2020年11月09日

ロク × ヒチ=シジュウハチ → → → トラウマ

昨日は、もう四半世紀のお付き合いになる家主さん(お母様)と、そのご子息様との打ち合わせ。アパートの管理等は亡くなられたお父様がご健在の頃からお母様がなさっていて、ご子息様には昨日初めてお目に掛かる。そのことで、1週間ほど前から緊張していた。どうしてかというと・・・、

ご子息様は某大手建設会社の取締役。うちの家主さんの中には大企業の取締役をなさっていた方が何人かいらっしゃって、そういう人のほうが腰が低くて穏やかなお人柄。「半沢直樹」に出てくるような「傲慢が洋服着て歩いている」ような取締役は(元も現も)いない。会社での様子は存じ上げないけど。

一度電話でお話ししたことは有るが、それでも緊張する。正直、昨日が近付くにつれその度合いが増していて、実際にお会いして、いつものことだが「自分が何を話しているか」分からなくなるほど。不思議なもので、高圧的で横柄な相手と対面して話すより、人柄が穏やかな方と話すほうが怖い。

で、話の流れで、私が「ロク × ヒチ=シジュウハチで」と言ってしまった。言った瞬間に、「え?、なに??」という表情をされて、私も「あ、やっちまった」と思ったけど時すでに遅し。小学3年の時に「九九」を覚えて、今までに間違えたことなど一度も無い。頭の中は真っ白。それどころか、「ロク × ヒチって幾つだったっけ?」と正解を探している有様。九九はリズムで覚えているが、そのリズムが狂った。

「九九の計算もできない不動産屋に管理を任しておいて大丈夫かなあ」と思われてしまったかも。帰りの電車の中で私の頭の中で「ロク × ヒチ=シジュウハチ」が繰り返し廻っている。「一つ前の、ロクロクが36だから、それにもう一回6を足したらロク × ヒチは42か」と検証してたりして、小学生以下だ。

最近は明らかにボケが入ってきているな、と実感する。芸能人の名前が出てこないだけでなく、知人と話していて「奨学金」という言葉が出てこなかったり、記事を書いていても、今までだったらスンナリ出てきた単語が出ずに Google で関連ワードを入れて検索して、やっと辿り着く、なんてこともしばしば。

数日前のことは覚えていなかったり直ぐ思い出せなかったりするくせに、古い話は明確に覚えている。昨日のランチは何を食べたか思い出せないのに、半世紀も前に親友とドライブして何を食べたか、どんな話をしたかはしっかり覚えているのだ。それが、老いた、ボケが入ってきた、ということか。

幸い、ご子息さんは新規募集の条件などで私の提案を丁寧に聞いて全て受け入れてくださった。

だが、次に再び九九を間違えたら引退しよう。

posted by poohpapa at 05:38| 家主さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

舗装道路で見かけた青虫

うちのとランチに行こうとして裏通りを歩いていたら、ちょうど立川女子高校の真ん中を突っ切るところあたりで舗装道路の上を長さ5cmくらいの蛍光色の虫が動いていた。動いていた、というより「のたうち回ってる」感じ。両サイドに緑は無く、塀もあって、なんでそんなところにいたのか分からない。

そのままにしておくと、1時間も経たないうちに車に轢かれるか鳥に食べられてしまいそう。

13530DF4-FE78-45EA-B931-D774D000A3A1.JPG

それにしても、おっきな幼虫で、おそらくは何かの蛾の幼虫だと思うんだけど、今まで見たことがない。それで、うちのがスマホの Google の機能を使って検索してみることにした。「この虫は何ですか?」と訊くと、直ぐに出てきた。ただし、その画面を見たけど覚えていない。成虫になった姿は茶色だったような。「蛾の幼虫」で検索すると、似たような幼虫はいろいろあるし、種類が多い。

毒蛾ではなさそうなので、つまんだまま緑がある場所まで100mほど歩いて解放してあげた。

924AE320-F4F6-43D3-BAF4-BBBF885EFDA1.JPG
木の枝に掴まらせようとしたけど枯葉の上に落ちてしまった。

移動する間、必死に身をくねらせて私の指に噛みつこうとする。噛まれたら痛そう (*´з`)

私は蛇とか虫は素手で掴める。田舎育ちだからかなあ・・・。そうそう、インドでは、蛇使いの笛の音で鎌首をもたげていたキングコブラの頭を撫でさせてもらったり、ベトナムやシンガポールでは大蛇を首に掛けてもらったこともある。蛇だって、好き好んでそんな姿に産まれてきたワケじゃなし。

あの幼虫、なんとか生き延びて成虫になってくれたらいいな。

posted by poohpapa at 06:12| 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

私はアナログのほうが好き

河野太郎行政改革相が「押印廃止」を唱えていることに長崎幸太郎山梨県知事や全日本印章業協会が猛反発している。印鑑で飯を食っている人たちからすれば死活問題なんだろうから当然である。

何でも欧米に倣えばいい、というものではない。人権も自由も然り。度を越した人権(権利意識)や責任の裏付けの無い自由が、日本という国をどんどん住みにくくしているのと同じ。手本にすべき欧米の文化もあるが、日本独自のアナログ的なやり方があっていい。

不動産業界にいると、書類に朱色の陰影があれば遠目に見ても「ああ、契約書の原本だな」と判るし、「一つしか陰影が無いから家主さんの署名押印はまだ頂いていないな」と判る。ま、今は2色コピーやカラーコピーもできるけど、署名だけだと原本かどうか即座に判別できなかったりして・・・。

実は、私は他人の筆跡を真似て書くのが得意。筆圧までは真似できないが、癖字であればあるほど真似やすい。あえて本人の署名でなくて良いものは私が代筆することもある。それで何かで引っ掛かったこともトラブルに見舞われたことも無い。印鑑を預けてくれている家主さんもいる。

更新契約の際には連帯保証人の押印を省略している。最初の連帯保証人引受承諾書に「契約が更新される場合は連帯保証人の責任も継続される」と謳ってあるし、連帯保証人欄は契約者本人に代筆してもらっている。同業者の中には、更新契約でも連帯保証人に契約書を郵送して直筆の署名と実印での押印をもらっている業者もいて、そこまでするのが当然なんだろな、とは思う。署名押印をもらっても、連帯保証人が何かの際にちゃんと責任を取ってくれることは1%も無いから、印鑑(押印)の意義を認めてはいないのだが、押印廃止にしたら、今度は「本人の署名かどうか」で争いも増えるだろう。

いっそ印鑑登録に使用できる印鑑を特殊なデザインのものでも認めればいい。名字だけとか三文判でも印鑑登録できてしまうからいけない。うちのは私のブログ仲間さんが特注で作ってくださった「名前と猫の顔」が彫られた印鑑を持っていて、そういうのを実印に登録すれば偽造は困難だと思う。

「押印廃止」なんて、役所や省庁間でのみルールを定めて実行すればいい。それを民間にまで押し付ける必要も意味も無い。違う文化を受け入れて定着させるのには相当な年月が掛かるし、廃止することの不利益のほうが日本では多いのではなかろうか。私は、「アナログは遅れている」とは思わない。


posted by poohpapa at 07:12| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

「そんなの誰が入るの?」という投げ込みチラシ

うちの家に、超高級「介護付きマンション(老人ホーム)」のチラシが入ってきた。

デュオセーヌ国立」といって、国分寺市西町にあるマンション。

総戸数228戸のうちシニア向け高級賃貸マンションとして利用するのは8戸で、あとは分譲。

問題は賃料とシステム。月額費用(5年契約)17万円台から入れます、とのことだが、内訳は1LDK(45.5u)で月額賃料120,545円、管理費等53,510円、月額費用合計で174,055円。しかも、前払賃料が7,232,700円とある。まあ、保証金のようなものだろうけど。2LDK(54.6u)だと月額賃料134,500円、管理費等62,890円、月額費用合計で197,390円。前払賃料8,070,000円、である。管理費を除く賃料の60ヶ月分である。

「安心のサービス体制」として、「1階にレストラン併設」「温泉大浴場(人工)無料」「24時間見守りサポート」「看護師常勤」「居宅介護支援事業所併設」「協力医療機関と連携」「入居者専用シャトルバス運行(無料)」「ペットとの暮らしも可能」とある。レストランや大浴場、シャトルバスは一般の入居者も使うだろうけど、8戸の為にこれだけのサービス体制を整えたら高くなるのはしょうがないが不効率。

怖いのは、運営しているのが一部上場企業とのことだが「もし経営破綻したならどうなるのか」ということ。他の企業に運営が引き継がれたとしても、同じ水準のサービスが受けられるかどうか不明。

貧乏人の僻みかも知れないけど、私なら(例えカネがあっても)申し込まないかな。

posted by poohpapa at 06:25| 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

なんだよ、私のほうが希望的観測だったのかよ

アメリカの大統領選、バイデンが勝ちそうだって。「とくダネ!」で延々とやってる。

まだ確定じゃないけど・・・、中韓(とくに中国)が喜ぶ顔が目に浮かぶわ。

posted by poohpapa at 08:30| 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立川市独自の給付金(一人1万円)が振り込まれた

一昨日、銀行で記帳したら、立川市から立川市独自の市民生活支援給付金2万円が振り込まれていた。市民一人当たり一律1万円だから、うちは2万円。だが、これって、どれだけの意味があるの?

現職の清水市長は再選されたばかりだが、立場を利用して、税金を使って市民全員に賄賂を贈っただけ、てことじゃないのか。おそらく、もう一回市長選に出るだろうから。

こんなの、平等ではあるけど公平ではない典型的な例。誰がどれだけ飢えているかに関係なく同じ量のパンを分け与えるのが平等、飢えている者と満腹な者に度合いに応じて量を変えて分け与えたり与えなかったりするのが公平。立川市の人口が182,843人だから18億円あまり、経費などを考えれば20億円以上も税金を投入していることだろう。

既に国が一人当たり10万円を給付しているのだから、追加で1万円給付する意味が解からない。そんなことができるなら、その20億をもっと活かして使えよ、と言いたい。清水なんて碌なモンじゃない。

過去にはこんなこともあったし。

でもって、立川市の健康保険料は高い。先日5回分をまとめて納めたが、193,500円。全部でなく5回分の金額。保険に加入せずに全額保険外診療の実費で払ったほうがいいくらい。死後に1億円受け取れる生命保険の為に年間で1,000万円の保険料を払っているが如し。

20億円バラ撒けるなら、その分、健康保険料を安くするとか、行政サービスを良くするとか、他に使い道があるだろうに・・・、と思う。小池百合子同様、コロナを自分の選挙の為に利用しただけ。

せっかく振り込まれた2万円だが、うちは断固として・・・、もちろん頂く (こら

その2万円を当てにして、もうあちこちにお菓子をバラ撒いちゃってるしなあ・・・。

その2万円は私の口座に振り込まれていて、うちのに「ねえ、この2万円、あなたの分の1万も僕が貰っちゃっていいかなあ?」と訊くと、「いいよ」という返事。先日、ある家主さんが「(ある用件で)お世話になったから」と5万円くださって、それも、うちのの了解の下、私が頂いてるし。いつもなら、そういう臨時収入はそのままうちのに「あなたのヘソクリにしなよ」と渡しているんだけどね、ほんと。


ところで、アメリカの大統領選、私も予想していた通りトランプが勝ちそう。日本のマスコミはずっと「バイデン優勢」と伝えてきたけど、それは希望的観測というものじゃないのかなあ。フロリダ州もバイデン優勢と言われていたけどトランプが勝ったし。まあ、今回ほど「究極の選択」になった大統領選も過去に無かったのではないか。私個人は、中国に強く当たるトランプのほうがマシかなあ・・・、と思う。


 コメントの受付け再開、もう少々お待ちください

posted by poohpapa at 05:51| 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

立川駅北口のおっきなスクランブル交差点にて

私は年寄りには優しい。なんでだろ・・・、と考えていて、思い当たるフシがあった。

私は父方母方ともに祖父母を知らない。私が産まれた時には4人とも亡くなっていたから。母方の祖父が大阪拘置所で刑務官をしていたこと、祖母がたいへんな悪妻で、祖父は定年前に退官を余儀なくされたことは聞いているが(おふくろ談)、父方の祖父母に関しては何も知らない。4人いたハズの祖父母がどんな人だったのか、とても興味があるけど、もう知る術もない。

私は、お爺ちゃん、お婆ちゃんからの愛情を受けたことが無いから、逆に、無意識のうちに全ての高齢者を自分の祖父母だと思って大切にしているんだろう。あと、若いネエチャンにも優しいけどね (おい

先日、立川駅北口の大きな交差点で、駅のほうから来て渡ろうとした老婦人が、まだ青信号になってないのに渡り始めようとする。歩行補助器を支えにしていて、一回の青信号で渡るのはとても無理、と思えた。気になって、何度か振り返って見ると、もうほとんどの歩行者が渡り切っているのにまだ半分くらいまでしか達していない。だが、一回の青信号で渡ろうとする・・・。だからフライング気味に出たのか。

それにしても危ない。思った通り、渡り切っていないのに信号が変わってしまった。左折待ちの車も何台かある。中央にわずかな分離帯のスペースがあるのだから、時間は掛かっても二度に分けて渡るべきだとは思うが、3/4くらいまで渡っているから、そこまで戻るのも危ない。

それで、私が老婦人のところまで戻って、左折しようとしている車に手を挙げて頭を下げて待ってもらい、一緒に渡り切った。老婦人、そのままドン・キホーテのほうに行ってしまった。なので「あの交差点では二度に分けて半分ずつ渡ったほうがいいですよ」と言いそびれた。追いかけて説教するのも余計なお世話か、と思って諦めたが、そのうち事故に遭いそうで怖い。クラクションを鳴らされたりもするだろうし。

それにしても、マイペースなご婦人だったなあ。以前、同様に私がお手伝いした老婦人の中には街で私の顔を見かけると笑顔で寄ってきてくれる人もいるが、ちょっと寂しい。あの交差点の歩行者向けの青信号をもう少し長くしてくれるよう立川警察に相談してみるか・・・、いや、やめとこう。あちらが立てばこちらが立たず、で、そうなればドライバーからすれば迷惑だったりするだろうから。

ちなみに、「立川駅北口のおっきなスクランブル交差点」と書いているけど、実際はスクランブル交差点ではない。4ヶ所の横断歩道の両側、計8ヶ所に「斜め横断はやめましょう」と立川警察が看板を立てているが、みんな2信号で渡らずに斜め横断している。自転車に乗った巡査でさえ斜め横断していて、そうなることは解かり切っているのだから最初からスクランブル交差点にしておけば良かったものを、と思う。

posted by poohpapa at 05:30| 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

親子にして、この違い

うちのお隣の小塚さん(仮名)ちの一人息子のAさん、頗る人柄が良いのだが・・・、

父親は真逆の人。近所の鼻つまみ、とも言える人で、とにかくうるさくて、それがためにお向かいのBさん宅は数年前にブロック塀を建て直す際に高く作り直したほど。私も、イチャモンとも言えるクレームを受けたり、不快な思いをしたことは何度もある。今の家を購入して引っ越してきた際、ご近所さんに挨拶に伺ったら「隣の小塚さんのオヤジには気を付けなよ、とにかくうるさいから」と忠告されたほど。

「なんでそんなことで文句を言われなくちゃいけないの?」と思えるようなことで頭ごなしに小言を言う人らしい。奥様は数年前に長い闘病生活の末にお亡くなりになっていて、口うるさい旦那も認知症で、1年ほど前から施設に入っている。そういうのが隣人なら今の家の購入を見送っていたかも知れないのだが、そういうのは先には分からない。Bさんだって、目隠しみたいに高い塀を作らなくても良かっただろうし。賃貸だって、部屋が気に入って引っ越して来たら上下左右が嫌な奴、なんてことはよくある話。

で、うちの家は前面道路に約1m幅しか接していない10mほどの私道がある再建築不可の、所謂「旗地」、隣の小塚さんも同じ地主からの借地で、私道を共有して使っている。小塚さん宅は前面道路に接しているのだから私道は必要ないのだが、私道を利用する権利はあるみたい。

問題は、その私道の草取りをどうするか、である。真ん中はコンクリートが打ってあるが、両サイド15cmの部分に草が生える。それを隣の親父が勝手に「うちの土地に接しているほうだけこっちで草取りをするから反対側はそっちでやってくれ」と決め、毎年、庭師に頼んで庭の樹木の剪定をしてもらう際に私道の草取りを依頼していて、庭師が両方とも草を取ろうとしたら「そっちはやらなくていい」と言っているのを私もうちのも聞いている。代金としては両サイドやっても変わらないと思うのだが。

それに、反対側はうちの敷地には全く接していない。だから交互に草取りをすれば良さそうなものだが、とにかく自分で仕切りたがる。こちらからは提案もできない。まあ、「ヨイショ、ヨイショ」していれば何の問題も起きないのだが、それも癪に障る。

だから、庭師が帰った後、片方(うちの分とされたほう)だけ草が伸びている。「そっちも早く草取りをしろ」と無言の圧力を掛けられているみたいで実に感じが悪い。そして、親父はいないが今年も草が伸びてきた。息子さんは親父が勝手に作ったルールをご存知なんだろうか、知らないとしたなら、うちが片側だけ草取りしたら感じが悪いもの。さて、どのタイミングでやろうか、両側ともすべきか悩んでいたら・・・、

昨日、両側ともキレイに草取りしてあった。もちろん、息子のAさん、である。

昨夕、お菓子を持ってお礼を言いに伺ったら、「気にしないでください、どこまでやっていいのか分からなかったので、そちらの敷地の入口のところまでやったのですが、あと(うちの敷地の中)はお願いします」と仰る。他にも、以前、私道に庭の木の枝が伸びていて通行に支障があるので切ってくれるようお願いした際も、直ぐに対応してくれて驚いた。なぜ驚いたのか、と言うと・・・、

Aさんは引き籠り、と聞いていたから、である。それが事実だとすると、そうしてしまったのは偏屈な親父ではなかろうか。今、親父は施設にいて、Aさんは広い家に一人で暮らしている。寂しいかも知れないが、精神的には楽だと思う。今まで親父に抑圧されていた分、これからの人生を楽しんでもらいたい。

ところで、数年前に私のほうから管理を降りた家主さんのお宅でも似たようなケースがあった。ご主人が細かくて「私の言うことを聞いていればいいんだよ」という接し方をする人で、20年ちかく付き合っていたけど奥様の笑顔を見たことが無い。管理を降りる前に一度だけ笑顔を見たことがあって、「ああ、笑うんだ・・・」と思ったほど。うちら夫婦と違って「本音が飛び交うし気にしない」なんてことは無いんだろうな。

さて、人柄が頗る良くて、普通に常識的な隣家の息子さん、機会があればいろいろ話をしてみたい。余計なお世話だろうけど、失われた40数年を取り戻してもらいたい、そう強く願っている。

posted by poohpapa at 05:51| 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

不思議な光景

昨日の昼過ぎ、立川駅の南口に用事があって駅のコンコースを通っていたら・・・、

折り目は付いているものの広がった千円札が一枚落ちていた。畳まれてないし、少し離れていても千円札だと判る状態。昨日は日曜日で、相当な人数が通っているのに、誰も拾おうとはしない。

私は普段、おカネや財布が落ちていると直ぐに拾って交番に届ける。それは子供の頃から変わらない習慣。以前は数万円が入った財布を拾ったこともあって、その都度、交番の巡査から「謝礼は受け取りますか?」と訊かれるが、答えは「NO 」、当たり前である。えへん!、私は日本人だから。

で、その千円札、しばらく遠目で様子を見ていると、みんな気付いているんだろうけど誰も拾わない。みんな面倒だと思っているんだろな。今回、私が拾わなかったのには理由がある。それは・・・、

このご時世、落ちているのが千円札でも使い古されたマスクでも、誰が触ったか分からないものを触る勇気が無かったから、である。それを言ったら何も触れなくなるのだが、とにかく怖い。

それに・・・、もしも私が拾って交番に届けようとしていても、「あの爺さん、拾ったけど、ガメる気かも」などと思われるのが嫌だから、である。だから、私は財布や現金を拾っても、絶対にポケットには入れずに手で持ったまま交番まで行く。そのくらい気を遣う。誰がどこで見ているか知れないのだし。

もう一つ、あまりにあからさまな(解かりやすい)状態で落ちていたから、拾い上げて歩き始めてしばらくしたところで「TBSのモニタリングと申します」と言ってテレビカメラが寄ってきそうな雰囲気だったから。ま、モニタリングなら千円札じゃなくて一万円札で試すだろうけど。

南口で用事をすませてまた通りかかったらさすがに千円札は消えていた。風に飛ばされたのでなく、きっと勇気ある誰かがネコババしたんだろ(こら

posted by poohpapa at 06:53| 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

007、死す

初代ジェームス・ボンドを演じたショーン・コネリー氏が滞在先のバハマで亡くなったとか。

私は、ボンドはショーン・コネリーでなければ、つまり2代目も3代目も認めない。好きか嫌いか、だけで言えばロジャー・ムーア(2017年没)も大好きなんだけど。

ついでに、ボンド・ガールは2作目の「ロシアより愛をこめて」のダニエラ・ビアンキが最高。

ちなみに、「ロシアより愛をこめて」は Blu-ray で持っている。

ご冥福をお祈りしたい。それにしても「バハマで死す」のがボンドらしいなあ。

posted by poohpapa at 07:57| 芸能・アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする