2018年07月01日

同業者の営業マンを叱りつけた

一昨日の記事「この怒りを何処に持って行けばいいのやら ( `ー´)ノ」の営業マンを叱りつけた。

仕切り直しで、昨日、案内してもらうことになっていて、午前中に電話があって、「1時ごろ伺いたいのですが」とのこと。いつもランチを摂るのは1時過ぎなので、1時ならちょうど良いだろう、そう思って了解したが、嫌な予感はしていた。「また連絡もなくすっぽかされるのではないかな・・・」ということである。週の平日の何日かはうちのと外食しているが、土日は外食をしないから、ただ待っていれば良いだけのことだが、いつもの時間と昼食の時間がズレると夕食に影響が出る。生活のリズムはなるだけ崩したくない。だからと言って、ちゃんと約束どおり来るかもしれないから、そんな相手に合わせてコンビニで(本来は買う必要のない)弁当を買って食べながら待っているのも辛い。

で、1時を5分過ぎても現れない。たいていは、来れなくなったり遅れる場合に連絡してくるなら、そのへんが限界、できれば、約束した時間の前にしてくるのが当たり前。1時10分になっても連絡が無く・・・、電話があったのは1時40分。「すみません、2時20分頃に伺います」と言うので、「来なくていいよ」と言い放った。

「でも、お客さんがいろんな物件を見てきて、最後にそこをどうしても見たいと言っているので・・・」と言うので、「そんなことは知らない。先日もすっぽかされているし、今日も約束の時間を40分も過ぎて連絡してくるような業者が信用できるか」と言って電話を切った。直ぐに会社に電話をして「店長はいらっしゃる?」と言うと、敬語ではあってもクレームだな、と感じ取ったのか「少々お待ちください」と言った後、だいぶ待たされて、「おそれいりますが店長は外出していまして・・・」だと。

社員5〜6人の会社である。さっと見渡すなり他の社員に「店長は?」と訊けば外出しているかどうかは直ぐ判るだろう。先日のトラブルが耳に入っているのか、明らかに居留守を使っている様子。申し込みが入ったなら有り難いが、そんな業者が案内してくれる客ならどんな人格だか知れたものではない。だいたいが、どういう理由か知らないが、(客のほうも)先日も約束していて来なかったし、昨日も時間を守っていないのだから。

電話に出た男に、理由を話して「オタクはどういう社員教育をしているのか」と小言を言ったが・・・、巷によくいるクレーマーが言いそうなセリフである。教育以前に社会常識ではあるが。

ところで、その物件、今は一般媒介だから、現地に当社でキーボックスを着けることはしていない。着ければ客付業者の負担は(管理会社に借りに行かなくて済むから)楽になるが、一般媒介で「いろんな業者に客付けを依頼する」なら、キーボックスは家主が用意すべきものだと思う。

一般媒介であることを知れば、別の業者に問い合わせて見せてもらうことも可能だが、別の業者は鍵を持っていない。と言うか、いろいろ事情があって、広告は打っていないようである。当社と仲良くしているし、いろいろやりにくいものだろう。大した利益にならないのに信用問題に発展しても辛いだろうし。私は別の業者で決まってもかまわないが。そういう業者間同士の問題だけでなく、この件に関しては家主にも問題がある。

夕方、再度、「お客さんがどうしても見たいと仰っていて・・・」と電話があった。家主の事情もあるだろうけど、断った。その物件に関しては私もテンションが下がっているから。「客がどうしても見たいと言うなら他の業者さんを通して依頼してもらってくれ」という言葉を飲み込んだが、言っても良かったか。

本音では、この記事に「その会社のHPのリンクを貼ろうか」と思うほど。「(約束の)期日や時間を守る」ということは社会人として最も基本的で重要なこと。ましてや、クレームから店長が逃げるようでは、その会社、長くもたないんじゃないかな、と思う。

posted by poohpapa at 06:15| Comment(2) | 同業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

この権利を譲ります

最近、怪しいメールが届くことが増えた。以下も、その一つ。


このメール保存して貰えますか?

単刀直入に言いますとあなたに無償でお金を送金します。

私は主婦でありながら主人に内緒でネットビジネスで収入を得ています。

それが去年から収入が跳ね上がり、税金の問題が出てきました。

そこで毎月の収入の税金対策としてあなたに収入の一部を送金し、税金対策としたいのです。
ここで重要なのがお互いがお互いを知らない相手だという事。

ですのでこうして連絡をさせて頂きました。
ちなみに今の平均月収が700万程度ですので大体毎月200万以上をあなたにと思っています。

これで税率も下がるので私も結果的には損はしません。
私が送金したものはその時点であなたの物ですので何に使おうが自由ですし、勿論返金も絶対に申し立てませんので安心してください。
なのでこのメールを保存して頂いても構いません。

まずは昨年1年分の3割、2900万をお礼も込めて送金したいのですが宜しいですか?
その後、今後毎月の送金も受け入れをお願いしたいのです。

まずは送金してもいいですか?


節税対策なら、どこぞの慈善団体に寄付すれば良さそうなもの。口座情報取得が目的か。でもなあ、こんなのに引っ掛かるような奴の口座にしっかり蓄えがあるとは思えないから、最終的には「口座情報から辿ってクレジット情報を取得する」ことが目的なんだろう。ある日突然、もの凄い請求が届いたりして。

まあ、カネは(人生を狂わせることはあっても)いくらあっても邪魔にはならないから欲しい。だが、縁もゆかりもない人から「大金をあげるよ」と言われて飛びつく人がいるんだろうか。いるから「こんなメール」が届くのか・・・。最近は、自分が出した覚えのないメールのリターン通知メールも大量に届くようになった。誰彼かまわず、私が発信人となったメールが送られているんだろう。実害は無いが鬱陶しい。

で、上のメールにある権利、どなたか「リスクを負ってもカネが欲しい」という人に譲りたい (^◇^)


ああ・・・、私もいつか「多摩のドンファン」と呼ばれるようになりたいもの。変な死に方はしたくないけど。

posted by poohpapa at 05:29| Comment(8) | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

この怒りを何処に持って行けばいいのやら ( `ー´)ノ

昨日、同業者(敬称は付けない)から物件の問い合わせがあった。案内したい、とのことだが、鍵は当社にあって、来社が夕方6時半になると言う。たいていは鍵が現地対応になっていて、その物件も当初は現地対応になっていたのだが、私の知らないうちに家主が回収していたので、鍵を当社に取りに来てもらう必要がある。「営業時間は何時までですか?」と訊かれたので、「6時までですが、お待ちしていますよ」と伝えた。

で、昨日は仕事で遠出していて体調も芳しくなかったので、5時すぎに、うちのに「今日はもう帰るわ」とメールして店を出て、「ああ、そうだ、6時半に業者が鍵を取りに来るんだった」と思い出し、店に戻って事務仕事を片付けながら待つことに。だが、7時近くなっても来ない。その店のホームページを見たら営業時間は7時までになっている。てことは、7時過ぎたら留守電になってしまうかも知れない。せっつくのも悪いかな、と思ったが、このまま待ち続けるのも辛いので思い切って電話してみた。すると・・・、

電話に出た女性が固定電話の着信を担当者の携帯に繋いでくれた。へえ、そんな機能があるんだ・・・、と感心しながら待っていると、担当者が出た。「ああ、お客さんの都合が悪くなって今日は行けなくなりました。今度の土曜日でお願いします」だと。「すみません」とも言うが、なんか心が籠っていない。私は営業時間を伝えてあるのだから、6時までというのは当社の勝手であったとしても、営業時間後1時間も待たされていて、それだって、こちらから連絡しなければ「中止になった」と知ることなく、ずっと待ち続けていたかも知れない。でもって7時過ぎたら連絡の取りようが無かったであろう。いくらなんでも、それは不親切ではないか。本音で言えば、そんな業者なら土曜日の案内もしてくれなくていい、と思ってしまう。

私が待ったのは、家主の「一日も早く決まってほしい」であろう気持ちを考えたからに他ならない。その業者の担当者、どうして「そうだ、管理会社に連絡しておかなければ・・・」にならないのか不思議である。ハッキリ言って、その程度の気配りができないような奴は碌な営業マンにはなれないだろう。

連絡なく鍵を回収してしまった家主に対しても怒っている。先日、近所まで行くついでがあったので空気の入れ替えをしようと思って物件に立ち寄ったら鍵が無くなっていて、もしかすると最後に案内をしてくれた業者さんがうっかり持って帰ってしまったのか、と疑ってしまっていたし、本当にそうであったとしても証明することは出来ないから責任は管理会社が負うことになる。こちらが負担して合鍵を作らなければ・・・、と思っていた。今は専任でなく複数の業者に客付けを依頼する一般媒介になっているから当社だけの責任ではないけど。

なんか、余計に疲れさせられた感じで、非常に腹立たしい。この仕事を続けている限り、(ストレスが一番の原因とされる)自律神経失調症から解放されることは無いだろう。

posted by poohpapa at 05:03| Comment(6) | 同業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

久しぶりに伊勢丹8階の寿司の名店「魯山」へ

当社で6回も部屋を借りてくれていた「た〜」さんから日曜に電話があって「水曜日に立川に行くから」だと。立川に行く、と言ったって今は郷里である岩手の片田舎に引っ込んでいる。2週間前にも来ていて、その関連の用事らしい。郵送でも済むけど「皆に会えるから」と上京するみたい。なんでも、下処理をした「わらび」を持ってきてくれるらしい。それで「昼飯、一緒に食べようか。Jonathan's とバーミヤン、どっちがいい?」と訊くと、「バーミヤンのほうがいいな」と言う。私もそのほうが嬉しい。バーミヤンのほうが安いから (^◇^)

で、昨日、お昼前に我が家に到着。「わらび」の他に、私の大好物である岩谷堂羊羹「粒栗」も土産に持ってきてくれた。仕方ないので、「蜂蜜 太郎」を試食してもらうと、「ああ、美味しいね」というので、箱で買ってあることだし二袋持たせることに。

岩手の家では愛猫で超甘えん坊の「殿」が留守番しているので、用事とランチを済ませたら新幹線でトンボ帰りしなければならない。落ち着く間もなく食事に出掛けたのだが、途中、「バーミヤンでもいいけどさ、伊勢丹の8階の魯山のカウンターで(お好みで)寿司食べない?」と言ってみたら、「いいねえ、そうしよ」だと・・・。

おい、そこは遠慮するとこだろが。うちのでさえ、「たまには廻ってない寿司でも食べに行かない?」と訊くと「無理しなくていいよ。私はパックの寿司や回転寿司で十分だから」と気を遣うのに ( `ー´)ノ

まあ自分で言ったことだから仕方ない。伊勢丹の8階まで昇って魯山のカウンターに座って、大将が「さ、何にしましょ?」と言うと、「穴子」だと。ま、穴子なら赦すけど、それを食べ終えたら「中トロ」とぬかしゃがった。「おい、もうそこに行くか!?」と言いたくなった。大将が「すみませんねえ、中トロは切らしてます」と言ってくれることを心の中で祈っていたが、笑って受けやがった。この3人の中なら、割り勘でなく私が払う、ということくらい判りそうなものである。くそっ、この大将は使えない (こら)

た〜さん、一通り食べて、また穴子に戻ったので、「穴子に始まって穴子に終わる、ってことか」と思っていたら、その後に「ネギトロ」だと。終わりじゃねえのかよ、まだ食うのかよ、である。

失敗した・・・。焼き肉の食べ放題に誘うべきだった。さすがに魯山、とびきり美味しかったけどさ。

会計は19440円・・・。ま、正直、魯山で「お好み」でならランチでも3万は覚悟していたけど。それより、た〜さんは舌が肥えているから「満足してくれるか」怖かったけど、「美味しかったよ」と言ってくれたので安堵。ただし、自分で払うなら「イマイチだったね」と言ったかも。誰が払うかで評価は変わるもの。

実は、今回、帰りの新幹線のチケット、私が預かって「みどりの窓口」に行って、普通車からグランクラスに替えてあげようと思っていた。一生に一度、そういうのを体験してもらうのもいいかな、と思っていたから。だが、「普通車でいいよ」と辞退したので、グランクラスが寿司に代わっただけのことである。

それと、もう一つ。た〜さんが来てくれたことで、うちのを魯山に連れて行く口実が出来た、ということ。

た〜さんとうちは互いのプライバシーにも深く関わって理解し合う仲である。そういうお客さんは少ないし、これからも大切にしたいと思う。だけど次はバーミヤンにしよう。もしくはガスト、当たり前である。

posted by poohpapa at 05:17| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

「ジャパネットたかた」さんから取材を受けました (^◇^)

私の本を通販で売ろうというもので、通販番組の商品説明で、あのイケメンのおにいさんが、

「定価1400円のところ、今回だけ特別に980円、いえいえ期間限定で更に300円引き。それだけでは終わりませんよ。今回お買い上げの方、分割手数料はジャパネットたかたが負担して、更に更にどんな本でも一冊のみ1000円で下取りします。本を買われた方、本がタダになって320円戻ってくる・・・、さあ、この機会に是非ご購入ください。番組終了後30分間、オペレーターを増員してアナタのお電話をお待ちしています」

なんて「やるワケない」でしょ!? (*^_^*)

実は、以前に購入した商品のアンケートに詳しく回答して、右上に「テレビ出演 可能・不可」とあったので、可能に〇を打っておいただけなんですけど・・・。ま、根がミーハーですからね 💧

事前に電話を頂いて、改めて「使用した印象」を回答しましたら・・・、

「メールの添付ファイルで顔写真をお送り頂けますか?」とのこと。そりゃそうでしょう、テレビ映りや人相が極端に悪ければ採用はされないのは当然かと・・・。なので、送る際に「商品とイメージが合わなければ、断って頂いてかまいませんよ、気にしないでくださいね」と伝えておきました。ですが1ヶ月経っても連絡が無く・・・、「アタシの人相って、そんなに悪いのか!?」と落ち込んでいたところにようやく電話・・・。

で、今回のインタビュー撮影と相成りました。撮影に我が家にいらっしゃったのが一昨日の25日で、放映が、なんと、今日か明日のいずれか、だそうです。地上波で、番組名も伺っていますが、それは言わないことに。たまたまチャンネルを合わせていたら「野郎、こんなところにも・・・」になるかもですね。全国ネットの番組ではないのですが、その番組を放送しない地方では通販番組の中で流されるようです。

それにしても驚きました。テレ朝のバラエティ番組では家庭用ビデオ器材で撮影していたのに、凄い機材を持ち込んでいらっしゃって、照明器材まで用意してました。撮影の間、ノルンは奥の和室に引き籠ってました。ノルンに悪いことしちゃったかなあ・・・。うちのもその間「家出」していましたし・・・。

歳をとってからもいろんな体験を重ねています。嫌なことも多いですけど、だからこそ人生は楽しいですね

posted by poohpapa at 05:10| Comment(6) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

東急ストアのスタッフFさんとの会話

昨日記事にした「蜂蜜 太郎」を、(酒類を除く全商品が5%引きの昨日)東急ストアに買い占めに行った際、スタッフのFさんと、こんな会話を交わした。

購入したのは2箱(12袋入り)とバラで5袋。うち一箱は、旅仲間の茨城の歯医者さんに送って頂くことに。送り状は書道の有段者であるFさんに書いて頂いた。Fさん、顔に似合わず字は滅茶苦茶キレイ。

で、なんと、「こんなモンばっかり食ってるからお腹が出るんだよ」と言われた・・・。「おい、この店は客にそんな口を利くように躾けてんのかよ。支店長を呼べ。だいたいが、そのお腹の人に言われたくない」と言い放ってやった。Fさんのお腹は私より出ているのだ。他にもスタッフが二人いて大笑い。

そのFさん、「坂口さんが美味しいって言うなら試しに一袋買って帰ろうかな」だと・・・。やめたほうがいい、本当に「人の腹のこと」など言っていられなくなるから。ま、お腹がパンクしようと自己責任だけど。

「蜂蜜 太郎」、袋に「100gあたり501Kcl」と表示されていて、一袋が200g入りだから一袋で1000Kcl越え、ということになる。駄菓子一袋がランチ一食分に相当する・・・、怖ろしいカロリーだ。


バラで購入した5袋のうちの2袋はファーレの郵便局の女性スタッフに届けて、2袋は伊勢丹のサービスカウンターのスタッフに。残り一袋をうちの在庫にした。一箱は後日入荷次第受け取りに行くことに。

だが、これからは食べるペースを少し落とそう (´・ω・`)



 「蜂蜜 太郎」、お煎餅にコーティングしてあるのは、かりん糖でなくキャラメルでした。

posted by poohpapa at 05:41| Comment(2) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これはアカンでしょ!?

福田氏、南京で虐殺記念館を訪問 日本の首相経験者で4人目

百歩譲って、訪問するのは自由だとしても、総理経験者、しかも現在の政権与党である自民党の元総理が訪問し、記者団に対し「最も大切なのは平和で、戦争の悲劇は再び起こしてはならない。ただ、すでに発生した事実は進んで直視する必要がある」とか、「日本人は記念館を訪問し歴史を理解すべきだ」と指摘した、とあっては看過できない。南京虐殺記念館で展示されている内容が事実であれば歴史を直視すべきだが、無関係な写真を展示したり事実を捻じ曲げて誇大な表現の展示がされているのに元総理がそのような発言をすれば中国側に間違ったメッセージを送ることになる。

まあ日本の首相経験者では、海部俊樹、村山富市、鳩山由紀夫に続いて4人目ということだが、過去の訪問者にもマトモな人間はいない。中国の回し者みたいな輩ばかりで・・・。

親が総理だったからと言って政治家に向いているとは限らない。二世議員が全てダメとは言えないが、ダメなほうが圧倒的に多く、福田康夫は河野洋平と並ぶ「大不適格」だったほう。現在は息子の達夫氏が地盤を受け継いでいるが、どんな人物か私は知らない。祖父も親父も碌なモンじゃなかったから期待できないかも。

福田康夫と言えば、辞任会見での「あなたとは違うんです」という言葉が有名だが、引退してなおも国益を損ね続ける福田康夫に私は言いたい。


「ほとんどの日本人はアナタとは違うんです」、と。


posted by poohpapa at 04:43| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

こんな菓子の販売を許しておいていいのか!?

名古屋にある宇佐美製菓の「蜂蜜 太郎」のことである。

地味な袋に入って、かりん糖を小さくしたような形状で、見るからに不味そうな菓子。それでも「第18回全国菓子博名誉総裁賞」とあるから先日試しに一袋買って食べていて、気付かないうちに床に1個落としてしまい、「おや、こんなところにノルンのウ〇チが・・・」と思ってティッシュで拾い上げたら「蜂蜜 太郎」だった。実に紛らわしい色と形と大きさ、である。メーカーに厳重に抗議したい。

だいたいが、第18回全国菓子博名誉総裁賞と言ったって、1973年のことで、「いつの話だよ、いつまでも昔の栄光にしがみ付いて売り続けてんじゃねえよ」と言いたい。そんなのはモンドセレクションと同じで出品すれば必ず受賞できるものじゃねえのか。プロレスで各団体に一人いる世界チャンピオンみたいなもので。国民の「食の好み」なんて時代とともに流行もあるから、受賞歴に有効期限があったっておかしくないだろう。

だが、不思議なことに一個食べると止まらなくなる。一袋くらいはアッと言う間に食べつくしてしまいそう・・・。体に良くない。厚生労働省は国民の健康を何と考えているのか。これはほとんど販売停止処分レベルではないのか。後で厚労相の加藤クンに電話しておこう。

味は・・・、お煎餅の表面をキャラメルでコーティングした感じで甘さの中にお煎餅のしょっぱさが後から程よく出てきて絶妙のコンビネーション。甘いだけ、しょっぱいだけでは後を引かないもの。ふむ、なるほどね・・・。

で、いつも使わせてもらっているファーレ郵便局の窓口のお姉さん方に「これ、美味しいから食べてみて。止まらなくなるよ」と言って一袋届けたら、後日、「本当に止まらなくなりますね」だと。だからそう言ったじゃねえか。ま、気に入ってくれたみたいだから、また追加で届けてあげよう。

ちなみに、ファーレ郵便局の女性スタッフは5人。個別包装のお菓子なんかだと「男連中には食べさせなくていいからね」と言って5個届ける。そのせいか、(元々が皆さんとても感じがいいのだが)私に対しては更に愛想が良くなるし、たまに販促品をいっぱい頂いたりしている。それが狙いだったりして (おい)

「食い物で釣って手なずけている」と言えなくもないが、喜んでくれているんだからかまわないだろう。

さて、今日は東急ストアが「酒類を除く全商品5%引きの日」だから、棚にある「蜂蜜 太郎」を全部買い占めなければ。こないだも、棚にある分を全部買い占めたらレジのお姉さんから「これ、美味しいんですか?」と訊かれたので、「止まらなくなるよ」と言ったら、後で購入したみたい。数日後に買い物に行ったら「本当に美味しいですね。うちの店で売っていたのに知りませんでした」だと。

実は昨日、南口のマンションの引っ越し立ち会いに行った帰りに東急ストアに寄って、サービスカウンターのFさんに「棚にはいつも5〜6個しか並んでないけど、箱で買いたいんだよね」と言ったら在庫を調べてくれて「裏にはあるみたいよ。明日(5%引きである今日)中に支払いを済ませてくれれば取りに来るのはいつでもOKですよ」とのこと。朝イチで支払いだけ済ませてこよう。ま、箱買いしても半分以上はバラ撒くんだけど。

関東地方だと売ってる店が限られていて、薬局のウェルシアには置いてあるみたい。食べ始めると本当に止まらなくなるから購入するなら自己責任で。たしか「濃厚チーズ気分」の時も同じこと言ってたな 💧



posted by poohpapa at 06:33| Comment(8) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

久しぶりに、ものすごく楽しかった時間 5 「横浜みなとみらいの夜景」(最終章)

歯医者さんご夫妻と別れて我々(私とTさん)は「みなとみらい」の夜景観光に。

その前に、

DSC04360.JPG
我々が夕食でオムライスを食べた(JCBカードが使えなかった)レストラン

DSC04359.JPG
レストランの看板


シーバスに乗り込む前に、船着場からの夜景を何枚か、

DSC04356.JPG

DSC04355.JPG
祝日だったのでオフィスの灯りがほとんど点いてなく、次回来るなら平日が良さそう

DSC04354.JPG

DSC04357.JPG


ここからは船(シーバス)からの夜景、

DSC04370.JPG

DSC04373.JPG

DSC04374.JPG

DSC04382.JPG

DSC04380.JPG

DSC04392.JPG

DSC04399.JPG

DSC04403.JPG

DSC04392.JPG

今度来る時は、空気が澄んだ冬の平日、火曜日に少し早仕舞いして、ホテルを取って一泊して夜景を楽しもう。正直、横浜の本牧で生まれ育ったTさんが羨ましい。愛知の半田なんて何も無いから。

帰りに、駅前のショップで、うちのへの土産を買ってイザ帰宅。充実していて本当に楽しかった。案内で一日付き合ってくれたTさんと、遠方から賭けつけてくださった歯医者さんご夫妻に感謝。


                お・わ・り



posted by poohpapa at 03:35| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

立川市民にとっては面白い動画

たまたま、ネットでこんな動画を見つけた。


SKE48がひとっ風呂浴びさせて頂きます!」 7月3日(火)01:34配信修了

この「梅の湯」、うちの直ぐ近所。うちの裏通りで、毎日、2度か3度は前を通っている。うちは家風呂だから、興味はあっても行ったことは無い。以前に3時の営業開始を待って並んでいる人たちの様子を見ていて、申し訳ないけど、「あの人たちの後では入りたくないなあ・・・」と思ってしまったから。ただ、銭湯としては非常に評判がいい。遠くから車で来るお客さんもいるみたい。

週替わりで1階2階が「男性」「女性」で入れ替わる。もちろん、お勧めは2階なんだとか。

銭湯は44年間も行っていないから作法も忘れていたりして。近所なんだし、いつか行ってみよう。

ちなみに、動画の最初のほうで、銭湯に向かう二人の後方に写っている煉瓦の塀の建物は「立川女子高校」で、あの「きゃりーぱみゅぱみゅ」や「松本莉緒」の母校で、登山部も有名。

立川という町は暮らしやすいけど本音では好きではない。だが、こうやって紹介されたりすると嬉しい。

それにしても、大場美奈チャン、可愛ゆい (萌え〜)


若いっていいなあ・・・。それだけでたいへんな財産だと思う。50歳過ぎの人たちが神様から「全財産を差し出せば10代の頃に戻してやる」と言われたら、そして本当にそれが可能なら、ほとんどの人が、無一文になってでも若い頃に戻ろうとするのではなかろうか。個人的には「やり残したことも少ないし、たくさんの良き友人に恵まれて、もう充分に人生を楽しんだからいいや」と思ったりもするけど。


posted by poohpapa at 05:59| Comment(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする