2020年06月07日

季節限定「かもめの玉子 ブルーベリー夏」とお煎餅がドーン!と届いた

1月の「みかん」、3月の「苺」に続いて、季節限定の「かもめの玉子 ブルーベリー夏」、が届いた。

それも14箱も。更に、お煎餅が大箱2箱と小箱2箱も。送り主はいつもの「たぁ」さん。退去して何年も経つのに、「かもたま」の季節限定バージョンが出ると、その都度ドーン!と送ってくれる。しかも、うちが食べる分だけでなく、私があちこちにバラ撒くのを前提に「これでもか!」というくらいに。季節ごとに物凄いおカネを使わせていることになるから本当に申し訳ない。と言いつつ辞退はしないけど (こら

DSC09249.JPG
でっかーい段ボールにギッシリ・・・、これ、岩手からなので送料だけでも凄いことになる。

DSC09250.JPG
こちらはお煎餅。と言っても、ピーナッツ煎餅みたいにクッキー味(3種類)で、私もうちのも大好き。

かもめの玉子をうちのと私の分として1箱ずつと、お煎餅も、中身が少し違うので大箱と小箱は一箱ずつうちの分にして、あとは配る。今回のブルーベリー味、もちろん地元でしか販売されなくて、一昨日が発売初日。それを直ぐに購入しに行って送ってくれたので昨日の午前中にはもう届いた。午後一番で何箱かはお世話になっている人たちに配った。みんな満面の笑みだった。そりゃあそうだろう。

うちは、季節限定の「かもめの玉子」を一人一箱ずつ独占して食べられる・・・、なんという贅沢 (^^♪

当社は退去後も交流させて頂いているお客様が何人もいる。退去したら縁が切れる、というんじゃ寂しいから、嬉しい。たぁさんは特別なんだけど、そんなふうにしてもらえる不動産屋、そうはないと思う。

たぁさんとは「お客様と不動産屋」という関係から始まっているけど今は親友付き合い。ブログ関連、同級生や昔の職場仲間、旅仲間などなど、私は多くの友人知人に恵まれて、人生が充実している。

posted by poohpapa at 03:56| Comment(0) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

やっぱり組織的な投稿なんだろう

昨日の記事で、高須院長が大村愛知県知事のリコール運動を開始したことを書いたが、Twitter では大村を擁護する書き込みのほうがリコールに賛成する書き込みより多くなっているとか・・・。

「 #黒川検事長の定年延長に抗議します 」の時と同じ臭い。アカウント数の10倍(500万件)もの書き込みがあったけど 、ま、今回も似たようなものだと思う。

若いタレント、スポーツ選手などの著名人が政治に関して意見を発信することは悪いことではないと思う。「若者は政治に口を出すな」とも言わない。問題は、「解かって言っているかどうか」ということ。「この部分は賛成だけど、このことは反対します」という意見は見られないのだから。多少なりとも影響力のある著名人であるなら少しは調べたり勉強してから発信してもらいたい、それだけのこと。

調べていたら、こんな記事が有った。

“検事長定年延長抗議“で水原希子のツイッターが「閲覧注意」の修羅場と化す
AsageiBiz  2020年5月13日

私からすると自損事故のようなもの。予め道順を調べることなく、スマホの位置情報の画面(一方的な情報)だけを信じて運転しているから行き止まりの道に迷い込んだり電柱に衝突してしまう・・・。

一方で、こういう記事も、

《SNS炎上》きゃりーぱみゅぱみゅ傷心帰省 スパルタ母が話す「娘を救った言葉」
「文春オンライン」特集班  2020/06/02

良いご両親に育てられたんだなあ、と思う。上から目線の言い方だけど、「いい薬」になったのでは。


話を戻して、大村リコール問題、賛成する(反対ではない)人はあまり書き込みしないもの。反対する左翼系の奴らは声が大きいし自分たちとは違う意見に耳を傾けることは無いから、ま、気にしなくていいと思う。高須院長、酷い口撃を受けるのも想定内だろうけど、体に気を付けて頑張ってほしい。


posted by poohpapa at 05:43| Comment(6) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

これは嬉しいニュース

“愛知の乱”大村知事降ろし加速へ…高須院長ら著名人がリコール運動開始! 吉村府知事、河村市長も賛同 (1/2ページ)
「表現の不自由展」再開
ZAKZAK  2020.6.3

生まれ育った郷里で、茨城県に次いで私とは相性が悪い県民性だけど、幼馴染や親友もいっぱいいる愛知の話なので興味がある。大村は、「次の選挙で落ちてほしい」と私が思っている政治家の一人。

こいつが以前は自民党所属だったのが信じられない。強い信念を持っているけど、その信念がコロコロ変わるし、今の言動は枝野や蓮舫と変わらないのだから。「愛知に緊急事態宣言は必要ない」と言っていたかと思えば、その舌の根も乾かないうちに「愛知も緊急事態宣言の仲間に入れてちょうよ」と言い出したりして。致命的なのは、やはり「あいちトリエンナーレ」での対応で示したクズっぷり、だと思う。

逆に、高須先生にはお元気で頑張って頂いて、ぜひ大村をリコールに追い込んでほしい。


あ、昨日は15000歩も歩いた。立川から吉原・・・、じゃなかった、新宿の歌舞伎町にでも歩いて行けると思うけど大事なことを忘れてた。足腰は鍛えているけど、あっちのほうが役に立たなくなってたわ。

posted by poohpapa at 04:53| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

昨日は伊勢丹まで3往復・・・

定休日の昨日、伊勢丹まで3往復して12000歩を稼いだ。

昨日から、伊勢丹ではギフトセールが開催されている。高島屋は一部営業を続けていたが伊勢丹は全館2ヶ月近くも休んでいて先月30日から営業を再開。馴染みのスタッフのUさんが来ていて2ヶ月ぶりの再会を果たした。Uさんは個々の店舗の正社員でなく、催事でマネキンを担当しているから、伊勢丹の休業期間は自宅待機だったとか。2ヶ月ぶりの仕事で「ちゃんと言葉が出るか心配だった」とのこと。

先日、うちのの実家にお願いして取り寄せた焼き菓子の「ケルン物語」を一箱届けてきた。コロナ禍で辛い思いをしながら頑張っている友人知人を激励しようと思って取り寄せて、これで、やっと残り二箱。もちろん、Uさんには元々お渡しするつもりだった。

Uさんは食の好みがハッキリしていて、栗や芋の食感は好きではないと聞いている。苦手なものだったりすると正直に「あれ、ダメたった」と言ってくれる。Uさんには以前にバラで差し上げたことがあったけど、「ケルン物語」は大丈夫だったかどうかは聞いていなかったので、取りあえず一箱(14枚入り)を届けたのだが、以前の味を覚えていてくれて満面の笑みが返ってきたので安心した。

ちなみに、「ケルン物語」は一関市の「ふるさと納税」の返礼品に選ばれている。私も初めて食べた時には、失礼ながら「岩手の一関市の藤沢町みたいなド田舎にこんな美味しいお菓子を作るお菓子屋さんがあるのか」、と驚いたほど。客が二組も入ったなら満員になるほど小さな店だし・・・。

「家に持ち帰ってお母さんと食べてね」と伝えたけど、私なんかよりもっと仲間思いのUさんのことだから、休憩時に仲間のスタッフと食べるに違いない。それが顔に出ていた。「必ず家に持ち帰るよ」と指切りまでして約束したけど、一旦は約束どおり持ち帰ったとしても翌日バラで持ってくるんじゃないかな。もちろん、あげたものをどうしようがUさんの勝手だからかまわないのだが。それで、仲間に分けるであろう分を、うちの分からバラで再度届けた。それが昨日2回目の伊勢丹。

Uさんが、「そう言えば、華ちゃんがコレ大好きだよ」と言う。華ちゃんというのはソムリエールさんのこと。10日からの催事で立川店に来る。「大丈夫だよ、ちゃんと用意してあるから」と言うと安心していたが、私が「あ、忘れてた」と言おうものなら後で自分の分から渡すに違いない、そういう人である。

「私はUさんが指切りして『持ち帰る』と約束していても信じてないからね」と言うと大爆笑。やっぱり図星だったみたい。二度目の時に、(それは仲間と分けてもらうつもりで)サンジェルマンのシナモン・ラスク一袋を届けた。すると、さっきより凄い笑顔。「シナモンは大好きなんだよね。でも、シナモンと言っても、最近は申し訳程度にしか使ってない菓子が多くて、これは美味しそう」と喜んでくれた。

あまりの喜びように、もう一袋届けた。それで伊勢丹3往復・・・。我ながらサービス過剰だと思う。

うちのが、「伊勢丹が再開して、おとうちゃんが一番嬉しいことはUさんに会えることだよね」と言っていて、その通り。誤解されることが無いよう言っておくと、Uさんはそこそこのご年配。いつもは私が元気をもらっている相手。お客さんを紹介してくださっていて、以前も書いたけど、私がもし、岩手の「たぁさん」とUさんの二人から見切りを付けられるようになったなら「人間として終わった」と判断できるほど。

歩数は稼げたけど踵(かかと)が痛い。健康の為と言っても「過ぎたるは及ばざるがごとし」なんだろな。



posted by poohpapa at 05:17| Comment(4) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

さっきの記事の続き、みたいなもの

私は、みんなが「そう」だと言っている事は疑って掛かる、と言ったけど・・・、

今、その最たるものが、池上さん(ジャーナリストの池上彰さん)である。どんなジャーナリストや評論家、専門家が意見を言っても、国民のほとんどから支持されるなんてことは無く、必ず一定の割合で「それは違うでしょ」という反論が出るもの。ところが、池上さんが言えば(解説すれば)ほとんどの国民が「池上さんが言っているんだから間違いない、そうかもね、その通りだろう」と思ってしまうのではないか。

だから、私は疑う。具体的な根拠は・・・、無い。私の感、である。私なんかより何十倍も勉強なさっているだろうから、私が言うことよりも正確だとは思うけど、池上さんほどの人であっても、どうもテレビ局(制作側)に迎合している部分があるような・・・。そして、そこが一番危険、という気がしてならない。

まあ、池上さんが都知事選に出馬したなら現職の小池さんでも勝てないだろうな、間違いなく。現職に勝てる対抗馬は池上さんしかいないけど、野党が担ごうとするかなあ・・・。本人は出ないだろうけどね。

posted by poohpapa at 07:47| Comment(9) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このアンケート結果は不承知

現在、必要でないモノは? トップは「学歴」
ITmedia ビジネスオンライン  2020/06/01

私は、みんなが「そう」と言っている事は疑って掛かることにしている。うちの業界での「AD」がそうであるように、えてして少数派の意見のほうが正しいことって多々あるから。ほとんどの不動産業者は「余計なこと言わずに知らん顔していろよ」と思っているだろうけど、多数派の意見が正しいとは限らない。

で、学歴・・・、若い頃は私も「必要ない」と思っていたけど、歳をとってきて逆の考えになりつつある。このアンケートでは「要らない」となっていても、学歴は必要、有ったほうが良い、と今は考えている。高校時代、同級生が受験勉強まっしぐらだった時、「学校の勉強なんかクソの役にも立たんでしょ。小学校で習った円周率なんかも死ぬまで一度も使わないよ」と主張していたら、先輩から「それは勉強が嫌いなのを言い訳しているだけ」と窘められたけど、円周率など一度も使ったことが無い。

円筒形の物を紐でしばる際、「えっと、直径が28cmだから、円周率の3.14を掛けて、3周させて結ぶ分の余裕を足すと・・・」なんて計算したことは一度も無い。直感で「こんもんだろ」で切っている。それで「あちゃあ、ちょっと短かったか、失敗したなあ」なんてことは無いのだ。

高校時代から、「日本史も世界史も、教科書の後ろから教えるべき。明治維新の前の出来事は教養でしかなくて、それ以降は教訓。これから役に立つのは教訓。時間切れになって、日本史も世界史も近代史に入る前に終わってしまうのはおかしい」と主張していた。国語の試験で「傍線部の作者の意図は何か」という設問も、そんなの本人に訊いたワケでもないのだから教師が勝手に「これが正解」とするのはおかしい、いろんな捉えかたがあっていい、と思っていた。まあ、屁理屈だけどね。

まあね、教科書で学んだことが「あれは役に立ったなあ」なんてこと、一度も無かったのは事実。

中学時代から、校則が一方的に変えられた時など、私は「それはおかしい」と思ったなら絶対に従わなかった。そうすると、教師のほうから折れてくる。「おかしい」と文句を言いつつ教師に抗議することなく校則に従っている同級生を「コイツらが社会に出ても使いものにならんだろうな」と見下していて。

生活指導の先生から「将来、弁護士になれ」と言われたけど、そんな頭は無いから宅建士で止まっている。そこまでで精一杯。自分がならなくても信頼できる弁護士を知っていればそれで足りるし。

うん、「学歴」は有ったほうがいい。学歴そのものより、いい大学に行けば人脈も築けるし、中卒や高卒だと大企業には採用されない。大企業や役所に就職すれば老後に受け取る年金の額も違ってくる。私が受け取っている年金は2ヶ月で11万円ほど。それでは暮らせない。一流大学から大企業や官庁に進んだ同級生は、今、遊んで暮らせる額を受け取っている。仕事があるだけ幸せだが私は死ぬまで働いていなければならない。中学、高校での頑張りの差は老後になってから如実に表れる、ということ。

このアンケートには年金を受け取っている人たちの声も反映されているハズなんだけど・・・。「学歴」の次に不要なものが「資格」って、何にも解かってないじゃん、と思う。世の中には「どうでもいいような資格」が多くあるのも事実だけど、資格が無ければできない仕事もあるのだし。

島田紳助の二番目の娘さんだったかな、勉強が大好きで、紳助が「おまえ、勉強なんかせんでもええやろ。なんで勉強すんねん?」と訊いたら、「勉強していい大学に入れば可能性が広がるやん」と答えたとか。素晴らしいと思う。そう、私は勉強から逃げて可能性を狭めていただけだった。

ただ、勉強がしたくなくて生徒会活動に逃げていたけど、当時の体験が今すごく役に立っているし、いい先輩に恵まれたので幸運だった。以前から何度も「老後にどこで勝組と負組が分かれるか、健康であることは当たり前なので置いといて、老後の資金が潤沢にあるのに越したことはないけど、自分の話を聞いてくれる人が何人いるか、互いに気に掛け合う人がどれだけいるか、そこに尽きる」と言っているが、しょうもない友達をいっぱい持っていてもどうにもならず、そういうところで学歴がモノを言う。

私の場合は、学歴が無くてもたまたま良き友達に恵まれているけど、結果論として(高い)学歴は有ったほうがいい。良き人脈を築くためと豊かな老後を送るために。以前は「学歴なんか要らない」と言っていた私が「有ったほうがいい」と言っているのだから、本当に有ったほうがいいものだと思う。

もちろん、ここで言う「学歴」・・・、大卒かどうかでなく「どこの大学で何を学んだか」ということだけど。

なんか、支離滅裂になっちゃったけど、ご勘弁

posted by poohpapa at 05:56| Comment(17) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

これは酷い、あいちトリエンナーレの展示物も吹っ飛ぶ話

私の毎日(新聞じゃないよ)の訪問先「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さんから、

韓国が昭和天皇の御真影を便所紙に!文在寅に批判的な朝鮮日報を糾弾する超反日親北団体のデモ展示物

これ、日本の新聞は報じているのかな?、テレビではまだ流れてないようだけど。

ほんと、一日も早く韓国とは断交してほしい。どうせ世界最大の売春強姦国家でしかないのだから。

posted by poohpapa at 04:56| Comment(7) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳が遠い入居者さんから受けた依頼

朝一番で携帯に電話が掛かってきた。相手は生活保護の老婦人。私がちょっと何か手助けしただけで、和牛の霜降りステーキ肉とかすき焼き肉、本マグロの刺身だのドーンとくれる人。ほんと、勘弁してもらいたいと思っている。どうして私が生活保護の上前を撥ねなきゃいけないんだ!?、という話で。

「頼みたいことがあるから10時に行くから」とのことで、またもや嫌な予感しかしない・・・。

10時少し前に店に行くと、直ぐやってきた。「ちょっと、これ見てくれる?」と言って封筒を差し出す。見覚えがある色合いの封筒だ。うちにもようやく届いたコロナ給付金10万円の申請書類の封筒だ。

封筒は乱暴に破って開けられていて、「これ、どんなふうに書いたらいいの?」と訊くが、丁寧に「書き方や必要な書類」などが書いてあるのだから、それで解からないなら「もう諦めなよ」と言いたいけど、みてあげた。「ここに名前を書いて」 「判子は持ってる?」と言っても、「え?、なに?、もう一度言ってよ、私は耳が遠いんだから」と、何度も同じことを言わされる。もう、根気よく説明するしかない。

「本人確認の免許証なんかは無いよね」と訊いても、「え、なに?」と訊き返す。補聴器は点けているが調子が悪いらしい。大きな声で「め・ん・き・ょ・し・ょ・う」と訊くと、「そんなモンないよ」と言う。「じゃあ、健康保険証は?、ほ・け・ん・し・ょ・う」と訊けば、「生活保護だよ、なモン無いよ」だと。

「年金手帳は?、それも無い?、ね・ん・き・ん・て・ち・ょ・う」と訊いたら、「それならあるよ。今から荻窪のサウナに行って夕方まで帰らないから明日持ってくるよ」と言う・・・。いいご身分である。

大声で話していたから店の外まで話し声が聞こえていたと思う。それで、小さな声で、「通帳かカードのコピーも要るみたいだけど振込先は私の口座を書いとくから気にしなくていいよ」と言ったら、

「なんで社長の通帳よ!?、アタシの口座でなきゃダメでしょ!?」だと。

なんだよ、聞こえてんじゃねえか、である <`ヘ´>

そう言えば、私のお袋も晩年は耳が遠くなったけど、都合のいい話だけは聞こえていたような・・・。おならの音なんか、「どうせ聞こえやしないだろ」とプッとすかすと、「今、屁、こかなかった?」と言うし、無音の屁をすると、新しい電池に交換したばかりのガス漏れ警報器が作動したかのように誰より早く「臭い、臭い」と騒ぎだしていたっけ・・・。それくらいだから、お袋の前で他の家族と内緒話もできなかった。

ちっ、ドサクサに紛れて10万円懐に入れようと思ったけど、儲けそこなったよ、もお (^◇^)

ま、仕方ない、昨日もブラックチェリーやお煎餅を持ってきてくれたし、それで「良し」とするか (こら


posted by poohpapa at 04:18| Comment(2) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

半年間で歩いた距離

スマホに万歩計機能が付いているので毎日何歩いたかチェックしている。スマホに、と言うより、コカ・コーラのアプリで、歩いた距離に応じてスタンプが1個もらえて15個溜まるとコカ・コーラの自販機のドリンクが1本タダで貰える、という仕組みに乗っかっているんだけど。

目標は1日7000歩、一週間で49000歩をクリアするとスタンプ1個。私は一日平均1万歩、毎週クリアしているので15週に1本はタダで飲み物をゲットしている。実際には歩数だけでなく、何かの節目節目でスタンプが貰えたりするので15週も掛からない。始めてから半年弱、通算で間もなく200万歩に達する。私は大股で歩くので2歩でだいたい1m、200万歩だとおよそ100万mで、1000kmになる。

東京から1000km・・・、東京 ⇔ 京都を往復した距離で、いろいろ調べてみると、高速道路を走ったなら門司港ICまでの距離が約1000km、 直線なら都庁から長崎県庁までが約960km、1000kmなら五島灘あたり、とのこと。「思えば遠くに来たもんだ・・・」である。まあ昔(江戸時代)の人ならそれくらいの距離を歩いて移動していたんだもんな、車や交通機関の発達は人類を逆に退化させている。

足腰が弱ったら仕事も浮気もできなくなるし、とにかく今は体を労わりながらイジメている。

このコカ・コーラのアプリ、うちのに入れてもらったから私には(スマホへの)入れ方が解からないんだけど、無料だし、歩数を気にして歩くだけでほぼ定期的に飲み物をゲットできるのでお勧め。


さて、ちょっと自慢話、

うちのの実家にお願いして二度送ってもらった焼き菓子、うちで食べる分を除けば総額で6万くらいになるんだけど、それを、このコロナ禍にあって辛い思いをしながら頑張っている人たちに、美味しいお菓子を食べて少しでも笑顔になってもらおうと考えて配って(バラ撒いて)いて、あと少しで配り終える。

人間、美味しい物を食べると笑顔になる、笑顔になれば元気になれる。うちも生活は楽ではないけど、こんな時に、自分でできることで社会に恩返ししなければいつするのか、という話。うちのは「お父ちゃんはやり過ぎ」と呆れているが、諦めているのか文句は言わない。それが嬉しいし幸せ。

もしお口に合わなかったとしても「美味しかったです」としか言えないものだろうけど、お礼の電話の向こうの笑顔を想像して自己満足に浸っている。毎度書いているけど、自分の小さな行いで誰かが笑顔になってくれたらそんな幸せなことは無い。このご時世で家賃の立替えなんかもあって来月から給料が減って生活は更に厳しくなるけど、それでもうちは恵まれているほう、贅沢は言えないし言わない。どこぞの企業のCMではないけど、「お客様(私の周りの頑張っている人)の笑顔のために」である。見返りを求めているのでなく、「情けは人の為ならず」で、そういうのはいつか別の形で自分に返ってくると思う。

自分で言うのもナンだけど、私みたいな人間は少ないと思う。私は偽善者でかまわない。私がそういうことをする(できる)のは貧乏の辛さを身に染みて知っているから。それと、お金の活かし方も。

みんな、今は自分のことで精一杯で自分のことしか考えられないと思う。そのこと自体は批判しない、人間なんてそんなものだから。ただ、それぞれができる範囲でできることをすればいいだけのこと。

無駄遣いと言えば無駄遣いかも知れないし、かなり桁が違うけど、一昨日、都内上空をブルーインパルスが医療従事者の頑張りに感謝してデモ飛行をしたのと同じだと思う、いや、そう思いたい。あのデモ飛行では飛行機雲がモールス信号になっていて「ありがとう」というメッセージを伝えていたらしい。もうね、記事を読んでいるだけで涙が出た。そんなのでも「批判する奴」がいて情けない思い。重箱の隅を突いてばかりいないで何事にも素直に感謝すればいい。それができない人って心が寂しい人なんだろな。

posted by poohpapa at 05:22| Comment(10) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

木村花さんの死について

私は「テラスハウス」という番組は視ていないのだけど、花さんの死を冷静に客観的に考えてみたい。

彼女の死が自殺だったとして、その原因とされる「SNSに心無い誹謗中傷コメントが日に百件単位で寄せられた」理由・・・、ネットで番組の内容を見ると、彼氏が、花さんが「命の次に大切」と言っていた(思い入れのある)プロレスのユニフォームを誤って洗濯して縮めてしまったことを、おおよそ(うら若い)女性が使わないような汚い言葉で詰った(なじった)シーンが流れたから、と思われる。

たかがユニフォームのことで、しかも善意で洗っておいてくれた彼氏をあそこまで口汚く罵るシーンを視たなら、私も(その番組を視ていたら)「最低の女」と記事にしたかも知れない、それくらいの話。

だが、実生活の彼女は周りを気遣う思い遣りに溢れた一面もあったとか。どちらが本当の彼女か、というのでなく、そして二重人格だったのでは、ということでなく、どちらも彼女の姿だったんだろうな。

たしかに、台本が無いリアリティ性が売りの番組だから、そのまま流せばどのような反響があるかは解かりそうなもの。現実にプロレスのヒール役でもあることから、視聴者が「そういう女だ」と思ってしまったとしても無理はないと思う。だが、彼女が、そう納得していたとしても、あの反響はキツいだろう。

制作側は「炎上」することも織込み済みで、むしろ視聴率のために煽っていたフシもある。問題の場面に関する未公開シーンを(その後に)三回にわたって放映していたことでも制作側の悪意が感じられる。

私が不思議なのは、彼女が「そういう番組」であることとか、炎上してSNSに酷いコメントが寄せられることも予測して承知していたとすると、想像以上であったとしても自殺なんかするかなあ、ということ。その場合、誰か信頼できる人に相談したのではないかと思うんだけど、追い詰められてしまった・・・。

そこが解からない。だが、その謎を解く一つの鍵がある。

「テラスハウス」で構成を担当した「堀田 延」(ほりた のぶ)という放送作家がいる。この男がツイートで、驚くべき言葉を発信している。

誹謗中傷した匿名のpacaたちが何より悪いし、完全に第一義的な加害者なのに、それを忘れて番組を叩く連中の多いこと多いこと。学校でいじめがなくならないのと ほぼ同じ構図。学校や先生の責任ばかり追求するが、それ以前に、弱者を虐めて喜ぶガキどもがそもそも悪いだろうに。問題点はそこにある。

ハッキリ言うけど、問題点はそこではない、それは責任転嫁でしかない。

「殺人教唆」という言葉を知らないらしい。AがBにいろいろ吹き込んで「Cを殺してこい」と唆し(そそのかし)てBがCを殺した場合、当然にAは無関係ではいられない。直接手を下したのがBであっても、BにCを殺すよう仕向けたのはAなのだから、実行犯(正犯)と同じ罪が科せられるもの。

学校でのイジメ、たしかに、一義的に悪いのは寄って集って一人の児童をイジメている奴らだけど、例えば、教師が皆の前で「〇〇の家は貧乏だから」と特定の児童を小馬鹿にしたことが発端になっていたとしたら、一番悪いのはイジメている児童でなく教師ではないか。ましてや相手は社会経験に乏しい子供なんだから。そういうことって過去のイジメでも度々あったこと。花さんのケースに重ねてみればいい。

制作側がリアリティを売りにしている以上、花さんに多くの誹謗中傷コメントが寄せられていても制作側としては「いえ、あの番組はリアルに見えていますが作り物なんですよ」とは言えないもの。であるなら、一方で、花さんを強くフォローしなければならなかったのではないか。それどころか、構成を担当した放送作家が後に上記のようなツイートをしている・・・。そこには人間性の欠片も無い。

製作側にいた堀田延が、自分たちの責任は顧みず「悪いのは誹謗中傷した奴ら」と責任転嫁するのは見苦しい。番組を打ち切っただけでは済まないのではないか。と言っても、フジテレビが本気で検証するとも思えない、きっと型通りの謝罪をして、うやむやに収めて済ませるんだろうな。

私はここで犯人捜しをしようというのではない。私は少し問題提議をしたいだけ。私が残念なのは、「周りにほんの少しのハートが有れば花さんは死なずに済んだのではないか」、ということ。

世の中が殺伐として、皆が自分のことしか考えなくなっていて、誰かをロックオンして寄って集って徹底的に痛めつけて(関係ないのに)溜飲を下げたりストレスを発散する・・・。「人間、窮地に陥った時に本当の人間性が出る」とは言うけど、日本人て元々こんなだったっけ??、と愕然とする。3.11の時でさえ被災地では互いを思い遣っていたのに・・・、道徳教育からやり直さないとダメなんだろな。

ちなみに、堀田延、いろんな場面で問題アリのツイートを残している。その中で、「慰安婦がなかったとか言ってるやつら。ほんとおまえらにズバリ言うわ。死んでくれ。死ね。本当に死ね。(以下省略)」とある。それでいけば、私は死ななきゃならないクチかも知れないな。で、そんなツイートしている奴が番組を作っているんだから、制作側が会見を開いて謝罪したとしても、何ら責任は感じていないことだろう。

なんか、悲しいね。

posted by poohpapa at 05:56| Comment(11) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする