2019年05月10日

二人の正論

滋賀県の大津で起きた保育園児の死傷事故、防ぎようがなかった悲惨な事故で、事故に巻き込まれた園児が通っていた保育園の園長先生の会見を見ていて私も「もらい泣き」してしまった。

不可抗力の事故だったが、記者が質問している様子は、「国会での野党の質疑と同じだな」と思った。

園長の謝罪は、今回のケースでは本来は必要のないものだが、それでも、亡くなられたりケガを負ったお子さんや、親御さんに対して謝罪しているもの。散歩の際は大人の職員が前後を囲んで子供たちを保護していたし、事故に遭ったのは歩道で、しかも信号待ちしていたのだから、そこに普通のスビードで車が突っ込んで来たら避けようがないもの。車同士の衝突の衝撃音がして園児たちの列に車が突っ込んでくるまで数秒なのだから大人でも反応できないだろう。ましてや園児たち全員を安全な場所に避けさせるのは絶対に不可能。

園長はあの会見で反論できる立場ではなかったワケで、本音では「じゃあどうすれば良かったのですか?、どうしたら防げたのですか?、良い方法があったのなら教えてください」と言いたかったかも。

あと、直接的に園児らを撥ねた軽自動車を運転していた女性が釈放されたのは当然であろう。どちらも走行中なので「100:0」にはならないまでも、悪いのは右折しようとして前方の安全確認を怠った車のオバサン。

あの会見に対して、つるの剛士と梅沢富美男が正論を述べている。

つるの剛士が園長会見「質問攻め、見てられない」
日刊スポーツ新聞社  2019/05/08 23:46

梅沢富美男、大津事故の会見で激怒「バカなこと言ってんじゃねーよ」「アホばっかり」
スポーツ報知/報知新聞社  2019/05/09 21:34

とくに、「おバカ タレント」つるの剛士、

「お庭で遊べば近隣から“うるさい”と言われ、お散歩すれば“危ない”からと自粛…?」「子どもに優しくない社会に未来はない」と指摘。極めて真っ当な主張で、本当にバカなら言えない意見。

ただし、個人の自由と言っても、私は「男が育児休暇をとる」のには反対なので、つるの剛士の子育ての方針には全面的に賛成はできないけど。男と女では体の仕組みが違うし与えられている役割も違っていて当然。男性社員の育児休暇制度なんか無くてよいし、あっても取るべきではない、という考え方。そんなのは「平等という名の不平等」で、日本社会の価値観が欧米化してきたことで今の日本は暮らしにくくなっている。平等と公平は違うということを理解していないのだから、やはりおバカか・・・ (^◇^)


まあ、言えるのは、生きていくのに「こうすれば絶対に安全」などという方法など無く、歩道を歩いていても、自分は交通ルールを守っていても、あるいは、保育園や学校や家の中や会社の中にいても「絶対に安全」ということはない、ということ。うちの店に車が突っ込んでくることも有り得るし、飛行機の部品が空から落ちてこないとも限らない。歩道を歩いていて飛び降り自殺の巻き添えで死んだ人もいる。

不条理ではあるが、それが人間社会というものなんだろう。「こうすれば事故に遭わないで済む」 「こうすれば戦争は起きない」という完全な対策があるなら誰も苦労はしないし警察も国会も要らない。だから、あの記者たちの様子は「国会で粗探しに終始している野党の質疑と同じだな」、と思った次第。



8時28分 追記

「とくダネ!」を観ながら、お客様から頂いた宮崎産完熟マンゴーを食べておりましたが、そこに「事故現場に設けられた献花台に続々と花が・・・」という話題が流れて、泣きながらマンゴーを食べていました。味・・・、よく分かりません。ですが、私はまだ生きていて、これからも食べられるんですよね・・・。

それにしても、「豊島区の事故の上級国民(最低国民)、逮捕しなさいよ」、と言いたいですね。


posted by poohpapa at 05:02| Comment(6) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

住宅新報版ブログがGW中に満10周年を迎えました

業界紙である住宅新報さんで連載させて頂いているブログ(コラム)が満10周年を迎えました。

このGW中に500話に到達して、今は501話になっています。連載が始まったのは平成21年5月12日で、今日まで一回もお休みしたことがありません。このブログはちょいちょい休みますが (^^;

当然に、政治や芸能、プライベートなことまで綴っているこのブログと違って、書かれている話は全て不動産ネタであります。どんなことにも言えることですが、続ける、ということは大変なこと。

過去ログでも書いていますが・・・、立川支部の現副支部長からは「坂口社長、嫌われてますねえ。坂口社長の名前が出ると『ああ、ブログの人ね』と言ってる人がいますよ」と小馬鹿にされましたけど、ならばブログでも何でも、何か続けてみてから言えばいい、と私は思いますね。

話が横道に逸れますが、

私は、「人間、ある程度の割合の人から嫌われてこそ社会の役に立つ」 「誰からも嫌われない人は、クソの役にも立たない」と思っていて、大人の社会で嫌われるのは、痛いところを突くから、だと思うのです。嫌われるのを承知でリスクをしょって意見してくれる人、というのは自分にとって非常に有益な人ですね。まあ、現副支部長は誰からも嫌われていませんが、反面、心から信頼して慕ってくれる人もいないんじゃないかな・・・。

「相手が嫌がることは言わない」というのも一つの処世術だとは思いますが、本質的に「冷たい」のであって、付き合いは長く続かず人は離れていくもの。だから、私みたいに半世紀以上も付き合いが続いている友だちが何人もいる、なんてことはないでしょうね。本人がそれで良ければかまいませんが。もしかすると、宅建の支部(小さな組織)の役員にはそういう人のほうが向いているかも知れませんけど。

こういうところで書くのは反則なんでしょうけど、本人に直接言っても理解することも認めることもないでしょう、今は私のことを嫌っているみたいですから。私は嫌われること自体は何とも思っていません。そんなのは「嫌われる勇気」なんて本など読むまでもないこと。人間、本当に相手のことを思ったら、例えリスクがあっても真剣にぶつかるべきだと思うのです。それをしない人、結局は「御身大切」なのですから信頼もされるワケがありません。私が本音でぶつかった相手の中には離れていった人もいますけど、それは仕方ないこと。冷たいようですが、そもそも「それだけの付き合いだった」ということですね。

だいたいが、大人なのですから「本当に自分のためを思って意見してくれたのか、腹立ちまぎれに言っているのか」なんてことはすぐ解かること。親や教師に叱られている子供と同じかな。年端のいかない子供だってちゃんと解かっているもの。ただし、相性というものがあって、どうしたって互いにそういう信頼関係に至らない、というケースもあるものですが。

もちろん、もう付き合いを切るつもりで最後に言いたいことを言って・・・、というのはダメであります。言葉は選んでいても、ここ一番という場面では真剣に本音で対峙しなければならないもの。現副支部長が「ああいうこと」を私に言ったのは、「こいつとは縁が切れてもいい」と思ったからでしょう。自分が目を掛けていた支部の若い役員を私が辞任に追い込んだので相当に憤慨していましたから。大切なのは、好き嫌いとは関係なく「誰が正しいか、でなく、何が正しいか」なんですけどね。

私は「友人知人に恵まれている」ということでいえば、確実に、日本で上位1%、いや0.1%に入っている、と確信しています。みんな(皮肉など言わずに)ハッキリ意見してくれます。信頼関係がしっかり築けていれば、皮肉やキツイ冗談を言われても互いに赦せますしね。


話を戻して、思えば、10年前に「住宅新報にコラムを連載しませんか?」と声を掛けてくださったS記者は既に退社していらっしゃいますが、御恩は忘れていません。始めた当初は、「10話か20話くらいで打ち切りになるのでは」と思っていて、こんなに続けさせて頂けるとは思ってもいませんでした。心から感謝しています。

実は冷や冷やしていたりします。住宅新報さんのスタンスと私の考え方が必ずしも一致しているとは限らないからです。もちろん、大幅に食い違っている、ということはありませんけど・・・。この先、何話まで続けさせて頂けるか不明ですが、お許し頂けるなら一話でも長く続けさせて頂きたいと願っています。

住宅新報版ブログ(週刊)が10年で501話、当ブログが15年で5750話・・・、今後ともどうぞ宜しくお付き合いのほど、お願い申し上げます m(____)m



posted by poohpapa at 06:10| Comment(6) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

山梨にて

昨日、朝9時半に当社管理の店舗を契約頂いているお客様(ご夫妻)と拝島駅で待ち合わせして、お客様の車で山梨に向かった。山梨の土地を契約するためである。その前に用事を一つ片づけていて、店に出たのは8時。それでも都心に通うサラリーマンより遅いし、下りで逆方向なので楽。座って行けた。

いつもより2時間早く店に行くと、いつもとは違った光景が見られた。うちの店の前で幼稚園だか保育園だかの送迎バス待ちをしている親子がいっぱいいた。私の知らない日常の光景の一端を見た思い。

お客様に運転を任せて、午前10時ピッタリに電話を掛けさせてもらった。10時ちょうどに電話での受付を開始する千疋屋フルーツバイキングの予約申し込みである。ヨーイドン!になるのは分かっていて、タイミングを合わせて掛けたが、「ただ今、通話がたいへん混み合っています。しばらく経ってからお掛け直しください」というアナウンスの連続・・・。120回以上も掛けたが電話が繋がることはなかった。予約が取れたらお誘いしたい人もいたので非常に残念。それにしても凄まじい人気である。

さて、契約には中野からキャンピングカーで売主さんご夫妻もおみえになっていて、「中央高速で1時間半くらいで着ける」と思っていたのだが2時間も掛かってしまい、売主さんをけっこう待たせてしまった。ではあるが、売主さんご夫妻のお人柄が素晴らしく、元付業者さんも手際よく契約作業をしてくださって非常にスムーズに契約が進み、しばし雑談。驚いたことに、売主さんの奥様と買主さんのご主人は接点があった。その昔、売主さんの奥様が通っていた都内の女子高で、買主さんのご主人がしばらく教員をしていたのである。

売主さんと買主さんの人柄がともに素晴らしいと実に気持ちよく契約できる。まあ、バブルのピーク時に買われたらしく、今回の売買価格では完全に赤字とのことだが、税理士さんから「元気なうちに、要らない不動産を処分しておいたほうが相続などで揉めることがなくていい」と勧められて処分することにしたんだとか。その税理士さんのアドバイスは正しい。損切になったとしても買主さんの人柄を見て納得なさったのではないか。売主さんの奥様、「何かお建てになったらぜひ写真を送ってください」と仰っていた。

ところで、私が「仲介料は半分頂戴します」と買主さんご夫妻に伝えると、ご夫妻とも「それは困ります、これからもいろいろ相談に乗って頂かなければならないので規定通り受け取ってください」と言って譲らない。それはそれ、なんだけど・・・、有り難く全額を頂戴することにした。時間も時間だし、山梨でランチをご一緒して帰ることにしたのだが、どういうワケか(GW明けだからか)、前もって奥様が「この店が美味しい」と調べておいてくれた店はどこも臨時休業。それで向かったのが、ガスト・・・(おい

そこで仲介料を頂いたのだが、お釣りが400円・・・。小銭は持ち合わせてなかったので、買主さんがご馳走してくださると仰っていたが「お釣り、貰っておきますね。その代わりランチは奢らせてください。デザートも付けましょう」と提案して了解して頂いた。ではあるが、半額だけ頂くハズが全額を頂いて、なおかつ釣銭までガメる・・・。我ながら「ひどい不動産屋だなあ・・・」と思った(滝汗

途中で寄った道の駅では南アルプスの天然水が自由にタダで頂けるので、奥様が持参していた2 ℓ のペットボトル1本を私が頂いた。蛇口は3つあったが、そのうちの一つで「どう見ても飲食店のオーナーでは」という男性が2 ℓ のペットボトル12本に入れて持ち帰っていた。あれは反則だろう <`〜´>

夕方には来店の約束をしていたお客さんがいて、なんだかんだで店に戻ったのが4時半だったので焦った。そのお客さんからは立派な琵琶と完熟マンゴーをお土産に頂いたので、昨日はそういう運が良かった日だったかも。私はつくずく「お客様に恵まれている」と思う。もちろん、嫌〜な客もいるけど 💧

posted by poohpapa at 05:45| Comment(4) | お客さん(入居者) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

今日はこれから仕事で山梨に

以前に書いた、山梨の土地探しの件で、ご自分で見つけてきた物件を「どうせ手数料を払うなら坂口さんのとこで・・・」と仰って当社経由で購入して頂けることになり・・・、いくら「なので手数料は半分に・・・」と言っても何もしないで手数料を頂くワケにもいかないので社判を持って山梨まで同行いたします。

9時半の待ち合わせですが、その前に、20年前に某住宅メーカーを退職して今はコンビニの経営者になっている知人がステージ4の癌で闘病生活をしておられるので見舞います。昨年の夏、「坂口さんには黙っているワケにいかないから」とご連絡を頂いて、直ぐにお見舞いに伺い、その後も電話やメールはしていたものの折り返しや返信は無く、どうしていらっしゃるか心配していらっしゃいました。ただ、お見舞いに伺った際、まるで痩せていないし、もしかすると改善してくれているのかな、と期待もしています。

思い切りプライベートな話ですし、私は(命の期限を切られておらず)元気なので、立場は天と地ほどの違いがありますから、どんな顔をして見舞ったらよいか悩むところです。普段はそういうことなど全く気になさらない方ですが。20年前はいろいろお世話になっているので、そういう恩人の現状は辛いですね。もしかすると、本音では「誰とも会いたくない」のかも知れません。訪問して良いものかどうか・・・。

このGW中はいろいろありましたので、おいおい記事にさせて頂きます。

そうそう、同業他社、とくに大手は交代で出勤してGW中もずっと営業していたようで、近所のお仲間さんも休まず営業しているかと思ったのですが、3日〜6日まで休んでいた業者が多かったですね。うちはずっと開けていました。おかげさまで当社の募集物件にお仲間さんから申し込みを頂きました。

なので、今日は店を開けますが、明日の水曜日(定休日)は休みます。

posted by poohpapa at 06:55| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

いよいよ令和の時代に

まだお若いので「天皇陛下」というイメージが私の中で定着しませんし私ごときがおこがましいのですが、新しく即位なさった天皇陛下は以前の陛下に増してさらに素晴らしいですね。忘れていましたが、雅子さまも皇后陛下になられるんですね。今頃、誰かが心の中で不快に思っていることでしょう (^◇^)

お目出度いことではありますが、うちみたいなアナログの不動産屋からすると元号が変わるのは面倒なことが多くて辛いですね。その備えだけで3日は掛かります。「令和」のシールを作って既存の契約書の原本に貼ることになります。1件ずつの物件の重説や契約書などをその都度コピーするようにしていて、PCで個人名や日付などを打ち込んで印刷する、という方法ではないもので。年寄りにはコピーのほうが楽なんです。

さて、GWの後半(明けて7日まで)は記事の更新を休ませて頂こうかな、と思っています。なんせ、スマホの操作を覚えるのに悪戦苦闘していて・・・。と言いつつ、何か思うことあれば更新するかもですが。

思えば・・・、平成の30年4ヶ月のちょうど半分に当たる15年2ヶ月もブログをやっていたんですね。でもって平成元年に宅建の資格を取っているので、私にとっての平成は丸々「不動産屋としての歴史」になります。

うちのに出会ったのもノルンを我が家に迎えたのも平成・・・、ま、感傷に浸っている間もなく令和の時代。私は間違いなく令和の間に死ぬことになりそうですが、これからも楽しい人生を送りたいものです。

皆さまも、どうぞ良き令和の時代を健康にお過ごしください。

posted by poohpapa at 05:27| Comment(8) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

やはり、最後の記事を追加

今、「とくダネ!」で、平成天皇と美智子皇后の今までの歩みを特集していて、涙が出た。

とくに、イギリスやオランダを訪問した際に「日本軍の捕虜だった我々に補償をしろ」などという抗議行動(デモ行進)があって、それを言うなら、「オマエらのほうが先ず世界中に謝罪しろよ」と言いたくなった。ただ、イギリスもオランダも中国や韓国と違って、その後はとくに抗議活動はしていない。日本の軍艦が、沈没するイギリスの軍艦の乗組員を全員救助したりもしていて、そういう情報が流れたからかな、ということもあるかも。

国家と個人は別と言っても、「オマエが言うか!?」と言いたくなる話は多いが、人間「そういうもの」だろう。完全な人間、完全な国家は無いし、望むべきも無いことだと思うから、ま、仕方ない。

私も子供の頃、日本の皇室が好きではなかった。「あいつら、何の苦労もなく、毎日美味しい物を食べているんだろな・・・」と、それだけであった。あとは、親父から「戦争で負傷した日本兵が亡くなる時に『おかあさ〜ん』と叫ぶと、上官が飛んで来て『天皇陛下万歳、はどうした(そう言え)』と言われて、『天皇陛下万歳』と言わされて死んでいった兵隊が何人もいたんだよ」と聞かされていたから、ということもある。

もちろん、今は違う。日本の皇室は世界に冠たる皇室、世界の皇室の規範である、と思っている。

こういう記事もあった。

雅子さまを支え続ける皇太子さま、これまでの歩みを振り返る NEWSポスト 2019/04/14 07:00

僭越ながら私は、現皇太子殿下こそが「男の中の男」と思っていて、殿下が令和天皇になられるのであれば日本は(国家としても皇室も)安泰だろう。ではあるが・・・、その次は解からない、と言うか、暗澹たる思い。私はその頃は生きてないだろうからどうでもいいけど、秋篠宮は夫婦ともに大嫌いだから。


うん、やはり、希ちゃん関連の記事が平成最後の記事でなくて良かった (*^_^*)

posted by poohpapa at 09:39| Comment(2) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成最後の記事は・・・、「希ちゃんのコースターを作る」 (おいおい

私がいつも自宅の机の上で使っている紙製のコースターは、6年前にドイツを旅した際にローテンブルグのレストランで使われていたもの。旅のお土産にしようと考えて、「これ、もらって帰ろかな」と現地ガイドさんに言ったら、「ちょっと待ってて」と言ってカウンターに行き、何枚か新しいのをもらってきてくださったもの。それをずっと大事に使っていたのだが・・・、どうも気に入らない部分がある。

ブロンドの天使が微笑みかけていて、構図としては最高だが、よく見ると・・・、顔が怖い (*´з`)

DSC07090.JPG
元々のコースター (いわゆる巨乳だけど垂れ気味のような・・・)

それで、ふと、あることに気が付いた。街の「KA・RA・DA factory 」(カラダファクトリー)という整体院がポケットティッシュを配っていて、その中に入っているミニチラシの佐々木希ちゃんの上半身の写真が元々の天使の写真とほぼ同サイズなのだ。だったら、希ちゃんの写真を切り抜いて上から貼ればいいのでは、と考えた。まあね、こんなの67歳のジジイが思いつくような話ではないのだが (^◇^)

それで作ったのが、こちら、

DSC07093.JPG
大きさは、ほぼ合っている

切り抜いた希ちゃんの写真を幅広な透明テープ(ガムテープみたいなもの)で貼っただけ。

二つ並べると、

DSC07094.JPG
贔屓目でなく、どう見ても希ちゃんのほうが可愛いし、まさに天使 ♪

最初に加工したのは切り方が雑で輪郭が合ってなかったから、もう一枚作り直した (典型的なA型)

DSC07095.JPG
未使用のコースターに貼ったのでキレイだし、眺めているだけで癒される (*^_^*)


ちなみに以前も記事にしたけど、これ は私の机の前。右下には、その KA・RA・DA factory の希ちゃんのA4クリアファイルが飾ってある。「今日もお疲れさま。明日もいいこと ありますように」とあって、眺めていると嫌な出来事も吹っ飛ぶ。他は、希ちゃんの直筆サイン入りポスター、ゴルゴ13の原作者さいとうたかを氏の直筆サイン入りの絵 (30枚限定で、うち2枚を私が所有)、それに手塚治虫氏直筆の色紙、それと、3年前に行って自分でデジイチで撮ったマチュピチュの写真。左下の希ちゃんの小さな写真は一番のお気に入り。

DSC07100.JPG


で、私の10連休はコレでお仕舞い。あとは・・・、A4の紙に「令和」をいっぱい印刷して店のいろんな書類の「平成」の文字の上に貼り付けたりとか・・・。けっこう面倒臭そう。既に作ってしまってある書類の「平成」に横線を引いて修正印を押して「令和」と書き換えると書類が汚くなるからしたくないし。

昨日も一昨日も、ヒマだった・・・。みんな旅行や里帰りしてるんだろうな・・・。とにかく、事故なく元の場所に帰ってきてくれることを祈りたい。それは、僻みや嫌味でなく、心からそう思う。


昨日、4月29日は毎年、郷里で母校の半田中学校の学年の同窓会が開かれる。夜になって(毎年参加している)親友のMちゃんに電話して、「今年は何人くらい参加していたの?」と訊いたら、「40人くらいだったよ。いつも(1学年381人のうち)50人くらい参加してたけど、去年あたりから減ったかなあ・・・」とのこと。新たな訃報はO君とMさんで、同窓会はいつも全員の黙祷から始まる。

いろんな同級生の近況の中で、いつも参加してなくて今年は参加していた同級生のNさんの話題になった。彼女は中学時代からピアノの名手で、全国規模の名だたるジュニアの音楽コンクールで優勝したり、NHKの学校音楽コンクールのピアノ伴奏を務めてくれていたのだが・・・、数年前にくも膜下出血で倒れ、発見が早かったものの今は歩行にも難儀しているとか・・・。そういう話を聞くのは寂しい。でも会いたかったなあ・・・。


さて、今日で平成も終わり・・・、素晴らしい出会い、辛い別れ、本当に「いろんなこと」があったなあ・・・。

posted by poohpapa at 06:21| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

うちにダイエットマシーンが届いた (*^_^*)

JCBのザ・クラス・カードの特典で「メンバーズ・セレクション」というのがある。ザ・クラスの年会費は54000円(家族会員は8名まで無料)で、年に一度「メンバーズ・セレクション」で2万円相当のプレゼントを頂ける。カタログが送られてきて選べるのだが、今までは私の旅行代金に充当したり、今年から無くなってしまったけどTDLのクラブ33に行ったりしていた。ま、セコイ話だが半分ちかくは元が取れる。

あとは・・・、世界中の空港で利用できる有料ラウンジの会員カード「プライオリティ・パス」がもらえて年会費は無料。本人と同伴者1名まで無料で3人目から2千円。海外に行かない人は恩恵が無いけど、その年会費だけでも一番上のクラスのプレステージ で本来なら$429(約47000円)で同伴者は1名から $32も掛かるから、ほぼ元が取れてしまう。私が海外旅行の幹事役になっていて航空券など手配した分のポイントは皆さんにラウンジを利用してもらうことで還元するようにしているが・・・、還元しきれておらず役得になっている。

ちなみに、JCBカードを利用したことで得られるポイントは全てTポイントに移行していて、何やかやで11万ポイントほど貯まっていたけど、それは先日スマホを買ったのでカードごとうちのに渡している。

その他にも「グルメ・ベネフィット」と言って、予約が必要だが2名以上で提携している 高級レストランでコース料理を注文すると1名分が無料とか、旅館やホテルのアップグレードなんかもあったりして。 何よりJCBザ・クラスを所有していることで、元々貧乏人の私が高級店に入ることに対して気後れしなくなったのが大きい。

特典はいっぱいあるけど私が使えるシーンは少ないからほとんど使っていない。子供たちにも家族会員カードを渡していて、プライオリティ・パス以外は家族会員も特典が使えるのだが、使っている様子は無さそう。「たまには高級レストランにでも行ってカードで支払えば俺が奢るよ」と言ってあるのだが。

ま、全く使わなくてもカードを所有しているだけで年会費が掛かるから、それを高いと見るか安いと感じるかは人それぞれだが私は安いと思っている。値上げされたら辛いけど、むしろ10万でもいいくらい。高いと思うなら持たなければいいだけのこと。私が所有していることで恩恵に与った友人も多い (^◇^)

などと、カードの自慢話がしたいワケでなくメンバーズ・セレクションの話 💧

いつも応募締め切りのギリギリまで何にするか迷っていて、昨年は、うちのの好物である鍋料理の材料とか海鮮丼の素などのセットにした。2万円相当であるから凄い量だが、それぞれの種類が美味しくて、うちのは堪能していたみたい。なので、今年は昨年に続いてうちのに選んでもらうことにした。

すると、「振動マシン バランスウェーブ ミニ」を選択。あれこれ悩んでいると話が振り出しに戻るのでサッサと申し込むと、昨日届いた。ミニ、ということになっているけどデカくて重くて場所を取る。

昨日、早速うちのも私も試してみた。初日なので効果のほどはまだ不明だが、効果があるようならダイエットを気にしている友人知人に勧めてみよう。台の上に5〜10分乗って立っているだけで、自分はとくに何もしなくていいから、ウオークマンで好きな音楽を聴いている間に終わってしまう。

とかく、日本人は「何もしないで痩せられる」 「美味しく食べてダイエット」というのが好きだから (爆

最近、毎朝「濃いめのカルピス」(490ml)を1本飲んでいるせいかお腹が出てきたので、(毎日は続けないほうが良いそうだから)一日おきくらいに乗ってみよう。結果、というか効果のご報告はいずれ。



posted by poohpapa at 04:24| Comment(8) | 健康、ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

官製10連休、恩恵に与る人ばかりではない

10連休、経済効果は2兆円 識者「過去に比べ圧倒的」 朝日新聞社  2019/04/27 20:08

こういうの、いつも思うんだけど、恩恵に与れる人、実は一握りではないかと・・・。連休だからこそ休めない人、普段どおりに仕事するしかない人、逆に、休まざるを得なくなって収入が減る人などなど、置かれている状況は人それぞれ。マスコミも海外旅行に出掛ける人ばかり取材して放映しないで頂きたい。

今回の10連休だけではない。ハッピーマンデーなんかは「いい迷惑」でしかない人たちも多いだろう。迷惑とまで言わなくても、3連休を取れる人を羨ましく、あるいは腹立たしく見ている人も多いのでは。国民の祝日はそれぞれに意味があって設けられているもの。それを国民へのご機嫌取りで移動してまで3連休にするのは如何なものか。そこには「休めない人」への配慮など全く無い <`ヘ´>

さて、うちはどうするか・・・、開店休業になるのは判っていても、定休日の水曜日だけ休むことになると思う。まあ、開店休業はいつものことだが、長く空いてしまっている部屋もあるのに、家主さんの手前、お客さんは来なくても問い合わせは入らなくても同業者が休んでいても、休むワケにはいかないもの。

今回の10連休で困ったこと、家主さんへの管理家賃の振り込み、である。26日(金)の3時までに3割くらいの入居者が家賃を振り込んできていないので、毎月なるだけ月末までに振り込むようにしているが、3件の家主さんは連休明けの振り込みになってしまった。本来ならそれで良いのだろうけど、いつも早めに振り込ませてもらっているから、もしかすると家主さんはGWの資金として当てになさっていたかも。

残り3件のうち2件は連休前には間に合わなかったが昨日ネットで振り込みの手続きをしたので7日の朝イチで入金されると思う。管理家賃・・・、例えば、4月分の家賃は3月末に振り込まれる約定になっているのだから、月が明けて4月の上旬(他社は概ね10日まで)に振り込んで管理報告書を発送すればいいのだが、うちはほとんど3月中か4月1日には(まだ家賃が振り込まれていなくても)振り込んでいる。

どうしてか、と言うと、(どうせ払わなくちゃいけないものであれば)支払いは早めに済ませる主義だから、である。先日も毎速(不動産広告媒体)の年会費の請求書を渡されて翌日すぐに振り込んだら配達の担当者が驚いていたけど当たり前のこと。当然に、店の家賃も26年間、一度も遅れたことは無い。それくらいだから、家賃が入っていない入居者の分も含めて、全員の家賃が入金されているものとして振り込んでいる。だから家主さんから「うちの入居者の方は皆さんちゃんと家賃を振り込んでくださって・・・」と言われることがあるけど、そうじゃなくて遅れている人の分を当社が立替えているだけの話。

家主さんが5%の管理料を払って当社に家賃管理を任せているのは、「誰の家賃がまだ」とか「どういうタイミングで請求したら良いか」とか「子供が産まれたばかりだから・・・」といった煩わしい思いをしたくないからこそであって、うちが「とりあえず入金になっている分だけ先に送って、後で振り込んできたらまた送りますね」というのでは5%を払う意味が無い、と思っているからである。

家賃管理料5%を払っていることを「管理料を払っている」と勘違いしている家主がいて、本来は家主がすべき仕事(たいへんな手間が掛かる仕事)を当然のように私に押し付けてきて「うちは管理料を払っているんだから」と言われたことがある。慢性的な滞納者もいて家賃の立替えも発生していたが、私はそれをいちいち家主に伝えないから、そう言われてしっかり説明したけど解かってはくれなかった。当社が管理を切られた際、次に管理することになった業者さんから同情されたりして。引き継いだ業者さんはとても良い業者さんで、今頃は苦労なさっているんじゃないかな・・・。

当社が頂いている5%は、あくまで家賃管理料。空室保証まではしないけど、十分に良心的な経営方針だと私は思っている。そういうのを「いちいち言わなくても解かってくださる」家主さんもいれば、「言っても解からない(解かろうとしない)」家主もいる。それは仕方ない。それが嫌なら不動産屋をやめるしかない。まあね、私もこういう性格だから、見えないところでしっかり差をつけているけど (怖っ

そうでもしなきゃやってられないのがこの商売。もちろん不法行為はしていないけどね。

というワケで、この10連休、うちが休まないのは、正直、「言っても解からない」家主さん向け、である。

posted by poohpapa at 05:28| Comment(2) | うちの店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

ついにスマホデビュー (トホホ)

昨日、ビックカメラに行ってスマホを購入してきました。

最初はいつものお姉さんが担当してくれていましたが、イザ申し込みの手続き、となるとベテランの男性に交代。なので、いちおう「この申し込みはAさんの成績になりますか?」と確認して、「はい、なります」との返事を頂きました。Aさん、入社2ヶ月とのことなので、こんな小さな契約でも自信に繋がってくれたら嬉しいです。ファミレスでいつも感じていますが、スタッフを育てるのは(ある意味で)客ですから。

で、1階のカウンターでの契約内容の説明に2時間、その後、別の用事を挟んで2階のサービスカウンターで初期設定やら保護ガラスを貼ってもらうのに1時間ほど、何やかやで半日仕事です。映画のタイトルではありませんが、「スマホに替えるだけなのに」(原題「スマホを落としただけなのに」)であります。

で、それではまだスマホが使えません。もしかすると、その間に、問い合わせの電話が入っていたかも知れませんから気が気ではありませんでした。たぶん、無かったと思いますが・・・、それも辛い (*´з`)

昨日は8時半に寝てしまいましたが、私が寝ている間にうちのが、一旦 iphone のクラウドに預けた「携帯に入っていた950件の電話帳」をスマホに移しておいてくれました。4時前に起きて、いろいろ試していて、うっかり知人に電話してしまい、切り方が判らなくて焦りました。使えるようになるのかなあ・・・。

スマホの色はピンクゴールドを選びました。私が使いこなせなくて、うちのに「おかあちゃんのガラホと交換しよ」ということになるかも知れませんので。黒でもいいかな、と思いましたが、どうせブック型のケースに入れて使うし。一昨年、クロアチアに行った時だっかなあ、経由地のフランクフルト空港の売店で購入していたネックストラップを持って行って、落とすことが無いよう最初から装着しておきました。

DSC07087.JPG
こんな感じです

価格は、いろんな特典を駆使してもらって専用ケース込みで133672円。かなりいいカメラが買える値段ですね。2階でやってもらった初期設定や保護ガラスの貼り付け5702円はポイントで賄いました。

とにかくデカイし重たいです。私が「これ(XS = 10S = テンS)ください」とAさんに言ったら、「小さいほうにしないで大丈夫ですか?」と訊いたほど。店から出て帰る途中、いつもの「スマホを操作しながら歩いている人たち」の手元を見ると、みんな凄く小さいのをいじってます。

まあ、いいオモチャが手に入ったので、GWは何処にも行かないけど、これで遊べそう (^◇^)

posted by poohpapa at 05:30| Comment(6) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする