2017年02月09日

友好都市を解消してもらいたい、いや、解消すべき

いつもの msn. から、

「慰安婦の碑文は事実に基づく」とサンフランシスコ市が返信 大阪市の書簡に

いくら「国と地方行政は別」と言っても、そして在米韓国系住民の声が大きかったとしても、はたまた米国内の話だとしても、韓国本国と関係ない話ではなく、悪化している日韓関係を更に険悪にする話。

元々は韓国に駐留する米軍車に轢かれた少女の像が慰安婦像に代っているのだから、抗議の対象がアメリカから日本に代っていて、それはアメリカにとっては好都合な話。自分から「いや、これは本当は米軍の・・・」などと言ってくれるハズもない。日本は自分で真実を世界に発信するしかないだろう。

アメリカ国民は「慰安婦像」(売春婦像)が元々どういうものだったか知っているんだろうか??

私は安全保障上のパートナーとしてはアメリカを信頼するが、それ以外の面では信用していない。それどころか、いつかはアメリカは日本を裏切ると思っている。数十年先、世界の情勢が変わればアメリカが中国と手を結ぶことも有り得るし、個々を細かく見ていけば既に充分に日本を裏切っていたりする。

で、「碑文の文言が事実に基づいており、(人身取引の問題について啓発するという)真の目的を伝えている」などと市長が言い、それがサンフランシスコ市の結論として揺るがないものであるなら、大阪市はサンフランシスコ市との友好都市を解消すべきではないか。この際はっきりと意思表示したほうが良いだろう。釜山と姉妹都市になっている下関市も同様である。他にもありそう・・・ (´・ω・`)

それにしても、先住民族を迫害し、今も人種差別が色濃く残るアメリカが、「どの口で言うか」くらいの話である。黒人系の大統領が誕生したくらいで「人種差別が無くなった」などとは到底言えまい。

ある意味、在日が蔓延る日本以上にアメリカは中韓に侵食されているのかも知れない。

posted by poohpapa at 06:45| Comment(4) | 経済・政治・国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

借り換えは・・・、しない (^◇^)

みずほ銀行から、うちの宛に大きな封筒が届いた。みずほ銀行には(うちのの)口座はあるが大して預金もしていない。それが何の用件で送ってきたものか・・・。

封を開けてみたら、

「今の住宅ローンを借り換えしませんか?」というものだった・・・。うちが住宅ローンを組んでることがどうして分かったんだろ・・・、そこが気持ち悪い話である。

月々のローンの負担は重い。借り換えて少しでも楽になるなら有り難い話だが、借り換えはしない。

なぜなら、

今の住宅ローンは金融機関の担当者の方のご厚意と努力で結んで頂いたもの。よその金融機関で悉く断られて最後の頼みの綱で訪問して受けて頂いていたのだ。私が団信(生命保険)に入れず、土地の形状から再建築不可(建築確認が取れない土地)なので住宅ローンが組めないのを、僅かな収入しかないうちのを契約者にして組んでくださったもの。その際、私が名刺を出したら、担当のSさんが「もしかして、住宅新報に記事を連載している方ですか?。いつも読んでます。だったら何が何でもローンを通します」と仰ってくださったのだ。様々な悪条件を承知で通して頂けたのが有り難かった。と同時に、Sさんは私の記事をちゃんと読んでくださっているのが分かって凄く嬉しかった。

なので、例え月々の支払いが安くなったとしても裏切るワケにはいかない。もしかすると、他の金融機関がローンを通したことでみずほ銀行でも住宅ローンの組み換えが出来ることになるのかも知れないが、そんなことには関係ない。私もこの仕事をしていて、僅か数千円のことで不義理する人を何人も見てきたから自分はそうなりたくない。繰り上げ返済することはあっても、うちは借り換えはしない。

posted by poohpapa at 06:06| Comment(14) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

台湾旅行記 3日目 3 花蓮 (ホテルと夕食)

花蓮のホテルに着く前に、オプションで「アミ族民族舞踊鑑賞」に申し込んだ人を先に降ろす。

DSC01802.JPG
おや、こんなところにクロネコヤマトの宅急便のトラックが・・・。

DSC01803.JPG
ここで少数民族アミ族の踊りを鑑賞。私は申し込まなかった。何故なら「最後にお客さんも舞台に上がって一緒に踊ることができます」とのことで、私は踊りは大嫌いで、「踊ることができます」ではなく「無理やり踊らされる」だろうから、である。ほとんどの人が申し込んでいて、参加した方に後で「どうでした?」と訊いたら微妙な笑顔・・・。やはり、申し込まなくて正解だったようだ (^◇^)

さて、花蓮のホテル「花蓮煙波大飯店は素晴らしかった。これでスーペリア?、十分にデラックスホテルだと思えた。今までの32回の海外旅行歴の中でも間違いなく5本の指に入るだろう。

DSC01804.JPG

DSC01806.JPG

DSC01819.JPG
地元の名産品でもある大理石を贅沢に使っている

DSC01805.JPG

客室内は、

DSC01811.JPG
ダブルベッドが2基・・・、体は一つしかないから勿体ない (*^_^*)

DSC01813.JPG

DSC01814.JPG
シャワールームも完備

DSC01816.JPG
翌朝お仲間さんに振る舞うべく買っておいた釈迦頭、外観はさほどではないが中は超完熟。いや、この時はまだしっかりしていたと思うのだが、釈迦頭は熟し始めると一気に熟してしまうのかも。

そして、ホテル内で夕食、

DSC01820.JPG

DSC01821.JPG

DSC01823.JPG

DSC01824.JPG

DSC01825.JPG

DSC01826.JPG
料理は美味しかったが、ここでもスープは微妙・・・ (´・ω・`)


posted by poohpapa at 05:52| Comment(4) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

珍しいDMが届いた (^◇^)

不動産屋という商売をしていると店には毎日いろんなDMが届く。リフォーム業者、解体屋、測量事務所、底地買上げ、税理士事務所などなど、たいていはゴミ箱直行なのだが、あるDMに目がとまった。

はたして、許認可を受けているのか誰でも立ち上げられるのか不明だが、「日本仲人協会」とある。

A4一枚の厚紙のチラシには、

DM限定特典! 入会金45万円が無料 先着30名 今回に限り! 
さらにシステム利用料30000円も無料!


とあるが、それだと代理店になってもらう不動産屋が対象なのか利用客が対象なのかが分からない。本来は不動産屋をエンドユーザーと想定してのチラシではなさそうなのだが・・・。というのも、

得1 不動産業にも好影響! 生涯顧客の獲得!  

得2 独身の求婚率は90%以上! ビジネスとして高い将来性!

得3 今の仕事を活かせる! 不動産業と仲人業の相乗効果!


裏面に、不動産業界所属仲人インタビューが載っていて、

未婚の息子さんがいらっしゃるオーナー様より、この度結婚の相談を受け、お相手を紹介する事になりました。無事にお相手が見つかり、大変喜ばれるとともに息子さんとの繋がりも深くなったことで空室の度にすぐご連絡をいただいています。

とある。たぶん、不動産屋に「代理店になりませんか?」というDMなんだろうけど、大事なところがぼかしてあるから、代理店(会員)になると月々の会費がいくら掛かるのかも不明である。だいいち、空室になる(退去する)のは家主さんより不動産屋のほうが先に知ることのほうが圧倒的に多いものだし。ハッキリ言って、この体験談は嘘っぽい、いや、明らかに創作だろう。これで騙される不動産屋はいない。

実は、そんな会員になってなくても、私はお客さん同士に会ってもらったり、時に独身の家主さんに伴侶候補を紹介することもある。ただし、良いことばかりではないと思う。幸せになれば感謝されるだろうけど万一私の見込みがハズレて幸せにならなかったり険悪な別れ方をしたなら私が恨まれかねない。なので、紹介する際には「この先は私は一切関与しませんし責任も負いません。あとはご自身の責任で決めてくださいね」と必ず伝えることにしているが、それでも恨まれるかも知れない。リスクのほうが大きそう。

ま、善意であっても、色気を出して本業以外に手を出したり余計なことはしないほうが賢明だろう。

てなワケで、「日本仲人協会」のDMは資源ゴミの袋に入れられることになった (*^_^*)

posted by poohpapa at 07:25| Comment(4) | 出入りの業者、各種営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

台湾旅行記 3日目 2 台東

途中、昼食に立ち寄ったレストランと果物の売店

DSC01750.JPG

DSC01751.JPG

DSC01749.JPG

DSC01752.JPG
この売店で翌日の朝食時に再びお仲間さんに振る舞うべく釈迦頭を2個購入。「直ぐ食べるか後日か」と訊かれたが、翌朝食べるので「直ぐ食べられるほう」を選択。だが、既に完熟していて本当に直ぐ食べないといけないくらい。翌朝切ったら中はぐじゃぐじゃ・・・。ま、どうにか食べられたけど。

DSC01753.JPG
3日目のバスは新車。

DSC02198.JPG
土産物の記事でも書いたこの菓子は、新車の最初の乗客に縁起物として配られたもの。日本で言えば、家を新築した際、ご近所さんに屋根から餅を投げる風習と似たようなものか。

次に行ったのが「水往上流」と言って、水が上流に向かって流れる不思議なポイント。写真では分かりづらい、と言うか、傾きの程度は全く分からないと思う。

DSC01771.JPG
画面の下から上に向かって水が流れている

DSC01772.JPG
こちらは逆に、画面の上から下に向かって水が流れている

20170105145507.m2ts
動画も撮ったのでいちおう貼るが、ダウンロードに時間が掛かるし、観られるかなあ・・・。観られたとしても、水が上流に流れていくのが上手く伝わるものか・・・。

実は、ガイドさんの話では、「水が上流に向かって流れているのでなくタダの目の錯覚」とか。私も枯葉を流して、たしかに上に向かって流れていくのを確認したのだが、それが目の錯覚ねえ・・・。

次に向かったのが三仙台、ここは「3人の仙人が来た」と言われる島でアーチ状の橋が架かる。時間が無くて橋は渡らなかったが、景色を見るだけでも十分に満足。

DSC01788.JPG

DSC01782.JPG

DSC02275.JPG
この海岸でガイドの須さんが綺麗な石を拾って渡してくれたので、それを持ち帰ってサイドボードの中の蝉の抜け殻の台にした。平たくて表面に気泡が入っているような模様がある珍しい石だった。

ここはアベックが多かった。アベック・・・、歳が知れるか・・・、今は死語だったりして (^◇^)

この後、150km走行して花蓮に向かう。

posted by poohpapa at 06:13| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

やっぱり東京新聞は東京新聞だった ( `ー´)ノ

1月20日付けで「MXテレビは正しい」という記事を書き、その後に「これが『ニュース女子』の問題の回、そして、非難に対する制作側の見解」という記事を書いていて、その中で、

不思議なのは、MCの長谷川幸洋氏は朝日や毎日と同じく左翼新聞の東京中日新聞論説副主幹なのだが、そう思しき発言は一切ないこと。

と書いていたのだが・・・、毎日新聞によると、

MX番組問題 東京新聞「深く反省」 論説副主幹が司会

とある。そこにあるのは論説主幹のお詫びだけで、番組の司会を務めていた長谷川幸洋氏の意見や言葉はどこにもない。ただ批判に対して頭から謝っているのみ。おそらく事実の検証も何もしてないだろう。やはり、東京新聞は東京新聞でしかなかった。はたして長谷川氏が社内的に何らかの処分を受けるのか興味津々。

それにしても、この論説主幹、「ダメ上司」の典型だと思う。部下の言い分を聞かず、立場も理解せず、声の大きいほうにのみ気を遣っていて真実も正義もない。これじゃ部下はヤル気を失うよなあ・・・。

上司たるもの、部下が完全な失敗をしでかしていたならともかく、部下の防波堤になって陰に日向に部下を庇って勇気づけ、上手く叱って意欲を高め、部下が働きやすい環境を整え、時に会社と交渉したり部下の思いを代弁するくらいでなければならない。これじゃ部下より自分の立場を護っているに過ぎないではないか。そんな人間が論説主幹・・・、東京新聞がどの程度の新聞かも知れてしまう話であろう。

MXテレビもスポンサーのDHCも毅然とした声明を出しているのだから、長谷川氏はこんなイチャモンなんかに臆することなく東京新聞を辞めてでも今後も司会を続けてほしいと思う (無責任 💧

他にも、「辛淑玉さん BPOに申し立て MXテレビ番組で人権侵害」なんてのも。

自分に都合の悪いこと(本当のこと)を書かれると「人権があ!」てか!? (^◇^)

それにしても、この一連の問題に関しては、今まで名前を聞いたことも無いジャーナリストがいっぱい現れてMXテレビを手厳しく批判しているが、本当にジャーナリストなんだろうか。「偏向だ」「事実無根だ」と騒いでいるが、どう見てもそう言ってる側の内容のほうが偏っている。本来は公正なモノの見方をすべきジャーナリストであるにも関わらず、まるでどっかの団体のお抱えジャーナリストみたい。

ジャーナリストなんて不動産屋みたいに資格試験があるワケでもないし登録条件もない。私も明日から名刺に「ジャーナリスト」という肩書を加えようかな、誰でも名乗れるんだから (おい)

似非ジャーナリストは鳥越俊太郎だけでたくさん。そいつらが騒げば騒ぐほどMXテレビ(ニュース女子)の主張の正当性が高まるように思えてならない。


posted by poohpapa at 06:24| Comment(4) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

凄いぞ、本田三姉妹 (*^▽^*)

年末の記事で紹介していたフィギュアスケートの本田真凛選手、妹たちも凄かった。

170114 本田望結・紗来 〜 炎の体育会TV!

なんでも、長女である真凛ちゃんによれば、三姉妹で一番素質があるのが末妹の紗来ちゃんとかで、真凛ちゃんに「紗来がシニアに上がってくる前に引退したい」と言わしめるほど。

まだ9歳で3回転トウループ・・・、オジサンなんかリンクに立ってるだけで精一杯だというのに・・・。

紗来ちゃんの才能は動画を観るとよく分かる。たぶん、お姉ちゃんたちの練習などを小さい頃から身近で観ているから、そういうのも良く作用しているんだろう。ほんと、将来が楽しみな三姉妹である。

真ん中の望結ちゃんはタレントとしても活躍しているし・・・。あ、お兄ちゃんもいるんだ・・・。

それにしても3人の娘が揃って可愛いとは羨ましすぎる。うちなんか娘は一人だけど・・・、やめとこ 💧

posted by poohpapa at 07:40| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

台湾旅行記 3日目 1 高雄

3日目の観光、最初は高雄の寿山公園、 忠烈祠。

DSC01729.JPG

忠烈祠は、国のために戦って命を落とした人たちが祀られている場所で、日本で言えば靖国神社か。

DSC01731.JPG

DSC01732.JPG

DSC01734.JPG

DSC01730.JPG
階段を上って振り返ると高雄の港が見渡せる。見晴らしはいいが、PM2.5の影響で靄っていた。

DSC01741.JPG
バスの車窓から。海の色がハッキリと2色になっていて、上のほうの黒い海水は黒潮

DSC01747.JPG
亜熱帯らしい海岸線の景色

DSC01735.JPG
台湾のパトカー

DSC01737.JPG
バスの中で、烏山頭ダムを造り、三年輪作で不毛の大地を大穀倉地帯へと変貌させた日本人「八田與一」のアニメを流していた。台湾の人たちが今も恩人として崇めてくれているのが嬉しい。日本軍による従軍慰安婦の強制連行やら南京大虐殺をでっちあげ、今も日本を貶めている中韓とは大違い。

韓国では、教科書に来年度から「従軍慰安婦が集団虐殺された」と載ることになったようだ。どんどん話を作り、それを事実として世界に吹聴しようとしている・・・。次はどんな話が飛び出すことやら。

最近、台湾の現総統の蔡氏が中国を初めて「中国」と呼び「台湾と中国は別の国」と表現したことで台湾への中国からの観光客が激減し、それによって観光業者が悲鳴を上げ、蔡総統の支持率が下がっているようだが、日本人はこんな時こそ(中韓に行くくらいなら)台湾を訪問して支えるべきではないか。

この後は台東に向かう。

posted by poohpapa at 05:58| Comment(2) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

いつの間にか・・・

当ブログにお寄せ頂いたコメントが累計で12,000件を超えていました。

いつもお読み頂き、ご意見を賜りまして有り難うございます。今後ともどうぞ宜しくお願いします。

posted by poohpapa at 20:49| 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイレの呪い

昨日は仕事での一日の最長歩行距離を達成した。(仕事で)一日に歩いた距離16km・・・。例の気違いが私の車を傷だらけにしたので車を手放していて、うちの店には車が無い。今はカーシェアで凌いでいて、ま、経済的には圧倒的に安上がりだし、多少の距離なら運動を兼ねて歩いて済ませている。

午前中に某家主さんのお宅に伺って往復4km、午後から引越しの立ち会いで往復6km、それ以外に駅前まで3往復して6kmで、合計16km。疲れはしたがまだ歩ける、ほんと (^◇^)

昨日は「営業時間のうちの3時間は歩いていた」ことになるが、歩くのは全く苦にならない。

さて、本題の「トイレの呪い」、

長らく借り手が見つからず廃墟と化したアパートのトイレから夜な夜な水の流れる音と女性のすすり泣く声が聞こえてくる・・・・・、、、という話ではない。

私はトイレに入る際、必ず携帯電話を持ち込んでいるのだが、昨日、家で昼食をとった後、トイレに入ると、同業者さんから物件の問い合わせが入る・・・。その電話を切った後、直ぐ別の業者さんから別の物件でまた問い合わせが入った。条件や住所の枝番等の確認もあって話が長引いたので、その間、トイレの水を流せないしトイレからも出られない。まさに雪隠詰め (´・ω・`)

夕方、帰宅してからトイレに入ると、また別の業者さんから「ある相談事」で電話があった。タイミングとしては「お尻を拭いて、さあ、水を流そう」という時で、まさかに水は流せないし、ブツをそのままにしてトイレから出られない。仕方ないのでトイレの中で会話。電話で臭いが伝わるなら、お相手の鼻は曲がっていたかも知れない。あと10秒後ろにタイミングがずれていたら助かったのだが・・・。

うちのが「トイレの呪いだね」と腹を抱えて笑っていた。文字通り「クソっ!」である ( `ー´)ノ

トイレに携帯を持って入るようになったのも、以前、携帯をテーブルに置いてトイレに入り「大の用」をたしていた時に携帯が鳴って、うちのがトイレのドアを開けて携帯を渡してくれたのだが、それに懲りて「携帯くらい持って入ってよ」と怒られたから。一人で店をやってると、いろいろ辛い 💧

posted by poohpapa at 07:14| Comment(4) | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする