2017年11月21日

朝日新聞が言いそうなことだわ ( `ー´)ノ

朝日はどこまでも売国を続けるつもりらしい。


(社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ

2017年11月19日05時00分 朝日デジタル

 太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

 サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

 像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

 大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

 ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

 慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

 「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

 もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

 国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。

 歴史認識や領土問題が自治体の友好に影を落とす例はこれまでもあった。島根県が「竹島の日」を制定した05年、韓国・慶尚北道は「断交」を宣言した。中国・南京市も12年、戦時中の南京大虐殺はなかったとする河村たかし名古屋市長の発言に反発し、
交流停止を通告した。

 これらのケースでは日本側が「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた。大阪市がしようとしていることはまさに逆だ。「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。

 外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

 韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

 ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。



とことん腐っている。もっともらしく書いているが、全て日本に責任がなく相手国に問題がある話。吉村市長からの書簡を無視して、このまま売春婦像の寄贈を受け入れるなら友好都市解消は当然のこと。だったら、朝日新聞がサンフランシスコ市に対する抗議記事の一つでも書けばよい

こんな新聞社が存続できるのだから、それだけでも「日本は人権が過剰に護られている」と判る。

posted by poohpapa at 07:00| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の昼前、立川で起きた火災

午前中、店番をしていたら、店の前を何台もの消防自動車がサイレンを鳴らして駅方向に向かう。

朝一番で駅前の銀行に行った際は、現場の前を通ったが何も起きておらず、お昼過ぎに再び駅前に向かったら交通規制が敷かれ、大変な騒ぎに・・・。

以下に、SNS に投稿された写真がいっぱい出てくる。

【火災情報】立川駅付近の雑居ビルで火事 東京都立川市曙町2丁目

写真を見ると、ハシゴ車まで出動している。火元はどこの店だろう・・・。隣のビルには、私がたまにランチで利用している磯丸水産があって、11時頃から1時頃まで交通規制が敷かれていたから、近隣の飲食店はせっかくのランチ時に「商売あがったり」で大変な迷惑を被ったことだろう。

他人事ではない。一昨年の大晦日には近所の貸家が全焼しているし、これから空気も益々乾燥するから、みんなお互いに気を付けなければ、と思う。


ところで・・・、私の顔からも火が出る火災が起きていた。昨日の午後、近所を歩いていて、「こんにちは」と声を掛けられたのだが、すぐに気付かなかった。他に歩いている人もいないから「私に、かな・・・」と思って振り返り「どこかで見たような・・・」と怪訝そうな顔をしていたら、「Mです」と笑う。同業者「M社」の店長だった。

失礼をしてしまったが、私はどうも顔を覚えられない。商売をしていて致命的、だと思うのだが・・・。気が付かなかったのには事情もあった。その前に高齢の入居者宅に「私は具合が悪いから家賃を取りに来てちょうだい」と言われて集金に行っていて、その際、「来年の更新の際の更新料、払えそうもないから5千円ずつの分割にしてちょうだい」と言われて、それを柔らかく断ったら「アタシが今までにアンタに無理を言ったことがある!?」と文句を言われていたのだ。相手は「無理を言ったことなど無い」と言うが、無理難題の連続だった。

「あ、アタシ。今入院してるから、オタクに預けてある合鍵を知り合いの店まで届けてちょうだい」と言われ、「それならアナタから知り合いに電話して、知り合いから当店に電話させてください。間違いがあると困るから」と言うと、「電話番号が分からないのよ、だから言ってんの!」とキレる。

実のところ、私はその「知り合いの店」というのは全く存じ上げてないから、本音では行きたくない。「相手が確実に依頼された人かどうかを確認するためにも、こちらからでなく向こうから先ず電話させて」と言うと、「もういい!」と電話を切る。本人確認の方法は、そんなことでなくても他にもあるが、「やってくれて当たり前」という感覚で電話されると私は「お役に立ちたい」とは思わなくなる。

最初に「お忙しいでしょうから本当に申し訳ないんですが・・・」と言われたなら喜んで「けっこうですよ」と直ぐ動くのだが、いつもこんな調子。家賃は振り込んでくれ、と言っているが「私はできないの」と言うし、これから毎月、私が片道徒歩10分かけて集金に行くようだろう。ああ、やだやだ・・・。

そんなことを考えながら不景気な顔して歩いていたところに「M」社の店長に会って挨拶されたのだ。もしかすると「あそこはもう潰れるかも」と思われていたりして・・・。

これからは、景気が悪くても明るい表情で上を向いて歩こう 💧

posted by poohpapa at 06:14| Comment(6) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

韓国絡みで今日2本目

【環球異見・トランプ米大統領アジア歴訪】中央日報(韓国) 独島エビ・元慰安婦とトランプ氏の抱擁「韓日間の論争で普遍的人権の側に軍配」と“勝利”宣言

バカもここまでいくとお目出度い (ぷっ)

私は、朝鮮戦争に限定しての話だが、韓国でなく北朝鮮を応援している。

posted by poohpapa at 14:39| Comment(0) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日は、「賃貸不動産経営管理士」試験の日

ちょうど昨年の今日、私も受験した「賃貸不動産経営管理士」の今年の試験が昨日行われた。

年々受験者が増加していて、役人の天下り先として協会はホクホクだと思われる。その中で協会のHPに気になった記載があった。試験に先立って、夏ごろ2日間の講習があって、受講すると本試験で4問免除になるのだが、「本試験の合格率14%UP」(昨年度)とあった。てことは、講習を受けて4問免除になっていても受からなかった人がけっこういる、ということか。合格率53%なのに・・・。

宅建試験も5問免除の制度があって、受験者の多くがボーダーラインのあたりにいるからその5問は大きいのだが、「賃貸不動産経営管理士」の試験は仕組みがちょっと違っていて、出された問題のうち指定された4問は解かなくていい、というもの。免除してくれなくても答えが解かっていたりした場合には恩恵が無い。だから「本試験の合格率14%UP」という低い数字になってしまうんだろう。

受講料17820円だし、二日間も拘束されるし、受講なんかしないで直接受けたほうがいいと思う。協会は喜ばないだろうけど、これほど「恩恵が無い」制度も珍しい。



posted by poohpapa at 13:01| Comment(0) | 不動産業界(全般) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国は、やはり日本の同盟国なんかではない

このニュース・・・、なんか、レベルが低すぎて脱力してしまう・・・。

韓国、北朝鮮情報以外は共有拒否 日韓締結の防衛協力

本当に、国交を断絶してほしい、と思ってしまう。日本で生活保護費を不正に貪っている在日も本国に送還してもらいたいもの。(竹島に関して)国家そのものが強盗である韓国は日本の同盟国ではない。

posted by poohpapa at 06:13| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

困った時の「ご長男」 (^◇^)

昨日の午後、店のPCが壊れた。ネットに繋がらなくなったもので、画面には「接続されていません」の文字だけしか表示されなくなった。そういう場合、普段はうちのに見てもらえばたいてい何とかなったが、見てもらっても「原因が判らない」と言う・・・。仕方ないので長男に電話した。

元々が長男が部品を買い集めて作ってくれた「言わば自家製のPC」である。製作者に訊くのが一番、ということで、運良く昨日は日曜日、隣市の家で寝溜めをしていた長男を起こして来てもらった。

ルーターの故障なのか、断線したのか、PC本体の異常なのか等々、「先ず原因を突き止めるのが先」とのことで、家から持ってきたいろんな機材を駆使して4時から6時半まで掛けて、どうにか原因が判ったみたい。長男がキーボードを高速で打っているのを見ていると、画面に出ている文字や数列はチンプンカンプンで、まるで外国語。「よくこんなのが理解できるなあ・・・」と感心してしまう。

「今時こんなPC使ってるのは時代遅れ。大きくて机の上に置いておくのも邪魔だし、便利だからタブレットにしなよ」と言うが、携帯は死ぬまでガラケーと決めているのと同様、換える気はない。時代に置いて行かれてもかまわない。と言うか、長男が生きている限りは保証が受けられるのだから換えない。

途中、やはりPCに詳しい友だちに電話したりして、出た結論は(当初の予想どおり)「ルーターの故障」というもの。ただし、交換したからといって必ず直るとは限らない話らしい。直ぐに Amazon で取り寄せてもらい、届き次第交換してもらうことになった。子供・・・、産んでおいて良かった (おい)

これ、もしもメーカーを呼んで見てもらったなら幾ら掛かるんだろ・・・、と気になった。次男も長男同様PCに明るいが、近くに住んでいないから、当然に近くに住んでいるほうに声を掛ける。長男からすれば面倒臭いし災難だろうな、とは思うのだが、嫌な顔は全くしない。好きなことをやっているからであろうか。まあ、その代わり「自分のほうの部品で欲しいものがあれば一緒に注文しなよ、経費で落としてあげるから」と伝えている。修理代はおろか駐車場料金も払っていないのだから。

PCだけでなく、いろんな分野で「その道に明るい友だち」を持っていると助かるし便利なもの。来てもらわないまでも電話で相談できるだけでも心強い。だから逆に、不動産に関しては誰からも無料で相談を受けるようにしている。商売に繋がらなくても全然OK。喜んでくださればそれが対価、ほんと (*^_^*)

posted by poohpapa at 05:20| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

この差って何ですか?的に、「関東地方」と「首都圏」の違い

世間は休日なので、あまり肩の凝らない話を・・・(^◇^)

私が読ませて頂いているトンデン倶楽部のメルマガに、「関東地方と首都圏の違い」が出ていた。

それによると・・・、「関東地方」は、

首都圏整備法に基づき整備・建設された1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)ということらしい。まあ、そんなところだろうな、と思う。では「首都圏」は、と言うと・・・、

その1都6県に山梨県を加えたものとか・・・。「関東地方」より「首都圏」のほうが広いことになる・・・。

私の認識とは逆である。私はむしろ、首都圏のほうが狭い、と認識していた。極端な話、首都圏は23区内、くらいに思っていた。神奈川や千葉、埼玉はまだしも、「茨城や栃木や群馬や山梨のどこが首都圏だよ!?」という話。それらの県にお住いの方には申し訳ないが。

私からすると、毎日「丸の内」(東京駅)まで通勤できない地域は首都圏とは言えない、という感覚。ま、無理して通っている人がいたとしても、である。

ただの言葉の定義ではあるが、なんか納得いかなくて朝からモヤモヤしている・・・ (*´з`)

posted by poohpapa at 05:51| Comment(10) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

本日3連発

【桂春蝶の蝶々発止。】元慰安婦、独島エビ…韓国のあきれたトランプ大統領接待術 聞きたくなる「年齢、お幾つですか?」

さすが、落語家、高速道路の例えが面白い (^◇^)

というか、この慰安婦を名乗るバアさん、72年を引いたら幾つになるんだろ?

10歳になる前から売春婦をしていたということか・・・。というか、恥ずかしくもなくよく出てくる、と思う。カネのためなら何でもアリか。日本人なら有り得ない。

posted by poohpapa at 09:45| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍しく、この人がマトモなことを言っている

【歴史戦】自民・二階俊博幹事長、サンフランシスコ市議会の慰安婦像寄贈受け入れ決議に不快感 「日本が喜ぶか、答えはおのずと明らか」

「米国がそういうことをして恥じないようなことであってはいけない」という意見は激しく同意。

アメリカは・・・、日本のことなんて考えていません。国と州は違う、なんてことはなく同じです。

どなたかが仰ってましたが、「例えアメリカがその圧倒的な軍事力で尖閣や竹島問題をいっぺんに解決することができたとしても、アメリカはそんなことはしません。世界で常に紛争や対立が起きていなければ(武器を売りたい)アメリカにとって利益にならないのですから」とのこと。まったくそのとおりですね。

posted by poohpapa at 08:58| Comment(2) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界が「中国頼み」ということか

サンフランシスコ市が売春婦像(いわゆる慰安婦像)の寄贈を受け入れて公園に市の所有物として展示される ことになったが・・・、

今度は、国連人権理事会、

【歴史戦】慰安婦問題で「日本の謝罪、補償を」 国連人権理事会 暫定報告書に記載、中韓・北朝鮮の要求を列挙

本当に、国連の「人権なんたら」なんて組織はクソだと思う。「人権」を叫んでいれば「自分たちは崇高な人間」だと勘違いしていて、検証など何もしていないのだから事実なんかはどうでもいいんだろう。

要は中国の経済力、消費力(その可能性)の前に各国がひれ伏している様相。日本が景気が良かった時代には途上国に相当な援助をしていたと思うのだが、そんなのは簡単に上書きされてしまう。だったら、途上国支援なんてのは止めてもいいのではないか。それより国内の復興に使ったほうが良い。

カナダ・オンタリオ州で「南京大虐殺記念日」制定の動議可決、なんてニュースも。だいたいが、仮に事実であったとしても、自分の国とは全く関係が無いのに記念日にするなんてのは、日本で「9.11記念日」だの「ホロコースト記念日」だの「ライダイハン記念日」を国民の祝日にしようとするようなもの。「カナダよ、オマエもか」である。カナダの民意もその程度、いかに中韓に侵食されているかが判る。

日本は中韓と違って、本当に被害に遭っていても「通州事件記念像」だの「尼港事件記念像」だのを無関係な他国に建てようとはしないし、ましてや記念日に制定などしない。本音で言えば、その代わり教科書で取り上げてしっかり教えてほしいものだと思う。べつに反中反露を擦り込むのが目的でなく歴史の事実として。日本人の国民性として、どんなに極限状態にあったとしても、中国人やロシア人と違って「集団で残虐な殺戮」はしないし、口先の友好を唱えて抱き合いながら相手のポケットの中の金銭を探るようなことはしない。

ただし、北方領土をロシアに取られたのも、竹島を韓国に不法占拠されているのも、尖閣で中国の支配が進みつつあるのも、それが「戦争に負けた」ということなんだと思う。ロシアは北方領土を返還する気はさらさら無い。奪われた領土は外交努力なんかで還ることはなく戦争でしか取り返せない、と知るべき。

ロシアは他国にまで日本を貶める像を建てようとはしていないが、中韓は執拗である。いくら日本経済も御他聞に漏れず中国頼みであったとしても、こんな国と友好的に付き合うのは無理。もちろん、韓国や北朝鮮も同じ。本当に友好を望んでいるならこんなことはしないし出来ないもの。

かつて中国の故周恩来元首相が「外交とは、形を変えた戦争の継続である」と言っていて、まさにその通り。表面的には友好的に付き合っていても、「日本以外は全て敵国」と認識すべきだと思う。今なお「憲法9条」にしがみ付いている「お花畑の人たち」には解からないだろうけど。

銃器で向き合っていなくても、今も戦争は継続中、ということ。誰しも「戦争はしたくない」もの、戦争などしないほうが(起こらないほうが)良いに決まっている。だが、こっちでそう思っていても相手から一方的に仕掛けてくる時もある。注意深く道を歩いていても車が突っ込んでくることがあるように。

「憲法9条を後生大事に護っていさえすれば日本は未来永劫平和でいられる」と主張する人たちは、今も「外交という戦争の真っ最中」という認識はないんだろう。外交という戦争が、領土(資源)を求めて、いつか武器による戦争に発展することは有り得る。日本に「備えが無い」「国民に覚悟が無い」と知っているのだから当然にそうなる。平和ボケの人たちが戦争を招き寄せる、と言ってもいいほど。

ところで、サンフランシスコ市の売春婦像問題、吉村大阪市長は「ならば姉妹都市を解消する」と言っていて、それには「日米同盟の信頼関係をヒビ割れさせようとしている中国の思惑に乗らないほうがいい」との意見も見られる。一理あるが、黙っていたらどんどん増えていくことになるのだから、日本としては、この際ハッキリ意思表示したほうが良いと思う。米西海岸に旅行に行かないようにしたり・・・。

話が脱線したが、今は各国の経済が中国頼みで、常に中国の顔色を窺っているのだから、中国一ヶ国相手の戦争に負けている、と言える。この状態は半世紀くらいは続くことだろう。

posted by poohpapa at 06:09| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする