2024年03月03日

私と同じ匂いがする高齢婦人、もしかして「運命の出会い」かも

私と同じ匂いがする、と言っても「加齢臭」じゃないよ (^◇^)

昨日の午後、店に在庫しているお菓子がなくなってきたので伊勢丹の地下に行った。私がキャラメルポップコーンを幾つも籠に入れていると、品のいい高齢婦人がカートを押しながら傍に寄ってきてこう尋ねる。

「それ、前から気になっていたんだけど、美味しいですか?」と。高齢婦人の籠には、私同様にお菓子がいっぱい入っている。さらに何か買うなら新しい籠が要るくらい。まさか、それ全部自分で食べないよね。

「美味しいですよ。普通、キャラメルポップコーンと言っても、少しキャラメルがまぶしてあるくらいですが、これはしっかりキャラメルが掛かっていて、食べ始めると止まらなくなります。実は、この1年ちょっとの間に私は350缶も買って、いろんな人に『これ、美味しいから食べてみて』と配っていて、皆さん『美味しかったです』と喜んでくれています、大好評です」と答えると、「じゃあ私も買っていこう」と5缶くらい籠に乗せる。「お近くですか?」と訊くと「〇〇市です。レストランをやっていて、従業員に美味しいお菓子を食べてもらおうと思って・・・。あら、あなたも私と同じことしてる」、と大笑い。ならば、と他のお菓子も薦めた。

私の籠の中を見せながら、ティラミスアーモンドチョコと珈琲アーモンドチョコ、それに、何種類かの豆菓子を薦めたら、それも購入。それらで荷物は大変なことに。近くなら運んであげようと思っていたが、伊勢丹までの往復はいつもタクシー。「カネを遺しても税金で持って行かれるだけだから使っちゃわないとね」と言う。息子の嫁さんから「義母さんが生きている間に財産分けをしてほしい」と言われていて、「そんなことするものですか、数年前に夫が亡くなった時に税務署から40億の請求が来て、どうにか払って差し押さえは免れたけど、子供には遺したくないわ」と言う。それも同感。「私も、子供には一銭も遺さないつもり」と言うと、「一緒ね、それがいいわ」と喜ぶ。だが、一緒ではない。私には遺すべき財産が無いから。

しばし Queens 伊勢丹の菓子売り場の前で世間話。「失礼ですが、お歳はお幾つですか?」と訊くと、「80歳です」だと。頭も脚もしっかりしているみたい。「あなた、学校の先生かしら」と訊かれて、「いいえ、不動産屋なんですよ」と言うと、「名刺をお持ち?」と訊くので一枚お渡しした。なんでも、最初の結婚の相手は、うちの近所の不動産屋の社長だったみたいで、スッと名前が出るのだから頭脳明晰なようだ。

国内旅行も海外旅行もお好きなようだから、今度お誘いしてみよう。最後に行ったのはコロナ前のベトナム、「ダナンが良かったわ」だと。でもエコノミーには乗らないだろな・・・、お相手はたかさんに任せよう。

ふだんは恩着せがましい私だけど、お菓子に関しては全く見返りを期待していなくて、5年間で200万は使っていて、神様が「そろそろ帳尻を合わせてあげようか」と、その高齢婦人と出会わせてくれたのかも。

私が常々言っているように、本来「人生は押しなべてチャラ」、欲をかかなければ上手く帳尻が合うもの。変に色気を出して「儲けさせてもらおう」とせず、私からは連絡せずに高齢婦人からの連絡を待とう (^^♪

posted by poohpapa at 07:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月02日

間違い探し、と言うより、粗探し、しちゃったかな??

昨日、伊勢丹で、値札の付け間違いを見つけた。直ぐにサービスカウンターに知らせると、「あってはならない間違いなので、助かります」と、とても喜んでくれた。間違っていたのは Queens 伊勢丹のキャラメルポップコーン。エスカレーターでB1に下りて直ぐのところ(2機ある両方)と集合レジ横に並んでいる。

値札(値段表示)は一箇所が「519円」で二箇所が「592円」、592円のほうが正しいと思われる。ただし、賞味期限や内容量なんかで差をつけているケースもあるだろうから必ずしも間違いとは言い切れないかも。売り場の責任者が見てくれて、「あ、これは明らかに間違いですね」だと。私が「519円と表示されているポップコーンをレジに持って行ったならどうなりますか?」と訊くと、「はい、592円です」だと(おい

実は、私がよく買っているティラミスアーモンドチョコなんかは519円、その価格設定のお菓子は多い。

サービスカウンターのスタッフは「こちらのお客様は大量に買ってくださっているので、それでお気付きになったんでしょうね。普通は気付かないと思います」と私を持ち上げるが、たしかに、この1年で350缶も買っているし、ティラミスアーモンドチョコなんかはそれ以上買っているからね。そりゃあ気付くわ (^◇^)

まあ、ちょっと気分が良かった。近いうちにまた補充して、配ろう、私の老後の唯一の楽しみだから(^^♪
posted by poohpapa at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月01日

大谷翔平が結婚???、珍しく、今日2本目の記事

全く誰にも気づかれずに結婚したなんて・・・。だって、大谷番記者が4、6時中張り付いていたのに誰も気付かない・・・、かつて、こんなこと一度も無かったよね。海外とは言え、あの週刊文春は何をやってたんだ!?

小者のスキャンダルをしつこく追い掛けてばかりいるからスッパ抜けなかったんだろ ( `ー´)ノ

でもなあ、大谷の結婚を一番喜んでいるのは・・・、家族でもファンでもチームメイトでもなく・・・、
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
痔民党だろね。大谷の結婚のニュースで(今日は)政倫審の話が吹っ飛んでくれるもんね。

それにしても、1000億円を実質的に手にしたのはどんな女性なんだろ。早く顔を見たい(^^♪

posted by poohpapa at 07:43| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日、私が三越伊勢丹(立川店)にて提案したこと

いろんな企業で、買い物額に応じて発行しているポイントが能登半島地震の義援金として寄付できるようになっているが、伊勢丹のアプリのポイントが寄付できる、という話は聞いたことが無い。もう一月以上前に伊勢丹の顔見知りのマネージャーI氏に提案していたのだが、その後の展開は不明。本社に提案しようかと思っていたところに、昨日、伊勢丹に行ったらI氏に遭遇、丁寧に挨拶され、こんなふうに言われた。

「先日、坂口さんから提案を頂いたポイントでの寄付、できるようになっています。三越伊勢丹のHPの下のほうに記載されていますのでご覧になってください」と笑顔で言われたが・・・、う〜ん、下のほうねえ。

なんか、伊勢丹はアピールが下手だなあ。HPの一番上に告知してなければ誰も気付かないよね。それじゃ三越伊勢丹からすれば本音では「面倒くさいからやりたくない」と思っているのかな、と疑ってしまう。

それで、夕方再び伊勢丹に行って、サービスカウンターからI氏の携帯に電話してもらい、こう提案した。

「三越伊勢丹のアプリのポイントは1ポイント=1円ですよね。客はちまちまポイントを貯めて、いつか買い物をする際に使ったり、商品と交換するのを楽しみにしていて、それを義援金に提供してくれるのだから、伊勢丹が『お客様が義援金として提供してくださったポイントと同額を伊勢丹も義援金として送らせて頂きます』としたなら、宣伝効果は大きく、伊勢丹のイメージアップにも繋がりますよね、如何でしょう?」と。つまり「お客様が提供してくださった三越伊勢丹のポイントでの義援金、私たちが2倍にします」ということ。

I氏は「担当部署に必ず伝えます」と約束してくれた。私は顔見知りのI氏を信用している。何故なら・・・、

伊勢丹立川店がコロナで1ヶ月も休業していて、やっと再開した時に、地下1階から唯一の出入口となる1階正面の出入口に向かおうとすると、集合レジのすぐ横のエスカレーターは止まっているから、反対側まで移動してエスカレーターに乗り、1階の出入口の反対側に出る。買い物して荷物を持った客をわざわざ遠回りさせているのが不思議。何の意味があるのか、と思ったので地下1階で若いマネージャーに「止めるエスカレーターと動かすエスカレーター、逆ではありませんか?」と意見したが、取り合ってくれなかった。理由を告げずに「これでいいんです」と、「余計なことは言わなくていい」とばかりに突き放された。

それで、たまたま1階で(50歳くらいの)マネージャーI氏を見かけたので同じ提案をしたら、直ぐに地下の様子を見に行ってくれて、「たしかに、これはお客様の仰るとおりですね」と、集合レジ横のエスカレーターを動かして、反対側のエスカレーターを止めてくれた。I氏が直ぐに行動してくれたのは嬉しかった。

私の提案で、客から提供されたポイントが仮に1億ポイントだとして、三越伊勢丹が同額を加算してくれたなら2億円の義援金になる。それをHPや店頭で紹介したなら「お客様や被災地に寄り添う三越伊勢丹」のイメージが生まれて、テレビでCMを流すより効果大。企業も客も被災地も3者がWinWin になる(^^♪

この成果をもって三越伊勢丹から「その客(私)を是非当社の社外取締役に」という提案がなされたなら私には断る理由がない。直ぐにでも取締役になってあげてもいい。声が掛かるのを心待ちにしていよう (爆

posted by poohpapa at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月29日

いつか紹介しよう、と思いながら1年5ヶ月も温めていたネタ

アントニオ猪木氏がNYで遺した珠玉の名言10個。
「針の穴ほどの小さな穴も…」燃える闘魂が心に染みた

ライフ2022.10.05 by 高橋克明『NEW YORK 摩天楼便り−マンハッタンの最前線から』

そのアントニオ猪木氏がよく言ってたこと、

「元気ですか?、元気であれば何でもできる!」というのは真理です。健康は何より大事、体も心も頭も。健康は、体だけ元気でもダメですね。心が卑屈で捻じ曲がっていたり、頭が正常な判断力を失くしていたのでは社会に貢献できないどころか足を引っ張って迷惑を掛けます。そうなる前に死にたいものですね。

正直、死ぬのは怖くなくなったけど、記憶が飛ぶのは怖いです。テレビに出ているタレントの顔を見て、ほとんど名前が出なくなりました。もちろん、以前は直ぐに名前が頭に浮かんだのですが、今は出ません。

そのうち、仕事に支障が出るようになるかも、というのが一番怖いですね。早く店を後継者にバトンタッチしたいものです。あ、そうだ、たかさんも宅建を持っていたっけ。東京に単身赴任してもらおうかな。どうせ今も数ヶ月に一度、大学のスクーリングで上京してるんだし。でも、「なんで私が、今にも潰れそうな店を継がなくちゃいけないんだ!?」と怒るでしょうね。私と同世代だから、たかさんのほうが呆けてるかも。


そうそう、ついでに、ネットで拾ったこんな言葉(記事)もご紹介、元気を貰ってください (^^♪

弱くてもいい
悩んでもいい
不安定でもいい
寂しくてもいい
人に頼ってもいい
落ち込んでもいい
完璧でなくてもいい
弱みを見せてもいい
評価されなくてもいい
有名にならなくてもいい
偉い人にならなくてもいい
好かれようとしなくてもいい
生きていれば、それでいい


良くは無い!、と言いたい項目もありますが (^◇^)

posted by poohpapa at 06:22| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月28日

いくらなんでも酷すぎる ( `ー´)ノ

昨日は、多くの不動産屋にとっては「花金」みたいな火曜日で、久しぶりに夜更かしをした。うちのが録画していたバラエティー番組をソファーに座って保護猫みーちゃんを乗っけて観ていて、寝たのは10時半。

私からすれば、いつもより1時間以上も夜更かししたことになる。電気毛布で温かい布団に入ると直ぐに睡魔がやってきて深い眠りについたのだが、日付が変わって0時15分、枕元のスマホが鳴る。画面を見たら海外からの着信みたい。後で思えば機内モードにしておけば良かったのだが、本当に「緊急事態」が無いとは言えないから出た。一番深い眠りのところで起こされたから意識は朦朧としていた。相手は入居者で、私が批判的な中国や韓国ではない別のアジアの国。日本の現在時くらい分かりそうなもの<`〜´>

詳細は住宅新報版ブログで書きたい。とにかく、「それ、今この真夜中でないとダメ?」と言いたかった。

自分のことしか考えていないんだろな、いくらなんでも、火事でもないなら大抵の要件は翌日でOKだろう。深い眠りを覚まされて、その勝手な願い事、というのでは人間性を疑うし、頃したくなるもの、ほんと。

さて、気を取り直して、Jonathan's のモーニングに行ってこよう。今日は暖かくなるみたいで嬉しい (^^♪

posted by poohpapa at 06:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 嫌な客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月27日

躓いて転倒しちまった

何年か前に、テレビ朝日のタワービルの入口で転倒してビルの角に顔面をぶつけ、救急車で虎の門病院に運ばれて、顔面を骨折しているのが判明したんだけど、それと同じようなケース、痛かったわあ(トホホ

今朝、火曜日恒例の「しんぱち食堂のモーニング」に行ったんだけど、店の入口の脇に大きな段差があって、躓いて勢いよく転倒した。幸い骨折はしていなさそうだけど膝は擦り剝いている。後で痛くなるかも。

ああ・・・、これは、もしかすると自分で思っているより足が上がっていないんだろな、そういうことかもね。

と、打っていたところに電話が・・・。スマホの画面の名前を見て驚いた。

うちの選挙区で元外務副大臣の小田原潔代議士ご本人から。実は昨日、秘書のYさんに「先生にお渡ししてくださるよう」お願いして、さつま芋のポテチ「しあわせバター」を2袋(セコイ!)お渡ししていて、そのお礼の電話だった。「電話もメールも不要ですからね」と言っておいたんだけど、そうもいかないのかな。

ついでと言ってはナンだけど、裏金やキックバック、政倫審の話もさせて頂いた。私は小田原代議士を信用しているし、これからも応援していく。それにしても、他のお菓子も差し上げたほうが良かったかな (爆

posted by poohpapa at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月26日

今までに出会った「最も珍しい苗字」の女性、ここで明かすことはできないけど

昨日、立川で「非常に珍しい苗字」の若い女性に出会った。

苗字2文字が熟語になっていて、全国で100人くらいだとか、とのこと。ま、全員親戚だろな、と思う。珍しいだけに、何かで特定されてしまいそうで、ここに書いてしまうのはマズイだろうから書かないけどね。名前を聞いて、私も思わず「嘘でしょ!?」と言ってしまった。珍名ゆえに、子供の頃イジメられてたかも。

そうそう、昨日は立ち上がらなかったPC、試しに電源を入れたら使えた。昨日のメッセージは何だったのか。やっぱり、こちらでなく向こうの問題じゃなかったのかなあ。時間をおいて再起動すれば大丈夫かも、と思ってたけど。「もう使えないのかなあ」と思ってショックだった。ショックと言えば、霧の森大福の購入権の抽選、今回も外れた。なんとなく、今回は当たるんじゃないかなあ、という予感はしてたんだけどね。

そうだ・・・、コメントの返信もできるようになったワケで、早速返信しなければ、ホッ (^^♪

posted by poohpapa at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月25日

何にもしていないんだけど・・・、なんで??

昨晩から、家のPC(HP社製)の具合が悪くて、電源を入れると画面に「問題が発生していて現在の PIN は使えません。新たに PIN を登録し直してください」と出る。問題が発生しているのはこっちでなくそっちでしょ!?、と言いたくなる。家のPCが使えなくなると記事の更新もできなくなる。これ会社のPCから。

さて、今日は日曜日だけど、Jonathan's のモーニングに行ってきた。一昨日、スタッフのSさんから「急ですが、モーニングのHさん、25日の日曜日で最後になります。坂口さんにお礼をお伝えしたかった、と申しておりました」とのメール。ならば、行かないワケにはいかない、美味しいお菓子をいっぱい持って♪

いつもは個別包装のお菓子をお持ちするのだが、たぶん、卒業して就職が決まっての退職なんだろう。なので、大っきめの袋でキャラメルポップコーンやティラミスアーモンドチョコ、珈琲アーモンドチョコ、さつま芋チップスのしあわせバター、京都の贅沢焼き菓子抹茶コンフェッテイ、ボールペンなどを届けた。4年間の看護学校を卒業して、多摩地域の総合病院に勤務することが決まったらしい。良い看護師になりそう。

ただの(普通の)スタッフなら、とくに何もしない。Hさん、私が昨年の5月に肺癌の手術を受けて、数ヶ月のちにモーニングで会った時、「お体、大丈夫ですか?」と声を掛けてくださった。その言葉が通り一遍の挨拶ではなく、心が籠っていて、とても感激したのをよく覚えている。なので本社に電話したくらい(^◇^)

とにかく、最後の日にお会いできて良かったし、私はHさんのことはこれからもずっと忘れないことと思う。


ところで、会社のPCで記事の更新はできるのだけど、コメントの返信が会社のPCからはできない。「海外のIPからはコメントできません」と出てしまって。海外からじゃねえよ、立川からだよ、と言いたくなる。持ち主の体も、使っているPCも、相応にガタがきていて使い物にならないのが辛い。似なくていいのに。

コメントの返信が遅くなるかと存じます。どうぞご了承ください。

posted by poohpapa at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月24日

立川駅ビル「ルミネ」の弁当屋さん

一昨日の昼、うちのと駅ビル「ルミネ」の弁当屋さんで弁当を購入した。その店の弁当は安くて美味しい。

2人が別々に選んで、うちのがレジのお姉さんに弁当を2パック渡そうとして、焼きそばを床に落として中身が床に散らばってしまった。お店の人には何の落ち度も無い。うちのが傘を持っていて、弁当を持ち上げにくかったのが原因。私がすれば良かったんだけど清算はうちのの役目。レジ担当のお姉さんが直ぐに雑巾を持って前に出てきて床を手際よく片付けてくれた。我々以外に客はいなかったのが幸いだった。

明らかに我々の所為、お姉さんに私とうちのが謝ったんだけど、「いえいえ、気にしないで」と優しく声を掛けてくれたし、全く嫌な顔をしていない。あれでは「こちらがいけないんで、その分はお支払いします」と言っても辞退しただろうな。商売とは言え凄いなあ、と感心してしまった。ふと、ついさっき南口の駅ビル「グランデュオ」で美味しいお菓子(さつま芋のチップス、バター風味)を買って持っているのを思い出し、お姉さんに「宜しければこれ、お召し上がりください」と一袋渡そうとすると、「とんでもない、上の者に叱られます」と辞退。でもって、「でしたら、また(当店を)ご利用ください」と笑顔が返ってきた。うん、プロだねえ。

食べ物を粗末に扱った、なんてことではないけれど、お店の人が心を込めて作った弁当を床に落として生ゴミにしてしまったことで、多少なりとも良心の呵責は感じている。本当に申し訳ないことをしてしまった。

我々がその店を利用するのは月に一度くらい。だけど、これからは月に二度は利用させてもらおう (^^♪

と言うか、早いうちに改めてお詫びがてら弁当を買いに行こう。一昨日のお姉さん、いてくれるといいな。

posted by poohpapa at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 私の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする