つけたのが・・・、

「まるかつ無料食堂」について

こういう人情味に溢れた店に対して、(あえて犯人と呼ばせてもらうけど)犯人は架空注文で大損害を与えたのだ。私も、今でこそJCBの最上位カードを持たせてもらって海外旅行にも行ったりしているけど、子供の頃は極貧家族もいいところで、朝ごはんのおかずの生卵1個を兄弟で分けていたほど。親父は「お腹いっぱい食べろ」と言うけど、おかずが少なくて(今は贅沢だけど)あるのは麦飯だけだから無理。

そういう育ち方をしているから、苦学生のお客さんには「飯が食べられなくなったら遠慮なくおいで。飯ぐらいなら奢ってあげるから。その代わり、あなたが偉くなったり有名になったら、一回しか飯を奢ってなくても『俺はアイツが若い頃、よく面倒を見てやったんだよ』と言わせてもらうから、その時は否定しないでね」と言っていて、みんなOKしてくれて、実際に飯を食べに来た学生が二人いた。

そんなだから、この店主の気持ちはよく解かる。それを踏みにじるとは・・・。

はあ・・・、あと30分くらいはランチに行けないかな・・・。ま、仕方ない。



posted by poohpapa at 13:53| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になったニュース

とんかつ店が「いたずら予約」被害、偽計業務妨害罪で懲役刑も…「行列」北村弁護士が解説
まいどなニュース  2019/11/18 10:36

この店主は優しいな。「単にお忘れかもしれないので責めませんがお弁当の無駄よりつらいのは、電話で予約を受けてくれたスタッフの申し訳なさそうな顔を見なければいけないことだということを、どうか知ってほしいです」だと。大量に注文しておいて忘れるワケ無いし、損害より従業員の心情を慮る・・・。

やったのも奈良県人かも知れないけど、奈良県人は優しい。自殺発生率が日本一低いのも納得。

弁当屋さんとかテイクアウトをやってる飲食店では有りがちなことで、だからと言って「店頭に来て前金で支払って頂かないと注文は受けられない」と言うワケにもいかないもの。商売の宿命、と諦めるなんてできないだろう。実は当社は当然に仕出し弁当は扱っていないが、似たようなことは起きている。

例の気違いが、女の名前で(メールでアットホーム経由で)物件に問い合わせを入れてきて「見せてほしい」と言うんで、こっちは丁寧に対応していたがスッポかされて・・・。後で、例の気違いの仕業だと判ったのだが、これも偽計業務妨害と言えるだろう。そういう嫌がらせは一度や二度じゃないし。

直近も、昭島の貸家で「見せてほしい」という男と現地で待ち合わせして、改札に入ったところで携帯にキャンセルのメール。「キャンセルは仕方ありませんが、私は今、改札を入ったところです。今決めたワケではないでしょうから、もっと早くに連絡すべきではありませんか?」とメールを送ったが返信は無し。もしかすると、私が改札に入るのを見ていてキャンセルのメールを送ったのかも知れない。それくらいのタイミングだった。

現地まで行って「来ない」よりマシだけど、そんな奴を入居させなくて良かった、と思うことにした。これが悪戯でないなら、入居後も「勝手なこと」ばかり言われて振り回されることになるだろうし。

ただ、その件では思わぬ副産物があった。普通に Suica をタッチして自動改札を通っていて、入場券で入ったワケではないから、そのままUターンしてタッチで出られない。仕方なく、改札の横にある案内所に行くと・・・、対応してくれたJRの職員、今までに見たことないくらいの美人だった。事情を話すと、「入場料は引かせて頂くことになりますが宜しいでしょうか?」と申し訳なさそうな笑顔で言う・・・。

「もちろんですよ」と答えたが、本音では、「その Suicacard の残高18000円あまりを全額引いてもらって、貴女のお小遣いにしてください」と言いたくなった。ま、それくらいでないとやっていられない。

立川市近郊にお住まいで立川に用があって出たりすることがある殿方、騙されたと思って東口案内所を覗いてほしい。私は毎日、駅のコンコースを通る度に「今日はいるかなあ」と覗いていたりして (^^♪

それにしても、人に迷惑をかけて、困る様子を窺って喜んでいるような奴は碌なモンじゃない。


碌なモンじゃない、と言えば、忘れてはいけないのがこの男、

鳩山元首相、沢尻容疑者逮捕は「政府のスキャンダル隠し」と断言
産経新聞  2019/11/19 01:11

へ・・・??、どこからそういう発想になるのかワケ解からないのだが・・・。とうの昔に総理でなくなっても、そういう(悪い意味での)話題作りに貢献してくれるのだから有り難いが。だいたいがマトモな頭ならそんなこと考えたりはしないもの。自分が「そういうことを思いつく人間」だからこそ出てきた言葉。

学術的には優秀だったみたいだけど、私は「限りなく気違いに近い馬鹿」だと思っている。


posted by poohpapa at 06:17| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

どっち転んでも最悪の選択

次の首相トップは石破氏21%、小泉氏18%と逆転…読売世論調査
読売新聞  2019/11/17 22:09

世論調査なんてものが如何に「いいかげん」なものか、という証であろう。だいたいが、どうやって調査したものか。まあ、読売新聞だから数字を改変したりはしてないと思うけど。この数字は、結果的に「政治に関心がないし、よく解からない」という国民を対象にして、いきなり電話して聴き取りしたんだろうな。だから、普段から「次はこの人」と考えているのでなく、思いついた名前を言っただけ。政治のことが少しでも解かっている人に訊いたなら、この二人の名前は絶対に出てこないと思う。

石破は日本の将来のことなど全く考えていないどころかミスリードしてしまうだろうし、小泉進次郎は見てくれだけ。数字が逆転したのも環境相になって能力不足が露呈したのと、結婚したことでオバチャンたちの支持が離れたから。そういうミーハーのオバチャンたちがそもそもの支持層。僻みでなく、男には嫌われるタイプ。

朝日新聞なら、ろくに調査もしないで「次の首相トップは石破氏31%、小泉氏28%」とか書くんだろうな。世論調査の数字なんて、読者には真偽の調べようがないのだから、新聞社の意向に沿って何とでも書ける。例えば、朝日と毎日と東京が手を組んで数字を適当に合わせて「首相支持率ガタ落ち」とか書けば、他のメディアも(悪意はなくても)「新聞各社の世論調査で首相支持率が急落」とか報道するし。

私は子供たちにも、「新聞やテレビが伝えているニュースを鵜呑みにしないで、自分の頭で『それが真実か、何が正しいか』を考えろ。例えNHKが流しているニュースであっても頭から信用するな」と言ってある。マスコミは、私が「この世で信用してはならない五つのもの」の中に入っている。

ちなみに、その五つは、

「銀行、学校、警察、お上(おかみ)、マスコミ」


でもって「政治のことなんか全く考えていない人、税金を払っていない人」と「真剣に国の将来を考えている人、しっかり税金を納めている人」とで選挙の際に同じ一票であるのは平等ではあるが不公平。

子供が10人いて、同じ量のパンを与えるのは平等だけど、中には満腹の子もいれば飢え死にしそうな子もいるだろうから平等に切り分けて与えるのは不公平。私が政治家に目指してもらいたいのは「平等な社会」でなく「公平な社会」。生活保護の実態がまさにそう。役所の担当者が真っ先に考えなければならないこと。政治家は「国民がバカであってほしい」と願っているだろうけど、国民は賢くならなければ。

そして、少しでも賢くなったなら、この二人を次の首相候補とは思わないだろう。

posted by poohpapa at 06:26| Comment(8) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

私が今、嵌っているチョコレート

いつもは4時くらいに目覚めるのに、今日は寝坊したので、軽〜く、

最近私が嵌っていて箱買いしているチョコレート 2品、

meiji 「 ALMOND 抹茶」(準チョコレート)と、

LOTTE 「 ALMOND CHOCOLATE バリスタ プレミアム」丸山珈琲監修 (エチオピア産コーヒー豆使用)

どちらも期間限定らしい。meiji 「 ALMOND 抹茶」のほうは、しっかり宇治抹茶の味がしていて癖になる美味しさ。LOTTE 「 ALMOND CHOCOLATE バリスタ プレミアム」のほうは、コーヒーの香りがチョコと実に良くマッチして衝撃の美味しさ。どちらも箱買いした。LOTTE のほうは一昨日もあちこちの店で探したが置いてなくて、最初に見かけた「いなげや」に行くと棚に15個あったので買い占めた。

それをいつもの東急ストアに3個持って行って、馴染みのスタッフ3人に「これ、めっちゃ美味しいから食べてみて」と差し上げて、「これ、取り寄せてもらえないかなあ」と2ケースお願いしたが、入るかどうかは分からない。入ったら連絡をくれることになっているが、取りに行くのはカテゴリー割引でチョコレートが2割引きになる日。仲良くしているから快く「大丈夫だよ」と言ってくれた。普段の差し入れが効いてるし。それで20個買っても4個がタダになる計算。ま、我ながらセコイと思うけど。

うちのお客さんにも一箱あげたら、「美味しかったからコンビニで見つけたので僕も買ってきました。でもけっこう高いんですね」と驚いていた。最近お付き合いが始まった家主さんにも差し上げたら、「これは孫には上げないで私一人で食べます」と喜んでくれた。みなさん、飛び切りの笑顔で嬉しい。

そういえば、やはり一昨日、店のドアを開けて外に出たら、4歳くらいの娘さんを連れたお母さんが、ウインドーの下に並べてあって一斉に首を振っている「まったりキャット」を見ていて、「こんにちは」と挨拶したら、「この子がこの猫ちゃんたちを見るのが好きで、いつも見させてもらっています」とのこと。それで、お子さんにはまだ早い味だろうけど、「お嬢さん、チョコレートはお好き?」と訊くと、「うん」と言う。それで、たまたま手に持っていた「 ALMOND 抹茶」を(お母さんの了解の下)一箱差し上げた。

まだまだ食べて頂きたい人(笑顔が見たい人)はたくさんいるから、今後も大人買いは続くだろう。

posted by poohpapa at 07:58| Comment(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

「金沢、片山津、東尋坊」一泊二日の旅行記 6

ひがし茶屋街を観て、金箔ソフトも食べて、バスで駅まで帰ろうとして、そのバスが兼六園の入口を経由しているのが分かったので、二人とも来たことはあるが、二人で来たことはなかったので寄ることに。一つには、「私はタダで入れる」ということもあった。バーミヤンをはじめ、いろんな店で発行しているシルバー特典カード、高齢者優遇制度、あれば使わせてもらうけど、「もう、そんな歳になっちまったのかよ・・・」と寂しくもなる。なんかねえ・・・、電車のシルバーシートに座るような気分になるんだよね。

まあそれでも、うちのの入園料320円だけ支払って兼六園に入る。入園券売り場の小窓に私の免許証を差し出して「65歳以上です」と見せたんだけど、ろくに免許証をチェックすることも、顔をまじまじと見られることもなかった。石川県人のおおらかさ、なんだろな。人を疑ってかかる、ことはしないみたい。

加賀温泉駅に向かう特急電車の時間もあるし、広い兼六園には20分程度しか滞在していない。Nさんから「旅館側の食事の支度の都合なんかもあるから6時くらいには到着してね」とも言われていたし、我々も「兼六園にも行った」という事実と、旅の思い出になっただけで満足できたから。

陽が傾き始めていたので綺麗な写真は撮れなかったけど、いちおう(説明抜きで)貼らせてもらう。

DSC08322.JPG

DSC08323.JPG

DSC08324.JPG

DSC08325.JPG

DSC08326.JPG

DSC08328.JPG

DSC08331.JPG

DSC08332.JPG

DSC08333.JPG

DSC08334.JPG

DSC08336.JPG

一眼で撮った写真はファイルの大きさの関係でここには貼れないので、ここに貼ってあるのはコンデジで撮った写真のみ。実はスマホで撮った写真のほうが断然キレイだけど、私はカメラで撮ることに拘る。というのは言い訳で、スマホで撮った写真をPCに移す方法を知らないだけのこと。もう旅行に重たい一眼を持ってくるのはやめよう。「旅の思い出」というだけならスマホで撮った写真で十分なのだから。

posted by poohpapa at 05:56| Comment(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

毎日の訪問先、「ナニワの激オコおばちゃん」さんの記事から

元々アメリカは腹黒いんや。とりあえずトランプさんと安倍ちゃんで今助かってるけど要警戒。

元々は「ぱよぱよ日記」さんの記事を引用したものとか。

私はずっと以前から、「今の日本はアメリカの同盟国としてしか存在できないけど、アメリカはいつか必ず日本を裏切る時が来る」と断言していて、それはトランプが「アメリカファースト」だからでなく、戦後直ぐから始まっていたこと。だいたいが「何かあったらアメリカが護ってくれる、だから憲法9条を後生大事に掲げていれば日本は安泰」などと信じている奴は極楽とんぼもいいところ。所詮アメリカは自国の利益しか考えない国。

つらつらと思う。日本みたいに、日本で暮らす外国籍の人間(ほぼ韓国系在日)に「人権問題だから」と生活保護費を支給しているお人好し国など他には無いことだろう。真相は不明だが、生活保護受給者の6割以上が在日、とも聞く。発展途上国に援助することは先進国の務めだとしても、「日本は様々な災害の復興に莫大な資金が必要とされているので、先ず復興を優先させたい。復興を成し遂げたらODAを復活する」と宣言したとして、韓国以外で文句を言う国があるだろうか。我々の税金は、先ず日本の為に使うべきではないか。

日本国籍であるなら当然としても、帰化しないまま日本で生活保護を受けている人たち、自国に支援を求めるなり、自国に帰るなりすればいい。日本の法曹界や政治家、マスコミなんかも「誰にも同じ人権がある」などと考えていたら大間違い。同じ人権があるのは「基本的人権」まで。最低限の人権とか自由が保障されているなら、あとは自己努力、自己責任。どうしても克服できない正当理由がある場合のみ生活保護で良い。のだが・・・、それを言ったら支給資格のある在日などいないことだろう。

今の日本は、自称「弱者」が、「人権だ」 「平等があ」と大声で叫びながら肩で風を切って歩いている。今に、怪しい政治団体や反社会的勢力を後ろ盾にした自称「弱者」に、いいように日本は食い物にされるだろう。いや、もう既にそうなっている。今の日本に本当の弱者は少ないと思う。私は、誰もが異議を唱えにくい「人権」 「平等」 「平和」 「自然保護」 「弱者救済」などを前面に打ち出す奴は信用しない。

私は、在日に生活保護を支給するのは「日本人に対する逆差別」だと思っている。日本は戦前、戦中、戦後と、韓国や中国に多大な迷惑を・・・、掛けてなどいない。逆に、日本に戦後補償の名目で「近代化に向けての多大な貢献」をしてもらっていたのではないのか。かつて欧米諸国から植民地にされていた国々が「賠償と補償を要求する!」などと言い続けているなんて話は聞いたことがない。日本と違って欧米諸国は現地の人たちを奴隷化したり資源などを搾取していたのに、である。もう日本は韓国の強請り集りに応じるのはやめよう。韓国人には「感謝」のDNAは無く、未来永劫「不当な要求」が続くのだから。

もっとも、ギャーギャー大声で騒ぎ立てる韓国より、もっと怖いのは日本人でありながら日本の転覆を静かに目論む左翼思想の連中。仮に奴らが目標を達成したとして、日本をどういう国にしたいのか、明確なビジョンなど持ち合わせていないのは明白。そういうの、与党の中にもいるのが不思議で怖い。

話は飛ぶが、私は郵政民営化の小泉純一郎こそが過去最悪の売国奴だと思っている。河野洋平より鳩山由紀夫より誰より、である。靖国参拝していても、小泉純一郎が国賊であるのは間違いない。郵政民営化は誤り。それならNHKを民放にしてほしかった。NHKは中立を装った売国放送局だから。

それにしても・・・、日本人の「人権ボケ」は何とかならないものか。当然に権利の裏にある義務なんかは吹っ飛んでいるし。この国は、戦争ではなく「人権」で潰れる、と私は思っている。国会の議論も、野党から「政府(与党)案のままでは賛成しかねる。ここをこう改善したらどうか」という建設的な提案がされたことなどなく、ゴシップ週刊誌の編集会議のような議論を強いられている。野党が目指しているものは「国民の生命財産をいかに護って日本を発展させていくか」でなく、「政権の粗探しをして日本を転覆させること」でしかない。そんなのは在日に生活保護費を支給するより遥かに無駄遣い。

旧民主党の植松恵美子元参議院議員(現香川県三木町副町長)や鷲尾英一郎衆議院議員(今は自民党)みたいに真っ当な志のある政治家がもっと現れてほしいもの、と切望している。

posted by poohpapa at 05:11| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

「金沢、片山津、東尋坊」一泊二日の旅行記 5

近江町市場で美味しいランチを頂いた次に向かったのは、ひがし茶屋街

レトロな街並みをそのまま保存している「金沢らしい」一角で、私が一番楽しみにしていた街。金沢は初めてではないけど、ひがし茶屋街を訪れたことはなかった。

で、今回の記事も写真の羅列、

近江町市場から徒歩で金沢の街を散策しながら移動、

DSC08284.JPG
蓄音機博物館、興味はあるけど時間がなくて入らなかった

DSC08286.JPG

DSC08287.JPG
やっと辿り着いたひがし茶屋街の入り口

DSC08289.JPG

DSC08309.JPG
こんな玄関の家に住みたいもの

DSC08302.JPG
外国人観光客も多い

DSC08301.JPG
ひがし茶屋街での一番の目的の店、金箔の「箔一

ここでのお目当ては、金箔の「あぶらとり紙」でなく、金箔のかがやきソフトクリーム。金箔に全く味は無いが、ほんのひと時「リッチな気分」になれる。ま、現代版「マッチ売りの少女」とでも言うべきか・・・。

DSC08290.JPG
これ以上に薄くはできない、というくらい薄っぺらい金箔をソフトクリームに乗せていく熟練の技

少しでも息がかかったり風が吹いたらパアになる。沙耶さんから「薄っぺらくて軽薄」と指摘された私とどちらが薄っぺらいか、という話。沙耶さんは「アンタのほうに決まってるでしょうが」と言うだろな・・・。

DSC08294.JPG
値段は、お店の名前「箔一」(はくいち)に因んで891円

DSC08297.JPG
店内で食べられるのは1階の一角と2階のみ

DSC08300.JPG
着物姿の若い女性客もチラホラ

DSC08311.JPG
ひがし茶屋街の外れにあった風情のある神社

DSC08317.JPG
ぶらぶら歩いていたら神社の守衛さんから「どちらからお越しになりました?」と声を掛けられた

念のため、顔出しOKとの了解は頂いている。石川県人はみんな優しくて大好き。

「この横の坂道を上っていくと右側に階段が30段ほどありますが、その上から金沢市街が一望できますよ」と言う。ならば、と行ってみたが、坂もキツくて階段は30段なんてモンじゃなかったよ。

DSC08312.JPG
長い坂道は、ここまで徒歩で来た人間には過酷、「なんだ坂、こんな坂・・・」と心の中で呟く・・・

DSC08314.JPG
おまけに逆光で写真が撮りづらく、右にカメラを向けると超逆光になってしまう・・・

DSC08315.JPG
こんな像もあったけど、なんだか分からない

でもまあ、せっかく来たのだから行っておいて正解だったとは思う。もう二度と行かないけど。

DSC08321.JPG
観光地定番の人力車、こっ恥ずかしいけど、次に訪れたら乗りたい


近江町市場とひがし茶屋街は、再び金沢を訪れたなら今度はゆっくり廻りたいと思う。


posted by poohpapa at 05:52| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

旅行記をお休みして・・・

Occhan さんとボースさんから頂いたコメントで、つらつらと考えた。

Occhanさんが仰るように、ここにきて急にマスコミが「愛子さまヨイショ」を始めたのは、日本の天皇制を潰しに掛かっているのでは、と。マスコミは「こんなに聡明で何をやらせても素晴らしい能力を発揮する愛子さまであるなら将来的に天皇に戴いても良いではないか」 「いつまでも男系天皇に拘っていないで男女平等の観点からも愛子さまが天皇になるのは当然」と国民を意図的にミスリードしているような・・・。

率直に申し上げて、愛子さまは地味である。とくに美人でも可愛くもない。秋篠宮家の佳子さまとは大違いである。ま、天皇たる資格に美人かどうかは関係ないが、マスコミは今まで佳子さまのことは取り上げても愛子さまのことはほとんどスルーしていた。ニュースの絵面としては適さないからだろうけど。それが、天皇即位に合わせるタイミングでヨイショし始めたということは、当然に裏の意図があってのことだろう。

愛子さま・・・、なんで父親の、というか天皇家の(外見上の)遺伝子を強く引いちゃったんだろな・・・、と思う。ただし、愛子さまは裏表がないお人柄であるのは間違いない。幸か不幸か、マスコミが騒がなかったのも良く影響しているんだろな。そして、ご両親からの遺伝と躾と教育の賜物であろうか。

素養的にも人間的にも申し分ないけど、マスコミがヨイショし始めたことで我々日本人は警戒しなければならないような、そんな気がする。今のマスコミには反日分子が深く入り込んでいるし、野党だけでなく与党内にもいるから、しばらくしたら一斉に「愛子さまを天皇に」キャンペーンを張るだろな。天皇制の本質とは関係ない、そして、誰もが異議を唱えにくい「男女平等」を旗頭にして。

私も、好き嫌いで言ったら愛子さまは大好きだけど、それとこれは別。

あ、ボースさん、コメントの返信はこの記事をもって代えさせてくださいね、すみません。


で、話は全く変わるけど、


キリスト教団体、歴史研究者ら 大嘗祭にそれぞれ抗議
朝日新聞社  2019/11/12 20:22

ま、朝日新聞らしいと言えば朝日新聞らしい記事。私は世界の宗教の中でキリスト教は最も嫌いな宗教の一つ。私の友人知人の中にもクリスチャンはたくさんいるけど、ヨーロッパなんかを旅して教会(の建物)に連れていかれると、どんどんキリスト教が嫌いになっていく。だいいち、もしキリストがこんなことでイチャモンをつけるとしたなら、キリストなんて「心が狭くて碌なモンじゃない」と思う。

私がキリストもキリスト教も好きでないのは、ひとつには前妻の妹夫婦の存在がある。義父母と一緒に暮らしている我々には何の気配りもせず何でも「イエス様」 「イエス様」とキリスト(牧師)のほうしか見ていなかったから、そういうこともあって、キリスト教なんて排他的で碌な宗教じゃない、と思った。世界の戦争や紛争の種になっているのも、多くはイスラム教よりキリスト教ではないか。って、また沙耶さんから叱られそうだけど、そう思う。私は無信仰 ・ 無宗教で、宗教なんてそれぞれ人の心の中にあれば良いもの、所詮は人間がやっていること、くらいにしか思っていない。私が何かで困った時に頼るとしたら、宗教や占いでなく生身の人間。


それと、

光市母子殺害、死刑囚弁護団が再審求め特別抗告
読売新聞  2019/11/12 21:06

この弁護団、団長は今も安田弁護士かなあ・・・、こいつら本当にクズだと思う。馬鹿の一つ覚えで「人権」 「人権」て、殺された母子にもご遺族にも人権がある。よしんば精神鑑定の結果「無罪」となって容疑者が娑婆に出てきた後で何か起こしたら、いや、起こさなくても周囲に不安を与えて平穏な生活を奪ったなら、弁護士は責任をとれるのか。「後は知らない」では済まないだろう。死刑で早く終わらせるべきだと思う。ほんと、人権派の弁護士って大嫌い。立川市の市議会議員選挙で、一旦は「投票しよう」と思った候補者の支援者に人権派弁護士の名前があったので投票するのを止めたくらい。


相も変わらず韓国は日本にイチャモンをつけているし、早く国交を断絶して、在日(とくに生活保護受給者)には本国にお帰り頂きたいと思う。日本人が海外で生活していて困窮したら、その国から生活保護のような支援が受けられるものだろうか。「そんなのは本国に言いなさい」と突き放されるのがオチではないか。戦後補償の一環みたいな感じで特別在留制度ができたとしても、もう十分だろう。

金正恩は「南北統一のための費用1兆円を戦後補償として日本に出させる考え」、と某ニュース番組で伝えていたけど、自分たちで統一できないなら(人様の懐は当てにせず)統一は諦めろ、と言いたい。

断言する。北朝鮮はたとえ1兆円を手にしても拉致被害者は返さない。だから諦めよう、というのではない。カネ(身代金)で返してもらおうとは思わないこと。北朝鮮が拉致被害者で巨額の資金を得られるとしたらあと数十年。常識的に、人間の平均寿命からして、そして北朝鮮の食糧事情などからして「もう生存してはいない」と思われる年数になったら、あるいは「拉致被害者がよぼよぼの年寄りになってから」では交渉するには遅すぎるのだから。北朝鮮がここ数年でカードを切りそこなったら、北朝鮮は(失礼な表現だが)ババを持ったままゲームオーバーになる。それにしても自力で拉致被害者を取り返せない軍事力でしかない日本は情けない。似非平和主義者が「憲法9条があ」と叫んでいても拉致被害者は返ってこない。憲法改正を急ごう。


さて、明日からまた旅行記に戻ろかな・・・、何事も起きなければ。


posted by poohpapa at 05:21| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

12月11日(水)と18日(水)に・・・

私事なんだけど・・・、白内障の手術を受けることに。

12月11日に左眼、18日に右眼、という順に12月(1ヶ月のうち)に両眼とも行う。右眼はまだ進行が軽度で手術するには早いのだが、高額医療費払い戻しの関係で私のほうからお願いした。間を開けずに両眼とも手術してしまったほうが片眼だけ手術するより生活しやすくて快適だろうな、と想像がつくし。

昨日4時過ぎに、今月の6日にオープンしたばかりの(白内障手術に特化した)森山眼科クリニックに行ったら、様々な事前検診など2時間も掛けて丁寧に診断してくれて手術する運びになったのだが・・・、私が持参した現金は6千円、「こんなに検査したら3割負担でも足りないかも」と不安になりスタッフに尋ねると、案の定7020円。受付で「すみませんが、初診料、これくらいで足りるだろう、と高を括っていて6千円しか持ってきていないのですが・・・」と打ち明けると、実に快く笑顔で「次回の手術日の来月11日でかまいませんよ」とのこと。カード支払いもカード会社に申請中とのことでまだ出来ないし。

「なんなら腕時計( ROLEX )を置いていきましょうか?。女房と一緒に来ていれば(借金のカタに)女房を置いていくのですがねえ・・・」と言うと大爆笑。家に帰って、うちのにその話をしたら、「私は1020円ですか?、大人なんだから、せめて1万くらいは持っていきなさいよ!」と怒られた。ご尤も (*´з`)

立川には「白内障手術ならここの病院がいいよ」と言われる眼科が今まで無かったのだが、この森山眼科クリニックが6日のオープンに先駆けて3日に内覧会を実施した際に私も見に行って、「うん、ここで手術を受けよう」と納得できていた。内覧会でも、スタッフの対応が実に感じが良かったのだ。

しかもスタッフ、男子はイケメン、女子は美女ぞろい。今は白内障でモヤっていてしっかり見えていないけど、術後が楽しみになるくらい。そういう楽しみでもないと手術なんて受けられない (^◇^)

それにしても、白内障の手術も凄い進化を遂げている。今から40年ほど前、私が尿管結石で入院していた際、同じ部屋に白内障の手術を受けた患者さんがいて、術後は数日間、寝返りはもちろん頭を動かさないよう頭の両側に枕をあてがわれていた。それが今では日帰りで水晶体の代わりにレンズまで入れてくれる。希望すれば遠近両用レンズまで。参勤交代の大名行列と新幹線の違いくらいの差である。

ところで、「レンズは遠くにピントを合わせますか近くにピントを合わせますか?」と訊かれて、「近くでお願いします」、つまり、今と同じように事務仕事をする際に眼鏡を掛けなくていいようにしてもらうつもりだったけど・・・、裸眼で遠くにピントが合っていたほうがいいのかな、と悩んでいる。

と言うのも、高齢で白内障と言っても、少しは水晶体がピント調節をしていたハズで、近くの、例えば40cmくらいに焦点を合わせてしまえば、硬いレンズのこと、ほぼそのあたりの距離しか焦点が合わなくて不便かな、ならば遠くに焦点を合わせて、近くを見る時は老眼鏡を掛けるか、遠く見るための度は付いていなくても遠近両用メガネを掛けるほうがストレスが無いかも・・・、と悩んでいるのだ。

当ブログの読み手さんの中で、もし最近、白内障手術の経験がおありの方がいらっしゃったらぜひアドバイスを頂けたらと思う。そうだ・・・、旅仲間の茨城の歯医者さん(経験者)にも訊いてみよう。

posted by poohpapa at 05:42| Comment(6) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする